【実例】無感情で感情がない人の心理的な原因とスピリチュアルな解決法

無感情で感情がない人の心理的な原因とスピリチュアルな解決法
The following two tabs change content below.
心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉

心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉

(心理アドバイザー/サイキックアドバイザー)
 現実的なスピリチュアルをモットーに、日頃の生活で感じている気付きや学びをブログで紹介しています。心をポジティブにするメンタルヘルスセミナー『心を癒す魔法の言葉®』を世界中の人に伝えることを、人生の目的として活動中。詳しいプロフィール サービス お問合せ&無料相談

こんにちは。
心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉(@my_earth_naoya)です。

あなたは「感情」とはどんなものだと思いますか?

私たちにとって、自分の感情をどう扱っていくか、そしてどう向き合っていくかは、学校生活では決して教わることがないことです。

でもその感情がどれほど、私たちの人生に影響を与えているのかは、誰もが感じていることでしょう。

今日は以前にお店で出会った、ある女性との出会いを通して「感情がない人」「無感情な人」が、オーラから見るとどう見えるのか?そしてその問題点と解消法までを詳しく説明していきます。

自分の感情がないと感じる方には、とてもシックリとくる話になると思うので、ぜひ最後までお付き合いください。

 

 

無感情なある女性との出会い

無感情なある女性との出会い

私がいつも通り、会社で仕事をしている時でした、店内でフラワーレメディの問診を受けたいと、相談の声がしました。

それは私にとっては、いつもの日常であるとともに、新しい方との出会いの機会でもあります。

 

感情や心理状態が見えてこない問診表

しばらくすると、スタッフがお客様の記入されたフラワーレメディの問診表をもって、私のもとにお客様へのアドバイスを依頼に来ます。

私はその問診票をちらりと見て、在ることに気付きました。それはあまりに記入されている内容が少ないのです。

私の会社でお客様にご記入いただいている問診表は、三択のチェック表で40項目ほどあり、最後にコメント記入欄があります。ですが三択のチェックを付ける欄が、ほとんど記入されていません。

そして最後のコメント欄に「仕事が大変で、ずっと眠れない」とだけ、弱弱しい文字が書かれていました。

 

感情がないと感じる女性との出会い

私はその問診表を見て、店内へと向かっていくと、そこに一人の女性が座っていました。疲れ切って無表情な若い女性が、一人で影のようにたたずんでいたのです。

私はいつも通り声をかけると、フラワーレメディの説明を簡単に済ませ、書いていただいた問診票を手に話し始めました。

 

<井上>
あまりチェックされていないようですが、何か自分の中で改善したい、心理的な問題はありますか?

 

すると彼女は掃きだすような声で、少しずつ語り始めたのです。

 

<女性相談者>

仕事が大変で・・・。眠れないんです。

夜になっても目が冴えてしまって、全然ねつけなくて。。。ずっと身体がだるくて・・・。

もうずっと感情がない気がして・・・。

 

ストレスが溜め込まれた灰色のオーラ

私は彼女の話を伺いながら、彼女の顔を見るでもなく、彼女のオーラを見てみました。

私は日頃のセッションで、オーラを見てその人の状態を伝える、オーラ診断をやっているので、意識すれば人のオーラの状態が見えるのです。

するとすぐにその問題の状況が解りました。そこには灰色の埃のような細かなオーラに覆われた、彼女の姿があったのです。

それは以前にこちらの「黒色や灰色のオーラが示す意味とは?【実例紹介】」でもお伝えした、ストレスが溜まっている人のオーラの色です。

 

緊張感を解きほぐすフラワーレメディ

それを確認して、すぐさまヴァーベインとというフラワーレメディを取り出すと、彼女にそれを見せながら話し始めました。

 

<井上>

このヴァーベインを使えば、自然とリラックスできるようになり、夜も眠れるようになるでしょう。

小さな子供たちの疳の虫にもよく利用されるものですが、意識が冴えてスイッチが切れないと感じるなら、これでリラックスできるようになります。

 

その瞬間、心なしか彼女の表情が明るくなったのです。

 

好転反応と無感情が癒されるとき

私は彼女がフラワーレメディに期待を寄せているのを感じて、さらに言葉をつづけました。

 

<井上>

でもあなたがこれを使うと、好転反応として身体がだるくなったり、体調を崩すようになるでしょう。それは今まで溜め込んでいたストレスが浄化されるために、だるさや疲れとなって出てくるからです。

でもそれも時間が経てば自然と無くなりますから、そんな時には効果があると思って、こちらを使いながら休息をとってください。その疲れが消える頃には、自然と感情がない状態から回復できるでしょう。

 

そして彼女はフラワーレメディ利用する決断をして、それを手に帰っていきました。

補足説明
好転反応とは、身体の自然治癒力が働いて、良くなろうとするときに溜まっていたストレスが吐き出される行為、例えば風邪を引いた時の熱など、詳しくはこちらの「好転反応とは?浄化を促すスピリチュアルな役割と症状【実例紹介】」をご覧ください。

 

スピリチュアルに感情を見ると

スピリチュアルに感情を見ると

私たちの感情のエネルギーは、スピリチュアルな視点から見ると、オーラの第二層に存在しています。

第二層は「感情、官能、セクシャリティー」に関する層で、そこを見ればその人の日頃の感情の動きが解り、感情がない人の原因なども理解することが出来るのです。

 

感情を司るオーラの第二層について

私がおこなうオーラ診断では、オーラを7つの層に分類して見ていくのですが、その中でも感情に関わるのが、このオーラの第二層です。

第二層のオーラは、一般的に私たちの肉体から50㎝ぐらいの場所を取り囲む、カラフルな霧のようなエネルギーとして身体全体を覆っています。

ですがこのオーラの形については、『オーラの色が示す意味 オーラの色から解るその人の本質【実例紹介】』でも書いているように、人それぞれ個人差があり、その色合いも全く異なります。

オーラ診断では、そのオーラの色や形の違いから、現実でその人がどのように感じ、生きているのかを読み取るのです。

 

感情はオーラの色として現れる

例えば、オーラの中の赤色は「恐怖」や「怖さ」であるとともに、色合いが微妙に違えば「怒り」や「攻撃的な意思」としても見て取れます。

同じ赤色でも、本当に微妙な色合いの違いや質感の違いで、その色が示す意味はガラリと変わってくるのです。

その他、青色でもスカイブルーなら「純粋さ」や「素直な気持」ちを表しますが、深いシーブルーなら「冷静」や「冷徹さ」を表すこともあります。

とかくオーラにおいては、その色合がその人の感情を表していることが多く、その色の移り変わりを見て、複雑な心境の変化や、状況に応じた感情の起伏が読み取れるのです。

 

感情がない5つの心理的な原因

感情がない5つの心理的な原因

無感情な人や、感情がないと感じている人のほとんどが、このオーラの第二層に問題を抱えており、大きく5種類の心理的な原因があります。

 

1、強い気持ちが固まって感情がない人

オーラを見ていると、中にはある特定の色が固まっている人がいます。

特にそれは、怒りなどの赤黒い色として見えることが多いのですが、怒りの感情に対してとても否定的で、その気持ちを強く我慢している人は、お腹の中にまるで溶岩のような赤黒い感情を溜めています。

その結果、オーラの第二層のエネルギーのほとんどがそこに使われて、凝縮されているかのように固まっているのです。そのため怒り以外の感情を、ほとんど感じられないのです。

硬く凝り固まった岩のような心理状態では、外からのどんな刺激にも無反応になてしまうので、それが原因で無感情だと思ったり、感情がないと感じてしまいます。

 

2、諦めの気持ちが強くて無感情な人

これは誰しも少なからず持っている心理的な問題ですが、過去にあまりにも強い葛藤にさらされて、あまりの苦しさに諦めの気持ちになり、そのパターンが慢性化している人です。

彼らはこれまでの悔しさ苦しさ辛さなどの感情を、諦めることで対処してきたために、少しでも感情が湧きそうになると、すぐに諦めの気持ちが浮上して、感情がかき消されてしまいます。

そのため、常にどこか悲観的な気持ちを引きずっているような、無感情な状態に落ち込んでいるのです。

このパターンは、自己防衛のために無意識に身につけた心の仕組みですが、1度出来てしまうと反射的に機能してしまい、なかなか自分では変えることができません。

すべての物事を、どこか冷ややかに感じて、諦めの気持ちが出てくるなら、そのパターンにはまっている可能性があります。

 

3、オーラが少なくて感情がない人

次に第二層のオーラの量が少なくて、感情がない人もいます。

以前にこちらの「衝撃!存在感がない影の薄い人とは?オーラから解った原因と改善策」で、そんなオーラが少ない人についてお話ししましたが、感情を感じる充実感は、オーラの量に正比例します。

感情が強ければ強いほど、そこには多くのオーラが集まっており、心理的に強い実感が得られるのです。

ですが、時に過去の事故の影響などで、オーラを自分の身体に留められない方がいます。

そんな方は、日々の現実生活をとても淡白に感じており、実際にそこに居ながらも、どこか夢の世界を生きているような、実感の無さを感じています。

それがこのオーラが少なく、感情がない人の特徴です。彼らには感情を感じられるだけのエネルギーがなく、そのため感情の浮き沈みも少ないのです。

 

4、幼少期の記憶がなくて無感情な人

中には、幼少期のことを全然覚えてないことによって、感情が少ない人もいます。

詳しくはこちら「子供の頃の記憶がない!?幼少期のトラウマを解消して思い出す方法」で解説していますが、これは私たちの記憶と感情がとても密接に繋がっているために起きる心理的な影響です。

それらの人は、幼少期のトラウマとなるような記憶を、心の奥に仕舞い込むことで、一緒に感情のエネルギーも、閉じ込めてしまうのです。

すると、幼い頃の記憶がないと同時に、感情的にも希薄で無感情な状態となり、現実でのリアリティーを感じられない、夢見ごこちの状態に成ってしまいます。

トラウマと共に、感情も抑え込んだ結果、感情が感じられない人になってしまうのです。

補足説明
トラウマとは。心的外傷ともいえる心の傷で、過去の辛い体験で感じた気持ちを心に押しとどめ、日常生活にその影響が出てしまうこと。詳しくはこちらの「【完全解説版】トラウマとは?心理の専門家による5つの克服法」で解説してます。

 

5、向精神薬の影響で感情がない人

そして大切なことなので、こちらも話しておきます。それは向精神薬を使われている方についてです。

精神的なお薬をお使いの方は、なんとなく感じていることだと思いますが、向精神薬には感情を感じないようにする作用があります。

でもこれは、感情を抑え込むとか、エネルギーが少ない状態とは全く別です。もともと鬱であったりパニックなどは、自分の感情のバランスが崩れた結果に起こる心理的な問題です。

どちらも無意識に感情を我慢してしまうことが原因ですが、それが身体と心の限界に達すると、無気力になったりパニック症状が出たりと生活に支障が出るようになります。

その症状の原因である感情を、霧散させて感じないようにするのが向精神薬の効果ともいえるのです。

 

感情を整える夢と眠りの効果

感情を整える夢と眠りの効果

そんな緊張して無感情になってしまた心は、基本的に毎日の「眠り」によって、自然と解きほぐされて回復していきます。

ここでは、私たちがどのように、日頃の生活で感情的なストレスを解消しているのか、そんな心の自然治癒力について解説します。

 

感情を整える効果がある眠り

きっと心のバランスを崩して、お薬を服用されている方なら、なんとなく気付いていることでしょう。

私たちの心の状態を整えたり、感情を解放して整えるのは、毎晩の「眠り」です。ですから、現在はあまり感情を感じないという方も、最初は眠れなくなってきたところから始まっているはずです。

「眠り」とは肉体的な疲れを癒すとともに、心の中に滞っている、感情のエネルギーを解放する作用があります。それが私たちが夢を見る理由なのです。

私たちは夢を見ることで、日頃の生活で我慢していた感情を感じ、その蓄えられたエネルギーであるストレスを解消しています。

 

夢の中で感情的になりストレスを解消する

本来夢とは、現実で我慢していた感情を解放するための、私たちの自然治癒力が見せる疑似体験のようなものです。

寝る前に怖い映画を見ると、その夜に怖い夢を見やすいように、怖い映画を見て感じた怖さのうち、まだ心に残ってしまている感情を、夢により解放するのです。

こちらの「悪夢を見る原因とスピリチュアルな対処法 追われる夢や怖い夢を見る心理」でも、そんな実例を紹介しました。

日常でイライラしても、我慢して人に言わなかったり、気持ちを抑え込んでいる人は、意外と夢の中で強く怒ったり、暴れたりしている夢を見ています。

私たちの心がストレスを解放するためには、その感情を一度感じる必要があるので、寝ていて心と身体がリラックスしているときに、夢として体験させれば癒しは進みやすく、心が回復しやすいのです。

誰もが夢の中では、感情的に成り易いのはそのような理由からです。夢の中で感情的になるのは、ストレスを解消している結果であり、良い事なのです。

 

夢で感情が解放できないと感情がなくなる

その眠りに問題が起き、「夢」という形でストレスの解消が出来なくなると、私たちの心は、まるで空気がいっぱい入った風船のようになります。

それは神経が張り詰めて、慢性的にリラックスできない状態。ちょっとしたストレスでも、気持ちが大きく揺れ動いたり、動揺するような状態です。

そんな時には、少しの刺激でも心の中の感情的なバランスは崩れやすく、とても敏感に反応してしまいます。

本来なら余裕をもって、心で受け止め受け流せることも、ストレスがいっぱいになって張り詰めた状態では、落ち着いて対処できません。

そしてそんな自分をさらに安定させるために、より強い意志で自分の感情を抑え込むことになり、結果的にすべての感情が抑え込まれ、無感情で感情がない人のようになってしまうのです。

 

注意が必要な感情がない人の傾向

注意が必要な感情がない人の傾向

感情がない人や無感情だと思う人は、本来の敏感な感性に、慢性的なブレーキを掛けているだけです。

それは自分自身の心や身体の変化を、感じにくくなっている状態で、それと共に、自分の意思も明確になりにくくなっています。ですからそんな時には、これからお伝えすることに注意してください。

 

ストレスの溜まり具合が解らない

感情がない方は、無意識で緊張しているために、自分の心や身体の変化を感じにくくなります。

身体は強張り気味で、布団に横になってもリラックスできていないので、慢性的な疲れに悩ませれており、それを解消することが出来ません。

そのため自分の体調の変化に気付きにくく、時として健康診断で突然病気が見つかったり、突然寝込んで動けなくなるなど、具体的な身体症状として現れるまで気が付かないことがあります。

こちらの「よく物をなくす人の原因と改善策!スピリチュアルな運気の流れも解説」でも解説しましたが、よく物をなくすとか、小さなミスを連発するなら要注意です。

これが普通の人なら、日々の生活で感じるストレスを癒すために、適度に休息を取るのですが、感情がない人は、休む必要性さえも気付けずに、頑張ってしまいがちです。

ですから、定期的なお休みを必ず取るように心掛けましょう。

 

自己防衛本能が機能しにくい

人は心が張り詰めて、感情がないというレベルまでストレスがたまると、自分でお休みを取るとか転職するなどの、意識決定がなかなか出来なくなります。

特にブラック企業などでは、上司からの執拗な要求や、社内での厳しい環境などにさらされると、ストレスが溜まりやすく、気が付けば無感情に仕事をこなしがちです。

その結果、自分を守る自己防衛本能もいつの間にか麻痺して機能しなくなり、周囲の言葉に抵抗する気力も失われて、倒れるまで従い続けてしまうこともあります。

ですから、自分での判断が難しいなと感じたら、ハローワークや職業安定所に居る、キャリアカウンセラーに相談して、客観的な視点でアドバイスをもらいましょう。

まずは電話で、お近くのハローワークに連絡して、「キャリアカウンセリングを受けたい。」と相談してみましょう。(全国ハローワーク所在案内:厚生労働省

 

感情がない人はまず感情を取り戻すことから

ですから、感情がないと思う人は、まず自分の意思も曖昧になっていることを、認識する必要があります。

それは物事の選択でとても迷いやすく、周囲の言葉に流されやすくなっているということです。

その上で、自らの感性と感情を取り戻すことを最優先に、まずは休息を取り身体と心をリラックスさせて、本来の回復力を取り戻しましょう。

何よりも自分を守ることを最優先に考えて、対処していく必要があるのです。

 

”メンバーズブログ"

無感情を解消する具体的な方法

無感情を解消する具体的な方法

それではここからは、無感情な人が、具体的に感情を取り戻していくための方法を紹介していきます。

自分ですぐに取り組める方法もいくつか紹介しますので、ご自分に合うと思うものから始めていきましょう。

 

向精神薬を使われている方へ

まず、すでに通院されてお薬を使われている方は、こちらの『【精神安定剤をやめる方法】抗不安薬のスピリチュアルな効果と作用』の記事をご覧ください。

先のお薬のところでも述べましたが、今現在の心が不安定な状態を整えるためには、ある程度のお薬が、確かに必要かもしれません。

しかしながら、そのお薬だけに頼るのではなく、少し気持ちが上向いてきたところで、自分で出来ることもしていくようにしましょう。

ここでも紹介する方法は、お薬を服用されながらでも利用できる方法ですし、お薬とは違う代替療法によるアプローチは、心を回復させる上で必ずプラスとなります。

ですから、自分のペースで出来ることから1つづつ取り組んでいきましょう。

 

1、眠りを整えて感情を回復する

先にも紹介したように、私たちの眠りは、本来の感情や感受性を取り戻すために、とても重要な役割を果たします。

ですからもしあなたが、無感情でぐっすり眠れないとか、朝起きても疲れが取れないとか、夢を見ていないような気がするなら、睡眠を整えることが、緊張を緩める目安となります。

そのためには、例えばリラクゼーション音楽や安眠のハーブティなど、心の緊張を解きほぐしてくれる物を、生活の中に取り入れましょう。

聴覚と味覚から同時に緊張を緩めることで、なおさら相乗効果があり、自然と深い眠りが出来るようになるので、まずはそんな生活習慣に、心をリラックスする方法を取り入れでましょう。

■医師監修の究極の眠れるCD、快眠ハーブティのカモマイルナイト
究極の眠れるCD 安眠ハーブティ カモマイルナイト

 

2、フラワーレメディで心を癒す

最初に女性に紹介したフラワーレメディを利用して、無感情になってしまった心の緊張を、解きほぐしていくこともお勧めです。

先に紹介したヴァーベインなら、慢性的な緊張感と共に、感情的な拘りや固執も解きほぐしてくれる効果が期待できます。それにより感情がない人を、根本的な問題から、癒してくれるために役に立つのです。

ですから、もし睡眠でストレスが解消できていないと感じるなら、このフラワーレメディのヴァーベインを利用して、まず安定した眠りが取れるようになることから始めましょう。

さらに申し上げるなら、一緒に精神的な強さを養ってくれるセントリーも利用すれば、本来の自分のペースを取り戻せるでしょう。

なお、お薬を服用されている方は、定期的にボディーワークに通われながら、身体を整えていくことさらに効果的です。

補足説明
 2種類のフラワーレメディをブレンドするなら、500mlのペットボトルに水やお茶などの飲み物を入れて3滴ずつ、合計6滴入れましょう。マイアースでは、希望の方にフラワーレメディの利用法を配布しています。ご注文の際に、カートボタン上の「利用法&問診表 あり」を選択してご注文下さい。なお、フラワーレメディの詳しい利用法は、こちらの「【初心者向け】フラワーレメディの効果的な使い方<バッチシリーズ>」をご覧ください。
初めてのフラワーレメディ利用法付き

 

3、ボディーワークで身体から癒す

心の緊張は即座に、身体の緊張や強張りとして症状に現れます。

感情がないと感じる方のほとんどは、慢性的な緊張感を持っていますから、この強張った身体を解きほぐすアプローチをすることがおすすめです。

ある心理学の権威の方は「身体の筋肉の中に感情のストレスが閉じ込められている」と語っていましたが、その筋肉を解きほぐすことが、精神的なストレスを癒してくれることに繋がります。

ですから、鍼灸、整体、マッサージ、カイロプラクティック、アロマトリートメントなど、ダイレクトに身体へとアプローチしていく療法を取り入れて、慢性的な緊張感を解きほぐしていきましょう。

必要であれば、専門家にお世話になるのも、とても効果的な改善法です。

 

4、心理療法やカウンセリングを受ける

あまりにも精神的なストレスが溜まって、なかなか解消できないでいると感じるなら、カウンセラーや心理療法士などのセラピーを受けましょう。

日本ではまだまだ、メンタルヘルスの専門家に相談すること浸透していませんが、アメリカなどでは掛かりつけ医と共に、専門家に相談することはとても一般的なことです。

ですから、ネットなどでも良いので、信頼できると感じるカウンセラーやセラピストを見つけ、まずはメールなどで相談してみましょう。

殆どの専門家は、こちらの「お問い合わせ」のように、サイトに相談受付の窓口をもうけていると思いますから、そんな機会も遠慮なく利用してください。

特に諦めの気持ちを持ってしまっている方は、具体的なセラピーなどで、専門家と共に改善していく方が良いでしょう。

 

5、メンタルヘルスセミナーなどで学ぶ

そして私が開催しているような、メンタルヘルスセミナーに参加して、日常生活の中で、自分の感情を取り戻す方法を学び、実践するのも役立ちます。

現在ではネットを検索すれば、本当に多くのカウンセラーやセラピストが、メンタルヘルスに関するセミナーを開催しています。

これらのセミナーでは、具体的な対処法を教えてくれるものも多いので、一度参加してみることも良いでしょう。

ちなみに、私のセミナーで教える対処法は、あなたの心を本来の柔軟な状態に戻す効果があるので、その過程で無感情の原因となる、様々な問題が癒されていきます。

このワークは特に現在通院されて、お薬を利用されている方でも、マイペースに取り組めるものですし、小学生でも出来る簡単なものなので、すぐに始められます。

もしあなたが、すぐに自分を癒して感情を取り戻したいと思われるなら、まずはこちらの受講者の感想をご覧いただければ、きっと役立つことでしょう。

 

お問合せ

感情がない人や無感情だと思う人へ

感情がない人や無感情だと思う人へ

もしあなたが、感情がないと思たり無感情だとしても、決して焦らないでください。

それはあなたの心の奥に、本来の感性や感受性が抑え込まれているだけで、無いのではなく、ストレスで感じられないだけです。

 

あなた自身を大切にすることから

あなたが自分の心と身体を整えていくことを意識し、今の生活サイクルをゆとりのある穏やかなペースにしていけば、それと共にストレスも解消されて、感情も自然と戻ってきます。

感情がないと感じたり、無感情だとしても、それは単に心にストレスが残っており、感じられないだけなのです。

ですから、あなたが自分の本来の感情を取り戻すために必要なこと、あなた自身を大切にすることを意識してください。

そうすれば、より豊かな感受性と共に、安心できるマイペースな暮らしも、取り戻せるのです。

まずは一歩、自分が出来そうなことから始めてみましょう。

 

↓ 次のページはこちら! ↓

感情をコントロールして抑えることなく解消する方法【実例紹介】

 

 

編集後記など1分1言動画

井上直哉のオフィシャルブログをご覧いただき、ありがとうございます。ブログをご覧いただいたあなたに、こちらの特別なレポートを無料でプレゼントします。

『人間関係を劇的に癒す方法【実例紹介】』
使えばすぐに特定の相手との人間関係を変えられる改善法で、会社、学校、家族、恋人相手でも簡単に使うことが出来る実践的な方法です。

『豊かさのオーラの秘密【実例紹介】』
お金に関するオーラ診断から垣間見えた過去の記憶とは?私たちが無意識に持っているお金に関するブロックが見えてきます。

ブログの更新通知を受け取りたい方も、こちらのレポートをダウンロードして下さい。井上の天然コラムなどもメールでお届けします。

 

最新のお知らせ
人生をポジティブにしたい人のメンタルヘルスセミナー
心を癒す魔法の言葉セミナー東京201611
心を癒す魔法の言葉セミナー
心をポジティブにする方法を学び習得するためのセミナー
■開催日程:2018年10月7日、23日、11月4日、17日
■開催場所:東京、札幌、京都、会津 / 時間:2時間30分

無感情で感情がない人の心理的な原因とスピリチュアルな解決法

悩みをお持ちで、心の癒しと成長を望まれる方へ

 

 お持ちの悩みについて、心を癒し改善することは、あなたが思いつめているほど、実は難しいことではありません。

 心が癒されることで、あなたの周囲の人間関係には、自然と変化が起こり、もっと安心して自分らしく、人生を生きれるようになります。

 心の問題に取り組むにあたり、ご心配のことがあれば、まずは無料相談から、お問い合わせください。

お問い合わせ&無料相談

 

スポンサードリンク