自分がないと感じ殻に閉じこもる人のスピリチュアルな改善法

自分がないと感じ殻に閉じこもる人のスピリチュアルな改善法
The following two tabs change content below.
アバター画像

井上直哉

心理とスピリチュアルの専門家
1989年大学に進学中に、独自にスピリチュアルの研究を行い体外離脱体験をもつ。医療機器メーカーに就職後、2001年に心理療法家として独立。3,000人以上のセラピー実績を持ち、年間20回以上のセミナーを全国で開催。2010年に株式会社ヒーリングアースを設立。現在は経営の傍ら個人セッション及びセミナーをこなしながら執筆活動に励む。ブログは年間300万人が訪れる。モットーは「現実が変わるスピリチュアル」です。
スピリチュアルを学びたい方へ プロフィール お問合せ

こんにちは。
心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉(@my_earth_naoya)です。

これは、女性から聞くことが多いのですが、「私は自分がない気がして・・・」という相談を伺う時があります。

それらの相談をしてくる多くの方は、職場での人間関係で、自分の気持ちが明確にならずに戸惑っていたり、プライベートで相手の言葉や態度に翻弄されて、いつも辛い思いをしています。

ですが、改めて自分を見直してみても、自分が本当はどうしたいのか全く分からないのです。

そして時には、そんな気持ちから、自分の殻に閉じこもってしまう人もいます。

今回は、そんな「自分がない人」には、どんな問題が起きているのか、スピリチュアルな視点から見たときの原因と、具体的な改善策をお話ししましょう。

 

無料プレゼント

自己認識を司るオーラの第4層

自己認識を司るオーラの第4層

オーラ診断などの個人セッションで、自分が解らないという人からの相談を受けると、私はオーラの第4層の状態を確認します。

オーラの第4層は、その人の個性や自己認識を表しますから、その状態を見ることで、その人に何が起きているのか、エネルギー的に知ることが出来るのです。

 

オーラの第4層とは

オーラの第4層とは、私たちの身体を取り巻くオーラを、7層に分けて観察したときに、4番目に存在するオーラです。

少しスピリチュアルで専門的な話にはなりますが、私したちの身体の背骨沿いに存在する、7つのチャクラの内の第4チャクラに対応するオーラで。

私たちの個性ともいえる「自分らしさ」や、「愛」に関するエネルギーが宿っています。

この第4層を見ていけば、その人が周囲の人に対してどんな心持ちで向き合っているのか、また自分に対してどう思っているのかが解ります。

 

オーラの第4層はありのままの自分

この第4層に問題が起きているということは、自己評価に問題が起きていることを意味します。

そのため、この層のエネルギーが不足していると、まさに「自分がない」と感じてしまうのです。

オーラの第4層は、私たちの潜在意識が、自分は何者だと認識しているのか?そんな、ありのままの自分を表すと言っていいでしょう。

そして私が、自分がないという人の第4層のオーラを、スピリチュアルな視点で観察すると、大きく3つのタイプがあることが解ります。

 

<井上のワンポイント>

一言で「自分がない」と言っても、その心理状態や原因は人それぞれです。ですが、オーラを見ることで、その詳細を知ることができます。

その人が自分の殻に閉じこもっていても、オーラを見ればとても良くわかるのです。

 

魔法の言葉セミナー

スピリチュアルに見た3つのタイプ

スピリチュアルに見た3つのタイプ

ではなぜ、そんな自己評価を司るオーラの第4層に、問題が起きているのでしょうか?

自分がないと感じている人を、エネルギー的に見て分かった、3つのタイプについて詳しくお話ししましょう。

 

1、気を配りエネルギーが枯渇している人

エネルギーが枯渇している人は、周りの人にばかり眼を向けて、自分に意識が向いていないタイプの人です。

よく「気を配る」とか、「心配り」という言葉がありますが、それはまさに「気(エネルギー)=オーラ」を配っていることを表します。

ですから本来なら、オーラの第4層がエネルギーで満たされいるはずなのに、周りの人に気を配り過ぎているため、自分にエネルギーが殆ど残っていないのです。

そのため、周囲に気を配ってしまう性格的な傾向により、自分のエネルギーが枯渇してしまい、自分のことが解らないというのが、心理的な原因なのです。

 

<井上のワンポイント>

例えば、常日頃から「自分の時間が無い」と感じ、休めていない人は要注意です。

それとか、人と一緒にいると、気疲れしてヘトヘトになってしまう人も同じです。

 

2、自分が嫌いでエネルギーが宿らない人

同じようにオーラの第4層にエネルギーがない人でも、周りに配るのではなく、身体にエネルギーが宿らない人もいます。

それはこちらの「自分が嫌いな人の心理的な原因」でも紹介したことがある、自分のことが嫌いな人です。

先ほども申し上げたように、オーラとは「気(エネルギー)」で出来ていますから、私たちの「気持ち」によって、その状態はとても大きく左右されます。

そのため、自分が嫌いだという気持ちがあると、自分にはオーラが宿らず、慢性的なエネルギー不足に陥ってしまうのです。

自分がないと感じる心理的な原因が、そんな自分嫌いから来ている人は、意外と多いといえるでしょう。

 

3、自分の殻に閉じこもっている人

そして中には、スピリチュアルな視点で第4層のオーラを確認すると、確かにエネルギーはあるものの、白い壁のようになっており、奥が見えないタイプの人がいます。

このタイプの自分がないと感じる人は、周りとの距離感をとても強く感じており、自分だけが違う世界から現実を見ているような、そんな疎外感を味わっています。

こうなると、自分で自分を理解しようとしても解らないし、眼の前で何か問題が起きていても、あまり心に響かず感情が揺れないのです。

これは、過去のトラウマが原因で、心に壁が出来てしまった人だといえるでしょう。

 

<井上のワンポイント>

これは子供の頃のショックや、生活環境によって無意識に出来上がってしまう心の壁です。

スピリチュアルにいうなら、心が殻に閉じこもっている状態ともいえるでしょう。

 

誰もが自分がないと感じる4つのケース

誰もが自分がないと感じる4つのケース

これまで解説してきたように、オーラ診断などで、自分がないと感じている人をエネルギー的に観察すれば、その原因は大きく3つに分けられます。

でも実際にそんな問題を感じている人には、色々な理由やパターンがあります。

ここでは、そんな自分がないと感じる人の代表的な4つのケースについて、お話ししていきましょう。

 

1、自分の意見がない人

自分のことが解らないという人の中には、自分の意見がないと感じている人が、意外と多いのではないでしょうか。

中には「意見がない=個性がない」と感じている人もいると思いますが、このケースは多くの場合、決断力がなく選択することが苦手な人が多いようです。

例えば、子供の頃から両親がすべて身の回りの世話をして、両親の言う通りに進学してきた人は、自分の意思が明確にならないために、自分ではなかなか決断できません。

逆に何を言っても否定され続け、もう自分の意思を主張することを諦めてしまい、心を閉ざしてしまった人もいます。

 

<井上のワンポイント>

先ほど紹介した、自分の殻に閉じこもってしまった人にも、そんなトラウマから来る、切ない気持ちがあることが分かります。

彼らの多くは、そんな過去の経験から、自分を主張することを諦めてしまっているのです。

 

2、存在感がないという人

以前に私が出会った人で、なぜか自分には存在感がないと、相談してきた人が居ました。

それはこちらの「存在感がない影が薄い人とは?オーラがない人の原因と改善策」で紹介した実例です。

そこにも書いたように、自分が嫌いな人は、自分にオーラが宿りませんから、いわゆるオーラの無い人になってしまうのです。

その結果、「オーラのある人=存在感のある人」の逆で、「オーラが無い人=存在感の無い人」となってしまい、自分の意思や意見もないのです。

 

<井上のワンポイント>

これらの人は、そもそも自分の存在を認めていないのです。それでは自分がないと感じるのも、ある意味当然だと言えるでしょう。

 

3、自分には価値がないと感じる人

これは自分には居る意味がないとか、価値がないと感じている人のケースです。

特に不倫関係で、とても強い罪悪感を感じている女性にありがちなケースで、強く自分を責めるあまり、自分の存在を否定してしまうのです。

私たちは時として、自分を責めたり、攻撃するところがありますが、そんな気持ちが、自分という存在を打ち消してしまうのです。

中には、育成段階から親に否定されることで、自分には存在価値がないと思っている人もいます。

 

<井上のワンポイント>

私たちの自己評価は、そのまま自分のメンタルに影響を及ぼしてしまうために、自分がないと感じるようになってしまうのです。

 

4、熱意や感情がない人

中にはやりたいことが見つからなかったり、自分がどうしたいのか解らないという意味で、自分がないと感じる人もいます。

それらの方は、こちらの「無感情で心が動かない人の原因とスピリチュアルな改善法」でも書いたように、熱意やヤル気を支える、感情のエネルギーがないことが多いようです。

私たちの感情とは、ネガティブなものもポジティブなものも、自然な感情であり本来は善悪がありません。

ですが、ネガティブな感情を強く抑えると、心の奥に蓋(ブロック)が出来てしまい、すべての感情が抑えられてしまいます。

その結果、先の心の壁と同じように、感情が湧き起こることが減っていき、自分がないと感じてしまうのです。

 

<井上のワンポイント>

この感情がないという問題には、いくつかの原因がありますので、自分が当てはまると思う方は、先の記事をご覧になってみてください。

 

”メンバーズブログ"

自分がない人のスピリチュアルな改善法

自分がない人のスピリチュアルな改善法

では具体的に、自分がないと感じている人が、どうすれば自分に自信をもち、明確な意思を実感できるのか、そのスピリチュアルな改善法を紹介していきましょう。

 

根本的に解決するには

最初のスピリチュアルに見た3つのタイプでも説明したように、自分がないという問題の原因は、自分に対するエネルギーの不足です。

それは、もっとハッキリというなら、自分への愛情が不足しているとも言える状態です。

ですから、この問題を具体的に解決しようと思ったら、自分を好きになり、評価できるようになる必要があります。

ただそうは言っても、今まさに自分への愛情が枯渇しているなら、それはとても難しいと感じることでしょう。

 

自分を見つけるのではなく育てる

実はこの問題、心理療法的に改善を進めていくにしても、一朝一夕に勧められるものではありません。

実際に取り組んでいくときには、じっくりと時間をかけて、自己評価を落としている問題を解消しつつ、過去のトラウマを癒していく必要があります。

それは1度のセラピーやカウンセリングで終わるものではなく、時間をかけて自分の心を整理し、成長させていく、そんな取り組みだと言えるでしょう。

ですからもしあなたが、今まさにこの問題に直面して、自分がないと感じているなら、焦らずにじっくりと、自分の心を見つめ直す必要があるのです。

 

<井上のワンポイント>

だからこそ人は、周りからの影響を取り除いて、自分自身を見つめ直すために、時として自分の殻に閉じこもるのです。

スピリチュアルに言えば、それは芋虫が蝶になるための蛹の時間。自分を再構築するための大切な時間だと言えるでしょう。

 

フラワーレメディを利用した改善法

ですから、自分自身を見つめ直し、心の中を整理することを意識して、一歩一歩確実に、本来の自分らしさを取り戻していきましょう。

そしてそのために、最も手軽に取り組めるのが、このフラワーレメディによる癒しです。

先ほどの3つのタイプ別に、適した種類を紹介しておくので、自分が当てはまるものを使ってみてください。

補足説明
 フラワーレメディは、500mlのペットボトルに水やお茶などの飲み物を入れて6滴入れましょう。2種類をブレンドする時には3滴×2種類で利用してください。マイアースでは、希望の方にフラワーレメディの利用法を配布しています。ご注文の際に、カートボタン上の「利用法&適応表 あり」を選択してご注文下さい。なお、フラワーレメディの詳しい利用法は、こちらの「【初心者向け】フラワーレメディの効果的な使い方<バッチシリーズ>」をご覧ください。
初めてのフラワーレメディ利用法付き

 

無理せずに専門家に相談する

今回のように、自分がないと感じる人が、殻に閉じこもって自分を見定めるためには、それなりに時間がかかってしまいます。

なぜなら、まずはストレスを浄化してトラウマを癒し、その上で自分自身を見定める必要があるからです。

ですが、心理療法やカウンセリングなどの方法で取り組んだり、自分の心を整理するためのメンタルなスキルを学べば、その時間を短縮することが可能です。

ですから、自分で取り組むのは難しいと感じたなら、一度、自分が信頼できると感じる専門家に相談してみましょう。

 

<井上のワンポイント>

自分一人で何とかしようとせずに、まずは気軽に、自分の内情を専門家に相談してみましょう。

そうすれば、なおさら安心して、自分の心の成長に取り組めるでしょう。

 

井上のオーラ診断

心を育て自分を咲かすこと

心を育て自分を咲かすこと

自分がないと感じる人を、スピリチュアルな視点から見ると、どんな問題が起きているのか、これでお解りいただけたのではないでしょうか。

そしてなぜ時として、人は自分の殻に閉じこもるのか、その理由もお分かりいただけたことでしょう。

 

現代社会でいかに自分の心を育てるか

現在社会において、私たちは知識や教養など、大人として振舞うための、様々な教育を受け身についてきました。

でも振り返ってみると、この自分の心を整理して、自分の個性を育てることは、なかなか学んでこれなかったのかもしれません。

もちろんそれは、学校でも授業や部活などを通して、学ぶ機会があったと思います。

ですがこれは、どちらかといえば、両親から教わり、友達との関係の中でお互いに切磋琢磨して、育ててくるものなのかもしれません。

幼い頃からの、身近な人間関係の中で、育ててくるものでなのでしょう。

 

自分を育てる気持ちで歩む

でもこんな記事を書いている私が言うのも何ですが、私も大人になっても自分が見いだせず、自分がないと感じて、迷っていた時期がありました。

ですが今まさに、自分の人生を振り返って思います。実は自分を育てることは、大人になってから始めても、決して遅くはないのだと。

そして自分らしさとは、そもそも自分自身で育てていくものなのかもしれないと。ですからあなたも、自分を育てるという意識をもって、歩んでみてください。

きっとその時には、思いもしなかった自分の良さや、新たな一面が見えてくることでしょう。

きっとそれが、あなたの中に眠っていた才能であり、唯一無二のあなたらしさなのです。

 

↓ 次のページはこちら! ↓

自分で決められない人の特徴とスピリチュアルな改善法

 

最新のお知らせ
>自分らしく輝いて生きるための心を癒す魔法の言葉セミナー東京201611
心を癒す魔法の言葉セミナー
心をポジティブにして現実を変える方法
■日程:2024年3月8日(金)
■場所:オンライン開催/ 時間:2時間30分
参加された受講生の声はこちら。

魔法の言葉セミナーの受講生の感想

ABOUT US
アバター画像
井上直哉
1989年大学に進学中に、独自にスピリチュアルの研究を行い体外離脱体験をもつ。医療機器メーカーに就職後、2001年に心理療法家として独立。3,000人以上のセラピー実績を持ち、年間20回以上のセミナーを全国で開催。2010年に株式会社ヒーリングアースを設立。現在は経営の傍ら個人セッション及びセミナーをこなしながら執筆活動に励む。ブログは年間300万人が訪れる。モットーは「現実が変わるスピリチュアル」です。
スピリチュアルを学びたい方へ プロフィール お問合せ
close-image