【初心者向け】フラワーレメディの効果的な使い方<バッチシリーズ>

【初心者向け】フラワーレメディの効果的な使い方<バッチシリーズ>
The following two tabs change content below.
オーラアドバイザー 井上直哉

オーラアドバイザー 井上直哉

オーラと心理療法の専門家
 現実的なスピリチュアルをモットーに、日頃の生活で感じている気付きや学びをブログで紹介しています。人生を好転させるためのメンタルヘルスセミナー『心を癒す魔法の言葉®』を世界中の人に伝えることを、人生の目的として活動中。詳しいプロフィールはこちら
読者プレゼント お問合せ&無料相談
 サービス内容

こんにちは。
オーラアドバイザー 井上(@my_earth_naoya)です。

私の会社では、イギリスで作られているフラワーレメディを販売しています。

これは私が16年前に、郡山でセラピーを始めたころから、活用していたフラワーレメディを、より多くの方に利用していただこうと思ったからです。

私がお店にいる時には、初めて利用される方に、問診表を受けていただいたり、簡単な使い方を説明しています。

ネットで購入された方には、私が作った利用法のパンフレットをお付けしています。

今回こちらでは、そのフラワーレメディ(バッチシリーズ)を、効果的に利用するための方法を、解説していきたいと思います。

これはあくまで、私のオリジナルの使い方ですが、3000例以上の実績をもとに紹介する方法なので、ぜひ1度試してみてください。

 

 

フラワーレメディとは

フラワーレメディとは

まずは簡単にフラワーレメディについて、どのようなものなのかを説明したいと思います。

ここではあくまで、初心者がフラワーレメディを利用する上で、必要な情報だけをまとめて解説しますので、フラワーレメディの入門編と思ってご覧ください。

 

フラワーレメディの開発者エドワード・バッチ博士

フラワーレメディは、1930年代に英国の医師であり、細菌学者でもあったエドワード・バッチ博士により作られた、草木や花のエッセンスを利用した癒しの システムです。

もともとバッチ博士は、細菌学者の権威であり、同種療法(ホメオパシー)を専門として活躍していました。

そんな彼が、心と身体の密接な繋がりに着目し、心を整えることで、肉体的な健康を得ようと考え、新たに開発したのがフラワーレメディです。

フラワーレメディは、このバッチ博士が考案した、38種類の草花を利用したバッチシリーズが始まりです。しかしながら現代では、世界中で様々な製品がつくられており、それらを総称して「フラワーエッセンス」とも呼んでいます。

エドワード・バッチ博士 バッチ博士が住んでいた家

Wikipedia引用:エドワード・バッチ博士と住んでいた家

 

フラワーレメディの成分とは

フラワーレメディを簡単に説明するなら、花の朝露を使った、心を癒す花の療法というのが適当でしょう。

フラワーレメディは、保存料とされるブランデーに、特定の花の朝露(マザーエッセンス)を2滴ほど入れて作られます。

その花の朝露に含まれる、花の雰囲気やエネルギーともいえる波動が、私たちの心の様々な問題を癒し、変化成長を促してくれるのです。

ですから科学的には、フラワーエッセンスに花の成分は含まれておらず、水とブランデーのみで作られる、自然由来の製品といえます。

 

日本におけるフラワーレメディについて

日本でも近年、フラワーレメディが一般的に販売されるようになりました。

ヨーロッパでは、バッチ博士が考案したフラワーレメディを、製法や成分そのままのブランデー製品として販売しています。

ですが日本では、酒税法の関係で酒類販売免許がないと、ブランデー製品の販売ができないため、保存料として加塩ブランデーか、グリセリンビネガー(お酢)などを使用した物が流通しています。

保存料としてブランデーが利用された経緯が、自然のものを利用して保存期間を延ばすことですから、その効果は変わらないと考えていいでしょう。

補足説明

当社では、酒類販売免許を取得し、イギリス、クリスタルハーブ社製のオーガニックブランデーを使用した、フラワーレメディを販売しています。(酒類販売免許/通信販売酒類小売業免、会津若松市酒指第1124号)

 

スポンサードリンク

フラワーレメディの一般的な使い方

フラワーレメディの一般的な使い方

まずは、一般的なフラワーレメディの使い方を説明して、その後に私がお勧めする効果的な利用法を、紹介していきましょう。

 

ストックボトルの一般的な使い方

フラワーレメディは一般的に、「ストックレベル」といわれる段階のフラワーレメディが、市販されています。

レメディは、現在ではガラスの器に花びらを浮かべて作る、太陽法という製法と、植物を煮沸して作る煮沸法で作られますが、それにより出来た液体に、1対1の割合でブランデーを加えたものを、マザーエッセンスといいます。

このマザーエッセンスを、10mlのブランデーに2滴加えたものを「ストックレベル」といい、それを10mlや20ml程度のボトルに詰めたものを、ストックボトルといいます。市販されているものは、このストックボトルです。

このストックボトルは、単体で利用したり、数種類をブレンドして利用するのが、一般的なフラワーレメディの使い方です。

もっとも簡単なのは、ストックボトルを単体で使用する方法で、何か飲みものを口にする際に、ティーカップに2滴を入れて、ゆっくりと飲用します。

フラワーレメディ
クリスタルハーブ社 バッチシリーズ ストックボトル10ml

 

フラワーレメディのブレンドボトルの作り方

購入したストックボトルを利用して、自分専用のブレンドボトルを作製する方も多くいらっしゃいます。

ブレンドボトルはトリートメントボトルとも言われ、何種類かのフラワーレメディをブレンドするために作ります。作り方はいたって簡単です。

30ml程度のスポイト付き遮光便を用意し、まずは5分ほど煮沸消毒(ガラス部分を鍋で煮る)します。瓶が冷めたらその中に5ml(小さじ1杯)ほどのブランデーを、保存料として入れます。

残りをミネラルウォーターなどで満たして、そこに1種類~7種類までのフラワーレメディを2滴ずつ入れて、ブレンドしていきます。

なお、あらかじめ5種類のレメディがブレンドされている、リバイバルレメディ(レスキュー)については、4滴を入れるようにしましょう。

 

ブレンドボトルの使い方

ストックボトル同様に、飲みものを口にする際に2滴を入れて、飲用することもできますが、ブレンドボトルのお勧めは、直接飲用する使い方です。

舌下に2滴を落として、1分ほど口に含んだ状態で保持し、その後ゆっくりと飲み込みましょう。それにより血液の流れに乗って、花のエネルギーが身体に広がり、レメディの効果が得られます。

この方法で利用する際には、スポイトが口につかないように注意してください。保存料が5mlのブランデーだけですから、雑菌が入ると中身が傷みやすくなります。

フラワーレメディの成分は、あくまで水とブランデーで、花のパワーも優しく繊細なものです。回数を多く使用して問題になることは在りませんので、積極的に利用するように心掛けましょう。

特にこちら「【バッチシリーズ】フラワーレメディをすぐに活用出来る!プロ向け通信講座」でも紹介しているように、ボディーワークなどのサロンで、フラワーレメディの併用を促すときにはお勧めです。

 

フラワーレメディの効果的な使い方

フラワーレメディの効果的な使い方

ではここからは、3000セッション以上の実績をもとに考えた、井上流のフラワーレメディの利用法を紹介しましょう。

 

フラワーレメディを利用する上でのポイント

冒頭でも述べましたが、フラワーレメディの成分は水とブランデーです。その水に含まれる花のエッセンスが、心の様々な傾向を癒してくれます。

ですので、一切科学的な効果がある訳でもなく、エネルギー的な効果を求める製品ですから、ポイントは頻繁に利用することです。

一般的にフラワーレメディは、1日4回以上利用しないと、効果を感じないと言われていますが、本気で結果を出したいなら、少量でいいので頻繁に利用することです。

お薬の様に、科学的な成分が結果を出すものでもありませんから、いっぺんに多く飲んでも効果は見込めません。ポイントはいかにこまめに利用するかです。

 

効果的なフラワーレメディの使い方

そこで考えるのが、この水筒やペッドボトルを利用する使い方です。

500mlのペッドボトルか水筒に、お水やお茶などの飲み物を入れて、ストックボトルのレメディを6滴入れます。

もし複数の種類をブレンドする際には、1種類に付き、3滴を目安に入れていきます。その際リバイバル(レスキュー)も3滴で十分です。

それを常日頃から持ち歩いて、喉が渇いた時には、そこから水分を補給しましょう。また気が付いた時には、口を湿らせる程度で十分ですから、こまめに頻繁に利用することです。

ポイントは、いかに頻繁に花のエッセンスに触れるかです。

 

フラワーレメディの利用期間について

フラワーレメディを利用すると、早い方で1,2週間で効果を感じる方も居るかもしれません。

多くのケースで、向精神薬などのお薬を利用されていなければ、1ヶ月程度で何らかの変化を感じることでしょう。また、お薬を利用されている方でも、ジワジワと変化を感じ始めるでしょう。

多くの方が、利用し始めて1ヶ月程度で気持ちが軽くなると、利用を止めてしまいがちです。

ですが、フラワーレメディは本来じっくりと継続的に利用することで、性格的な傾向を癒すものですから、気持ちが落ち着いても数か月は安定期間だと思って継続しましょう。

腰を据えて、根本的な問題を改善していくつもりで利用することをお勧めします。

 

フラワーレメディの効果的なブレンド

フラワーレメディを販売している私が言うのも何ですが、レメディを利用する上での真髄は、いかに少ない種類で大きな結果を出すかです。

とかく不安を感じると、次から次へと種類を増やしたり、入れ替える人が多いのですが、そんな時には要注意です。

結局どの種類のフラワーレメディが、効果が出ているのか解らなくなるので、最終的には効いているのかいないのか解らなくなり、すべてが中途半端で終わってしまいます。

大切なことは、根本的な性格を癒してくれるレメディを特定して、粘り強く取り組んでいくことです。

そのためにも、可能であればよりレメディと心理的な問題に長けた、専門のアドバイザーの助言を受けた方が良いでしょう。

詳しくはこちら「【中級編】フラワーレメディの選び方と数種類をブレンドする際の効果について」にも解説していますので、数種類を併用したいとお感じなら、一度ご覧になってください。

 

”メンバーズブログ"

フラワーレメディを使う際に注意すべきポイント

フラワーレメディを使う際に注意すべきポイント

フラワーレメディは、あくまで自然由来の製品ですから、安全、安心にお使いいただくことが出来ます。

でもよりシッカリと癒しの効果を得るためには、いくつか押さえておきたいポイントがあります。初めて利用する初心者の方も、これだけは目を通しておきましょう。

 

子供にフラワーレメディを利用する際のポイント

母親であれば、子供たちが悩み不安を感じていれば、その相談に乗り、何らかの手助けをしてあげたいと思うのは、とても自然な親心です。

そしてそんな時に特に役立つのが、赤ちゃんや子供でも利用できる、安全なフラワーレメディだといえるでしょう。

ただここで、1つだけご注意いただきたいことがあります。それはこちらの「フラワーレメディを子供に使う際の注意点と効果的な使い方」にも書いた、子供への使い方です。

子供は大人が思っている以上に、繊細で敏感な存在ですから、お母さんもそんな子供たちと一緒に、楽しみながらフラワーレメディを使っていただくと、より結果が出るのが早いでしょう。

 

フラワーレメディで起きる好転反応について

フラワーレメディはお薬とは違う自然由来のものですから、基本的に副作用はありません。ただその反面、ストレスを抱えた方が利用すると、好転反応としての疲れが出たり、体調を崩されることがあります。

基本的にそれは良くなるための心と身体の反応ですが、知らずに使いだして、驚くことが無いように、まずはこちら「要注意!フラワーレメディで好転反応が起きやすい3種類【実例紹介】」に目を通しておきましょう。

好転反応が起きた後には、ほとんどの方がその後とても楽に改善されています。

そんな体調が回復する上での吉報だと思って、受け止めてあげてください。

 

レメディでシッカリと結果を出すためのポイント

フラワーレメディはとても簡単に使えて、結果が出やすい心を癒す花の療法です。ですから、誰もが安心して気軽に使えます。

基本的な使い方は、セルフで自分に合うと思う種類を使ってもいいですし、専門のアドバイザーに相談して、処方していただいても良いでしょう。

ただそこで注意が必要なのが、あくまで自分で自分を癒すという心構えです。

こちらの「フラワーレメディのスピリチュアルな効果と注意すべき問題点【実例紹介】」にも書きましたが、一時的な気持ちの変化に一喜一憂せずに、1つ1つ踏みしめるように、自分の心と向き合っていきましょう。

 

お問合せ
スポンサードリンク

癒しは1つずつ丁寧に根気強く取り組む

癒しは1つずつ丁寧に根気強く取り組む

フラワーレメディを利用して、1つの問題が解消に向かうと、多くの人が次の別な種類を使ってみたいと言ってきます。

もちろんそれは、自分自身を癒していくことですから、どちらかといえばよい取り組みだといえます。

 

表面的な心の波に惑わされない姿勢が大切

でも実際によく話しを聴き取り、その内容を精査していくと、もともと処方していたフラワーレメディの効果で、癒される問題であることが多々あります。

表面的には別な問題に思えても、根本的には同じ問題であり、癒しが進むことで自然と解消する物なのです。

そんな時には、私はそれを説明して、レメディを追加する必要がないことを話し、同じ種類を使いながらじっくりと変化を待ってもらいます。

私たちの心には、少なからず気持ちの波が在るものですから、それが落ち着いて、いずれ全体が整ってくるのを、粘り強く待つのです。

フラワーレメディは、繊細な花のエネルギーで心を癒す、優しく穏やかな療法ですから、そんな季節が過ぎ去るのを待つような、腰を据えた使い方が大切だといえます。

 

フラワーレメディを使う真の目的

もしあなたもフラワーレメディを使って、メンタルな自分の問題を解消してきたいと望むなら、最初は1,2種類に限定して利用すると良いでしょう。

それにより、どのレメディが自分の心にどんな変化を与えているのか、手に取るように解ります。

それは単にフラワーレメディの効果に頼るだけではなく、自分の心との意思疎通を図ることです。自分を内観することです。

そんなフラワーレメディを通じて、より自分を知ることが、あなたの心の成長を促し、自分の意思を尊重するための糧となります。

ですから、単にフラワーレメディに頼るのではなく、レメディを通じて自分を知る機会として利用していただければ、私はとても嬉しく思うのです。

 

↓ 次のページはこちら! ↓

自分で自分を癒す。手軽に使えるフラワーレメディの2段階の効果

 

 

編集後記など1分1言動画

井上直哉のオフィシャルブログをご覧いただき、ありがとうございます。ブログをご覧いただいたあなたに、こちらの特別なレポートをプレゼントします。

『人間関係を劇的に癒す方法【実例紹介】』
使えばすぐに特定の相手との人間関係を変えられる改善法で、会社、学校、家族、恋人相手でも簡単に使うことが出来る実践的な方法です。

『豊かさのオーラの秘密【実例紹介】』
お金に関するオーラ診断から垣間見えた過去の記憶とは?私たちが無意識に持っているお金に関するブロックが見えてきます。

 

最新のお知らせ ― 井上のセミナー開催情報
あなたの人生を好転させるメンタルヘルスセミナー
心を癒す魔法の言葉セミナー東京201611
心を癒す魔法の言葉セミナー
心をポジティブにする方法を学び習得するためのセミナー
■第12期 2017年10月21日(土)10時~ 会津開催
■第13期 2017年10月31日(火)14時~ 京都開催
■第14期 2017年11月17日(金)14時~ 東京開催

■仕事とプライベートを楽しみたいビジネスパーソンのための
ビジネスマンのためのメンタルヘルスセミナー
心を活かすメンタルヘルスセミナー
仕事とプライベートで心のメリハリを付ける方法を学ぶセミナー
■第1回 2017年10月3日(火)18時~ 会津開催
■第2回 2017年11月17日(金)18時~ 東京開催

スポンサードリンク
 

【初心者向け】フラワーレメディの効果的な使い方<バッチシリーズ>

悩みをお持ちで、心の癒しと成長を望まれる方へ

 

 お持ちの悩みについて、心を癒し改善することは、あなたが思いつめているほど、実は難しいことではありません。

 心が癒されることで、あなたの周囲の人間関係には、自然と変化が起こり、もっと安心して自分らしく、人生を生きれるようになります。ご心配のことがあれば、まずは無料相談から、お問い合わせください。

お問い合わせ&無料相談

自己実現を目指すなら↓↓↓

深遠なるスピリチュアルの世界へ 【メンバー限定ブログ】

 

メンバーズブログ-01

<メンバーズブログ記事の一部>
・なぜ人は転生するのか?
・天使の選択、人の選択
・自信を養う王道
・経済的に豊かになる秘訣
・強制的に幸運を招き寄せる


・願いを叶える祈りの方程式
・有限の愛と無限の愛
・人生の目的の見つけ方
・お金を引き寄せる方程式
・覚醒するための道のり

メンバーズブログでは、私自身が学び成長する過程で知り得た、さらに深遠な気付きや、スピリチュアルな体験について限定公開しています。あなたが自らの存在意義や人生について考え、成長したいと望まれるならご参加ください。