自分で決められない人の心理と改善策 スクレランサスによる癒し【実例紹介】

自分で決められない人の心理と改善策-01
The following two tabs change content below.
オーラアドバイザー 井上直哉

オーラアドバイザー 井上直哉

オーラ診断と心理療法の専門家
 現実的なスピリチュアルをモットーに、日頃の生活で感じている気付きや学びをブログで紹介しています。『心を癒す魔法の言葉®』を世界中の人に伝えることを、人生の目的として活動中。最近始めた趣味は料理。Myレシピは「餡かけチャーハン」。詳しいプロフィールはこちら
読者プレゼント セミナー情報 サービス内容 お問合せ / 癒しアイテム

こんにちは。
オーラアドバイザー 井上(@my_earth_naoya)です。

私はよく「自分で選択することが大切ですよ」と、お話をしますが、あなたは自分で選択することは得意でしょうか?

人によってはそれがとても苦手で、自分で決められない人が居ます。それは日常の買い物でも起こることですし、大事な判断に迫られた時にも、起こる問題です。

今日はそんな自分で決められない人は、スピリチュアルな視点から見ると、何が起きているのか?

そしてそれを改善して、自分で決められるようになる方法をご紹介したいと思います。

もしあなたが、日常の買い物でも購入する物に迷って、自分で決められないと感じるなら、こちらをご覧いただけると、サクッと物事が決められるようになるでしょう。

 

”心を癒す魔法の言葉セミナー"
スポンサードリンク

自分で決められないお客様との出会い

自分で決められないお客様との出会い

お店でお客様の話を伺っていると、時折、自分で何が欲しいのか決められない方がいます。

以前には、こちらの『赤いオーラの女性とその色が示す意味 とても切ない真紅のオーラ【実体験】』記事で、エネルギー的に心が傷つき、とても問題が起きているために、パワーストーンを選べないお客様のお話をしました。

それはそれで少し切ないお話でしたが、今回はそれとは別なタイプのお客様についてです。

それは「選べない」というよりも、「決められない」とか、「決断できない」と言った方が、適当かもしれません。

 

気持ち良くパワーストーンを決めていく方

ちょうど一カ月ほど前に、若い女性のお客様が3人ずれで来店された時のことです。

その中の一人が店内見て回ると、オリジナルのパワーストーンブレスレットを作るコナーへと来て、ブレスレットを作り始めました。

幾つもの天然石の中から、気に入ったものを1つづつ選び出しては、たいして迷うことなく、どんどんデザインを決めていきます。

その選び方があまりに迷いが無いので、見ている私たちの方が、気持ちがいいぐらいです。

 

決められない人は直感に自信が持てない

マイアースが時折開催している、パワーストーンブレスレットの作成講座でも、毎回2人ぐらいは、同じように全く迷わない方がいます。

何十種類もあるパワーストーンの中から、次々と石を選んでいって、あっという間にブレスレットのデザインを決めて作り上げる方。

でもその反面、同じように2人ぐらいは、何度パワーストーンを選び直しても、シックリこなくて、迷ってしまい決められない人が居ます。

それは自分の直感やフィーリングが明確に感じられずに、自分の選択に自信が持てないのです。

ある程度のパワーストーンを手に取られるので、本当はインスピレーションと言われる直感は受け取っているのですが、それを一押しする自信が持てないのです。

 

決められない人の後ろ髪をひかれる思い

そして今回3人で来店された中の、お一人もそれと同じ、自分で決められない人でした。

お二人のお友達が、それぞれパワーストーンのブレスレットを作って帰ろうとすると、残された一人に話しかけて、このまま帰ってしまっていいのか聞き正しています。

それはケースの中に飾ってあったブレスレットが、気に入った物なのに、彼女が購入するか決められずに、後ろ髪が惹かれるような表情で悩んでいるからです。

どうやら彼女たちは、県外から来てくれたようで、そう何度もこちらに来れる場所ではないため、その友達が後で悔やまないかと心配しているのです。

その迷っているパワーストーンを、以前から欲しがっていたようなので、なおのこと心配しているのです。

 

オーラに見る自分で決められない理由

私はその方のオーラを見て、そのオーラの状態から、彼女が自分の直感に自信が持てず、決められないことが解りました。

彼女のオーラには、彼女が今まで目を向けないようにしてきた、さまっざまなストレスとなっている出来事や、不安や疑念が灰色のエネルギーとして浮かんでいたのです。

その不安が、彼女が感じている直感やインスピレーションに疑問を投げかけ、決められずに不安がらせているのです。

それは以前に『人を疑う心への対処法 疑いや疑念で心が乱されるあなたへ【実例紹介】』で、お話ししたほどの方ではないにしろ、それに近い状態だったと言えるでしょう。

結局、彼女はその後ろ髪をひかれるような思いを持ったまま、決められずに帰っていきました。

 

 

”メンバーズブログ"

疑問を感じて決められない人の心理

疑問を感じて決められない人の心理

私が郡山でセッションルームを開いて、セラピーをしていたころにも、決められない人が何人も相談に来ていました。

 

<井上>

買い物に行って、気に入った物が見つかっても、まだ他に良い物が見つかるかもしれないと思って、別なお店に行ったりしませんか?

そして結局、何も決められずに、最初に良いと思ったものも購入できずに、帰って来たりしませんか?

 

私がこう聞くと、彼女たちは驚くようにその通りだと、教えてくれました。

 

決められない人の心に湧き上がる心理的な不安

以前に『素直な人になるための2つの方法 素直になれないと損をする!』の記事にも書きましたが、基本的にこのよに自分で決められない人は、自分が失敗することを恐れています。

ですがそれは、明確な恐れとして感じられるものではなく、とても漠然とした不安として心に湧き上がってくる、言いようのない心配感と言えるかもしれません。

「今ここで決めることによって、あとで後悔するのではないか?」そんな不安が脳裏をよぎるのです。

それはオーラに溜まったストレスによる、根拠のない不安なのに、最初に浮かび上がってきたその不安に捕らわれて、抜け出せなくなってしまうのです。

そしてその結果、今回も決めることが出来ずに、その気持ちを「未完の行為※」として、心の中に残してしまいます。

補足説明
未完の行為とは:やり切れずに残っている気持ちや、その思いです。やりたくでも出来ずにいたことなど。

 

灰色のオーラに留まるの心理的なエネルギーとは

例えばあなたが、仕事上やプライベートなどで、一緒にいる相手の行動や言動に疑問を感じ、そこに「それでいいの?」とか、「それは違うんじゃない?」とか、「それは違うよ」という、わだかまりの気持ちを持ったとします。

でもそれを相手に伝えずに、自分の中で我慢していると、その「わだかまり」の気持ちが、色が落ちた灰色のエネルギーとなってオーラの中に留まります。

本来ならその気持ちは、自分なりに整理出来たり、癒せたり、納得できれば、自然と消え去るのですが、ほとんどの方は気が付けば忘れてしまい、思い出せなくなるのです。

するとその「わだかまり」のエネルギーは、あなたがすっかり忘れてしまって、その問題はもう過ぎ去っていると思っても、灰色の粒のようなオーラとなって留まり続けます。

 

 

直感を信頼できない心の仕組み

もしあなたが、最近ストレスが溜まって、気持ちが前向きにならないとか、やるきが出ないと感じ、ボディーワークやヒーリング、レメディなどで自分を癒す試みをしていれば、それらの「わだかまり」として残った気持ちも、少なからず癒されるでしょう。

例えばスポーツを行い、汗を流してオーラの流れを促進すれば、少なからず気持ちは癒されて、軽くなることでしょう。

でも自分を癒すことをせずに、我慢し続けると次第にその溜め込まれた、灰色のオーラの影響を受けることになります。それが決められない人たちの状況です。

彼らは自分の直感を感じるとともに、同時にそれに対する疑問とも言える、わだかまりの気持ちを思い出すのです。

その結果、自分でこうしたいと思うと同時に、「本当にこれでいいの?」とか、「これは違うんじゃない?」とか、「これは違うよ」と、残っていた否定的な疑いの気持ちに捕らわれて、決められなくなるのです。

それが漠然とした不安として、無意識に浮上するので、結局理由もないまま決められずに、帰っていくのです。

 

 

癒し系サロン運営者の為のフラワーレメディ活用術
スポンサードリンク

自分で決められるようになる方法

自分で決められるようになる方法

決められない人の多くは、そのオーラに「わだかまり」の思いなどのストレスを、多く溜め込んでいます。

本人はそれがすでに普通の状態になっているので、自分がストレスで覆われており、そこからくる疑念で決断できなくなっているとは思っていません。

彼らはただ漠然と、決めることが不安なだけなのです。

 

フラワーレメディのスクレランスで癒す

そんな自分で決められない状態を癒すなら、手っ取り早いのは、フラワーレメディのスクレランサスを使うことです。

スクレランサスは、エネルギー的にオーラに留まったストレスを浄化することで、自分の直感を信頼できるように導いてくれます。

その結果、たとえ二者択一のどちらかに決める必要がる場面に遭遇しても、不安に襲われ迷うようなことは無く、自然と決めることが出来るようになるでしょう。

そして同時に、決められない人がよく持っている、移り気な気持ちも癒して、一つの物事に専念できるようにしてくれます。

補足説明
 フラワーレメディは、500mlのペットボトルに水やお茶などの飲み物を入れて6滴入れましょう。マイアースでは、希望の方にフラワーレメディの利用法を配布しています。ご注文の際のコメント欄に「利用法&問診表 希望」と記入してご注文下さい。

 

決められない人の心は癒せば改善する

多くの場合、決められない人は直感が得られないのではなく、自分のフィーリングへの信頼度が低いと言えます。

そしてそれは、今回のように周囲への我慢からくるストレスが、心理的な原因の場合もありますし、これまでの成長の間に否定され続けたことが、原因の場合もあります。

でもどちらであっても、あなたがその問題に気付き、自ら癒そうとすれば癒せる心の傾向です。

それは自分の中に溜まってしまった、ストレスや否定感を取り除いていくだけなのです。

 

具体的な心の問題は結果が解り易い

セラピーをしていてよく感じることですが、このように具体的な問題であればあるほど、結果は出やすく解り易いと言えます。

例えば眠れない人が、眠れるようになるとか、迷うことが減るとか、物忘れや、確認癖が減ることなどは、回数ですぐに変化を感じ取れるからです。

ですからこの決められない傾向も、自分では少し病気じゃないかと心配する人も居るかもしれませんが、まずはフラワーレメディのスクレランサスを利用してみましょう。

意外と思っていた以上に簡単に癒しが進んで、決断できるようになることでしょう。

自分で決められないことは、人生で得られる体験や可能性を、制限してしまうことにもなるので、ぜひ早めに癒してあげてください。

 

 

編集後記など1分1言動画

井上直哉のオフィシャルブログをご覧いただき、ありがとうございます。ブログをご覧いただいたあなたに、こちらの特別なレポートをプレゼントします。

『人間関係を劇的に癒す方法【実例紹介】』
使えばすぐに特定の相手との人間関係を変えられる改善法で、会社、学校、家族、恋人相手でも簡単に使うことが出来る実践的な方法です。

『豊かさのオーラの秘密【実例紹介】』
お金に関するオーラ診断から垣間見えた過去の記憶とは?私たちが無意識に持っているお金に関するブロックが見えてきます。

 

最新のお知らせ
心を癒す魔法の言葉セミナー東京201611
心を癒す魔法の言葉セミナー開催情報
心をポジティブにあなたの人生を好転させるセミナー
■第10期 2017年4月20日(木)会津開催
■第11期 2017年8月19日(土)東京開催
(時間:2時間30分 / 受講料:12,000円)
詳しくはこちら

スポンサードリンク
 

自分で決められない人の心理と改善策-01

スピリチュアルな心の成長を望まれる方へ

 

「学び」、「体験」することが、より自己理解を深め、スピリチュアルな心の成長と癒しを促してくれます。それは現実社会での自己実現や、充実した人生を送るための礎となるものです。

そんな地に足がついた意識を基本として、スピリチュアルな自己成長のワークを体験したい方はこちら。

universe-1044106_1280

自己実現を目指すなら↓↓↓

深遠なるスピリチュアルの世界へ 【メンバー限定ブログ】

 

メンバーズブログ-01

<メンバーズブログ記事の一部>
●なぜ人は転生するのか?
●天使の選択、人の選択
●自信を養う王道
●経済的に豊かになる秘訣
●強制的に幸運を招き寄せる


●願いを叶える祈りの方程式
●有限の愛と無限の愛
●人生の目的の見つけ方
●お金を引き寄せる方程式
●覚醒するための道のり

メンバーズブログでは、私自身が学び成長する過程で知り得た、さらに深遠な気付きや、スピリチュアルな体験について限定公開しています。あなたが自らの存在意義や人生について考え、成長したいと望まれるならご参加ください。