人を疑う心理の実例と改善法いつも疑いや疑念で心が乱されるあなたへ

人を疑う心理の実例と改善法いつも疑いや疑念で心が乱されるあなたへ
The following two tabs change content below.

井上直哉

心理とスピリチュアルの専門家
1989年大学に進学中に独自に体外離脱の研究を行い、自ら離脱体験をもつ。医療機器メーカーに就職後、2001年に心理療法家として独立。3,000人以上のセラピー実績を持ち、年間20回以上のセミナーを全国で開催。2010年に株式会社ヒーリングアースを設立。現在では経営の傍ら個人セッション及びセミナーをこなしながら執筆活動に励む。オフィシャルブログは年間300万人が訪れる。
人気記事 プロフィール お問合せ

こんにちは。
心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉です。

あなたは気付いていますか?自分の心の中で聞こえてくる、否定的な疑いの声に。

私たちの心の中では、意図していないのに、否定的な言葉が出たり人を疑ってしまうような思いが、浮かび上がってくることが在ります。

でも、もしその言葉を、自分の本心だと思い、自分を責めたり否定してしまうなら、それは違います。

私たちの心の中で囁く声、それは確かに意味があって心に浮上しますが、決してあなたの本心が、疑いで満たされているから、そんな否定的な言葉が脳裏を過るのではありません。

それは私たちの心に溜まった、ストレスを浄化するために浮上する想念であり、心の新陳代謝の表れだといえるでしょう。

今回の記事では、そんな無意識に湧き上がってくる、人を疑ってしまう心理について、実例を紹介しながら改善法をお話しして行きます。

 

無料プレゼント

人を疑う心をもつお客様の実例

人を疑う心をもつお客様の実例

先日、ある方がフラワーレメディの問診を受けに来てくれました。

ちょうど私が、お店の奥にある自分のデスクで、パソコンに向かって仕事をしている時のことでした。

 

フラワーレメディの問診とは

私のお店では、メンタルな問題を抱えた方が、自分で心を癒すために、フラワーレメディというイギリス製の品を扱っています。

これは38種類の花のエッセンスで、自分の心の問題に対応した種類を使うことで、自分で心を癒してストレスを解消したり、問題を改善するための物です。

そんなフラワーレメディの種類をお客様が選べるように、お店で簡単な問診を行っており、その結果を見て、私やスタッフがどの種類が役立つのか、アドバイスしています。

フラワーレメディをご存じない方は、こちらの「【初心者向け】フラワーレメディの効果的な使い方<バッチシリーズ>」を、参考にしてくださいね。

 

会話から解るその人の心理的な傾向

レメディの問診を受けたいという小さな声が聞こえ、その声のあと、受付しているスタッフと、何やらお店でもめているようでした。

私はその声を聞くでもなく聞きながら、そのお客様のある傾向を、何となく感じ取ったのです。それは私が人のオーラを見るときの、エネルギーを感じとる感覚によってです。

私が感じ取ったのは、彼女の心の中で渦巻いている気持ちの断片のようなものでした。そして「なるほどな」心の中で納得すると、そのままパソコンに向かって、また仕事を続けたのです。

きっとスタッフが、最後には困り果てて、私のもとへとやって来るだろうと思いましたが、そう成ってから対処すれば構わないと考えたからです。

 

出会う前に解ってしまう心理状態

レメディの問診を受けていただくと、最終的には私のところに声がかかり、私がお客様に話をします。

そしてしばらくすると、また何やらお店でもめた後、スタッフが問診票を手にしながら私のところにやってきて、困り果てた顔をして言いました。

 

<スタッフ>

3枚目の用紙に記入してくださらないのですがいいですか?

セラピストの話は聞きたいと言われるのですが。

 

私はその方が3枚目を書かない理由も、察しがついていました。

それは彼女自身に、3枚目を記入できない心理的な理由が在ったからです。なので、

 

<井上>
大丈夫だよ。

 

と声を掛けて問診票を受取り、お客様のもとへと向かったのです。

 

常に疑いと疑念が付きまとう不安

私が売り場に行くと、一人の小柄な女性が、きょろきょろと周りを警戒しながら、店内を見回していました。

私は軽く挨拶をすると、問診票をめくって、3枚目を見せて言ったのです。

 

<井上>
この3枚目の質問ですが、何も書かれていませんけど、私がこれから同じことを伺いますが、大丈夫ですか?

 

そんな風に聞くと、彼女はあれだけスタッフに言われても書かなかった3枚目を、私から受取り書いてくれました。

でももちろん、3枚目の記入欄の後半にある、「名前」「連絡先」の欄は記入しません。

なぜなら彼女は、それを書くことが出来ないからです。

 

魔法の言葉セミナー

人を疑う気持ちに親切心は逆効果

人を疑う気持ちに親切心は逆効果

人間関係に不安を感じて、人を疑ってしまうことは、私たちにも少なからず起きる心理的な警戒心です。

でも彼女の様に、それが態度に出てしまっているとなると、それは日常生活を送る上で、とても大きな問題となります。

 

湧き上がる不安と人を疑う気持ち

しばらくして、記入が終わると、私は彼女に言いました。

 

<井上>

こころの中に、色々な疑いや心配がありますよね。

何事に関しても、自分が騙されたり、悪いことをされるんじゃないか。そんな心配や疑いが、無意識に湧き上がってくるでしょう。

 

彼女は返事もせずに、私に驚くような眼を向けて、大きく頷きました。

 

人を疑う気持ちを浄化してくれるレメディを紹介

 

<井上>

なので、もしレメディを使われるなら、これが良いですね。

 

私はチェリープラムというフラワーレメディの小瓶を手に取り、それを彼女に見せて言いました。

 

<井上>

このレメディが、あなたの心の中に無意識に湧き上がってくる、疑いや疑念を浄化してくれます。

そして不安や心配感を癒してくれるでしょう。それと、あえて言うなら、これも一緒に使われると良いかもですね。

 

もう一本、クラブアップルと書かれた、フラワーレメディの小瓶を取り出して、彼女に言います。

 

<井上>

このクラブアップルを使うと、驚くぐらいピュアになれるんですよ。私も使ったことありますけど、面白いぐらいピュアで、純粋な心になるんです。(笑)

ですからなおさら、人を疑ってしまう気持ちも軽くなっていくでしょう。

 

補足説明
 2種類のフラワーレメディをブレンドするなら、500mlのペットボトルに水やお茶などの飲み物を入れて3滴ずつ、合計6滴入れましょう。マイアースでは、希望の方にフラワーレメディの利用法を配布しています。ご注文の際に、カートボタン上の「利用法&問診表 あり」を選択してご注文下さい。なお、フラワーレメディの詳しい利用法は、こちらの「【初心者向け】フラワーレメディの効果的な使い方<バッチシリーズ>」をご覧ください。
初めてのフラワーレメディ利用法付き

 

大切なことは相手の心を押さないこと

彼女はまじまじと、その二本の小瓶を見つめていました。

そこですかさず一言。

 

<井上>

まあ、良かったら使ってみてください。それじゃあ、これで。

 

私は早々に彼女のもとを立ち去ると、また自分のデスクで、パソコンに向かって仕事を始めました。

全てが上手く伝わったことを感じながら。

 

衝動的に人を疑ってしまう心理

衝動的に人を疑ってしまう心理

彼女が、どうしても人を疑ってしまう心理状態なのですから、ここで気遣い親切心を見せれば、なおさら私を信じられなくなって、疑いで心が満たされてしまいます。

それは、彼女自身では抑えられない、自己防衛本能ともいえる衝動的に湧き上がる感情なのです。

 

不安な気持ちが人の親切心を疑ってしまう

それからしばらくして、彼女はその2本のレメディを手に、お店を去って行きました。

きっとあの2本のレメディは、彼女が驚くぐらい、心の中の不安を癒し、疑いと疑念を浄化してくれることでしょう。

それは彼女の心を、本来の生まれたての純粋な心へと、癒してくれるはずです。

そして彼女に与えられる、全ての「親切」と「思いやり」を、素直に受け取れるようにしてくれると思います。

 

人を疑う心は衝動的でコントロールできない

私は彼女に会う前から、彼女の心の中に、疑いと疑念が渦巻いていることを感じ取っていました。

だからこそ親切にすればするほど、その疑いと疑念が無意識に浮かび上がり、不安に駆られてしまうことも、それが心理的に仕方のないことで、止められないことも解っていました。

ですから彼女には、何も勧めずに情報だけを与えたのです。

「あなたが求めているものは、コレと、コレで、そして使うも使わないもあなたの自由ですよ」と、彼女の不安が呼び起こされないように。

 

”メンバーズブログ"

誰にでも不安で疑ってしまう気持ちはある

誰にでも不安で疑ってしまう気持ちはある

あなたの中にも、そんな疑いの声が聞こえてくることがありませんか?

周りの人を疑ってしまったり、信じられずに疑念を抱いてしまったり。素直になれず、相手を信頼できなかったり。そんな心理状態に陥ること。

そしてさらには、そんな疑いを抱く自分自身を、責めてしまったり、否定してしまうことはありませんか?

 

疑う心の声がその人の本質ではない

私の中でも、まだたまにそんな疑いの声が聞こえてくることがあります。

でも私は、人の心理について学び、多くの人の心と向き合ってきたことで、その疑いや疑念が、自らの本質から来ているのではないと知っています。

そう、その疑いや疑念は、あなたの心のほんの一部、枝葉末節にすぎないのです。

例えるなら、あなたという木の枝先に付いていた、一枚の枯葉が散るようなもので、決してあなたの本質そのものが、枯れて腐敗している訳ではないのです。

 

疑う気持ちは生理現象と同じ

私たちのほとんどがそのことに気付かず、その疑いや疑念を、自らの本質の声と思い、自分を責め批判しています。

人を無意識に疑ってしまう自分の心を恥じて、そんな自分を否定してしまうのです。それが自分の心に大きなストレスになることも気付かずに。

でもよく考えてみてください。あなたの身体がトイレで用をたすからと言って、自分を汚い存在だと思うでしょうか?

自分を穢れた存在だと批判するでしょうか?きっとそんなことはないですよね。

 

人を疑う思いはストレスが表面化しただけ

実はあなたの中で湧き出る疑いや疑念も、これと同じです。

身体に不要なものが溜まると自然とトイレに行くように、心にストレスがたまると、それを浄化するために、不安となって心の中から湧き上がって来るのです。

ですから決してあなた自身が汚れて、腐敗しているわけでも、醜い存在なわけでもありません。

それは、あなたの心にストレスが溜まっていた結果であり、心からストレスを浄化するために行われる、一連の過程に過ぎないのです。

ストレスとは、不安や心配として感じることで、心の中から解消されていくのです。

 

井上のオーラ診断

疑ってしまう心への心理的な改善法

疑ってしまう心への心理的な改善法

私たちが、日頃の生活で我慢した感情は、ストレスとして心の中に溜め込まれます。そして今回のように、ことあるごとに心で蘇り、セルフトークとなって語り掛けてくるのです。

それは、特に我慢し易い「不安」や「怖さ」などの感情に多いことだといえます。

では最後に、そんな疑ってしまう気持ちへの、心理的な改善法を紹介して終わりましょう。

 

心の中にある不安が疑いとなる

まず、ひとつ覚えておいてください。私たちが日常で我慢してため込んだ、感情のストレスは、それを感じることで解消されていきます。

今回の彼女のように、人を疑うような不安な気持ちとして浮上したり、夜に寝ているときの悪夢となって、あなたの心に蘇ることで消え去るのです。

ですから、そんな心の奥に残っている不安を癒してしまえば、同じように疑念や疑いが浮かぶことは、もうほとんど無くなります。

心の中で感じられる、周囲の人への疑いは、心理的にみれば、単にあなたの心の中に不安があり、それが蘇っているだけなのです。

 

心に浮上する人を疑う気持ちはただの浄化

もしあなたの心の中で、同じように疑いや疑念が湧き上がり、否定的な声が聞こえてくるなら、今回の内容を思い出してあげましょう。

私たちの心に、人を疑ってしまうような思いが湧き上がるのは、心に溜まっていたストレスを浄化し、心が健康で在ろうとする結果だと。

それは、私たちの心の中で散って行った、枯葉の1枚にすぎないことを。だからこそ、自分を否定することも、さげすむ必要もありません。

ああ、また枯葉が1枚、心の中で散っていったなと、ただ手放してあげればいいだけなのです。

 

出来ることから始めて自分を癒す

そして、もしそんな人を疑う気持ちが、頻繁に湧き上がってきて、自分でコントロールできないと感じるなら。

彼女と同じように、フラワーレメディを使って、自分のストレスを浄化し、不安がっている心を癒してあげましょう。そして時には、心理の専門家の助言を聞いてみましょう。

私のもとでも多くの方が、そんな不安を解消するために、心の整へ方を学ぶセミナーに参加して、自分の問題を改善しています。

どうしても、心の問題に取り組むことが心配なら、すでに参加された方の感想をご覧になり、参考にされると良いでしょう。

そして、自分にも出来そうだと感じたことから、一歩ずつ自分の心を癒していってください。

 

↓ 次のページはこちら! ↓

人の本性とは?自分の中に表と裏の性格が出来る理由を心理的に解説

 

最新のお知らせ
>自分らしくオーラを輝かせて生きるための
心を癒す魔法の言葉セミナー東京201611
心を癒す魔法の言葉セミナー
自分の心をポジティブに整える方法を学ぶ
■日程:2021年10月9日(
■場所:Web開催/ 時間:2時間30分

ABOUTこの記事をかいた人

1989年大学に進学中に独自に体外離脱の研究を行い、自ら離脱体験をもつ。医療機器メーカーに就職後、2001年に心理療法家として独立。3,000人以上のセラピー実績を持ち、年間20回以上のセミナーを全国で開催。2010年に株式会社ヒーリングアースを設立。現在では経営の傍ら個人セッション及びセミナーをこなしながら執筆活動に励む。オフィシャルブログは年間300万人が訪れる。
人気記事 プロフィール お問合せ