心の拠り所がない人の心理的な原因とスピリチュアルな改善方法

心の拠り所がない人の心理的な原因とスピリチュアルな改善方法
The following two tabs change content below.
心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉

心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉

(心理アドバイザー/サイキックアドバイザー)
 現実的なスピリチュアルをモットーに、日頃の生活で感じている気付きや学びをブログで紹介しています。心をポジティブにするメンタルヘルスセミナー『心を癒す魔法の言葉®』を世界中の人に伝えることを、人生の目的として活動中。詳しいプロフィール サービス お問合せ

こんにちは。
心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉です。

突然ですがあなたには、心の拠り所がありますか?

殆どの人は、自分の心の拠り所について、日常生活で気にすることはないでしょう。私たちはそれを無意識レベルで持っているので、改めて見返すことはありません。

でももしあなたが、自分には心の拠り所がないと感じるのであれば、その空虚感や孤独感は、日頃から痛いほど感じられると思います。

それは感じている人だけが解る心の痛みであり、なかなか消えることのない、心の深くに残った不足感です。

この記事では、なぜあなたには心の拠り所がないのか?その原因を明らかにして、スピリチュアルに改善する方法を紹介していきます。

 

 

心の拠り所とは?

心の拠り所とは?

まずはこの「心の拠り所」とは、どんなものなのか?その意味から見ていきましょう。

これは私のフィーリングをもとに書きますから、あなたも自分の感覚を振り返りながら、確認してみてください。

 

心理的な「心の拠り所」の意味

心の拠り所とは、あなたの心が安心できる、心理的な場所であり存在です。

それは時には、母親や家などの具体的な場所や存在であり、時にはルールや決まりなどの、考え方でもあると言えます。

ある特定の場所や人、物、考え方があることで、あなたが安心できるのであれば、その対象があなたの心の拠り所となります。

ですからもしあなたが、自分には心の拠り所がないと感じるのであれば、それはあなたが安心できる対象がなく、心が孤立しているといえるかもしれません。

自分に自信が持てず、広い海を一人で漂っているような、そんな気持ちを感じていることでしょう。

 

人の心は十人十色

私が心理の専門家として、「心の拠り所」について定義するなら、このような言葉と成りますが、あなたのフィーリングはどうでしょうか?

その言葉が、あなたの感じ方にも、ピタリと当てはまっているでしょうか?

人の心の感じ方はまさに十人十色ですから、必ずしも100%ではないでしょう。

ですからあなたの感じている、「心の拠り所がない」という気持ちの8割に該当するなら、それでOKとだと思います。

 

スピリチュアルな視点で見た心理

実はこちらで紹介した、「心の拠り所」という言葉の意味は、私がスピリチュアルな視点から、ある人を見て読み取った心理状態を書いています。

それは私に相談に来られた、ある女性のオーラを拝見して、彼女が感じていた空虚感や寂しさを、私なりに言葉にしたものです。

彼女自身は、心の拠り所がないとはいいませんでしたが、その心理状態はまさに、安心できる場所や寄り添える存在がないような、そんな気持ちでした。

自信の無さと、居場所がないという、複雑な思いを合わせ持っていたのです。

 

成長過程で必要とされる心の拠り所

成長過程で必要とされる心の拠り所

ではここからは、人の心がどのように成長していくのか、その点を詳しく解説していきましょう。それにより、なぜあなたには心の拠り所がないのか、その原因も解ってくると思います。

もちろんここで説明することが、すべて人に当てはまるわけではありませんが、きっとこの話を聞けば、疑問は少なからず整理されていくでしょう。

 

子供の頃に必要な心の拠り所

まずは、私たちが赤ちゃんとして、この世界に誕生したときのことを、少し思い浮かべてみてください。

まだ歩くことも、話もできず、食事もままなりません。ほとんどのことができず、自分一人では生きることさえも、出来ない状態で誕生します。

そんな生まれたばかりの赤ん坊の頃には、母親が子供の身の回りの世話をして、子供が生きるための拠り所となるのです。

人は生まれたとき、誰かを頼らないと生きることが出来ないため、親を生きるための拠り所として成長していくのです。

 

お腹の中から手の中へ

これは肉体的な生存にとどまらず、心理的な意味でも同じです。

例えば赤ん坊が、何かの刺激で驚いたり、不安を感じて泣き出すことがあっても、親に抱かれれば次第に安心して泣き止むのは、そこが安全だと感じられるからです。

親の手の中に包まれていることで、ここなら安心できると感じられるからこそ、平静を取り戻すのであり、親の腕の中が赤ん坊の心の拠りとなっているのです

それはある意味、お母さんのお腹の中にいたころと、同じ安心感を得られる場所だと、言えるかもしれません。

守られていると心から感じらる場所なのでしょう。

 

成長と共に母のもとを離れだす

そして少しずつ成長して、自分のことが出来るようになると、次第に母親の腕の中は狭く感じるようになります。

母親が近くにいるだけで、安心できるようになり、何かない限りは母親のもとにはやってきません。戻ってくるのは、兄弟や友達と喧嘩して泣いたときぐらい。

相変わらず心の拠り所は母親の腕の中ですが、友達と遊ぶことも増えて、安全だと感じられる範囲が広がっていきます。

それはいつでも家に帰れば安心できる、心の拠り所があるからこその冒険であり、自分がこの世界にいても安全だと、自信を持つための取り組みでもあります。

 

自立で親や家の役割が終わる

小学生になるとその傾向はさらに進んで、徐々に心の拠り所としての親の役割は減っていきます。そして家が子供の心の拠り所となるのです。

思春期や反抗期を過ごせば、これまでのように母親を心の拠り所とすることは、もうほとんどないでしょう。それは子供の心に、自立心が芽生えはじめていることを意味します。

そして気が付けば、子供は家を出て自分の安心できる場所を作り、その場所を拠り所として生きれるようになるのです。

自立とは、自分の心を拠り所として生きることであり、その時にはもう親元を離れ、自分で安心して生活できます。

それはまるで雛鳥が巣立ちをして、自分の巣を構えるかのようです。

 

なぜあなたには心の拠り所がないのか?

なぜあなたには心の拠り所がないのか?

子供の頃からの心の成長と共に、人が何を拠り所にして自立していくのか、そこまでがお解りいただけたと思います。

ではなぜあなたには、心の拠り所がないのか?ここからは、そう感じる心理的な原因をお話ししてい行きましょう。

 

幼いころの家庭が乱れている

まず最初に考えられるのは、子供の頃の家庭に何らかの問題があり、親や家が心の拠り所に成らなかったケースです。

例えば両親の中が悪く、常にいがみ合って喧嘩しているなど、家の中が乱れ安心できる場所でないと、子供は親を心の拠り所にできません。

その状態では、家にいても安心することが出来ず、ユックリと心を休ませることができないのです。

時にはそれでも自分の場所を確保するためにと、部屋に引きこもったり、ゲームやネットの世界での時間を、心の拠り所にしてしまうこともあります。

 

母親が不安定で甘えられない

また、母親がとても病弱で入退院を繰り返していたり、精神的に不安定なケースもあります。すると子供は、安心して母親に甘えることが出来ません。

それでは母親を心の拠り所にはできず、子供は逆に母親に気を使い、母親が安心できるようにと、必死になって気を配るのです。

中にはまるで、親子が逆転したかのように、子供が母親の心の拠り所になっており、まるで大人のような態度をとったり。

親の要望に応えるべく、必死になて勉強やスポーツに取り組んで、親の身代わりのようになっていることもあります。

 

空虚で孤独な気持ちを感じる仕組み

問題はこれらの子供時代を過ごすと、自分が安心できる場所がないまま、大人へと成長してしまう点です。

すると自立する以前の、家庭での安心感や充足感が得られないため、常にどこか空虚で孤独な気持ちを持ち続けることになります。

努力して成果を出したものの、それさえもどこか空しい気がして、何のために自分は努力しているのか、解らない気分になるのです。

もしあなたが、心の拠り所がないと感じるなら、それは何をしても心が満たされないからでは、ないでしょうか?

 

心の拠り所がないと感じる理由

例えていうと、こんな話しなら解りやすいかもしれません。

もしあなたが、子供の頃に母親に甘え、家を心の拠り所として自立できれば、一人暮らしをしていたとしても、どこかで自分の家を心の拠り所として、日々を過ごすことが出来るでしょう。

そしていずれは、自らも家庭をもつことで、自分の家族という心の拠り所を作ります。ですがもし幼いころに、家を心の拠り所にできないと、いざ自立してもあなたの心には拠り所がないままです。

その結果、いかに自分で努力しても、何か不足しているような空虚感や孤独感を感じて、心の充足を得ることが出来ず、とても空しい気持ちに苛まれてしまうのです。

 

”メンバーズブログ"

スピリチュアルな改善法

スピリチュアルな改善法

これまでの解説で話したように、心の拠り所とは、心理的な安心感や充足感を与えてくれる場所や、存在だといえます。

ではどうすれば、心の拠り所がないと感じている人が、自分で安心できる場所を見いだせるのか、その方法をお話ししていきましょう。

 

親や家族を許し癒すこと

例えばこんな風に言ったらどうでしょう。

「どのようなご両親であれ、両親を心から許し、信頼して、甘えられるようになりなさい。そうすれば、あなたの家が心の拠り所になります。」

いかがですか?ある意味、子供の頃の安心感が不足しているなら、これが正攻法だと言えるかもしれません。

でも私はそれは無理だと思うのです。それが出来れば、最初から親に甘えられているし、家庭で空虚感や孤独感を感じることはなったでしょう。

ですから、そんな無理なことは言いません。

 

トラウマを癒し自分を心のと拠り所にする

問題は子供の頃に、甘えられなかったことによって、あなたが負ってしまった心の傷(トラウマ)です。

それは空虚感や孤独感という感情であり、子供の頃の無意識に感じていた不安感だと言えるでしょう。

そのトラウマが癒されれば、自然と心の拠り所がないという気持ちは消え、自分自身を心の拠り所にできるようになります。

それは自分に自信をもって、歩めるようになるということです。

 

心理的な方法でトラウマを癒す

心理的な手法で幼いころのトラウマを癒し、自分を心の拠り所にするためには、日々の具体的な取り組みと、それを継続する時間が必要です。

詳しくはこちらの「【完全解説版】トラウマとは?心理の専門家による5つの克服法」でも、そんなトラウマの癒し方について解説しています。

また、私の教えているセミナーでは、まさにその方法を教え、習得していただきますが、そのためには学ぶ時間と、自分の心の成長に取り組んでいく意思が必要です。

もちろん、やり方はとても簡単ですし、総合的に自分を癒し成長させられるため、今回の空虚感や孤独感以外の問題も改善し、自信もついてきます。

でもそのためには、時間をかけて学び、継続して取り組む必要があるのです。

 

フラワーレメディで心を癒す方法

そこで今回は、もっと簡単に取り組めるスピリチュアルな改善方法を紹介します。この方法なら、時間をかけて学ぶ必要もありませんし、比較的容易に効果を感じられるでしょう。

それは、こちらのフラワーレメディの2種類、ワイルドオートセントリーを、ブレンドして利用する方法です。

セントリーを使えば、心の中に精神的な強さが養われ、自分に自信をもって過ごせるようになります。さらにワイルドオートを使えば、自分の直感を信頼して人生を歩めるのです。

まさに自分に自信を持つことで、空虚感や孤独感を癒し、自分を心の拠り所にできる方法だと言えるでしょう。

補足説明
 フラワーレメディは、500mlのペットボトルに水やお茶などの飲み物を入れて6滴入れましょう。2種類をブレンドする時には3滴×2種類で利用してください。マイアースでは、希望の方にフラワーレメディの利用法を配布しています。ご注文の際に、カートボタン上の「利用法&問診表 あり」を選択してご注文下さい。なお、フラワーレメディの詳しい利用法は、こちらの「【初心者向け】フラワーレメディの効果的な使い方<バッチシリーズ>」をご覧ください。
初めてのフラワーレメディ利用法付き

 

お問合せ

心の拠り所はあなたの中にある

心の拠り所はあなたの中にある

ここまで、心の拠り所がないと感じている人の心理状態について、私なりの見解と改善法を紹介してきました。

では最後に、少しだけ注意点をお話しして、まとめていきましょう。

 

人や物を拠り所にすると依存になる

もしかしたらあなたは、「自分を心の拠り所にする」という考えに、疑問を感じるかもしれません。

心の拠り所と言えば、まるで大木に寄り添うような安心感をイメージし、そんな頼れる存在が欲しいと思うこともあるでしょう。

ですがもしあなたが、特定の人や物を心の拠り所として、それを求めてしまうなら、それは心理的には依存になってしまいます。

そして、そんな依存する存在を失えば、あなたはまた空虚感や孤独感を感じ、別な心の拠り所を探し求めることになります。

 

家や故郷は自分の一部

ですが例えば、それが家や故郷を心の拠り所にするのであれば、依存にはなりません。

それは特定の人や物でなはなく、その中での人間関係や環境に、心の安らぎを見出していることになるからです。

それは心の拠り所と言っても、自分の過去や育った環境に、親しみと安心感を得ていると言えるでしょう。

言い方を変えれば、自分のルーツに、安らぎを感じており、自分の一部を、心の拠り所にしているともいえるのです。

 

心の拠り所がある場所

心の拠り所とは、日常で疲れたあなたが、羽を休める場所です。それはあなたが一息つける、そんな安心できる場所であり、心が満たされる場所でしょう。

ここに居て休んで良いよと認められ、心満たされる場所です。でもそれは、あなたの周りにあるのではなく、あなたの心の中にあると私は思うのです。

そしてそんな内なる心の拠り所を見つけられた時、もう私たちは迷うことも不足を感じることも無いでしょう。

それは決して失われることのない、あなたの拠り所となるのです。

 

↓ 次のページはこちら! ↓

自尊心を高める方法!心理の専門家が自尊心が低い原因を解説

 

 

井上直哉のオフィシャルブログをご覧いただき、ありがとうございます。ブログをご覧いただいたあなたに、こちらの特別なレポートを無料でプレゼントします。

『人間関係を劇的に癒す方法【実例紹介】』
使えばすぐに特定の相手との人間関係を変えられる改善法で、会社、学校、家族、恋人相手でも簡単に使うことが出来る実践的な方法です。

『豊かさのオーラの秘密【実例紹介】』
お金に関するオーラ診断から垣間見えた過去の記憶とは?私たちが無意識に持っているお金に関するブロックが見えてきます。

最新のお知らせ
■あなたの人生をポジティブにするメンタルヘルスセミナー
心を癒す魔法の言葉セミナー東京201611
心を癒す魔法の言葉セミナー
心をポジティブにする方法を学び習得するためのセミナー
■開催日程:2019年8月24日、9月8日、10月19日
■開催場所:会津、京都、東京 、海外/ 時間:2時間30分

心の拠り所がない人の心理的な原因とスピリチュアルな改善方法

悩みをお持ちで、心の癒しと成長を望まれる方へ

 

 落ち込みや悩みなど、心の問題を癒し改善することは、あなたが思いつめているほど難しいことではありません。
 あなたの心が癒されることで、周囲の人間関係にも自然と変化が起こり、もっと安心して自分らしく、人生を生きれるようになります。
 ポイントは心理的に正しいやり方で、自分の心の改善に取り組むことです。
 まずこのレポートをご覧になってみてください。きっとお役に立つことでしょう。

ダウンロード

 

スポンサードリンク