子供の頃の記憶がない!?幼少期のトラウマを解消して思い出す方法

子供の頃の記憶がない!?幼少期のトラウマを解消して思い出す方法
The following two tabs change content below.
Avatar photo

井上直哉

心理とスピリチュアルの専門家
1989年大学に進学中に独自に体外離脱の研究を行い、自ら離脱体験をもつ。医療機器メーカーに就職後、2001年に心理療法家として独立。3,000人以上のセラピー実績を持ち、年間20回以上のセミナーを全国で開催。2010年に株式会社ヒーリングアースを設立。現在では経営の傍ら個人セッション及びセミナーをこなしながら執筆活動に励む。オフィシャルブログは年間300万人が訪れる。
人気記事 プロフィール お問合せ

こんにちは。
心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉です。

私は以前に、在る方の心理セラピーで、こんなことを聞いてみました。それは。。。

 

<井上>

あなたは幼い子供の頃の記憶がありますか?

 

という質問です。すると彼女は不思議そうな顔をして、こう答えてくれました。

 

<女性相談者>

子供の頃のことなんて、ほとんど覚えていませんよね。それが普通じゃないですか?

 

あなたはどうですか?子供の頃の記憶、どれくらい覚えていますか?

確かに幼い子供の頃の記憶を、数多く覚えている人は余りいないかもしれません。でもそれを、全く覚えていないとなると、少し話が違ってきます。

それは幼少期に、本人も覚えていないようなトラウマがあり、それが原因で記憶が残っていない可能性があるのです。

この記事では、そんな子供の頃の記憶をがないと感じる人や、幼少期の特定のトラウマを癒したいと望まれる方のために、ある女性の実例を紹介していきましょう。

その上で、なぜあなたの子供の頃の記憶がないのか、そしてどうすればその問題を解消できるのか、詳しく解説していきます。

 

無料プレゼント

幼少期の記憶がない女性との出会い

幼少期の記憶がない女性との出会い

半年ほど前に、ある女性が私のもとに、前世療法を受けに来てくれました。

 

最初に彼女に感じた違和感

彼女は、たまたまネットで、私が前世療法を行っていることを知り、電話で予約をくださったのです。

でもその時、私は電話越しに感じる彼女の雰囲気に、何か違和感のようなものを感じていました。

それは、電話の向こうに居るはずなのに、なぜかそこに居ないような、そんな不思議な違和感です。

まるで、暖簾の向こう側に誰もいないのに、声だけが聞こえてくるような、そんな不思議な感覚でした。

 

彼女が前世療法を受けに来た理由

セッションの当日になり、セラピールームで私が話を伺うと、前世療法を受ける彼女の目的は、とても意外なものでした。

 

<女性相談者>

私は今までに、何度となく就職先で、誰かに覗かれていたり、優しい人が急に掌を返すようなことが在り、怖くなって辞めています。

でも、勤め先を変えてもいつも同じことが起きるので、もしかしたらそれは、私の前世に何か原因があるのではないかと思って、受けに来ました。

 

前世療法を申し込まれる方の多くは、自分の前世に興味があって受けに来られます。

でも彼女は、人間関係の問題を改善するのに、いきなり前世が原因ではないかと考えていたのです。

 

カウンセリングでも感じる違和感

確かに様々な書籍やテレビで、前世療法が人間関係の改善や、心の問題の解消に効果があると、取り上げられています。

ですから、自分のトラウマなど、心理的な問題の改善を目的に、前世療法を受けにお越しになる方もいます。

でもやはり、彼女は少し違うのです。話しをしていても、何処か意志の疎通や共感が出来ない、独特な雰囲気があり。

そこに居るのに、居ないような、そうまるで、中に誰も居ない着ぐるみと話をしているような。厚いベールの向こうに、誰も居ない感じがするのです。

 

抜け落た幼少期の記憶

私は不思議に思い、彼女に色々と聞いてみました。

 

<井上>

その問題は、いつごろから起きているのですか?

 

すると彼女はあっけらかんとこう言います。

 

<女性相談者>

結婚してからです。結婚してから、色々なことが起き始めました。

 

<井上>

では、結婚する前にはどうだったんですか?就職して間もない若い頃や、学生時代、幼い頃はどうでしたか?

 

<女性相談者>

いえ、特にありません。特に何もありませんでした。

 

だから私は聞いてみたのです。

 

<井上>

あなたは幼い子供の頃の記憶がありますか?

 

導き出される幼少期のトラウマの影響

そこまで伺ってようやく、解らなかった疑問が解決しました。

そう、彼女は結婚以前の記憶があいまいで、幼少期の記憶がほとんどないために、自分の問題の原因は、それ以前の前世に在るに違いないと考えたのです。

それは同時に、幼少期に何らかのトラウマがあり、彼女自身が幼い頃の記憶を、ほとんど覚えて居られなかったことを表しています。

その事実は、彼女の問題の原因が前世ではなく、まぎれもなく幼少期に在ることを物語っていたのです。

 

存在しない彼女の潜在意識

私が感じていた、あの厚いベールのようなエネルギーは、彼女の表面意識と潜在意識を隔てる心の壁でした。

彼女は幼い頃の記憶が殆どなかったため、本来ならベールの向こう側に居るはずの、幼少期の彼女ともいうべき潜在意識が、そこに居なかったのです。

そしてきっと、そこには彼女の潜在意識の代わりに、彼女が記憶を留めることが出来なかった原因となる、何らかの大きなトラウマが存在するはずです。

その瞬間に思いました。やはりこのセラピーは、慎重にいかなくてはならないなと。

 

<井上のワンポイント>

私はこちらの「心の壁を壊す3つの方法!感情のブロックをスピリチュアルに解消する」でも、そんな心の壁について詳しく書いています。

これを見れば、心の壁がなぜできるのか、その理由が解るでしょう。

 

魔法の言葉セミナー

トラウマとして心に残る記憶とは

トラウマとして心に残る記憶とは

私たちには、比較的よく覚えている過去の出来事と、すっかり忘れている出来事があります。

でもなぜ、その特定の出来事は忘れずに、記憶として覚えているのでしょうか。まずはその点から解説していきましょう。

 

感情と共に保管される記憶

私たちが覚えている過去の記憶とは、ある特定の感情が含まれた状態で、潜在意識の中に保管されています。

その感情は、もちろんポジティブな楽しさや喜び、達成感などもあれば、ネガティブな痛みや悲しみ、怒りや辛さなどと、一緒になっている場合もあります。

その過去の記憶と、そこに含まれるネガティブな感情が、現在の日常生活でも影響を及ぼすと、それをトラウマ(心的外傷)と呼ぶのです。

それはまさに、足の骨が折れても治療せずに、そのまま生活しているようなものですから、それ以降はことあるごとに痛みを感じることになります。

 

<井上のワンポイント>

記憶とは「映像+感情」という形で、私たちの心の中に保管されているのです。

幼少期の記憶となると、どのような感情が含まれているのか、本人には解らないケースも多いのですが、潜在的には何らかの感情が含まれています。

 

トラウマがなかなか癒されない理由

例えば、肉体的な傷であれば、栄養を取りながら安静にしていることで、少なからず回復していくでしょう。

ですが、心の傷であるトラウマは、一度ショックを受けると、潜在的な緊張感が生まれるために、なかなかその後で心がリラックスできません。

不安や怖さなどの感情が心に残るために、慢性的に身構えて緊張してしまうのです。

本来なら、事故や痛みを感じた時に、大泣きして感情を表現できれば、トラウマになることもないのです。

でも、そのような対処が出来ない、息が詰まるようなショックや、感情を受け止める相手が居ない場所では、そのまま心の中に留まり続けてしまいます。

 

<井上のワンポイント>

トラウマとは、心的外傷(PTSD)と呼ばれる心の傷で、過去の出来事が原因となり、現在の日常生活に支障がでる問題です。

詳しくは、こちらの「【完全解説版】トラウマとは?心理の専門家による5つの克服法」で、解説していますよ。

 

私たちの心の傷を癒す自然治癒力

そのような、子供の頃のトラウマも、時間がたてば少しずつ解消されていきます。

それは、寝ている時などに、不安や怖さを再体験するような、怖い夢を見ることで、感情が解放されるからです。

こちらの夜驚症のスピリチュアルな原因と対策、子供の過度な夜泣きについてでお話しした、幼い子供の夜泣きや夜驚症なども、まさにその一例だといえるでしょう。

子供はとても繊細なので、大人よりも敏感にストレスを感じてしまうのです。

大切なことは、それらの現象が、心を癒すための自然治癒力であることを理解して、慌てずにリラックスできるようにしてあげることです。

 

子供の頃の記憶が残らない理由

子供の頃の記憶が残らない理由

幼い子供の頃の記憶は、誰もがそれほど多くは持っていないかも知れません。

ですが、その記憶がないのと、あまり覚えていないのでは、大きな違いがあります。

 

<井上のワンポイント>

それは幼少期に、何かしらのショックとなるトラウマがあり、幼い頃を夢うつつの気持ちで過ごしていたか。

起きた出来事を受け止められなかったために、心の奥に封印してしまったかの、どちらかなのです。

 

感情と記憶を心の奥に仕舞い込む

問題は、心の自然治癒力が機能できないほど、強いショックを受けてしまったり、慢性的に安心できる環境が得られない時です。

そんな時に、私たちの心がどの様に対処するのかというと、その1つが、記憶と共に感情を心の奥に仕舞い込むことです。

先ほど言ったように、感情と記憶は強く結びついていますから、感情を心の奥深くに仕舞い込むことは、同時に記憶を仕舞い込むこととなります。

その結果、時には「感情がない人や無感情な人の具体的な原因と解決法【実例紹介】」でも紹介したように、どんどん感情は減っていき、いずれは感情がないと思うようになるのです。

 

<井上のワンポイント>

幼い子供の頃の記憶が欠落している方に、感情が希薄な人が多いのはそのためです。

 

心を守るために傍観してしまう

そしてもう1つの対処法が、現実を夢見心地で過ごすかのように、心が現実から逃避することです。

自分の身体や感情などの気持ちから、意図的に距離をおくことで、現実に起きていることを、あたかも他人に起きていることのように傍観します。

すると、確かにそこで感じるべき感情からは、自分を守ることが出来るのです。でもその結果、感情を感じないために、記憶としても心に残りません。

そしてそれが日常的になり、気が付けば幼い頃の出来事は殆ど覚えておらず、何事にも集中力が保てない状態となってしまうのです。

 

<井上のワンポイント>

すると、こちらの「何をしても楽しくない人の心理的な原因とスピリチュアルな改善法」でも紹介したように、大人になって何をしても、楽しいという実感が得られず、いずれは人生で迷ってしまうのです。

 

 前世療法で子供の頃の記憶を思い出す意味

前世療法で子供の頃の記憶を思い出す意味

彼女は、前世療法を望んで私のもとに訪れましたが、私が前世療法を進める際には、必ず年齢退行催眠から始めていきます。

それは誰もが、今世の子供時代の記憶を思い出すことで、よりリアルに前世の記憶を思い出せるからです。

 

実感が伴う子供の頃の記憶と体験

私は、年齢退行催眠をおこなう際には、特に情緒的な記憶にアクセスするように心がけています。

それは単に、子供の頃の記憶を思い出すだけでは、その記憶に含まれている感情を、思い出すことが出来ないからです。

私たちが、子供の頃の体験で味わった感情を、臨場感をもって思い出すと、その記憶に含まれていた、幼少期に我慢していた感情が解放されます。

それにより、幼い子供の頃に出来てしまった、トラウマが解消するとともに、自己理解が深まるのです。

 

<井上のワンポイント>

その結果、前世療法の大前提である、「記憶を遡る退行催眠が体験できた」という、実感を得ることができるのです。

 

前世と今世を繋ぐ感情の架け橋

その幼いころの記憶に含まれる感情が、あなたがその後の前世療法で、前世の記憶を再体験すことに役立ちます。

前世療法で蘇る前世の記憶は、今世の私たちとの物質的な繋がりがないため、どうしても他人事のように眺めてしまいがちです。

ですが、子供の頃の記憶に含まれる、リアルな感情を味わうことで、同じように前世の記憶に含まれる、当時の思いや感情が蘇り易くなります。

それにより、前世の記憶を臨場感をもって体験することが出来て、改めて自分の前世の記憶だと納得できるのです。

 

子供の頃の記憶へと遡る退行催眠療法

ですから、退行催眠療法とは、例えるなら、スキューバーダイビングのようなものです。

それはクライエントと、セラピストが一緒になって、クライエントの心の深く、過去の記憶へと、潜って行く作業です。

それにより、子供の頃の記憶に含まれた、幾重にも折り重なった感情を思い出しながら、ひとつひとつ手放していきます。

そしてさらに深くへと潜っていくことで、潜在意識の奥深くにある、前世の記憶にまで遡っていくのです。

 

<井上のワンポイント>

そのためにも、私は彼女が思い出せない幼いころの記憶にアクセスして、呼び覚ましてく必要がありました。

そして、その子供の頃の記憶を思い出す作業が、彼女の心をより深く癒すであろうことも、感じていたのです。

 

幼少期のトラウマを解消する実例

幼少期のトラウマを解消する実例

ですから今回のセッションでは、前世を見ることを目的としつつ、心に負担が掛からないように、幼い頃のトラウマも可能な限り癒していきます。

 

心の中で途切れている記憶

私が最初に行なったのは、彼女が具体的に感じている、職場での人間関係の怖さを、解消していくことからです。

リクライニングシートでリラックスして、深い催眠状態へと入り、以前の職場などで感じていた怖さを、一緒に振り返っていきます。そしてそれと共に、そこにある感情を解き放ち解消していくのです。

本来なら多くの人が、このワークを進めることで、怖さの原因となる幼少期のトラウマを思い出します。

ですが彼女は、やはり結婚以前の記憶が蘇っては来ません。まるで道がそこで途切れているかのように、その先がないのです。

 

彼女の心の扉を開くために

厚いベールで遮られた、その先の子供の頃の問題には、まだ彼女自身の心が向き合うことが出来ないからです。

だからこそ、その段階では幼少期の記憶には触れず、その怖さや不安のみを、解消することに専念しました。

そうすることで、彼女の不安を和らげ、自分の小さい頃の記憶に向き合うための、心の準備が整うだろうと考えたのです。

そうすればきっと、心の奥深くに仕舞われた、本当の気持ちが浮上してくるだろうと思いました。

 

幼い頃を表す深海のブルーのオーラ

一連の怖さや不安を綺麗に取り去ったところで、私はその先に進むべく彼女に語り掛けました。

 

<井上>

それでは、あなたの幼い頃の記憶が詰まった、鍵の掛けられた箱をイメージしてください。そこには、あなたの幼い頃の出来事が、すべて収められています。

その箱をイメージできたら、それを見ていると何を感じるのか、私に教えてください。

 

すると彼女は一言、ポツリと言いました。

 

<女性相談者>

空っぽです。。。ただ広い感じ。。。

 

その言葉を発した瞬間に、彼女のオーラがガラリと変わりました、それは深海のブルーにです。

 

彼女が覆い隠していた幼少期のトラウマ

そう、彼女が持っていたもの、それは何処までも深い寂しさだったのです。

まるで深い海の底に、一人で取り残されてしまったかのような、暗く冷たい寂しさであり、孤独感だったのです。それから彼女はいいました。

 

<女性相談者>

家族がいたはずなのに。。。誰も居ないんです。。。

 

そして彼女の身体から、孤独感と寂しさ、悲しさの感情が、絶え間なく溢れだしていきます。

 

彼女のトラウマが出来てしまった理由

彼女はもちろん、幼い頃から家族と一緒に暮らしていました。

でもその家庭では、家族同士での心の交流が殆ど無かったのです。

家族と共に暮らしていても、誰かに振り向いてもらうこともなく、ただ一人で生きて来たのです。

それが彼女の心が感じていた、幼い頃の自分の現実であり、白いベールの内側に覆い隠していたトラウマだったのです。

 

トラウマである強い感情を癒すと記憶は蘇る

それから私たちは、その孤独感を時間を掛けて取り除くと、さらに前世まで記憶を遡り、そのセッションを終えました。

彼女が期待していたように、現在の問題に対する前世の原因は、でてきませんでしたが、すでにその怖さは解消されており、彼女の現実も変わりだすことでしょう。

そしてきっと、彼女の幼い頃の記憶も、徐々に戻り始めると思います。

もうそれを押留めておくべき、寂しさや悲しさ、そしてあの深海のような孤独感は、彼女の中には存在しないのです。

 

幼い頃のトラウマを解消する方法

幼い頃のトラウマを解消する方法

もしあなたも、幼い頃の記憶がないとか、小さい頃にトラウマがあり、それを癒したいと望まれるなら。

まずは自分で出来ることから、1つずつ始めていきましょう。

 

1、自分の気持ちや感情を承認する

以前に「やる気が出ない心をスピリチュアルに回復させる方法<自分を認める自己承認>」で紹介しましたが、あなたが今現在感じている問題について、自分の気持ちを承認できれば、あなたの問題は少なからず減っていきます。

ポイントは、起きている問題の原因や事象に捕らわれずに、感情のみに意識を集中して向き合うことです。

そしてその感情が、ネガティブなものであっても、気にせず声掛けを繰り返して承認できれば、その気持ちも自然と消え去ってい行きます。

記憶として覚えている、幼い頃のトラウマについても、この方法で解消していくことが出来ます。

 

<井上のワンポイント>

もし自分の中のネガティブな気落ちに、向き合えないなら、「人を疑う心理の実例と改善法いつも疑いや疑念で心が乱されるあなたへ」をご覧ください。

そうすれば心から、そんな気持ちも受け止められるようになるでしょう。

 

2、フラワーレメディで解消する方法

また、フラワーレメディを利用することで、自然と幼少期の記憶を思い出しながら、トラウマを解消していくことが可能です。

その際にはアスペンスターオブベツレヘムのブレンドが、あなたを癒し、トラウマの解消に役立つでしょう。

アスペンを利用すると、忘れていたような過去の記憶が、しだいに心に蘇り思い出されます。

でも安心してください。それはあなたが思い出す準備が整った記憶であり、もう解消できるトラウマだけなのです。

補足説明
2種類をブレンドして利用するときには、500mlのペットボトルに水やお茶などの飲み物を入れて、3滴ずつ入れましょう。マイアースでは、希望の方にフラワーレメディの利用法を配布しています。ご注文の際に、カートボタン上の「利用法&適応表 あり」を選択してご注文下さい。なお、フラワーレメディの詳しい利用法は、こちらの「【初心者向け】フラワーレメディの効果的な使い方<バッチシリーズ>」をご覧ください。
初めてのフラワーレメディ利用法付き

 

3、心の専門家のもとでセラピーを受ける

そして今回のように、子供の頃の記憶がないと感じるなら、専門のセラピストへ相談することを考えた方が良いでしょう。

幼い頃のトラウマ以外にも、私たちの心はこれまでの人生で、様々な思いを感じて傷ついています。

そんな自分自身でも意識できない、無意識レベルの心の傷があると、「もう限界!仕事や恋愛で同じ失敗を繰り返す人の原因と対策」でもあげたように、何度も同じ失敗を繰り返すことと成ります。

今回セラピーを受けに来た彼女も、そんな自分が繰り返している問題に気付いて、それを解消するためにお越しになりました。

 

<井上のワンポイント>

自分自身では、なかなか癒すことが出来ないと感じるなら、無理せずに心理療法や前世療法を受けるのも良いですよ。

 

4、心を癒すスキルを身に付けて解消する

そして、こんな繰り返されるパターンを解消するなら、心を整えるための心理的なスキルを学ぶのもおすすめです。

これらの心の問題は、日常の生活のなかで自分と向き合い、癒していくことで、少しずつ軽くしていくことができるものです。

私が開催しているセミナーでも、そんな自分と向き合い、心を癒していくためのスキルを教えています。

専門的な技術を学べば、あなたが覚えている問題も、そしてまだ思い出せない幼少期のトラウマさえも、癒して解消していくことが出来るでしょう。

 

”メンバーズブログ"

自分のトラウマと向き合う上で大切なこと

自分のトラウマと向き合う上で大切なこと

最後に大切なことなので、これだけお伝えしておきます。

あなたがもし、自分には幼い子供の頃の記憶がないと感じても、決してそれを、無理やり思い出そうとはしないでください。

 

真にトラウマが癒される瞬間

私が先のセラピーで、彼女の子供の頃の記憶を、鍵の掛けられた箱に入れてイメージさせたのは、それを思い出すことが、まだ心の負担になると判断したからです。

忘れられている小さな頃のトラウマも、やり方次第では、その記憶を思い出さずに、中に残っている感情だけを癒すことが出来ます。

先に紹介したフラワーレメディやセミナーもその方法です。

するとその後の日常で、心の負担なく、子供の頃の出来事を自然と思い出すのです。それはあなたの心が、もうそのトラウマを手放せるという合図です。

 

幼い頃の記憶を思い出すだけではトラウマは癒されない

私たちのトラウマは、幼い頃の記憶を呼び起こして、思い出しさえすれば、解消するというものではありません。

それではあまりにも心の負担が大きく、自分でコントロールできないまま、過去の辛い記憶に振り回されることになりかねません。

ですから心に優しいのは、今の生活での衝動的な問題や感情を癒すことで、徐々に心が癒されていき、それと共に子供の頃の記憶が蘇ってくるという順序です。

記憶の扉を、無理やりこじ開けようとするのではなく、心が安心した結果、自ら自然と開いていくというのが、理想的な癒しのステップだといえるでしょう。

 

<井上のワンポイント>

小さい頃の記憶がないのは、まだあなたの心が、その過去を受け止める準備が出来ていないからです。

ですから、くれぐれも無理はせずに、心の準備を整えることから始めて行きましょう。

 

安心できる心持がトラウマを解放する

例えば、それはあの北風と太陽の物語と、同じかもしれません。

暖かな日差しによって、自然と心が解れていく、そんな穏やかな癒しが良いのです。

きっとその時には、あなたはそのトラウマを心から手放し、何物にも代えがたい人生の糧と変えることが出来るでしょう。

そんな瞬間が来ることを、私も心より祈っています。

 

井上のオーラ診断

井上のYoutube動画<聴くブログ>

 

↓ 次のページはこちら! ↓

インナーチャイルドとは?セルフセラピーやスピリチュアルで癒す方法

 

最新のお知らせ
>自分らしく輝いて生きるための
心を癒す魔法の言葉セミナー東京201611
心を癒す魔法の言葉セミナー
自分の心をポジティブに整える方法を学ぶ
■日程:2022年10月8日(
■場所:オンライン開催/ 時間:2時間30分

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

1989年大学に進学中に独自に体外離脱の研究を行い、自ら離脱体験をもつ。医療機器メーカーに就職後、2001年に心理療法家として独立。3,000人以上のセラピー実績を持ち、年間20回以上のセミナーを全国で開催。2010年に株式会社ヒーリングアースを設立。現在では経営の傍ら個人セッション及びセミナーをこなしながら執筆活動に励む。オフィシャルブログは年間300万人が訪れる。
人気記事 プロフィール お問合せ