心の傷が消えず完全に癒えないと感じている人の心理的な注意点

心の傷が消えず完全に癒えないと感じている人の心理的な注意点
The following two tabs change content below.
井上直哉

井上直哉

心理とスピリチュアルの専門家
1989年大学に進学中に独自に体外離脱の研究を行い、自ら離脱体験をもつ。医療機器メーカーに就職後、2001年に心理療法家として独立。3,000人以上のセラピー実績を持ち、年間20回以上のセミナーを全国で開催。2010年に株式会社ヒーリングアースを設立。現在では経営の傍ら個人セッション及びセミナーをこなしながら執筆活動に励む。オフィシャルブログは年間300万人が訪れる。
人気記事 プロフィール お問合せ

こんにちは。
心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉です。

時折り、幼い頃の心の傷がなかなか消えないという方から、相談を受けることがあります。

詳しく話を伺うと、それらの方の多くは、今までにも色々なセラピーやカウンセリングを受け、自分癒しに取り組んできています。

でもどうして、それほど積極的に自分癒しに取り組んでいるのに、心の傷を完全に癒せないと感じるのでしょうか。

今回はそんな、心の傷が完全に癒えないと感じている方に注意して欲しい、心理的な問題点について詳しく解説していきます。

これは少し間違えれば、誰もが陥りやす問題なので、自分を癒そうと思われる方は、ぜひ読んでおいてください。

 

ある女性からの相談事例

ある女性からの相談事例

まずは先日いただいた、インナーチャイルドセラピーに取り組む、ある女性からの相談を紹介しましょう。

 

心の傷を癒せないという相談

<女性相談者>

初めて相談せていただきます。私はインナーチャイルドセラピーを通して、幼い頃の心の傷を癒したいと思っています。

今までにも何度かセラピーやカウンセリングを受けてきましたが、どんな取り組みをしても、心の傷をなかなか完全に癒せないと感じました。

こちらでお願いした場合、一度のセッションで完了ですか?何回か受ける必要はありますか?

私は一時的に元気になるのではなくて、根本的に治したいと思っているんです。こちらのセラピーではそれは可能ですか?

 

彼女への私からの回答

<井上>

ご相談内容を拝見いたしました。残念ながら、あなたが幼い頃に受けた心の傷は、1,2回のセラピーで全ては消えないでしょう。

私は個人的にはそう考えていますし、だからこそ自分の癒し方などもお教えしいます。

これまでの取り組みで、心の傷が完全に癒えないと感じ、根本的に癒したいとお考えなら、なおさら時間を掛けて、自分の心に向き合っていく必要があります。

ですので、ご要望にはお答えできませんが、どうぞご了承ください。 

 

トラウマと心理セラピー

心の傷(トラウマ)については、こちらの「トラウマとは?心理の専門家による5つの克服法」でも、詳しく解説しましたが、ここで少し補足しておきます。

まず、心理療法のセラピーを受ければ、現在持っている衝動的な問題は、とても軽くなるでしょう。例えばパニックや、不安感、対人恐怖などは、かなり軽くなります。

ですがそれだけでは、完全に心の傷(トラウマ)を癒せたとは言えません。それだけでは、彼女が感じたように、いずれまた同じ問題が起こる可能性があります。

その結果いつまでたっても、完全に心の傷が癒えないと感じ、落胆してしまうのです。根本的に癒せたとは思えないのです。

実はそこに、誰もが陥りやすい自分の心を癒していく上での注意点があります。

 

心の傷を癒すための注意点

心の傷を癒すための注意点

では、そんな自分の心を癒していく上での注意点とは何でしょうか?

トラウマなどの心の傷が、いつまでたっても完全に消えないという方は、特定の心理的なパターンに陥っていることがあります。

それをいくつか紹介してきましょう。

 

セラピーのみでOKだと思う

まずはセラピーを受ければ、全て終わると思っているパターンです。

例えば、あなたが重いものを持つ仕事をしており、それが原因で腰痛に悩んでおり、その改善のためにセラピーを受けたとしましょう。

何回かのセッションで、痛みは確実に減り、改善して歩けるようになり楽になります。でもそれでセラピーを終えて、元の仕事に戻ればどうでしょう。

それでは腰痛の原因となっている仕事は変わらないので、また同じように腰痛に悩まされます。これと同じです。

心の傷が癒えないと言われる方の中には、セラピーさえ受ければ、心の傷を完全に消してもらえると思っている方がいます

 

1度の不調で落胆する人

これはパニックや不安症などの、衝動的な問題にありがちなパターンですが、0か1かの判断基準で、心の傷が消えないという人です。

例えば、先に申し上げたように、心理療法などのセラピーを受ければ、心理的な不安感は減り、パニックの発作が起きる回数や頻度は明らかに減ります。

ですがそれだけ改善しても、1度でもパニックが繰り返されるだけで、心の傷が完全に癒えていないと感じて落胆してしまう人がいるのです。

客観的に見れば、心は改善に向かっているのに、そんな一度の不調でもとに戻ったと思い「やっぱり、ここでもダメだ」と、すべ諦めてしまうのです。

 

感情が揺れないことを目指す人

このパターンも特に注意が必要です。中には心の傷が癒されれば、自分の心が安定して、もう感情的にならないと思っている人がいます。

心の傷を癒すことと、感情的にならないことは、必ずしもイコールではありません。

確かにセラピーを受ければ、特定の問題で大きく心が動揺することは減るでしょう。でも0になる訳ではないのです。

感情を感じること自体が、生物として自然なことなので、全く心が揺れない人に成る訳ではありません。

ですが、心の傷が癒えないという方の中には、傷が消えれば心は平に安定すると思い、感情的になるだけで、やっぱり傷が消えていないと落胆してしまう人がいます。

 

グラウンディングが弱い人

そして非常に多いパターンが、このグラウンディングについての問題を持っている人です。

なお、スピリチュアルな意味でのグラウンディングについては、こちら「グラウンディングの意味とその効果とは?地に足をつく方法」で詳しく解説しています。

このタイプの方は、いくら自分の心の傷を癒しても、根本的にグラウンディングが弱いので、常に精神的に不安定でおぼつかない状態なのです。

そのため、どんなに頑張って自分癒しに取り組んでも、心の安定感が得られず、根本的に心の傷が癒えないと感じてしまうのです。そしてセラピーを彷徨い歩きます。

グラウンディングは、そもそも癒すものではなく、時間を掛けて養うものですから、その点の意識が不足しているといえるでしょう。

 

心の癒しに必要な3つのステップ

心の癒しに必要な3つのステップ

それではどうすれば、そんな幼い頃の心の傷を癒して、心理的な安定感を得ることが出来るのか。

ここでは、人の心が癒され成長する過程を、順を追って見て行きましょう。

 

1、ストレスや感情の解消

相談された彼女が、「一時的に元気になる」と表現したのがこの段階です。

それは心の中に溜まっている、ストレスともいえる感情の滞りを取り除き、気持ちが軽くなった段階。腰痛の痛みが取れたのと同じ状態です。

インナーチャイルドを癒すという多くのセラピーが、幼い頃の記憶を思い出すことで、この段階の癒しを進めています。

それにより、そんな子供の頃のトラウマが原因となっていた問題の多くを、改善しているのです。

 

2、気付きによる人格変容

幼い頃から心の中にあった、感情的な滞りであるトラウマが癒されると、私たちの心に「気付き」や「悟り」と呼ばれる、小さな変化が起きてきます。

それはセラピーの中でだけではなく、日常生活で、自分の気持ちを振ることによって起きる、心の変化であり、心の成長ともいえる人格変容です。

自分の本当の気持ちに気付き、そしてそれを自分の意思として受け止めて、認められるうようになります。

それはまるで、小さな心の種が芽吹いて、地上に顔を出すかのようです。この段階では、弱々しい若葉が育つことが出来るだけの、安心できる環境が必要だといえるでしょう。

この過程を送らないと、本当の意味で心の傷(トラウマ)は癒えないのです。

 

3、グラウディングが養われる

心が芽吹いて、そこから時間を掛けて、自分らしさという根を大地に伸ばしていきます。

これが心理的な強さや心の安定へと繋がる取り組みです。ただこれは、その人自身で根気強く取り組まなくてはならいことで、セラピストに頼ることではありません。

この段階をセラピストや占いに委ねているようでは、それらの添え木に依存しているのと同じで、いつまでたっても自立できないからです。

この段階はすでに自己実現のステップに入っており、過去のトラウマに捕らわれず、自分らしく生きる強さを養う段階だといえるでしょう。

ここまでくれば、もう心の傷が癒えないとか、消えないと、戸惑うこともないのです。

 

自分の人生に責任を持つ意思

ですからもし彼女のように、いつまでたっても心の傷が癒えないと感じるなら、1番の取り組みには熱心でも、2番と3番のステップに進んでいない可能性があります。

そして、自然と2、3番の取り組みに進めていないなら、注意すべき心理的なポイントがあるのです。

それは、自分の心が傷ついたのは加害者のせいであり、被害者である自分には何も責任が無いと思っていないかということです。

実はそれでは、こちらの「【自分を信じること】自分の人生に責任を持つスピリチュアルな意味を解説」でもお話ししたように、私たち自身が変わることが出来ないのです。

なぜならそれでは、自分の人生に責任を持つことが出来ておらず、人生に踊らされているからです。

 

心の傷が癒えない人の改善法

心の傷が癒えない人の改善法

ではそんな、心の傷が癒えないという人に、おすすめの改善法を紹介しましょう。

 

継続的な心理セラピー

それは、先の相談をくださった女性にも言いましたが、自分が通えると思う場所で、信頼のおけるセラピストを見つけ、継続して心理セラピーに取り組むのが1つです。

心の傷が消えないという方の多くは、1,2度のセラピーで気持ちが楽になると、そのままセラピーを終えてしまいがちです。

私の場合には、必要に応じて「今回のセラピーで、精神的にはかなり楽になるけど、それだけでは不十分ですからね」とも予め言います。

なぜなら、中途半端で終えてしまった方の多くが、1,2年してまた同じ悩みをもって相談に来るし、相手の状態を見れば、すぐにそうなることが解るからです。

 

フラワーレメディで改善する

心理セラピーは何度も受けているけど、2,3番の心の成長へと向かわない方は、先ほどの被害者意識が問題になっていることがあります。

そこで、そんな悲観的な気持ちを癒すなら、フラワーレメディのウィローチコリーがおすすめ。

このウィローは、まさに自分の心の中に溜まっている悲観的な気持ちを癒して、無意識に自分が被害者になってしまうパターンを癒してくれるのです。

またチコリーは、過去の悔しい気持ちを癒してくれるので、合わせて感情的な滞りを解消してくるでしょう。

もし、あなたの心の傷が完全に癒えないのは、これまでのセラピーのせいだと思うなら、このブレンドが役立ちます。

補足説明
 フラワーレメディを利用するなら、500mlのペットボトルに水やお茶などの飲み物を入れて6滴入れましょう。2種類をブレンドするなら3滴×2種類でOKです。マイアースでは、希望の方にフラワーレメディの利用法を配布しています。ご注文の際に、カートボタン上の「利用法&問診表 あり」を選択してご注文下さい。なお、フラワーレメディの詳しい利用法は、こちらの「【初心者向け】フラワーレメディの効果的な使い方<バッチシリーズ>」をご覧ください。
初めてのフラワーレメディ利用法付き

 

グラウンディングの瞑想

そして最も時間が掛かるのは、スピリチュアルな意味でのグラウディングの強さを養うことです。

これは自分の心の傷を癒すというよりも、自己実現の領域の取り組みとなりますが、あなたが心の安定を実現したいと望むなら、とても重要なことです。

詳しくは、先にも紹介した「グラウンディングの意味とその効果とは?地に足をつく方法」に、その瞑想のやり方を記載しています。

ここまでくると、あくまで自分自身と向き合っていく作業ですから、もうセラピーなども必要ないでしょう。

 

心の傷を癒し安定化するためには

心の傷を癒し安定化するためには

いかがでしたか。今回の内容で、なぜセラピーに取り組んでも、心の傷が癒えないと感じることがあるのか、そんな理由をお解りいただけたでしょうか。

では最後に、こんな話をして終わりにしましょう。

 

必要なのは心が揺れても安定化出来ること

とても残念なお知らせですが、あなたが何年もかけて養ってきた自分の心を、1,2回のセラピーだけで、完全に変えることはできません。

例えばそれが、差し迫った不安感や、感情的な問題を癒すのであれば、さほどの難しくはないでしょう。

でも、それだけではまた片手落ちで、結果的には同じことを繰り返して、いつまでも心の傷が消えないと思う原因となります。

そう、何事にも動揺しないような、安定感のある心を養うためには、自分自身で心を整え行こうとする取り組みが必要なのです。

それは言い換えれば、心が揺れて動揺することが在っても、すぐにリセット出来るだけの技術が必要だということです。

 

人生を変えるパワーの源

幸いにもそんな心の整え方は、さほど難しいものではありませんし、私もセミナーでその方法をお教えしています。

そして学んだ技術を実践していけば、もう心の傷が癒えないなどと、迷いを感じることも無いのです。

それは確かに、少なからず取り組み続ける意思は必要でしょう。でも誰もが学んで実践すれば、自然と出来ることなのです。

ですが、いかに素晴らしいスキルであったとしても、あなたが自分の人生の原因を他人のせいにしていたら、全く役には立ちません。

自分の人生の責任を取ることは、それほど重要なことであり、あなたの人生を変えるスピリチュアルなパワーの源ととなるものなのです。

 

↓ 次のページはこちら! ↓

なぜか人が離れていく人の心理的な原因とスピリチュアルな改善策

 

最新のお知らせ
>自分らしくオーラを輝かせて生きるための
心を癒す魔法の言葉セミナー東京201611
心を癒す魔法の言葉セミナー
自分の心をポジティブに整える方法を学ぶ
■日程:2020年10月10日、11月7日
■場所:東京、Web開催/ 時間:2時間30分
■受講生の感想はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

井上直哉

1989年大学に進学中に独自に体外離脱の研究を行い、自ら離脱体験をもつ。医療機器メーカーに就職後、2001年に心理療法家として独立。3,000人以上のセラピー実績を持ち、年間20回以上のセミナーを全国で開催。2010年に株式会社ヒーリングアースを設立。現在では経営の傍ら個人セッション及びセミナーをこなしながら執筆活動に励む。オフィシャルブログは年間300万人が訪れる。
人気記事 プロフィール お問合せ