「気持ちの問題だ」と言われても気になる人のスピリチュアルな改善法

「気持ちの問題だ」と言われても気になる人のスピリチュアルな改善法
The following two tabs change content below.
井上直哉

井上直哉

心理とスピリチュアルの専門家
1989年大学に進学中に独自に体外離脱の研究を行い、自ら離脱体験をもつ。医療機器メーカーに就職後、2001年に心理療法家として独立。3,000人以上のセラピー実績を持ち、年間20回以上のセミナーを全国で開催。2010年に株式会社ヒーリングアースを設立。現在では経営の傍ら個人セッション及びセミナーをこなしながら執筆活動に励む。オフィシャルブログは年間300万人が訪れる。
人気記事 プロフィール お問合せ

こんにちは。
心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉です。

よく「気持ちの問題だよ」と言われたり、自分で「気持ちの問題だな」と思うことが在っても、どうにも気になって仕方ないこととかありませんか?

もちろんそれは、ただ気になるというだけで、具体的に何か問題がある訳ではないのかもしれません。

ですが、漠然と悪いことが起こりそうな気がしたり、スッキリしないフィーリングを感じたり、良いイメージが湧かないなど、1度気になるといつまで経っても消えないものです。

今回の記事では、そんな気持ちの問題とは、どんな心理的な状態なのかを明確にして、改善するためのスピリチュアルな方法を紹介しましょう。

これを読んでいただければ、あなたの気持ちもすくなからずスッキリして軽くなると思います。

 

気持ちの問題についての相談事例

気持ちの問題についての相談事例

まずは、ある女性からいただいた、子育てについての相談からご紹介しましょう。

母親であれば、誰もが少なからず持っている、「自分はシッカリと子育てが出来ているだろうか」という心配についてです。

 

高校生の娘にたいする心配

 

<女性相談者>

私は数年前に子連れで離婚して、今はお付き合いする人がいます。ですが、その人と会うために家を空けることで、子供に対して罪悪感を感じています。

娘はもう高校生で、もちろん話しはしてあるのですが、母親が他の男性と付き合うことについて、どう捉えているのか心配です。

私の気持ちの問題だと思いますし、娘にも「お母さんは気にしすぎ。」と言われますが、心の奥で寂しい思いをしているんじゃないかと、どんどん自分を責めてしまいます。

私自身、親からの愛情を感じないまま育ってきたので、それも影響しているとは思うのですが。。。

 

子育てでありがちな相談

私のもとに、子育ての相談をされてくるお母さんの多くが、自分が持っている子育ての悩みは、自分の気持ちの問題ではないかと思いながら相談してきます。

今回の方も、娘が本当に寂しいようには見えないし、ハッキリと考えすぎだと言われています。

でも、いかにそれが自分の気持ちの問題だと思っても、子供への心配感が消えることは無く、無意識に自分を責め続けてしまうのです。

そう、私たちはどこかで「自分の気の持ちようが問題なんだ」と解っていても、なかなかその状態から抜け出せないのです。

 

本当は気の持ちようの問題ではない

本当は気の持ちようの問題ではない

今回の子育ての件に限らず、あなたにもそんな時はありませんか?

実際にはさほど問題ないのに、漠然としたフィーリングとして、悪いことが起こりそうだと感じたり、どこかで罪悪感を感じたりすること。

 

気の持ちようの誤解

周りの人からも、「それはあなたの気持ちの問題だよ」と諭されても、どうにも気になって仕方がないこと。

自分の気の持ちようだとは、自分でも解っているのに、なかなか気持ちを切り替えられないこと。

でも実は、そのフィーリングは誤りではありません。それは「あなたの気の持ちよう」が問題なのではなく、「あなたが持っている気」が問題なのです。

「気持ちの問題」だといっても、あなたの気の持ち方が間違っているのではく、持っている気によって受けてしまう影響なのです。

 

私たちをネガティブにする気とは

私たちはどこかで「気持ちの問題」について、自分の気の持ちようが悪いだけで、それは気持ちを切り替えることで、改善すべきことだと思っています。

それは自分が、ネガティブに物事を捉えてしまうのが悪いのであって、ポジティブに考えればいいだけだと思っているのです。

でもそれは違います。スピリチュアルな視点から見れば、それは気の持ちようが間違っているのではなく、持っている気によって影響を受けているのです。

そしてその影響を及ぼしている気とは、日頃のストレスなどの精神的な疲れや、過去のトラウマとされる感情の滞りなのです。

そう「気持ちの問題」とは、「気の持ちよう」が問題なのではなく、「持っている気」が問題なのです。

 

問題の原因となっている2種類の気

問題の原因となっている2種類の気

私たちはどうしても、そんな重たい気(エネルギー)を持っていると、物事をポジティブには考えられません。

では、そんな私たちの気持ちに影響を与える、2種類の気について見て行きましょう。

 

日常のストレスによる疲れ

日常で感じているストレスは、小さなものであれば、さほど無理なく気持ちを切り替えることが出来ます。まさに「気のせいだな」と思える程度の問題です。

でもそんなストレスが慢性的にかかり、常に疲れを感じるようになってしまうと、気持ちの問題だけでは済ませられなくなくなってしまいます。それがうつです。

うつは確かに気持ちの問題だけど、あまりにもストレスが多く溜まっていて、いつまでたっても解消できないために、気持ちを切り替えられない状態に陥っているといえるのです。

特に疲れているのが普通であり、もうずっと疲れが取れていないと感じるなら、早急に対処する必要があります。

 

過去のトラウマによる影響

先の女性も言っていたように、自分のトラウマに関わることになると、私たちは気持ちの問題というだけでは、その不安を片付けられなくなります。

トラウマとは、とても多くの感情の滞りともいえるものなので、一旦その感情に火が着くと、なかなかそこから意識を切り替えることが出来ません。

それが怒りや悲しさ寂しさなど、負の感情であればなおさら影響を受けてしまいますし、固定観念のような思いなら、譲れない問題となるのです。

こちらの「トラウマとは?心理の専門家による5つの克服法」でも紹介したように、本来それらは解消されるために浮上する思いです。

ですから、その問題は幾度となく繰り返すことに成り兼ねないので、何らかの方法で自分を癒すことに取り組んでください。

 

気持ちのスピリチュアルな改善法

気持ちのスピリチュアルな改善法

ではそんな、気持ちの問題で片付けられないようなことに、どう対処すればいいのか、スピリチュアルな改善法を紹介していきましょう。

誰にでも簡単にできる事なので、楽しみながら実践してみてください。

 

気になる不安感の解消法

まずは、気になることに対して、不安な気持ちがあると解っているなら、そんな不安感を解消するための心理的な手法を使ってみましょう。

詳しいやり方は、こちらの「不安感を解消する方法!心のプロが実践する不安を取り除く対処法」に記載しています。

不安感さえ取り除いてしまえば、大抵の問題は気にならなるでしょうから、まずは練習だと思って取り組んでみましょう。

ただ、そんな不安がとても強いと思うなら、後で紹介するフラワーレメディも一緒に使ってください。

 

グラウンディングの瞑想法

続いてはスピリチュアルな瞑想法です。これはイメージワークといっても良いかもしれません。

グラウンディングは、ヒーリングなどのエネルギーワークで、基本中の基本とされるスキルです。

でもこれが、気持ちの問題とされがちな心配事にはとても効果的だったりするのです。やり方もいたって簡単ですから、ぜひ一度試してみましょう。

詳しくはこちらの「グラウンディングの意味とその効果とは?地に足をつく方法」で解説しています。

 

フラワーレメディで改善

最後は心理的なワークが難しい人や、グラウンディングに実感が湧かないという方に、フラワーレメディによる改善法です。

フラワーレメディは、スピリチュアルな花の療法ですが、使い方を守ればとても効果的に役立つヒーリングアイテムです。

今回の気持ちの問題については、まずはリバイバルレメディが、そんな漠然とした心配感を癒してくれます。

さらには、ホワイトチェストナットを使えば、プラス思考で物事を捉えていくことが、出来るようになるでしょう。

補足説明
 フラワーレメディを2種類使用するなら、500mlのペットボトルに水やお茶などの飲み物を入れて、レメディを6滴(3滴×2種類)入れましょう。3種類なら3滴×3種類です。マイアースでは、希望の方にフラワーレメディの利用法を配布しています。ご注文の際に、カートボタン上の「利用法&問診表 あり」を選択してご注文下さい。なお、フラワーレメディの詳しい利用法は、こちらの「【初心者向け】フラワーレメディの効果的な使い方<バッチシリーズ>」をご覧ください。
初めてのフラワーレメディ利用法付き

 

原因不明のもやもやする気持ちを改善

もしあなたが、気持ちの問題だと思うことが多いけど、そこにあるストレスやトラウマが何なのか、ずっと解らないままだと思い。

原因不明のもやもやする気持ちはあるけど、ずっとそれを引きずっているような気がするなら。まずはそんなもやもや感を解消することから始めて行きましょう。

こちらの「原因不明のもやもやする気持ちの心理的な意味とスピリチュアルな対処法」では、そんなもやもやする気持ちの解消法について詳しく書いています。

それは、フィーリングとしては問題を感じられているのに、まだ意識化されていないだけですから、シッカリと取り組めば癒せる気持ちです。

 

心の声を聞くための道程

自分の心の声を聞くための道程

いかがでしたか?

今回は「気持ちの問題だから」と軽く扱われてしまいがちな、気持ちの変化について、スピリチュアルな側面から詳しく解説してきました。

 

心の声が聞こえる瞬間

私たちが日常生活で使いがちな、「気持ちの問題」という言葉。

とかくそれは、些細なことだと思われがちな、否定的なフィーリングかもしれません。でもそれは、あなた自身の心の声ともいえるものです。

次から次へと移り変わる現代社会の変化や、休みなく続く日常の慌ただしさに、私たちは自分の心の声に耳を傾けることを蔑ろにしがちです。

でもそんな、心の声を受け止められた時にこそ、私たちは自分が何者なのかを知り、何を望んでいるのかを知ることが出来ます。

 

心の声が訴えけてくること

日頃の生活の中で感じてきた、雑念や不安を取り除き、心の静けさを実現したときに聞こえてくるのが、そんな心の声です。

でもその声は、決してあなたの耳に言語化されて、語り掛けてくるものではありません。それはあなたの心に訴えかけてくる思いなのです。

その思いを聞き届け、癒してあげれたとき、私たちはいかに自分が多くのことを感じて、いままで生きてきたのかを知ります。

そしてようやく受け止められるのです。これまで生きてきた、すべての自分の思いと、あるがままの自分自身を。

 

↓ 次のページはこちら! ↓

【心の声を聞く方法】自分の本当の心の声に従うスピリチュアルな生き方

 

最新のお知らせ
>井上の人生をポジティブに生きるセミナー
心を癒す魔法の言葉セミナー東京201611
心を癒す魔法の言葉セミナー
自分の心をポジティブに整える方法を学ぶ
■日程:2020年10月10日、11月7日
■場所:東京、Web開催/ 時間:2時間30分
■受講生の感想はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

井上直哉

1989年大学に進学中に独自に体外離脱の研究を行い、自ら離脱体験をもつ。医療機器メーカーに就職後、2001年に心理療法家として独立。3,000人以上のセラピー実績を持ち、年間20回以上のセミナーを全国で開催。2010年に株式会社ヒーリングアースを設立。現在では経営の傍ら個人セッション及びセミナーをこなしながら執筆活動に励む。オフィシャルブログは年間300万人が訪れる。
人気記事 プロフィール お問合せ