『自分らしさ』とは?オーラから見た意味をスピリチュアルに解説

『自分らしさ』とは?オーラから見た意味をスピリチュアルに解説
The following two tabs change content below.
オーラアドバイザー 井上直哉

オーラアドバイザー 井上直哉

オーラと心理療法の専門家
 現実的なスピリチュアルをモットーに、日頃の生活で感じている気付きや学びをブログで紹介しています。心をポジティブにするメンタルヘルスセミナー『心を癒す魔法の言葉®』を世界中の人に伝えることを、人生の目的として活動中。詳しいプロフィール お問合せ&無料相談

こんにちは。
オーラと心理療法の専門家 オーラアドバイザー 井上(@my_earth_naoya)です。

今日の記事では、「自分らしさ」についてお話したいと思いますが、あなたは日頃の生活で、自分らしさを意識したことが在りますか?

私の実施しているオーラ診断では、オーラの第4層を見ていきますが、そのオーラの第4層とは、まさに「自分らしさ」を表している層です。

スピリチュアルな人であれば、オーラの第4層が、私たちの「個性」「自己評価」に関わるオーラだと理解しているかもしれません。

あなたが自分をどう思っているのかは、この第4層を見れば一目瞭然だといえます。ですが多くの人が、このオーラの第4層にストレスを抱えて、自分らしさがあやふやになっています。

ですから今回はそんな「自分らしさ」について、オーラ診断の体験談なども紹介しつつ、お伝えしたいと思います。

 

 

「自分らしさ」を問う切っ掛けの出来事

「自分らしさ」を問う切っ掛けの出来事

私がこの「自分らしさ」についてお話ししようと思った理由は、私が主催しているセミナーの受講生のオーラを、確認したのが発端です。

 

人は心が整うと「自分らしさ」が変わる

私の開催している「心を癒す魔法の言葉セミナー」では、スピリチュアルな視点で、自分の心を整えて、オーラを綺麗にする方法を教えています。

そのセミナーで学ぶスキルを実践することで、誰もが速やかにストレスを浄化して、本来の自分らしく輝けるようになっていきます。

今回そのセミナーに参加して、3ヶ月ほど経過した生徒さんのオーラを見ていて、あることに気が付いたのです。

それは私たちの「自分らしさ」とは、どのようなものかを理解する上で、とても参考になりました。

 

セミナーの受講生が直面する自分探し

私がセミナーを受けて、3ヶ月ほどした受講生のオーラを見ると、多くの人が「自分らしさって何だろう?」と思っているのです。

彼らはすでにセミナーで学んだスキルを、3ヶ月ほど実践している訳ですから、当然のごとくストレスは浄化されて心が整いだしています。

それにより、自分に対する否定的な気持ちは浄化されて、自然と自分を尊重できるようになっているのです。自分自身を認められるようになっています。

すると多くの受講生が、はたと周りを見渡して気付くのです。

「あれ?自分らしさってなんだろう?」と。それはある意味とても自然なことかもしれません。

 

人が評価する今までの自分らしさ

なぜなら、今まではずっと自分を振り返る心の余裕もなく、目の前の出来事や周囲に翻弄されながら生活して来たからです。

そして周囲の人が語る自分を、自分なんだと思い込んできたのです。

それは周りから見て、あなたが出来ていると評価されている自分や、あなたが出来ていないと評価された自分です。

そんな周りの人からの評価をもとに、それが自分自身だと思い込んでいました。

それしか自分らしさを見定める方法が無かったのです。それはまるで、社会という鏡に映った、自分を見ているかのようです。

 

誰しも人から見た自分を受け入れる

あなたもそんな周りの人が語る自分像を、自分らしさだと思っていませんか?

例えば、友人が「あなたは几帳面ね」と言ったり、「真面目だね」といわれれば、自分は几帳面で真面目なところが在るんだと、素直に受け止めていませんか?

それは友達の基準で見た時のあなたの評価です。ですが、ほとんどの人がそんな周囲の人の言葉を受け止めて、自分はそういう存在なんだと思っています。

それは逆に「ダメな子ね」とか、「だらしない」という否定的な言葉についても同じで、自分はそういうものなんだと受け入れてしまうのです。

 

自分で決める自分らしさとは

自分で決める自分らしさとは

私たちは無意識に、人からの評価が自分への正当な評価だと思い込んでいます。それは人が評価する自分が、自分なんだと思い込んでいるのです。

 

誰もが他人からの評価を気にしている

人から認められる自分、人に認められない自分、どちらも間違いなく自分自身です。

ですが、後者の人に認められない自分では、評価が下がってしまうので、とても辛く耐えられません。

そんな評価の低い自分にはなりたくなくて、多くの人が必死になって気を配り、周囲に合わせて、理想的な周囲に認められる自分を作りだしています。

それは学校生活のでの通信簿や、会社での評価、周囲の人たちとの人間関係など、他人が決める評価であり「他人が決める自分らしさ」だからです。

 

自信が付くと「他人が決める自分らしさ」は消える

ですが私たちが、自分のストレスを浄化して心を整えていくと、自分に自信をもてるようになり、そんな他人からの評価は必要なくなります。

他の人からの評価を求めなくなることで、「他人が決めるあなたらしさ」は、自然と消え去っていくのです。

そして本来の素のあなた自身になって行きます。それは生まれたままの、資質が表現された素直な自分になるということです。

その段階で初めて「あれ?何が自分らしさなんだろう?」と、我に返るのです。

それは自分を評価する上で、他人からの評価やプログラミングが外れていった結果に起きる、自然な心の変化です。

 

自分を尊重できて初めて他人を尊重できる

だからと言って、自分に自信を持ち、自己評価が高くなって、自分を尊重できるようになることが、利己的になることではありません。

自分を尊重できることが、=自分勝手になるのとは違うのです。

人は自分を尊重できるようになると、心から周囲の人の個性や意見も尊重できるようになります。それはお互いの違いを認め合えるということです。

私たちの心は、本当の意味で自分を尊重できるようにならないと、心から他の人の違いを認められるようにはならないのです。

 

なぜ人は自分らしさを見いだせないのか?

なぜ人は自分らしさを見いだせないのか?

先ほどもお話ししたように、今でも多くの人は、周囲の人の目に映った自分を見て、それが自分だと思ってます。

周囲の人が自分に対して行った評価をもとに、自分とはそんな存在なんだと受け止めているのです。

 

人の評価を自分だと思うと不安定になる

では、なぜ私たちはそんな他人からの評価を、自分らしさと考えてしまうのでしょう?

その考え方では、周りからの評価が変われば、自己評価もそれに合わせて浮き沈みするので、気持ちはいつも不安定で、揺れやすく定まらないものです。

それにも関わらず、その方法でしか自分を評価できないのには、理由があります。

それは私たちが、いかにして生まれ、育ってくるかに影響しているのです。

 

自尊心が本当の自分らしさを育む

私は以前にこちらの「自尊心を高める方法!心理の専門家が自尊心が低い原因を解説」でも、そんな自分らしさの礎となる、自尊心の養い方について語りました。

自尊心とは、まさに自分を尊重する気持ちですから、その自尊心を養うことが出来れば、本当の意味での自分らしさを見出していくことができます。

ですが問題は、その自尊心の受け皿ともいえる、幼い頃の自己認識です。

幼い頃に、自分を認められる体験が無いと、自尊心の礎となる自己認識が得られないのです。

 

自分らしさを見出そうと思案する人のオーラ

自分らしさを見出そうと思案する人のオーラ

先日もオーラ診断を受けた方で、なかなか自分らしさを見いだせずにいた人が居ました。

 

自分を見定めようとする第4層のオーラ

彼は本来なら、自分を評価すべき第4層のオーラが、疑問や疑念などのストレスで満たされていたのです。

スピリチュアルな視点で見ると、まるで曇り空のようなエネルギーで全体が包まれており。

そのオーラを見ていくと、自分とは何者なのかという問い質すような彼の気持ちが、細かな粒子のように散らばっていました。

そう、彼は自分らしさを見出すために、様々な角度から自分を見定めようと悩み思案していたのです。

それは自分が何者なのかを、考えることで見定めようという、彼なりの試みでした。

 

見えてきた幼少期の両親との関係

そんな彼に足りなかったもの、それは幼い頃に認められるという体験です。

認められるというと、とても特別なことのように思うかもしれませんが、それは単に両親が彼を見て、彼の言葉を受け取り、それを返すというだけです。

彼の両親は、彼の言葉を聞くとそれを受け取らずに、自分の意見を彼に押し付けてきました。そこには彼の言葉を聞いて受け止め、尊重する気持ちがなかったのです。

それではまるで、無限に広がる暗闇を、ライトで照らし続けるのと同じです。いくら暗闇を照らし続けても、受け取るものがなければ、そこには光りが映し出されません。

何をしても自分を受け取ってもらえずに、自分の意見を言うことがとても空虚で、無意味なことのように感じていたのです。

 

人は間接的に自分を認識する

私たちはとかく、自分を直接的に認識するのが苦手です。

例えば、あなたは鏡を通して自分の顔を見ることが出来るでしょうが、鏡が無かったら自分の顔を見ることは出来ないでしょう。

暗闇の中を光で照らしても、写し出されるものが無ければ、その場所が暗闇のままであるように、私たちは何かしらに写し出される自分を見て、間接的に自分の存在を認識しているのです。

それと同じようなことが、心の世界でも、最初に自分を認識する段階で起こっています。

そしてその自己認識の上に積み上げられるのが、自尊心であり本来の自分らしさなのです。

 

”メンバーズブログ"

本当の自分らしさを見出す心理的な方法

本当の自分らしさを見出す心理的な方法

私たちが本当の自分らしさを見出すためには、どうすれば良いのでしょうか?

ここからは今までの話を振り返りつつ、本当の自分らしさを見出す心理的な方法をお話していきます。

 

最優先はストレスを取り除くこと

もしあなたが、自分らしさが見いだせずに、迷っていると感じるなら、最優先は今持っているストレスを取り除くことです。

私たちが自分らしさ見いだせずに、迷っている時は、ひとえにストレスが溜まって、気持ちが沈んでいる時です。

ですから、そんな時にはまずは、フラワーレメディなどを使って、具体的に対処してメンタルな疲れを浄化し、ストレスを取り除いていきましょう。

リバイバルレメディなら、モヤモヤしたストレスを浄化して、気持ちをスッキリとさせてくれますし、スクレランスを使えば、自分の意思を明確にし、迷いを取り除いてくれます。

補足説明
フラワーレメディは、500mlのペットボトルに水やお茶などの飲み物を入れて6滴入れましょう。(2種類なら3滴×2種類)マイアースでは、希望の方にフラワーレメディの利用法を配布しています。ご注文の際に、カートボタン上の「利用法&問診表 あり」を選択してご注文下さい。なお、フラワーレメディの詳しい利用法は、こちらの「【初心者向け】フラワーレメディの効果的な使い方<バッチシリーズ>」をご覧ください。
初めてのフラワーレメディ利用法付き

 

自分で自分を評価できるようになる

ストレスが浄化されたところで、次に取り組むのは、自分で自分を評価できるようになることです。

その為に必要となってくるのが、心を穏やかにして、自分の感覚やフィーリングに向き合い、自分の気持ちを認識してあげることです。

これは先ほどお話しした、自分を直接的に認識する方法のとなりますから、最初は難しいと思っても、意識的に取り組みましょう。

まずは自分が何を感じ、どう思っているのかを見定めることが、自分を評価するための最初のステップとなるのです。

 

自己承認で自分の気持ちを知る

そんな自分を認識して評価する方法の一つとして、おすすめなのが、こちらの「やる気が出ない心をスピリチュアルに回復させる方法<自分を認める自己承認>」でも紹介した、自己承認の方法です。

このブログでは、やる気の出ない気持ちを取り除く方法として紹介していますが、それ以外でも日常で感じている気持ちと、直接向き合うつもりで、利用してみてください。

例えば、今回の「自分らしさ」について行うのなら、「自分らしさが解らないと感じているところが在るな」という声掛けでOKです。

自分の今のフィーリングを、そのまま言葉にして心の中で繰り返すことで、自分の気持ちを承認して受け止めることが出来ます。

 

メンタルなセミナーでスキルを学ぶ

そして興味が在るなら、私か開催しているセミナーのように、メンタルヘルスに関するセミナーに参加して、自分の気持ちに向き合うのも、自己成長の役に立つでしょう。

これらのセミナーでは、自分の心の動きやフィーリングに直接向き合うことで、自分を尊重して自信を付けていく方法を学ぶことが出来ます。

最初の受講者のオーラでも申し上げた通り、人は誰しも本当の自分らしさを発揮する上で、今一度自分を見定めるような成長過程を通過するものです。

心理学者のユングはそんな時間を、「人生の正午」といって表現しました。

補足説明
人生の正午とは、ユングが提唱した言葉で、誰もが30代前後の年齢で、今一度人生の方向性を見直す時期に差し掛かるという期間。詳しくはこちらの「【自分の使命を知る方法】スピリチュアルな人生の使命を果たす生き方」でも紹介しています。

 

お問合せ

自分探しのスタートラインに立つとき

自分探しのスタートラインに立つとき

そんな自分らしさについて思いを巡らした時が、あなたが自分探しのスタートラインに立った時です。

そしてそこから一歩ずつ、自分のペースで踏み出していけば、そんなあなたの通った後に足跡が残っていきます。

 

あなたが歩む道があなたらしさになる

いずれそんな自信をもって、自分を尊重できるようになれたとき、あなたはもう自分らしさを探す必要はないでしょう。

人の言動で一喜一憂することも無く、自分の意思を明確にして、人生を歩んでいけるはずです。

あなたが今まで歩んできた道が、あなたの礎となり。

あなたがこれから歩んで行く道が、あなたらしさとなるのです。

 

↓ 次のページはこちら! ↓

自分を大切にすることと、人を大切にすることは両立できないのか?

 

 

編集後記など1分1言動画

井上直哉のオフィシャルブログをご覧いただき、ありがとうございます。ブログをご覧いただいたあなたに、こちらの特別なレポートを無料でプレゼントします。

『人間関係を劇的に癒す方法【実例紹介】』
使えばすぐに特定の相手との人間関係を変えられる改善法で、会社、学校、家族、恋人相手でも簡単に使うことが出来る実践的な方法です。

『豊かさのオーラの秘密【実例紹介】』
お金に関するオーラ診断から垣間見えた過去の記憶とは?私たちが無意識に持っているお金に関するブロックが見えてきます。

ブログの更新通知を受け取りたい方も、こちらのレポートをダウンロードして下さい。井上の天然コラムなどもメールでお届けします。

 

最新のお知らせ
人生をポジティブにしたい人のメンタルヘルスセミナー
心を癒す魔法の言葉セミナー東京201611
心を癒す魔法の言葉セミナー
心をポジティブにする方法を学び習得するためのセミナー
■開催日程:2018年6月2日、7月7日
■開催場所:東京、会津 / 受講料:12,000円

スポンサードリンク
 

『自分らしさ』とは?オーラから見た意味をスピリチュアルに解説

悩みをお持ちで、心の癒しと成長を望まれる方へ

 

 お持ちの悩みについて、心を癒し改善することは、あなたが思いつめているほど、実は難しいことではありません。

 心が癒されることで、あなたの周囲の人間関係には、自然と変化が起こり、もっと安心して自分らしく、人生を生きれるようになります。ご心配のことがあれば、まずは無料相談から、お問い合わせください。

お問い合わせ&無料相談