トラウマとは何か?トラウマ(心的外傷)を克服する方法【完全解説版】

トラウマとは何か?トラウマ(心的外傷)を克服する方法
The following two tabs change content below.
オーラアドバイザー 井上直哉

オーラアドバイザー 井上直哉

オーラと心理療法の専門家
 現実的なスピリチュアルをモットーに、日頃の生活で感じている気付きや学びをブログで紹介しています。『心を癒す魔法の言葉®』を世界中の人に伝えることを、人生の目的として活動中。最近始めた趣味は料理。Myレシピは「餡かけチャーハン」。詳しいプロフィールはこちら
読者プレゼント お問合せ&無料相談
 サービス内容

こんにちは。
オーラアドバイザー 井上(@my_earth_naoya)です。

心理療法の専門家として活動している私としては、トラウマ(心的外傷)は当然のごとく使う、表現であり言葉です。

でもあなたは、その言葉の意味や、なぜ人がトラウマを負うのか、その原理がお解りになるでしょうか?

今回の記事ではそんな、トラウマ(心的外傷)について、初めて耳にする方にもわかるように、丁寧に説明していきたいと思います。

この記事を読めば、なぜ人はトラウマという心の傷を負ってしまうのか、そしてトラウマを癒し克服するためには、どうすればいいのかが、解ることでしょう。

 

 

スポンサードリンク

トラウマ(心的外傷)とは?

トラウマ(心的外傷)とは?

まずは、そもそもトラウマとは、何を意味するのか?そんな初歩的なところから、話を始めていきましょう。

ここではまず、Wikipediaの内容を紹介した上で、かみ砕いて説明していきます。

 

Wikipediaにおけるトラウマの解説

まずは恒例のWikipediaの内容から、見ていきましょう。

心的外傷(しんてきがいしょう、英語: psychological trauma、トラウマ)とは、外的内的要因による衝撃的な肉体的、精神的な衝撃を受けた事で、長い間それにとらわれてしまう状態で、また否定的な影響を持っていることを指す。

trauma(トラウマ)は、古代ギリシア語で「傷」を意味します。オーストリアの精神医学者ジークムント・フロイトによって、精神的な外傷を意味する言葉としてトラウマが用いられたことで、現在では心的外傷を意味する言葉として使われています。

心的外傷が突如として記憶によみがえり、フラッシュバックするなど特定の症状を呈し、持続的に著しい苦痛を伴えば、急性ストレス障害であり、一部は1か月以上の持続によって、心的外傷後ストレス障害(PTSD)ともなりえる。

Wikipedia引用:心的外傷(トラウマ)

要約すると、突然の事故や衝撃的な体験によって、精神的にその記憶に捕らわれてしまう状態です。

そしてその結果、その後の日常で、その体験が原因となる、何らかの影響を受けている状態のことを示します。

 

心的外傷後ストレス障害(PTSD)とは

トラウマ(心的外傷)とは、そのショックを受けた過去の経験を指したり、その体験が原因となって起こる問題を、心に持っていることを示します。

そしてそのトラウマが影響して起きる、精神的な苦痛を心的外傷後ストレス障害(PTSD)と言います。

このPTSDについても、ここでWikipediaの内容を引用して、確認しておきましょう。

心的外傷後ストレス障害(しんてきがいしょうごストレスしょうがい、Post Traumatic Stress Disorder、PTSD)は、命の安全が脅かされるような出来事(戦争、天災、事故、犯罪、虐待など)によって、強い精神的衝撃を受けることが原因で、著しい苦痛や、生活機能の障害をもたらしているストレス障害である。心的外傷(トラウマ)には事故・災害時の急性トラウマと、児童虐待など繰り返し加害される慢性の心的外傷がある。

Wikipedia引用:心的外傷後ストレス障害

 

トラウマ(心的外傷)について要約すると

これらのWikipediaから得られた情報をもとに、心理療法の専門家として、私がかみ砕いて要約するとこうです。

トラウマ(心的外傷)には、大きく2種類のタイプがあります。

1つは過去に起きた衝撃的な出来事が、脳裏に焼き付いてしまい、その後の生活で何らかの影響を与える「急性トラウマ」

そしてもう1つは、幼い頃の生活環境における、虐待や無関心、いじめなど、何度も繰り返される精神的な苦痛により、心に残ってしまった「慢性トラウマ」です。

どちらにも言えることは、何かしらの過去の体験が原因で、心が傷を負うことを意味します。

 

トラウマ(心的外傷)の原因となる心の傷とは

ではここで言われる「心の傷」とは何でしょうか?

それは、無意識に感情を抑制することで、表現できなかった感情を、心の奥に留める行為であり、それによって起きる精神的なストレスです。

本来なら、何かのショックを受けた際に、その「怖さ」や「不安」とされる感情を、その場で表現できれば、その感情は解放されて心に残ることは在りません。

ですがその出来事が、あまりにも瞬間的に起きてしまったり、感性的に繰り返されることで、表現できないまま、心の中に残ってしまいストレスとなるのです。

そして胸が苦しいとか、息苦しい落ち着かない深い落ち込み慢性的な不安感などの、身体的及び心理的な問題となり影響します。

 

スポンサードリンク

心にトラウマが残る原理

心にトラウマが残る原理

なぜ私たちの心には、トラウマとしてのショックが残ってしまうのでしょうか?

そんなトラウマとして感情が心に残る原理を、ここからは詳しく説明していきます。

 

感情は筋肉によって留められている

以前に、トランスパーソナル心理学の権威の方の、ワークショップに参加したことが在ります。

その方はトランスパーソナル心理学を、海外から日本に紹介した翻訳家であり、心理セラピストでもありました。その彼が、こんなことを言っていました。

 

<トレーナー>
感情のエネルギーは、筋肉の中に留められているのです。だから肉体にアプローチして、筋肉を解きほぐすことで、感情のトラウマが解放されます。

 

そのワークショップでは、実際に何人かのグループで、意図的に感情的になり、怒りを爆発させるワークをおこなったり、ホロトロピック・ブレスワークといわれる、意識を変性意識状態へと導くワークをおこないました。

それにより、それぞれが持っているトラウマを強力に癒していったのです。

 

トラウマは筋肉の中に残っている感情

彼の言葉にもあるように、私たちのトラウマとされる、過去に留められた感情は、エネルギー的なシコリとなって、身体の中に閉じ込められています。

例えば肩がこるとか、胸が痛いとか、身体の各所に感じる違和感には、感情のエネルギーが宿っているケースが多々あります。

これは人のオーラを見る手法を使って、身体の違和感をチェックしていけば、具体的に特定できる感情であり、その違和感の多くには、過去の記憶とともに、その時解放できなかった感情が宿っているのです。

このことから言えることは、私たちの筋肉が、トラウマを身体の中に留めさせているという結論です。

 

急性トラウマが身体に残る原理

例えば、交通事故などのショッキングな場面に、遭遇した時のことをイメージしてみてください。

誰もが瞬間的に身体の筋肉を硬直させて、身構えるように緊張するでしょう。それと共に、無意識にその時感じていた感情を抑えて、我慢しようとします。

まさに「息を呑む」という言葉があるように、私たちは無意識に自分が吐き出すべき、怖さや恐れの気持ちを、抑え込んで飲み込んでしまうのです。

それが身体の中に、感情を留める行為となります。無意識に筋肉を硬直させることによって、感情を抑え込んでいるのです。

 

慢性トラウマが身体に残る原理

そして例えば、学校などでいじめにあい、悔しい気持ちを感じている場面を、イメージしてみてください。

きっとあなたは掌をグッと握りしめて、その口惜しを我慢して、打ち震えていることでしょう。もしくは、泣きたい気持ちを我慢して、歯を食いしばっているかもしれません。

やはり、そんな身体を強張らせて、感情を我慢している時に、心の中へと感情が留められていくのです。それも筋肉を硬直させて、自分の気持ちを押留めていく行為です。

そんな我慢が幾度となく繰り返されることで、急性トラウマのような突発的な影響でなくても、慢性的なトラウマとなって心の中に溜まっていくのです。

 

我慢することがトラウマの原因となってしまう

急性トラウマも、慢性トラウマも、どちらも筋肉を緊張させることによって、感情を我慢して押留めることが、トラウマの原因となります。

それは瞬間的に我慢するか、慢性的に我慢し続けるかの違いであって、結果的にはどちらも、同じことをしているにすぎません。でもだからといって、我慢することが全てトラウマになる訳ではないのです。

急性トラウマは、事故や災害のような、大きなショックの時にトラウマとなりますし、慢性トラウマは、耐えるような我慢を、幾度となく繰り返すことで、心に積もっていくトラウマです。

我慢することすべてが悪い訳ではなく、あまりにも強いショックと、慢性的に繰り返す我慢が、トラウマになってしまい易いのです。

 

トラウマを克服する実例

トラウマを克服する実例

ここからは、トラウマを克服した実例記事を、いくつか紹介していきます。

一言でトラウマといっても、本当に色々なケースがありますから、この紹介するケースを、参考までにご覧いただければと思います。

 

忘れられている幼少期のトラウマ

幼い頃の家庭環境が原因のトラウマは、時に記憶と共に、忘れ去られていることがあります。

時折相談に来る方の中にも、「子供の頃の記憶がない!?幼少期のトラウマの解消法と心理セラピーの実例」で紹介したように、子供の頃のことを、殆ど覚えていない方がいます。

このような場合は、心理療法を進めていく上でも、特に注意が必要で、幼少期の記憶が、自然と思い出せるように、取り計らっていくのです。

もともと、記憶から意図的に消し去ることで、耐えられなかった辛さや悲しみを押し殺して、自分を守っているので、無理やり思い出させるようなことは出来ません。

セラピーを通じて自然と心が緩んで、過去のことを思い出すとともに、トラウマを克服できるように促していくのです。

 

オーラ診断から解るトラウマの影響

オーラ診断などで、クライアントのオーラを見ることにより、その人の心が抱えている、過去のトラウマを読み取り、癒していくことが出来ます。

こちらの「フランキンセンス精油(アロマオイル)のトラウマを癒す効果【実例紹介】」でも、そんな幼い頃の虐待の影響について、オーラの状態からそのトラウマの克服法を紹介しています。

特に女性の性に関するトラウマは、その人の自尊心と直結するので、体調を崩すなど、大きな影響を受けていることが多々あります。

こちらのケースのように、フランキンセンスの精油で穢れを祓うことにより、自己嫌悪感として影響する性的なトラウマを克服できるので、特にスピリチュアルやアロマが好きな方にはお勧めです。

これらのトラウマは、比較的子宮や生理に影響が出やすいので、早めに癒すように心掛けましょう。

 

 

過去の恋愛が原因となるトラウマの影響

私はこのブログの中で、何度もお話ししていますが、恋愛とはとても感情的なものです。

だからこそ、時には恋愛でトラウマを負ってしまうことも、当然のことだと言えるでしょう。

とかく恋愛に関するトラウマは、女性に多いものですが、「過去の恋愛のトラウマを克服する!傷ついた心を癒す方法」でお話したように、無意識の反射的な行動となって、その後の恋愛に影響することがあります。

これは相手が浮気や不倫に走り、そのショックや苦しさから、心に留めてしまうことが多いのです。

ですから、もしそんな体験がるのなら、自分が持つ男性へのイメージを、今一度見直してあげることも必要かもしれません。

 

 

トラウマが原因となる男性への恐怖心

そして時には、トラウマが原因で異性への恐怖心を持てしまう女性もいます。

男性への恐怖心は、理性的に対処しようとしても難しく、本能的に身体が反応してしまうものです。

以前にも「恋愛のトラウマで男性を怖いと感じる人の克服法」で、そんな女性の傾向と、恐怖感に関するトラウマの克服法を、詳しくお話ししましたが、こうなると恋愛どころの問題ではありません。

日常的に支障をきたしている問題ですから、具体的に対処していく必要があります。

 

 

スピリチュアルな前世のトラウマの影響

私はオーラ診断や、前世療法をセラピーとして実施しているので、時には前世のトラウマといえる事象に、出会うこともあります。

この前世のトラウマについては、その影響と克服法を「前世のトラウマの影響を克服する方法 スピリチュアルで大切なこと」でも紹介しました。

この中でも語るように、普通に生活していれば、前世のトラウマの影響を受けることは殆どありません。

ですが中には、興味本位でスピリチュアルなワークに傾倒して、気が付けば地に足がつかず、夢見心地で現実を歩んでいるような方もいます。

そんな時には特に注意が必要です。

 

 

”メンバーズブログ"

トラウマを克服する方法

トラウマを克服する方法

さあここからは、具体的にトラウマを克服する方法を、紹介していきましょう。

もうトラウマが心に宿る過程は、理解できたわけですから、それを念頭において、克服する方法を見ていきましょう。

 

肉体からトラウマを癒し克服する方法

先にも説明した通り、トラウマとは筋肉の緊張により、心の中に留められた感情です。

その感情を解放することで、トラウマが癒されるのですから、まず解り易い方法は、肉体をリラックスできるようになることです。

それはダイレクトに、肉体のコリや緊張をときほぐして、肉体を整えること、特に整体やカイロプラクティク、アロマトリートメントや鍼灸など、身体に触れて直接整えていく方法がお勧めです。

肉体の健康は=心の健康に繋がるものですから、その点を意識して、日頃の生活習慣を見直していくことも大切です。

 

 

失恋のトラウマを音楽で克服する

音楽でトラウマにアプローチして克服する方法は、意外と多くの方が無意識に行っていることです。

その最たるものは、失恋のトラウマを「失恋の曲で癒す」方法です。

女性の中には悲しい時には、それと共感できる音楽を聴く人が、意外と多いと思います。私の年代は失恋したら松任谷由実の曲を聞いて、とことん感情に浸る人がいました。

この自分の持っている感情と、共鳴できる音楽、その気持ちを表現している音楽を聴いて、その感情に浸ること、実はこれがとても効果的な癒しになるのです。

流し切れていない悲しみを、音楽を通じて流し切ってしまうことで、失恋がトラウマとして残りません。

 

心の静けさでトラウマを克服する方法

ヨガや瞑想など、身体と心の静けさを実現するワークでリラックスして、トラウマを克服するのも良いでしょう。

例えば、学生時代の授業中に寝ぼけて夢を見て、どこからか落ちる夢で、ガクッ!っと身体が驚いて起きること、きっとあなたも経験ありますよね。

そんなリラックスして、身体がビクッと反応する時には、同時に何かしらの身体に留めていた感情が、解放されています。それはまさに、トラウマとして残っていた感情が放出されて、癒されることで起きる現象なのです。

ヨガや瞑想をおこなえば、自然と心と身体はリラックスして、同じような心の自然治癒力が働きます。そんな穏やかな方法で、トラウマを克服してくことも良いですよね。

 

フラワーレメディでトラウマを克服する

もっと具体的に日常で実践していきたいなら、フラワーレメディを活用して、過去のトラウマを克服することもお勧めです。

フラワーレメディの中には、2つの過去のトラウマを癒すレメディがありますが、それぞれ効果が異なるので、こちらを参考に選んでみてください。

  • スターオブベツレヘム:精神的なショックや、押し留めていた感情を癒します。身体が無意識に反応する場合はこちら。
  • ハニーサックル:過去のことや、過去の人が何度も思い浮かび、その過去に翻弄されたり、気持に浸って抜け出せない時はこちら。

あまり日常に支障をきたしている方は、リバイバルレメディを一緒に使うと、なお結果が早く出るでしょう。

補足説明
 フラワーレメディを使用するなら、500mlのペットボトルに水やお茶などの飲み物を入れて、レメディを6滴(2種類は3滴×2)入れましょう。マイアースでは、希望の方にフラワーレメディの利用法を配布しています。ご注文の際に、カートボタン上の「利用法&問診表 あり」を選択してご注文下さい。なお、フラワーレメディの詳しい利用法は、こちらの「【初心者向け】フラワーレメディの効果的な使い方<バッチシリーズ>」をご覧ください。
初めてのフラワーレメディ利用法付き

 

お問合せ
スポンサードリンク

あなたがトラウマを克服するために

あなたがトラウマを克服するために

ここまでいかがでしたか?

トラウマ(心的外傷)という言葉の意味から、人がトラウマを心に負う原理、そしてその克服法までを、順を追って解説してきました。

 

トラウマは瞬時に癒される

トラウマとは、身体の内部に留めている感情ですから、それを体外へと解放できれば、トラウマは瞬時に癒されるのです。

私が行っている、心理療法前世療法では、トラウマとして留まる感情を、短時間で解消するワークを行うので、劇的にトラウマを克服される方もいます。

肉体の外傷とは違い、心の傷であるトラウマは、瞬間的に癒すことが可能なのです。

トラウマとは、心理的には感情であり、肉体的にはコリであり、スピリチュアルには見れば滞ったエネルギーといえます。

 

自分のペースで無理なく取り組んでいきましょう

そんなトラウマが原因で、私たちは日常の人間関係で悩み、苦しんでいます。

もしあなたも、自分にトラウマがあり、それを克服したいと望むなら、まずは出来ることから始めてみてください。

自分のペースで時間を掛けて、ゆっくりと取り組んでも良いですし、専門のセラピストのもとで、積極的に取り組んでも良いでしょう。

そしてもし、私のもとで取り組んでいきたいと思ったなら、一度「お問い合わせ&無料相談」から問題をご相談ください。

きっとそのトラウマは、あなたが思われているよりも、容易に克服できるでしょう。

 

人生は全て自分次第で流れていく

でもあなたが、自分を癒していこうと、心に決めて歩き出さない限り、だれもあなたを癒すことはできません。

幸せに成るのも、不幸のままでいるもの、全ては自分しだい。厳しいようですが、それが私が多くの人と出会って感じた、人生における真実です。

ですから、あなたが自ら幸せに成ることを望み、一歩ずつ歩み出せば、おのずと幸せな人生へと近づいていきます。

いいですね、幸せは待っていてもやってきません。自ら望み手にするものなのです。

 

↓ 次のページはこちら! ↓

サイコセラピーや心理カウンセリングの選び方と受ける際の注意点【実例紹介】

 

 

編集後記など1分1言動画

井上直哉のオフィシャルブログをご覧いただき、ありがとうございます。ブログをご覧いただいたあなたに、こちらの特別なレポートをプレゼントします。

『人間関係を劇的に癒す方法【実例紹介】』
使えばすぐに特定の相手との人間関係を変えられる改善法で、会社、学校、家族、恋人相手でも簡単に使うことが出来る実践的な方法です。

『豊かさのオーラの秘密【実例紹介】』
お金に関するオーラ診断から垣間見えた過去の記憶とは?私たちが無意識に持っているお金に関するブロックが見えてきます。

 

最新のお知らせ
心を癒す魔法の言葉セミナー東京201611
心を癒す魔法の言葉セミナー開催情報
<開催: 東京 8/19(土) : 会津 10/21(土)>
→ このセミナーは今のあなたが望む未来を実現します。
家庭をもって輝いて生きたい女性はこちら
結婚で幸せを掴みたい独身女性はこちら
ポジティブな人生に好転したい人はこちら
人生で自己実現を目指す男性はこちら

スポンサードリンク
 

トラウマとは何か?トラウマ(心的外傷)を克服する方法

悩みをお持ちで、心の癒しと成長を望まれる方へ

 

 お持ちの悩みについて、心を癒し改善することは、あなたが思いつめているほど、実は難しいことではありません。

 心が癒されることで、あなたの周囲の人間関係には、自然と変化が起こり、もっと安心して自分らしく、人生を生きれるようになります。ご心配のことがあれば、まずは無料相談から、お問い合わせください。

お問い合わせ&無料相談

自己実現を目指すなら↓↓↓

深遠なるスピリチュアルの世界へ 【メンバー限定ブログ】

 

メンバーズブログ-01

<メンバーズブログ記事の一部>
・なぜ人は転生するのか?
・天使の選択、人の選択
・自信を養う王道
・経済的に豊かになる秘訣
・強制的に幸運を招き寄せる


・願いを叶える祈りの方程式
・有限の愛と無限の愛
・人生の目的の見つけ方
・お金を引き寄せる方程式
・覚醒するための道のり

メンバーズブログでは、私自身が学び成長する過程で知り得た、さらに深遠な気付きや、スピリチュアルな体験について限定公開しています。あなたが自らの存在意義や人生について考え、成長したいと望まれるならご参加ください。