休日や家で過ごすプライベートで仕事を忘れて考えない方法

休日や家で過ごすプライベートで仕事を忘れて考えない方法
The following two tabs change content below.
Avatar photo

井上直哉

心理とスピリチュアルの専門家
1989年大学に進学中に独自に体外離脱の研究を行い、自ら離脱体験をもつ。医療機器メーカーに就職後、2001年に心理療法家として独立。3,000人以上のセラピー実績を持ち、年間20回以上のセミナーを全国で開催。2010年に株式会社ヒーリングアースを設立。現在では経営の傍ら個人セッション及びセミナーをこなしながら執筆活動に励む。オフィシャルブログは年間300万人が訪れる。
人気記事 プロフィール お問合せ

こんにちは。
心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉です。

今日のブログでは、仕事とプライベートを、切り分けて過ごすためのスキルをご紹介します。

私は、産業カウンセラーとしても活動していますが、自分が会社に勤めていたころには、この方法を使って、仕事とプライベートを区切っていました。

仕事は仕事で集中して、プライベートは仕事のことを忘れて、自分の余暇としての休日を過ごすのです。

それにより、仕事での能率は上がりますし、仕事上でのストレスを、プライベートに引きずらずに済みます。今回紹介するのは、そんなプライベートで仕事を忘れる方法です。

真面目な人ほど、今回のスキルを実践して、家で仕事のことを考えないように、取り組んでいただければと思います。

 

無料プレゼント

仕事は一時的に忘れることが必要

仕事は一時的に忘れることが必要

私が会社に勤務していた頃の、基本的なスタンスは、仕事は仕事、プライベートはプライベートで別けることです。

それは具体的に言うなら、プライベートで過ごしている時には、仕事のことや、仕事上の人間関係については全て忘れて、休日を過ごすようにしていました。

 

仕事を「考えない」ではなく「忘れる」こと

もう少し厳密にいうなら、会社を一歩出たら、意識を切り替えていたといえます。その瞬間から、意図的に仕事のことは全て忘れる様にしていました。

そしてその代わりに、会社に一歩踏み込んだら、プライベートのことは忘れ、仕事に集中するのです。

それだけ、気持ちにメリハリのある生活を送ることを、心掛けていました。

ポイントは、「仕事のことを考えない様にする」ではなく、「仕事のことを忘れる」ことです。

 

プライベートでも仕事を考えていないか?

きっとあなたは、仕事に集中することは、出来ているかもしれません。

言うまでもなく、会社にいれば、仕事に意識を向けられているでしょうし、業務に専念することはできているでしょう。

でももしかしたら、家でのプライベートの時間にも、仕事のことが頭をよぎって、仕事のことばかり考えていませんか?

気が付けば、いつまでも頭の中は仕事モードが続いてしまい、プライベートモードへと、意識を切り替えることが、出来ずにいたりしませんか?

 

心と頭だけが24時間、年中無休

仕事上のやるべきことや人間関係などは、どうしても頭に残りやすく、それを意識から取り除くことは、なかなか難しいものです。

その結果、ほとんどの人は会社を出ても、仕事をしているような雰囲気を引きずってしまい、仕事とプライベートの区分けを付けられずに、休暇も過ごしています。

それでは、折角の休日なのに、いつまでたっても仕事を忘れることができず、頭の中で常に仕事をしているのと、同じだといえるでしょう。

心と頭だけが24時間、年中無休で働いているのと変わらないのです。

 

心と頭が過労死しかねない問題

その状態でも、身体は多少は休むことは出来るでしょうし、食事から栄養も取れますから、肉体面では何とか健康は保てるかもしれません。

ですが心と頭は、「休息」も「栄養」も取らずに働き続けています。それこそ、心と頭が過労死しかねない、由々しき問題だといえるでしょう。

そんな状態では、多くの方が仕事で鬱になり、心を病んでしまうのは当然のことかもしれません。

心と頭が疲れ果ててしまい、一歩も前に進めなくなってしまうのです。

 

<井上のワンポイント>

もうお解りのように、いわゆる鬱とは、心と頭が過労により、動けなくなってしまう状態なのです。

ですから、今のうちにシッカリと、心と頭も休息を取れるように、仕事を忘れる方法を身に付けましょう。

 

魔法の言葉セミナー

仕事のストレスが頭に残りやすい理由

仕事のストレスが頭に残りやすい理由

ではなぜ、仕事のことや仕事上の人間関係は、心や頭に残りやすいのでしょう。

そして、そのことばかりが常に意識に浮上して、考えてしまい易いのでしょうか。

 

真面目な人ほど仕事のストレスが手放せない

それはひとえに、あなたが「真面目」に仕事に取り組んでいるからです。ちょっと考えてもみて下さい。

多分「不真面目」な人は、仕事と休日との切り替えが、間違いなく出来ています。

家で仕事のことなんて、考えていないはずです。休日は余暇を楽しんでおり、仕事のことを考えることは、ほとんど無いでしょう。

それに、もし思い出したとしても、出社してからやればいいと、すぐに忘れられることでしょう。仕事は仕事、プライベートはプライベートと割り切れるはずです。

 

なぜ「真面目」だと仕事のストレスが頭に残るのか?

では「真面目」だと、なぜ仕事のことが忘れられないのか?

それは、そこに「感情」や「拘り」があるからです。例えば、仕事上の責任感、人間関係での不安など、感情や思い入れがあるからです。

元々私たちの記憶は、強い感情が在るものほど、意識に残りやすいと言えます。そして思い出すことで、感情やストレスを癒そうとする傾向があります。

ですから、仕事に「感情」や「思い入れ」が入れば入るほど、思い出しやすくなり、そこから抜けられなくなるという、ジレンマにはまってしまうのです。

そして真面目な人ほど、仕事に熱意や思いを込めやすいので、ストレスを感じやすく、忘れにくくなってしまうのです。

 

真面目に仕事をするのは良いこと

あなたが真面目であることは、会社にとってもあなたにとっても、本当はとても良いことです。

会社にとっては、まさに人財といえる社員でしょうし、あなた自身にとても、仕事への遣り甲斐や充実感を、与えてくれることでしょう。

ですが、真面目な人であるが故に、心と頭が疲れきってしまうのなら、それは逆効果だといえます。

それでは会社もあなたも、お互いに大変な思いをするだけなのです。

 

<井上のワンポイント>

私は以前に、そんな精神的にお休みが取れない人についても、こちらの「疲れたからゆっくりと休みたいのに休めない人の改善法」で、その実例を紹介しました。

 

仕事を引きずらない意識の切り替え方

仕事を引きずらない意識の切り替え方

まずは、なぜ会社を出たら、仕事を忘れる必要があるのか、その理由や考え方を学び、仕事とプライベートを、意図的に別ける必要があることを、理解しましょう。

 

1、仕事とプライべートは寝起きと同じ

仕事とプライベートとの関係は、私たちの寝起きと似たような関係です。

ここまでも話してきたように、私たちが起きている時は身体を使って活動し、寝ている時には身体を休めているように、心と頭にも休息が必要です。

そこで仕事中が「心と頭の活動時間」で、プライベートが「心と頭の休息時間」と意図的に意識してください。

ですから、休息時間であるプライベートでは、心と頭にストレスのかかる仕事のことは、一切考えないと決めるのです。

 

2、仕事のことを考えないために忘れる

考えようとしなくても、無意識にそのことが思い浮かんで、気が付いたら考えてしまっていた。そんなことは良くあることです。

そこで考えないために、事前に仕事のことを「忘れる」必要があります。

私たちは元々、記憶することを幼少期から訓練されてきましたし、それが成績として評価されてきました。ですから記憶することは、とても得意なのです。

でも、トップクラスの実業家が、ストレス解消のために、日常に瞑想を取り入れる様に、「忘れること(雑念を取り除くこと)」は、実はとても大切な作業だといえます。

それは、時折パソコンを再起動して、メモリを解放するのと同じ理屈で、私たちもその方が、心をリセットして行動できるようになるのです。

 

<井上のワンポイント>

プライベートで浮かんでくる仕事の内容は、まさに「雑念」でしかありません。

休日に家にいる時は、仕事のことを忘れたいと思うなら、その点はシッカリと認識しましょう。

 

3、思い浮かぶ仕事が雑念な理由

あなたはこんな経験ありませんか?

ボーっと同じことばかりをリピートして考えており、そこからなかなか抜けられない。さっきまで仕事のことを考えていたけど、何のことだっけ?

私たちが考えを深める為には、何かしらのアウトプットが必要です。考えたことや思い浮かんだことを、紙やホワイトボードに整理して、書き留めていくことが必要なのです。

ですが、プライベートでは何も書き出さずに、いつも頭の中だけで考え続けてしまいます。するとその考えは常にまとまらず、生産性が無いまま、同じことばかりを考え続けてしまうのです。

プライベートで仕事のことを考えても、身体が会社に居る訳ではないので、仕事は何も進みません。それに何度も考え続けることで、返ってストレスを蓄積してしまうのです。

 

4、仕事のマンネリ感を解消する

あなたがプライベートで仕事を忘れることは、仕事に新鮮な刺激や感動を呼び起こします。

例えば、一度見たことがある映画、2度目に見た時にストーリーを覚えていたら、面白くもありませんよね。

でも、内容をほとんど忘れていたら、見返した時に再び感動したり、新鮮な楽しさを味わえます。それと同じです。

仕事のマンネリ感を解消し、いつまでも仕事を新鮮に楽しむためには、プライベートでは忘れている必要があるのです。

 

仕事のストレスを解消する「仕事を忘れる方法」

仕事のストレスを解消する「仕事を忘れる方法」

ここまでは、なぜ仕事を忘れた方が良いのか、詳しく説明してきました。

あなたがどんなに真面目な人でも、ここまでの内容をご覧いただければ、プライベートでは、意図的に仕事を忘れる必要があることが、理解できたと思います。

それではここからは、その仕事を忘れる方法を具体的にお話ししましょう。

 

1、仕事は「記憶」せずに「記録」する

仕事のストレスを解消するために一番大事なことは、退社直前に翌日やるべき仕事の内容や、自分が覚えておかなくてはいけないことを、書き記すことです。

あなたはきっと、自分のスケジュールは管理していると思いますが、それ以外に、自分がやるべきことを箇条書きで、書き出しておく必要があります。

書き出す内容は、仕事のことを全て忘れてしまっても、そのメモさえ見れば、すべて思い出せるように書き出すのがポイントです。

基本的には、キーワードになる言葉や、内容を簡単に書き留めて置けば、翌日はそこから再スタートできるでしょう。

 

2、仕事とプライベートの「境界線」を決める

もうあなたは、「記憶」しておくべきことを「記録」したので、後は全て忘れてしまっても、翌日そのメモを見ればすべて思い出せるはずです。

そこで、仕事とプライベートを分ける「境界線」を、明確に決めます。

この境界線を越えた時、あなたは仕事のストレスから解放されるという、明確なラインを決めるのです。

私の場合は、会社の敷地を出たらプライベート。敷地に入ったら仕事と決めていました。ですから、会社の敷地を出たら、意識的にすべて忘れる様に心掛けていました。

これには、具体的な「境界線」が必要です。会社の建物を出たらとか、タイムカードを押したらなど、具体的であればあるほど、良いといえます。

 

3、心の世界でも会社を出る

次に、あなたの身体が「境界線」を越え退社しても、あなたの心と頭は、なかなか会社から出れていないことが多々あります。

プライベートでも仕事のことが思い浮かぶ人は、特にそうです。そんな方は、心の中でも会社の建物から、シッカリと退社しましょう。

ここでは簡単なイメージワークを行います。

  1. 会社の前で社屋を眺めている自分を思い浮かべる。
  2. 社屋の前に、身近な上司や同僚など仕事関連の人を思い浮かべる。
  3. イメージの中で、社屋とその人たちが見えなくなるまで、そこから離れる。

以上です。

まずは「何となくこんな感じかな。」という程度でいいので、実践してみて下さい。

 

<井上のワンポイント>

特に職場の人間関係で悩んでいて、そのことばかりを思い出すなら、こちらの「職場の人間関係で悩む女性のスピリチュアルな原因とすぐに役立つ改善法」を参考にしてください。

 

4、仕事のことが思い浮かんだらメモる

1から3までのステップを実行しても、まだ仕事のストレスが残っていると、時には仕事でやらなくてはならないことが、プライベートで思い浮かびます。

そんな時には、翌日会社に行くまで忘れても大丈夫なようにメモりましょう。

今はほとんどの人が、スマホを携帯していると思いますので、スマホのメモ機能に書きこんでおくか、スマホのメール機能で、仕事で使っているメールアドレスへ連絡事項として送ってしまうのです。

くれぐれも、プレイべートで覚えている必要が無いように、しておくことが大切です。

 

<井上のワンポイント>

ポイントは、会社に行って仕事を始める時に、自然と思い出せるようにすればOKです。

そうすれば、休日に家で過ごしていても、安心してその仕事のことを、忘れることができます。

 

5、ストレス解消法を習慣化する

この仕事を忘れて、ストレスを解消する方法を実践しても、最初の頃はプライベートでも、まだ頻繁に仕事のことが思い浮かぶでしょう。

でもそれは、この一連の作業を習慣化することで、自然と変わっていきます。ですから「モグラ叩き」のように、こまめにメモるようにしていきましょう。

それが仕事のストレスに縛られない、有意義なプライベートを与えてくれます。

そしてその頃には、仕事でも楽しんで、実力を発揮できるようになるでしょう。

 

自分で仕事のストレスを解消する方法

160428serious-06

ここまでは、私が以前に行なっていた、仕事を忘れる方法を詳しく解説してきました。今では心理の専門家となった私が見ても、この方法はとても効果的です。

ではここからは、疲れて気力を失っている人が、自分で対処できる改善方法を紹介しておきましょう。

 

疲れ果て気力を失っている人へ

あなたが、ここまで説明してきた対策を実践すれば、休日には仕事を忘れることができ、プライベートとのメリハリが付くでしょう。

ただ現在、そんな気力も失い、なかなかやる気が起きないという方のために、フラワーレメディで、活力を取り戻せる方法を紹介しておきます。

フラワーレメディは、イギリス発祥の花の朝露を利用した心理療法ですが、自然由来のもので、安心してご利用いただける製品です。

何よりも、自分で簡単に出来る取り組みですから、精神的な疲労感が強いのなら、まずは試すつもりで使ってみて下さい。

 

仕事のプレッシャーを癒して活力を呼び戻す

気力を取り戻し、仕事をこなすための意欲を呼び覚ますなら、お勧めのレメディは、エルムホーンビームです。

この2種類をブレンドして使えば、これまでに溜まっている仕事を整理して、こなしていくだけの活力を与えてくれます。

現在停滞気味の人でも、さほど掛からずに気持ちが切り変わり、物事を進めていく意欲が湧いてくるでしょう。

その精神的な変化は、仕事だけに限らず、あなたがプライベートを楽しむためにも、役立ってくれます。

 

仕事のことばかり考えすぎて眠れない人へ

もしあなたが、仕事のことを忘れられずに、いつも考えてばかりいて、なかなか寝つけなかったり、寝ても眠りが浅く、疲れが取れないと感じるなら。

まずは、こちらのホワイトチェストナットと、リバイバルレメディの2種類をブレンドして利用しましょう。

私たちにとって、睡眠はとても重要で、眠りが不安定になると、前日の疲れをそのまま引きずってしまいます。すると、ストレスが慢性的に積み重なる、悪循環にハマってしまうのです。

この2種類を使えば、さほど時間もかからずに眠りが整い、それと共に仕事への不安や拘りも癒されていくでしょう。

補足説明
 フラワーレメディを使用するなら、500mlのペットボトルに水やお茶などの飲み物を入れて、レメディを6滴(2種類は3滴×2)入れましょう。マイアースでは、希望の方にフラワーレメディの利用法を配布しています。ご注文の際に、カートボタン上の「利用法&問診表 あり」を選択してご注文下さい。なお、フラワーレメディの詳しい利用法は、こちらの「【初心者向け】フラワーレメディの効果的な使い方<バッチシリーズ>」をご覧ください。
初めてのフラワーレメディ利用法付き

 

”メンバーズブログ"

仕事を忘れて考えない方法のまとめ

仕事を忘れて考えない方法のまとめ

今回は、仕事を忘れる方法について、詳しく解説してきました。では最後に、こんなお話をして終わりましょう。

 

心のNOとOFFが大切

あなたが、プライベートを楽しんで過ごせるようになったとき、仕事でも最高のパフォーマンスを発揮できるようになります。

でも、あなたが仕事のことばかり考えて、休日を過ごしているなら、きっといつまでたっても、その忙しさから抜けれない、悶々とした日々を送ることになるでしょう。

もうお解りのように、大切なことはメリハリを付け、心に余裕をつくることです。終わりのない仕事ほど、精神的な負担は大きく、疲労感や憂うつ感が伴うものです。

毎日の生活の中で明確なNO、OFFを作り、自分で仕事のストレスを解消することで、プライベートと両方を楽しめる様になります。

 

まずは出来ることから始めてみましょう

もしこの記事を読んでも、なかなか実践することが難しいと感じるなら、こちらの「ビジネスパーソンのための心を活かすメンタルヘルスセミナー 動画講座」をご覧ください。

私は動画セミナーで、より実践的に仕事を忘れる方法をレクチャーしています。

そちらでは、現状を確認するための「メンタルヘルス診断」などもあり、今の自分の状態をより客観的にチェックして、取り組めるようになっています。

それに、最初は難しいと感じがちなイメージワークも、私の指導の下で取り組でいただけます。

まずは、自分が出来そうなことから、一歩ずつ現状を改善するために取り組んで行きましょう。

 

井上のオーラ診断

井上のYoutube動画<聴くブログ>

 

↓ 次のページはこちら! ↓

仕事が苦しくて辛い!月曜日の朝が憂鬱な人の解消法【即効性あり】

 

最新のお知らせ
>自分らしく輝いて生きるための
心を癒す魔法の言葉セミナー東京201611
心を癒す魔法の言葉セミナー
自分の心をポジティブに整える方法を学ぶ
■日程:2022年10月8日(
■場所:オンライン開催/ 時間:2時間30分

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

1989年大学に進学中に独自に体外離脱の研究を行い、自ら離脱体験をもつ。医療機器メーカーに就職後、2001年に心理療法家として独立。3,000人以上のセラピー実績を持ち、年間20回以上のセミナーを全国で開催。2010年に株式会社ヒーリングアースを設立。現在では経営の傍ら個人セッション及びセミナーをこなしながら執筆活動に励む。オフィシャルブログは年間300万人が訪れる。
人気記事 プロフィール お問合せ