片頭痛が起きる3つの心理的な原因とスピリチュアルな改善法

片頭痛が起きる3つの心理的な原因とスピリチュアルな改善法、男性
The following two tabs change content below.
アバター画像

井上直哉

心理とスピリチュアルの専門家
1989年大学に進学中に、独自にスピリチュアルの研究を行い体外離脱体験をもつ。医療機器メーカーに就職後、2001年に心理療法家として独立。3,000人以上のセラピー実績を持ち、年間20回以上のセミナーを全国で開催。2010年に株式会社ヒーリングアースを設立。現在は経営の傍ら個人セッション及びセミナーをこなしながら執筆活動に励む。ブログは年間300万人が訪れる。モットーは「現実が変わるスピリチュアル」です。
スピリチュアルを学びたい方へ プロフィール お問合せ

こんにちは。
心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉(@my_earth_naoya)です。

時折、ギリギリと頭を締め付ける頭痛。

ある程度すれば落ち着いては来るものの、そんな頭痛がいつまでも続いていると、何か健康的な問題があるのではないかと、誰しも心配してしまうものです。

ですが病院に行っても片頭痛と診断されて、明確な原因もわからないまま、慢性的な痛みに悩み続けている人も多いことでしょう。

今回の記事では、オーラ診断などのスピリチュアルな視点から見たときに、そんな片頭痛の原因とは何か、詳しくお話ししていきます。

そして片頭痛が起こりやすい、3つの心理的なパターンについても紹介し、それぞれのタイプ別におすすめのフラワーレメディをお伝えしましょう。

自分が当てはまる種類を利用すれば、そんな原因不明の頭痛も改善しやすいですから、ぜひ参考にしてみてください。

 

無料プレゼント

スピリチュアルに頭痛を観察した実例

スピリチュアルに頭痛を観察した実例、男性

私は心理とスピリチュアルの専門家として、心理療法のセッションを実践していますが、そんなセラピー中に、時折り頭痛を感じる方がいます。

まず最初に、相談者に頭痛が起きているときに、オーラを観察するようなスピリチュアルな視点から見ると何が見えるのか、そんな実例から紹介しましょう。

 

 

<井上のワンポイント>

頭痛が起きている時に、エネルギー的に何が起こっているのかをお話しします。

 

音楽家として活躍している男性との出会い

以前に出張先で、心理療法の個人セッションを行った時でした。

そのセッションを受けに来てくださった方は、弦楽器の演奏者として、海外で活躍されている男性です。

面談をして色々と話を伺っていくと、彼がとてもハードスケジュールで仕事をこなしていること、家に帰ると倒れ込むように眠りにつき、また翌日のスケジュールをこなす。

そんな休みのない生活を、何年も続けていることがわかりました。私は彼に聞いてみました。

 

<井上>

なぜそこまで、ハードに仕事をしているんですか?もう少し休息を取らないと、身体も持ちませんよね。

 

すると、その原因ともいえる心境を教えてくれます。

 

<男性相談者>

ヨーロッパで演奏家として活動していると、いつ自分が必要とされなくなるのか、そんな不安があります。だからより多くの機会に参加して仕事をこなし、何が起きても対応できるようにしておきたいのです。

 

彼の頭にある危機感や不安

それは海外に拠点を置き、一人で活躍しているプロの音楽家としての姿勢であり、危機感でもあるといえる思いです。

私はそれから彼のセラピーをはじめ、ほどなく変性意識状態になった彼に、こう尋ねてみました。

 

<井上>

仕事がいつ無くなるのか不安だという気持ちは、あなたの身体のどこにありますか?

 

<男性相談者>

それは頭の中です。頭の中に詰まっています。

 

このワークは、スピリチュアルな視点で自分を見つめていく、軽度の催眠療法ともいえる取り組みです。

 

<井上のワンポイント>

変性意識状態とは、催眠療法などで体験する、心がとても落ち着いてリラックスした状態です。

詳しくはこちらの「トランス状態の意味と変性意識状態との違いをスピリチュアルに解説!」をご確認ください。

 

スピリチュアルな手法でストレスを取り除く

私は、彼にその頭の中にあるストレスについて、いくつかの質問すると、そのストレスを取り除く作業に入りました。

彼の危機感は、その頭の中に溜まっている不安が原因ですから、それさえ取り除いてしまえば、今のようにハードに仕事をこなさなくても、安心して居られるようになります。

それにストレスとは、本人がシッカリと認識さえできれば、あとは心理療法としての手法で、具体的に取り除いていけるものです。

私は彼に何度も声掛けしながら、そのストレスを取り除くための作業を進めていきました。

そして、ある異変に気が付いたのです。

 

黄色い思考のエネルギーと頭痛

声掛けをしつつ、彼のオーラを観察していると、彼の頭から濃い黄色のエネルギーが、細い筋となって抜けていくのが見えました。

それは彼が、幾度となく思考を繰り返すことで、密度が濃くなった生体エネルギーであり、留まっていた不安感といえるものです。

その瞬間、彼が強い頭痛に見舞われていることが、私にはすぐに解りました。ですから彼に聞いてみたのです。

 

<井上>

今、すごく頭痛がしませんか?

 

すると案の定、彼は驚いたように答えてくれます。

 

<男性相談者>

え!?ええ、そうなんです、急に頭痛がしてきて、とても痛いのでどうしたものかと思っていました。

 

スピリチュアルに見た頭痛の原因

そう、頭の中に溜まったストレスは、時にそれが解消される過程で、強い頭痛を引き起こします。

常日頃、考えることで悔しさや不安を我慢していると、その強い思いがエネルギーとなって頭の中に蓄積し、放出される時に痛みを感じるのです。

それをスピリチュアルな視点から見ると、まるでパンパンに膨らんだ風船に、小さな穴あを開けて空気を抜いているような、そんなイメージとして見て取れます。

とても強い勢いで空気が抜けていくので、その反動が頭痛となって感じられるのです。私は彼に言いました。

 

<井上>

大丈夫、その頭痛はしばらくすれば消えていきます。ですから、引き続き自分の感じていることに、意識を向けて行きましょう。

 

そして彼はその頭痛とともに、自分を駆り立てる衝動的な不安を取り除いていったのです。

 

魔法の言葉セミナー

頭痛とストレスとの深い因果関係

頭痛とストレスとの深い因果関係

今回紹介したケースからも解るように、私たちが頭痛を感じているとき、エネルギー的には頭の中のストレスが解消されています。

これはある意味、頭痛を感じている時には、頭の中のストレスが抜けているとも言える状態で、頭痛とストレスには深い因果関係があるのです。

 

下痢などの浄化作用でも解ること

例えば、こんな風に考えてみれば、解りやすいでしょう。

痛んだものを食べれば、誰もが腹痛を起こして下痢になり、身体に悪影響を与える食物を、体外へと排出します。

それはこちらの「下痢が続くスピリチュアルな原因と対策」でも解説したように、エネルギー的な視点で見れば、スピリチュアルな浄化としての作用があるのです。

それと同じことが頭痛でも起きており、頭痛を感じることで、頭の中のストレスが浄化されているのです。

 

頭にストレスが溜まっている状態

私たちの脳は、記憶や思考を司る器官ですが、その脳で慢性的に考え続けていると、頭が緊張状態となり多くのストレスが溜まります。

そのような慢性的な緊張状態では、横になってもなかなか頭がリラックスできませんし、同じことばかりを、幾度となく考え続けてしまうのです。

また時には、そんな頭の緊張が原因で、眠れなくなることもあるでしょう。

それがオーラを見た時に、頭が風船のようにパンパンに張り詰めている状態です。

 

<井上のワンポイント>

この「頭が風船のようにパンパンに張り詰めている状態」という表現は、そうなっている本人にとって、とても良く分かるフィーリングだと思います。

 

頭痛が起きるスピリチュアルな原因

そんな脳に溜まっているストレスのエネルギーを、心理セラピーでは、強制的に頭の緊張を緩めることで、抜けるように促していきます。

エネルギーを体外に放出することで、頭の中の浄化をしているのですが、その際に感じるのが強い頭痛だといえるでしょう。

これは日常生活で起きる片頭痛でも言えることで、何かのきっかけで頭の緊張が緩むと、同じように頭痛となってエネルギーが浄化されるのです。

それが、スピリチュアルにみた頭痛が起きる仕組みであり、原因だといえます。

 

<井上のワンポイント>

私も高校時代には片頭痛持ちで、学校の通学路で頭が痛くなると、近くにしゃがみ込んで、休んでいた時がありました。

今では、頭痛が起きることは全くありませんが、その頃は動けないくらい、辛かったことを覚えています。

 

片頭痛が起きる3つのタイプと原因

片頭痛が起きる3つのタイプと原因、男性

では、そんな頭痛が起きやすい、3つのタイプについてお話ししましょう。

ここで紹介するタイプは、私がオーラを観察したときに、頭痛が起こりやすいと考えられる人たちです。

 

1、考えすぎて止まらない人

オーラ診断のセッションをしていると、時折り頭の部分のオーラが、とても濃い黄色のエネルギーになって、速い勢いでグルグルと回転している人を見かけます。

これはこちらの「考えすぎる性格を直したい人が思考を止めるスピリチュアルな改善法」でも以前に紹介した、思考が回り続けている人です。

多くの方は、漠然と何かを考えている時には、有益な思考をしていません。ただ過去の出来事を、無作為に振り返っていたり、同じ事ばかりを考え続けているのです。

すると頭が常に緊張し続けて、そこに多くの黄色のエネルギーが溜まってしまい、それがストレスとなって頭痛の原因になります。

 

<井上のワンポイント>

例えば、夜になかなか眠れないとか、夢の中でずっと何かしていると感じるなら、このタイプの頭痛持ちである可能性が高いです。

このタイプの方は、慢性的な偏頭痛を患っていることが多いです。

 

2、頭に感情のストレスが溜まる人

あなたは怒りの感情に、何種類かの感じ方があるのをご存知でしょうか?

例えば、「頭にきた」「ムカツク」「腹が立つ」「はらわたが煮えくり返る」など。これは怒りを表す言葉として、昔から使われる表現です。

それぞれの怒りを、実際にスピリチュアルな視点から観察すれば、頭から気管支、胃、腸へと怒りの感情が下りていっているのが解ります。

これらの表現は、あなたがどの器官で自分の怒りを感じ、処理しているかのかを意味しているといえるのです。

 

頭で感じる怒りは知識に反する

それは同時に、怒りの感情がどの器官のストレスとなって、溜まりやすいかを表しています。

特に頭は、人としての常識や知識がある部分ですから、そんな自分の考え方に反すると、人はカッと頭に血が上り頭にくるのです。

ですから、非常識や不正への怒りを感じやすい人は、その気持ちが頭に溜まるストレスの原因となっています。

その結果、先ほどから言うように、いずれ緊張が解れた瞬間に、頭の芯から響くような頭痛として痛みがでてくるのです。

 

3、頭のオーラが前のめりな人

そして最後のタイプは、スマホやゲームなどに夢中になって、オーラが前のめりになり、頭がストレスを受けやすくなっている人です。

私たちのオーラは、とても心の影響を受けやすいものですから、スマホやゲームなどに集中していると、自然とオーラが前のめりに成ります。

それは以前にこちらの「ノーメディアデーの意味と効果とは?」でもお伝えした、メディアが人の心に与える影響によるものです。

スマホやゲームなどによって受けた刺激は、それらを止めてリラックスしたときに、頭痛や目の疲れとなって出てくるのです。

それはメディア特有の光による点滅が、眼や脳に強い刺激を与え、疲れさせるためだと言えるでしょう。

 

<井上のワンポイント>

仕事でパソコンを使い、夕方になると片頭痛に悩まされる人は、これが頭痛の原因だといえます。

スピリチュアルに見ると、前屈みになったオーラが身体に戻る時に、溜まっていたストレスが頭痛となって溜放出されるのです。

 

”メンバーズブログ"

タイプ別のスピリチュアルな改善法

タイプ別のスピリチュアルな改善法

いかがでしたか?あなたがもし頭痛もちなら、ご自分がどのタイプなのか、おおよその見当はついたと思います。

ではここからは、そんなタイプ別の頭痛についてフラワーレメディを利用するスピリチュアルな改善法を紹介していきましょう。

 

なぜフラワーレメディで改善するのか?

頭痛を改善するために、なぜフラワーレメディを利用するのか?瞑想やスピリチュアルなワークでは無理なの?そんな風に思った方もいると思います。

ですから、あらかじめそんな質問にも答えて置くと、心理療法的な手法を使ったワークでは、ストレスを解消するために、逆に頭痛を感じてしまうからです。

最初の男性のケースでもお解りのように、専門家についてスピリチュアルなワークを受ければ、頭痛なども短時間に解消できることがあります。

でもそのためには、一時的とはいえ頭痛を感じることとなるので、あえて自分でやることはお勧めしません。痛いのはやっぱり嫌ですよね。

 

<井上のワンポイント>

片頭痛のスピリチュアルな改善法として、瞑想などは確かに最適ですが、そもそも頭痛がひどい人は瞑想も難しいでしょう。

瞑想を実践していると、なおさら頭が痛くなってくると思います。

 

日常で自然な改善を促してくれる

それに頭痛が出たときに、近くで「大丈夫、すぐに消えるよ。」とサポートできる専門家がいないと、とても不安になりますよね。

でもフラワーレメディなら、そんな問題はありません。日常の生活の中で、痛みを感じないレベルの緩やかなペースで、自然なリラクゼーションを促してくれます。

溜まっていたストレスも、レメディの癒し効果で、少しずつ取り除いていってくれるのです。

その結果、気が付いたら「最近は片頭痛が起きなくなったな。」と、優しく穏やかに改善されていくのです。それなら一人でも取り組みやすいですよね。

 

1、考えすぎて止まらない人のレメディ

この考えすぎるタイプの方は、フラワーレメディを使えば、すぐに頭痛を改善できます。

フラワーレメディのホワイトチェストナットを使えば、思考に安らぎを与えて、考えすぎることが自然と減っていきます。

さらにリバイバルレメディを一緒に使うことで、考えすぎて落ち込んでしまう、そんな負のパターンも癒してくれることでしょう。

使い始めて2週間程度で変化を感じ、かなり軽くなったと解るので、スピリチュアルに無関心な方にもおすすめの種類です。

補足説明
 2種類のフラワーレメディをブレンドするなら、500mlのペットボトルに水やお茶などの飲み物を入れて3滴ずつ、合計6滴入れましょう。マイアースでは、希望の方にフラワーレメディの利用法を配布しています。ご注文の際に、カートボタン上の「利用法&適応表 あり」を選択してご注文下さい。なお、フラワーレメディの詳しい利用法は、こちらの「【初心者向け】フラワーレメディの効果的な使い方<バッチシリーズ>」をご覧ください。
初めてのフラワーレメディ利用法付き

 

2、頭に感情のストレスが溜まる人のレメディ

「頭にくる!」というような、苛立ちを感じやすい人が頭痛を改善するなら、その原因となる性格的な拘りや真面目さを、緩ませてあげることが必要です。

その真面目さは、周りの人はもちろん、自分に対しても無意識に向けられているものですから、そんな時にはフラワーレメディのバーベインを利用しましょう。

それにより頭の緊張感はもとより、頑固になってしまうような拘りも癒され、少なからず気持ちが軽くなります。

一緒にリバイバルレメディもブレンドして使えば、なおのこと結果が早くでるでしょう。

 

3、頭のオーラが前のめりな人のレメディ

スマホやゲームが好きで、毎日何時間も費やしてしまい、気が付けばいつも片頭痛に悩まされている。

そんな人のオーラを、スピリチュアルな視点でみると、地に足が着いておらず、迷いやすい傾向があることが解ります。

ですからそれらの方は、フラワーレメディのスクレランサスを使って、偏りすぎる傾向を癒していきましょう。

やはりこちらも、一緒にリバイバルレメディを使えば、頭痛の原因となる刺激も癒されて、早めに気持ちが整うでしょう。

 

井上のオーラ診断

あなたが頭痛を感じる本当の意味

あなたが頭痛を感じる本当の意味、女性

実はスピリチュアルな視点で見れば、頭痛自体が身体のもつ自然治癒力が働いた結果であり、自己浄化作用の表れなのです。

だからこそ頭痛を癒すというよりも、頭痛の原因となるストレスを癒すために、生活パターンを見直して、ライフスタイルを改善することが大切だといえます。

 

時代の変化が頭痛を増やしている

私たちは案外見落としがちですが、この頭を使って思考したり記憶する行為は、近年特に発達してきた人としての能力だと言えます。

人間以外の動物を見れば解るように、本来生物とは思考や記憶に頼らず、その時その瞬間を生きていくものです。

確かに人は進化の過程で、そんな思考力や記憶力を体得しましたが、それにより頭にストレスを溜めて、頭痛を感じるようになってしまったのです。

そしてその傾向が、ネットやスマホの登場によって特に加速しています。

 

頭痛を通じて自分の心と向き合う時代

ですから、現在社会に生きる私たちには、心と頭をリセットし、意識的にリラックスできるようになる取り組みが、必要不可欠なのです。

心と頭が緊張したままでは、本来の柔軟でしなやかな思考を活用することは出来ません。

その状態では、直感やインスピレーションと言われる、スピリチュアルな情報を受け取ることもできないのです。

世界中で活躍している多くの人々が、マインドフルネスに至る瞑想に取り組むのも、そんな心と頭の静けさを得る必要性を、感じているからだといえるでしょう。

 

ライフスタイルを見直す時

急に襲ってくる片頭痛や、慢性的な頭痛の痛みだけを考えれば、確かに嫌なもので煩わしいものです。

でもそれは、あなたの身体の自然治癒力によって、溜まったストレスを解消しているからであり、身体からのシグナルとも言えるものです。

ですから、頭痛を煩わしいものとして避けるのではなく、自分の生活スタイルを見直す機会として捉えてください。

そして、自分の心と向き合う時間を取りましょう。そんなライフスタイルの見直しが必要なことを、あなたの身体が、頭痛を通じて伝えていると言えるのです。

 

↓ 次のページはこちら! ↓

納得!生理痛や月経前症候群(PMS)のスピリチュアルな浄化作用

 

最新のお知らせ
>自分らしく輝いて生きるための心を癒す魔法の言葉セミナー東京201611
心を癒す魔法の言葉セミナー
心をポジティブにして現実を変える方法
■2024年6月8日()10時〜 Zoom
■2024年9月14日()10時〜 東京都内
参加された受講生の声はこちら。

魔法の言葉セミナーの受講生の感想

ABOUT US
アバター画像
井上直哉
1989年大学に進学中に、独自にスピリチュアルの研究を行い体外離脱体験をもつ。医療機器メーカーに就職後、2001年に心理療法家として独立。3,000人以上のセラピー実績を持ち、年間20回以上のセミナーを全国で開催。2010年に株式会社ヒーリングアースを設立。現在は経営の傍ら個人セッション及びセミナーをこなしながら執筆活動に励む。ブログは年間300万人が訪れる。モットーは「現実が変わるスピリチュアル」です。
スピリチュアルを学びたい方へ プロフィール お問合せ
close-image