「執着を手放す」という言葉のスピリチュアルな意味と具体的な方法

「執着を手放す」という言葉のスピリチュアルな意味と具体的な方法
The following two tabs change content below.
心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉
 現実的なスピリチュアルをモットーに、日頃の生活で感じている気付きや学びを、ブログで紹介しています。心をポジティブにして、オーラを輝かせるためのメンタルヘルスセミナー『心を癒す魔法の言葉®』を、世界中の人に伝えることを人生の使命として活動中。スピリチュアルなオーラ診断も人気があります。詳しいプロフィール お問合せ

こんにちは。
心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉です。

今日はタイトルの通り、執着を手放す」という言葉のスピリチュアルな意味について、お話ししていきましょう。

ただその前に、スピリチュアルな視点で見たたときの執着とは何か?そして、なぜ執着を手放す必要があるのか?その点も、改めてお話ししておいた方が良さそうです。

よく「執着を手放しなさい」とか言われますが、私たちはその言葉の意味を理解しているようで、あまり良く解っていません。

それは「言う方」も、「言われる方」もです。ですからここでは、まずこの「執着を手放す」という言葉の意味について、初歩的なところから解説していきましょう。

きっとこの記事をご覧いただければ、あなたの執着に対する考え方が、少し変わってくると思います。

 

 

「執着」という言葉の意味

「執着」という言葉の意味

今回は執着について解説していく予定ですが、まずは基本的な「執着」という言葉の意味から見ていきましょう。

あまり抽象的な内容にならないように、まずは多角的な視点から、執着という言葉の意味を捉えておきたいと思います。

 

Wikipediaによる「執着」とは

それはではいつものように、定番のWikipediaの内容から見ていきましょう。

執着(しゅうじゃく)とは、仏教において、事物に固執し、とらわれること。主に悪い意味で用いられ、修行の障害になる心の働きとする。『岩波仏教辞典 第二版』参照

Wikipedia引用:執着

仏教的な執着を手放すことについても、多少書かれていましたが、難しくなるので要点だけを書き出しました。コレだととてもシンプルで、解り易いですよね。

私たちが、執着という言葉の意味として理解しているのは、ほとんどこんな内容だと思います。

 

「デジタル大辞泉」や「大辞林 第三版」の解説

続いて、「デジタル大辞泉」や「大辞林 第三版」を参照した内容につても、確認していきましょう。

デジタル大辞泉の解説:
 しゅう‐ちゃく【執着】《「しゅうじゃく」とも》一つのことに心をとらわれて、そこから離れられないこと。「金に執着する」「執着心」

大辞林 第三版の解説:
 しゅうちゃく【執着】〔古くは「しゅうぢゃく」〕ある物事に強く心がひかれること。心がとらわれて、思いきれないこと。 「物事に-するたちだ」 「 -心」

コトバンク引用:執着

こちらは言葉の成り立ちなど、仏教的な意味には触れずに、一般的な解釈と使用するときの例文が掲載されています。

 

仏教的な執着とは

では最後に、仏教的な「執着」という言葉の意味を見ておきましょう。

この仏教的な意味については、様々なサイトが解説をしていますが、総じて煩雑で主観的な要素が強いので、こちらのお寺の一文を引用しました。

諸行無常(しょぎょうむじょう):世の中のあらゆるものは変化を繰り返していて、不変なものや絶対的なものは存在しない。実はこれが〝人生は苦しみ〟の原因だとお釈迦様は説いています。

世の中の物事は常に変化を繰り返し、同じ状態のものは何一つ無いにも関わらず、私たちはやっと得た地位や名誉、また人間関係や自分の肉体にいたるまで、さまざまな自分を取り巻く環境に対して不変を望み、このままであって欲しいと願います。

これを仏教では〝執着〟と呼び、この執着が苦の根本原因であると説かれています。

成就山 妙福寺引用:仏教のススメ

とても解り易い解説です。ちなみにこれは、仏教の「諸行無常」について書かれていたページから引用しました。

 

誰もがもつ一般的な執着の意味

執着という言葉の意味を、仏教的な視点から詳しく解説していくと、とても複雑で難しくなりそうです。

ですがこのサイトでは、あくまでスピリチュアルな視点から執着について語り、合わせて執着を手放す方法を解説するものですから、その点は簡単にだけ紹介しておきました。

先の妙福寺さんの諸行無常に関する解説は、なるほどと思う内容でしたが、一般的な執着の意味としては、その前のWikipediaや大辞典の解説の通りと捉えて良いでしょう。

それはこの一文、「一つのことに心をとらわれて、そこから離れられないこと。」と解釈できます。

 

スピリチュアルな視点での執着とは

スピリチュアルな視点での執着とは

では、スピリチュアルな視点から見たときの執着には、どのような意味があると言えるのでしょうか。

ここからは、あくまで私の実体験から来る解説になりますが、執着をエネルギー的に観察するとどう見えるか、その点をお話ししたいと思います。

 

ズバリ!スピリチュアルな執着とは

まずはズバリ結論からいきましょう。スピリチュアルな視点から見たときの執着とは「感情」であるといえます。ちょっとストレートすぎましたかね。

その言葉の意味は、これから詳しく解説しますが、要は「執着=感情のエネルギー」とえるということです。

それはスピリチュアルな視点で見ると、何に執着しているかに関わらず、その対象に思い入れがあれば、それが執着となるといえます。

そして思い入れとは、つまるところ私たちが持っている、感情だということです。

 

「執着を手放す」とは「感情を癒す」こと

私自身は、この執着という言葉を、あまりセッションなどでは使いません。

「あなたには○○に対して執着がありますから、それを手放す必要がありますよ。」などとは言わず。

「あなたが持っている、○○に対しての感情を、癒す必要がありますよ。」と言います。

例えば○○を「彼」や「お金」に言い換えてみると、微妙なニュアンスの違いが判ると思います。

この言葉は、どちらも同じことを指摘していますが、スピリチュアルな意味では、異なるアプローチで問題の改善を促しているのです。

 

人のオーラの中に留まっている執着

私がオーラ診断を行っていると、時折、執着のエネルギーを見かけることがあります。それはその人の感情のエネルギーの停滞としてです。

オーラの中にある執着とは、いわば感情のエネルギーが滞っている状態です。それは粘土のように重たく、粘性があるオーラであり、感情のエネルギーの固まりだと言えます。

嫉妬、妬み、苛立ち、拘り、固執、悲観などなど、それらの「悲しみ」や「怒り」を含んだ感情のエネルギーが、心の中に留まることによって、強い執着を帯びていきます。

スピリチュアルな視点で見たときの執着とは、その人が何らかの感情に捕らわれて、それを手放すことが出来なくなっている状態だといえるのです。

 

執着を手放す上での大きな問題点

すると多くの人はこう考えます。

>執着を手放すことが出来れば → 感情が軽くなって → 問題が解消する

でもスピリチュアルな視点で言うと、本質はこうなのです。

>感情を軽くすれば → 執着を手放すことが出来て → 問題が解消する

ポイントは、感情を持ったままで、執着を手放すのは非常に難しい、ということです。

 

執着は簡単には手放せない

なので、よく「執着を手放しなさい」と言われますが、それはハッキリ言って一般人には無理です。

それはお腹の空いた人に、食べ物を捨てなさいというのと、同じことを意味するので、それは生物的に難しいのです。

ダイエットや精神修行の専門家か、力石徹か仏様(死んじゃえば食べ物も必要ないので)ぐらいにしかできません。(*”ω”*)ん?

そう考えると、普通に生活している我々には、難しくて到底出来ないことだとお解りいただけるでしょう。

 

なぜ執着を手放す必要があるのか?

なぜ執着を手放す必要があるのか?

それではなぜ、私たちは執着を手放す必要があるのでしょうか?

これも結論から言ってしまうと、執着とは「感情」であり「トラウマ」であり「カルマ」とも言えるものだからです。

 

強い感情や衝動という意味

先ほども申し上げたように、スピリチュアルな視点では、執着とは感情の滞りです。

その滞っている感情が多くなるほど、執着は強いものとなり、コントロールが難しくなります。すると人は感情に翻弄されて、衝動的に動いてしまい易くなるのです。

世の中で起きている犯罪のほとんどは、この我慢できないほど溜まった感情が原因だと言っても、過言ではありません。

ですからまず最初に、執着を手放すことには、衝動的な感情を解消するという意味があるのです。

 

過去のトラウマを癒す意味

そして過去の体験が原因となって、感情の滞りが出来ていると、人はそれをトラウマ(心的外傷)と呼びます。

例えば恋愛で、過去に好きな男性に裏切られ、それ以降付き合う男性をストーカーのように監視するなら、それは過去に傷ついたことで出来た、異性への執着といえるでしょう。

このケースでは、その過去に裏切られたときの怒りや悲しみが、心の奥深くに留まって、後の異性関係に影響を与えているのです。

それ以外でも、親に甘えられなかった人が、恋愛で甘えられるよになると、相手を失い再び寂しい思いをすることを恐れ、相手に執着するケースも良くあります。

執着を手放すことは、これらのトラウマを癒すという意味もあるのです。

トラウマについては、こちらの「【完全解説版】トラウマとは?心理の専門家による5つの克服法」でも詳しく解説していますので、気になる方はそちらをご覧ください。

 

前世のカルマを癒す意味

そしてさらにはそんな感情の滞りが、前世の体験を原因としてできていると、人はそれをカルマと呼びます。

これは非常にスピリチュアルな話になるので、詳しく知りたい方は、こちらの「カルマの法則のスピリチュアルな意味と前世のカルマを解消する方法」を参考にしてください。

簡単に申し上げるなら、前世で強い感情を押しとどめていると、その思いがカルマとなり、今世の執着として顕在化するということです。

そうですね、比較的解り易くて身近なパターンは、こちらの「不倫関係のオーラで解る!前世の過ちを繰り返すカルマの法則【実例紹介】」が参考になるでしょう。

こちらの記事でも解るように、執着を手放すとは、そんな前世のカルマを解消するという意味も持っているのです。

 

執着が無い方が安心して生きられる

ここまでの内容をまとめるとこうです。

私たちが持つ執着とは、感情の滞りであり、それは時にトラウマとされる過去の心の傷や、カルマとされる前世にやり残したことが原因となっています。

でもその執着を持ち続けていると、あなたの人生において、様々な問題が起きてきます。それは執着がある分だけ、感情に振り回され、衝動的になることが増えるということです。

それではあまりにも、現実社会で生活するのが大変ですし、時には衝動的な思いに駆られて、自分のコントロールを失いかねません。

ですから、執着を手放してしまった方が、感情に振り回されることは減り、安心して生きれますよ。ということです。

 

執着が同じ失敗を繰り返させる

そしてさらにもう1つ追記しておくと、オーラの中にある執着には、とても多くの感情のエネルギーが含まれています。

それはスピリチュアルな意味では、とても強く同じ現実を引き寄せるパワーがある。ともいえることです。

ですから執着を持っている人ほど、同じ悩みや同じ問題に直面し易く、なかなかそのパターンから抜けられず、同じ失敗を繰り返してしまい易いのです。

詳しくはこちらの「同じ失敗を繰り返す人の心理的な原因とスピリチュアルな対策<仕事や恋愛など>」でも解説しました。

ですから、そんなパターンを解消するためにも、執着を手放す必要があるといえるでしょう。

 

執着を手放すスピリチュアルな方法

執着を手放すスピリチュアルな方法

これまでは、なぜ執着を手放す必要があるのか、その理由について、スピリチュアルな視点から解説してきました。

ではここからは、そんな執着を手放す方法について、お話ししていきましょう。

 

人は執着を手放すことに執着する

先にも申しあげましたが、執着を手放そうと必死になっても、それは一般人にとって、とても難しいと言わざるを得ません。

もちろん、仏教の僧侶となって日々精進したり、山籠もりして修行に励めば、少なからず可能だとはいえるでしょう。ですがそれでは、普通に日常生活は送れませんから、私たちにとってはまったく意味がありません。

あくまで今の生活を送りながら、執着を手放す方法に取り組む必要があるのです。そこで始める前に、大切なことを申し上げておきます。

それは、執着を手放そうとすればするほど、執着を手放すことに執着してしまう、そんなジレンマに陥らないことです。

 

執着を手放すよりも感情を癒す

まず大切なことは、執着を手放そうとするよりも、心の中にある感情を癒そうとすることです。

これは例えば、恋愛で相手に執着しているなら、その相手への執着を手放すことに取り組むより、日頃の生活で感じる心の揺れ、感情の浮き沈みを、癒そうとすることです。

相手に対して強く出てくる衝動的な執着は、日常の生活の中でも無意識にあなたの心に浮上し、その相手のことばかりを考えさせていることでしょう。

そんな心の捕らわれを意識し、日頃の生活での心の在りようを整えることで、相手への執着も自然と減っていくのです。

 

グラウンディングの瞑想で手放す方法

その点でとても有効な取り組みが、こちらの「【完全版】グラウンディングの意味とその効果とは?地に足をつく方法」でも解説している、グラウンディングの瞑想です。

このスピリチュアルなグラウンディングの瞑想法は、あなたの執着に含まれる感情を癒すことはもちろん、それ以外の日常でのストレスや、不安感をも癒してくれる効果があります。

最初はこの瞑想法に取り組んでも、ハッキリとした実感はわかないかもしれません。ですがそれが、2週間、1ヶ月と取り組んでいくと、次第に気持ちの変化を感じるようになります。

この瞑想法は、心の健康に限らず、身体の健康にも役立つものなので、健康維持のためだと思って取り組めば、自然と執着を手放すことが出来るでしょう。

 

フラワーレメディで手放す方法

続いては、もっと手軽で簡単な、フラワーレメディを用いた執着を手放す方法です。

チコリーを使えば、衝動的に湧き上がってくる感情を癒して、少なからず気持ちを冷静に振り返れるようになります。

合わせて、リバイバルを利用することで、全体的な心の落ち着きを促し、トラウマとして滞っているや感情も癒してくれるでしょう。

先ほどのグラウンディングの瞑想法と共に取り組むことで、なおさら気持ちの変化は速いといえますから、まずはこちらの2つの方法で根気強く取り組んでみてください。

補足説明
 フラワーレメディを使用するなら、500mlのペットボトルに水やお茶などの飲み物を入れて、レメディを6滴(2種類は3滴×2)入れましょう。マイアースでは、希望の方にフラワーレメディの利用法を配布しています。ご注文の際に、カートボタン上の「利用法&問診表 あり」を選択してご注文下さい。なお、フラワーレメディの詳しい利用法は、こちらの「【初心者向け】フラワーレメディの効果的な使い方<バッチシリーズ>」をご覧ください。
初めてのフラワーレメディ利用法付き

 

強い衝動は専門家のもとで癒す

強い衝動は専門家のもとで癒す

そしてこれは心理の専門家として大切なことなので、あえて申し上げておきます。

それは自分だけでは改善が難しいと思ったなら、信頼のおける専門家に相談することです。

 

催眠療法などの心理セラピー

催眠療法に代表される、感情に関わる心理セラピーでは、執着していることに含まれる感情を、ダイレクトに癒すことが可能です。

それはある意味、心の中に滞っている感情を、スピリチュアルなレベルで一気に抜きだすともいえるワークで、短時間で執着を手放す効果があります。

ですから、自分一人で取り組むよりも格段に気持ちが軽くなりますし、セラピストによっては、個別に取り組み方なども指導してくれます。

個人セッションでは、あなた自身がセラピストを信頼できるかどうかがとても重要なので、抱えている問題を相談してみるなど、事前に一度問合せをしてみると良いでしょう。

 

心理セミナーなども有効

そして異性関係や家族関係での執着については、メンタルヘルスセミナーなどでも、その改善法を学べる機会があります。

詳しくはネットで検索して、探していただく必要がありますが、私の開催しているようなメンタルヘルスに関わるセミナーは、比較的大きな都市で開催されています。

ですからこれも、あなたが信頼のけるセラピストや講師を見つけ、足を運んでみてください。先にも申しあげたように、執着を手放すことは、結局のところ感情や過去のトラウマを癒すことです。

ですから、自分の心を癒して整えるつもりで、色々なセミナーに参加してみることも役立つでしょう。

 

”メンバーズブログ"

執着を手放す上での心構え

執着を手放す上での心構え

心構えと言うと、少し大げさかもしれませんが、あなたが何かしらの執着を手放すために、自分の心に取り組まれるのなら、お伝えしておきたいことがあります。

それは、執着などの心の問題に関しては、時間をかけて取り組む姿勢が必要だということです。

 

執着はいきなり0にはならない

特に先に申し上げた方法の中でも、自分で取り組むグラウンディングの瞑想やフラワーレメディは、コツコツと取り組む姿勢が大切です。

もちろん、心理セラピーやセミナーなども受ければ、それだけ改善は早く、変化も感じやすいことでしょう。

ですがスピリチュアルな視点から見ても、あなたがその執着を完全に手放すことが出来るまでには、少なからず時間をかける必要があるということです。

この執着に含まれる感情的な衝動は、一朝一夕で0になる訳ではありません。

 

私の実体験でも段階的に減っていった

私自身これまでに様々な方法で、自分が持っている強い執着や感情を、癒すことに取り組んできました。

それは月日をかけて、100あったものを90にし、80にし、60に癒していくような、そんな粘り強く取り組んでいく作業です。

ある意味、いきなり0になるのではなく、10づつ減らしていくような、ジワジワと心を癒し整えるように、取り組んできたいうことです。

ですがその甲斐があって、その取り組んだ執着については、今ではまさに0だと言えるところまで、手放すことが出来ました。

 

焦りはかえって自分を苦しめる

ですが多くの方が、そんな心理的な変化を待てずに、すぐに0にならないと焦って、次から次へと様々な手法を試みようとします。

誰しも今すぐに、その執着は手放したいし、感情的な葛藤を解消したいと思うのは当然です。私にもその気持ちはとても良く解ります。

ですがその移り気な状態では、結果的にいつまでたっても執着を手放すことはできず、思うように変われない自分に、返って凹むことに成り兼ねません。

ですから、時間をかけてジックリと取り組む意思を持つことだけは、忘れないでいてください。

 

井上のオーラ診断

心を癒し自分らしく生きれる道筋へ

心を癒し自分らしく生きれる道筋へ

スピリチュアルな視点で見ても、私たちが自分の衝動的な問題を解消し、安心して日常を送るためには、確かに執着を手放す必要があります。

でもそれは、修行僧のように無理やり取り除くものではありません。

 

執着は自然と手放していくもの

心を癒して整える取り組をしていたら、自然と感情やトラウマやカルマが癒されて、気が付けばほとんどの執着を手放していた。それが理想的なステップです。

ですから、今執着している問題だけに捕らわれずに、自己成長の意味を含め、自分の心に取り組んでみてください。

そうすればきっと、あなたもその抱えている問題を手放し、さらには自分らしく生きれる道筋へと、辿り着くことでしょう。

きっとその時には、過去に執着していた物事もすっかり忘れ、新たな未来へと向かって歩み出しているはずです。

 

↓ 次のページはこちら! ↓

固定観念にとらわれる人が心を縛る意味のないルールを捨てる方法

 

井上直哉のオフィシャルブログをご覧いただき、ありがとうございます。ブログをご覧いただいたあなたに、こちらの特別なレポートを無料でプレゼントします。

『人間関係を劇的に癒す方法【実例紹介】』
使えばすぐに特定の相手との人間関係を変えられる改善法で、会社、学校、家族、恋人相手でも簡単に使うことが出来る実践的な方法です。

『豊かさのオーラの秘密【実例紹介】』
お金に関するオーラ診断から垣間見えた過去の記憶とは?私たちが無意識に持っているお金に関するブロックが見えてきます。

最新のお知らせ
■人生をポジティブに生きたい人のセミナー
心を癒す魔法の言葉セミナー東京201611
心を癒す魔法の言葉セミナー
自分の心をポジティブに整える方法を学ぶ
■開催日程:2019年10月19日、11月9日、12月8日
■開催場所:東京、会津、京都 / 時間:2時間30分

「執着を手放す」という言葉のスピリチュアルな意味と具体的な方法

悩みをお持ちで、心の癒しと成長を望まれる方へ

 

 落ち込みや悩みなど、心の問題を癒し改善することは、あなたが思いつめているほど難しいことではありません。
 あなたの心が癒されることで、周囲の人間関係にも自然と変化が起こり、もっと安心して自分らしく、人生を生きれるようになります。
 ポイントは心理的に正しいやり方で、自分の心の改善に取り組むことです。
 まずこのレポートをご覧になってみてください。きっとお役に立つことでしょう。

ダウンロード

 

スポンサードリンク
 

ABOUTこの記事をかいた人

心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉

 現実的なスピリチュアルをモットーに、日頃の生活で感じている気付きや学びを、ブログで紹介しています。心をポジティブにして、オーラを輝かせるためのメンタルヘルスセミナー『心を癒す魔法の言葉®』を、世界中の人に伝えることを人生の使命として活動中。スピリチュアルなオーラ診断も人気があります。詳しいプロフィール お問合せ