スピリチュアルな能力を開発して覚醒する方法(悟りとの違いも解説)

スピリチュアルな能力を開発して覚醒する方法(悟りとの違いも解説)
The following two tabs change content below.
心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉

心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉

(心理アドバイザー/サイキックアドバイザー)
 現実的なスピリチュアルをモットーに、日頃の生活で感じている気付きや学びをブログで紹介しています。心をポジティブにするメンタルヘルスセミナー『心を癒す魔法の言葉®』を世界中の人に伝えることを、人生の目的として活動中。詳しいプロフィール サービス お問合せ&無料相談

こんにちは。
心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉(@my_earth_naoya)です。

スピリチュアルな能力に興味のある方なら、「覚醒」「目覚め」「悟り」という言葉については、少なからず興味をお持ちのことでしょう。

それらの言葉は、スピリチュアルな意味で用いられると、ある特定の意識状態を表すものとなります。

今回の記事では、どうすれば私たちがスピリチュアルな能力を開発して、覚醒と言われる意識状態になれるのか、そんな方法について詳しくお話ししたいと思います。

なお、これはとても注意が必要なことですが、「スピリチュアルな能力の向上=覚醒」とはならないので、その点も含めてお伝えしたいと思います。

 

 

スピリチュアルな能力≠覚醒

スピリチュアルな能力≠覚醒

まず最初に、先日ある方からいただいた、スピリチュアルな能力についてのこんな相談から、大切な注意点についてお話しましょう。

 

ある女性からの質問

ある女性が、私にこんな質問をしてきました。

 

<女性相談者>
井上さん、スピリチュアルな能力を開発すれば、誰もが人格が整い覚醒するのでしょうか?

 

彼女は以前に出会った人が、スピリチュアルな能力を持っていたものの、人格的には受け入れられなかったのでしょう。

ですから、改めて私にその質問をしてきたのだと思います。それに対する私の回答はこうです。

 

<井上>

いえ。ヒーリングや霊視、占いなどスピリチュアルな能力と、人格は全くの別問題です。それに必ずしも、スピリチュアルな能力を開発したからといって、誰もが覚醒するとは限りません。

 

スピリチュアルな能力と人格や覚醒は別問題

意外と多くの方が、スピリチュアルな能力を開発していけば、誰もが人格が整い、いずれは覚醒に至るのだろうと思っています。

でもこの女性の質問に対して私が答えたように、スピリチュアルな能力と人格や覚醒は全くの別の問題です。

必ずしもスピリチュアルな能力を開発して磨いたからといって、その人の人格が整い、覚醒と呼ばれる意識状態になるとは限りません。

でも逆に、覚醒や悟りとされる意識状態に至るための訓練をしていけば、自然とその人の人格は整い、スピリチュアルな能力も開発されていきます。

そう、大切なポイントはスピリチュアルな能力の開発だけを、闇雲に追いかけても、道を誤る可能性がある点です。

 

実際に起きている出来事

私はいままでに仕事柄、色々な方の相談を受けてきました。

その中には、スピリチュアルな能力を持った宗教家に従っている人や、有名な霊能者に相談に行っていた方もいます。

ある女性は、嫁ぎ先の家が新興宗教に熱心で、自分も入信したものの、教祖とされる方から肉体関係を許容され、心に深い傷を負って相談に来ました。

またある女性は、人の紹介で霊能者に相談に行き、最終的には身体を差し出すことを求められ、悩み苦しんでいました。

残念ながら、このような酷い話は実際にあるのです。

 

霊能力や超能力と人格や覚醒は別

ですから、私はハッキリといいます。

宗教家や霊能者、ヒーラーが、とても能力を持ったサイキックだからといて、必ずしもその人の人格が整っているとは限りません。

ましてやそのような人たちが、覚醒に至ることが出来るかと言えば、それは難しいと言わざるを得ないのでしょう。

その人の霊能力や超能力とされるスピリチュアルな能力と、人格や覚醒するということは全くの別問題のです。

そこをシッカリと意識しておかないと、それらの人が言うことがすべて正しいことのように誤解してしまい、その結果、彼らの言いなりになってしまいます。

 

能力とはその人の特技のようなもの

例えば、霊能力や超能力などのスピリチュアルな能力については、こんな風に考えても良いかもしれません。

足が速いとか、勉強が得意だ、歌が上手だ、想像力が豊かだ、芸術のセンスがあるなど、その人の特技の一つと同じようなものです。

ですからそれらの能力を持っているからといって、その人の人格が整っているかといえば、そんなことはありません。

それにその能力を磨いたからと言って、必ずしも覚醒するとかと言われれば、そうとは限らないのです。

 

チャクラから見た人としての成長と人格

チャクラから見た人としての成長と人格

なぜ私が、スピリチュアルな能力を追い求めても、必ずしも覚醒には至れないというのか。それには、エネルギー的なレベルの明確な理由があります。

このエネルギー的な理由を理解すれば、覚醒したり悟った人には、なぜ人格が備わってくるのかについても理解できるでしょう。

 

私たちの考える人格者の定義

ではまず、私たちの考える人格者について少し整理しましょう。それは肉体、感情、思考、愛、言動、信念に関わることです。

私たちが人格的に整っているというのは、肉体や生活が健康的で、性的な衝動や感情に翻弄されず、金銭的な欲や疑念に捕らわれず、愛にあふれている人のことです。

そしてさらには、言葉と行いが揃い、柔軟な考え方ができる、器の大きな人のことでしょう。

いかがですか?あなたの認識とズレてはいませんか?

 

人格者とはすべてのチャクラが整っている

確かにここまでパーフェクトな人格者が居れば、それは仏陀のように覚醒して悟っている人かもしれません。

ちなみに、先ほど私が申し上げた人格者の定義は、私たちの第1チャクラ~第6チャクラまでの全てが整うことによって得られる、人の心が成長した姿を語りました。

  • 第1チャクラ=肉体や生活が健康的
  • 第2チャクラ=性的な衝動や感情に翻弄されない
  • 第3チャクラ=金銭的な欲や疑念に捕らわれない
  • 第4チャクラ=愛にあふれている
  • 第5チャクラ=言葉と行いが揃い
  • 第6チャクラ=柔軟な考え方ができる

私たちが望んでいる人格者とは、すべてのチャクラが整って、悟っているかのような人のことを言っているのです。

ではそれに対してスピリチュアルな能力とは、主にどのチャクラを利用して得られるものでしょうか?

 

サイキックな能力は上部のチャクラが司る

それは第5チャクラの感覚第6チャクラの霊視第7チャクラの直感です。

それらの感性を磨けば、こちらの「サイキックの意味と超能力や霊能力を開発するスピリチュアルな方法」でも紹介するような、サイキックな能力を利用できるようになります。

でもだとしたら、第1チャクラ~第4チャクラまでの、肉体、感情や性、思考、愛は、さほど関係ないですよね。

極論を言ってしまえば、生活が乱れ、欲情に捕らわれ、考え方が否定的で、愛がなくても、スピリチュアルな能力を持った人はいます。

以前にもそんな宗教指導者が事件を起こして、社会問題になったことがありました。

 

覚醒や悟りはすべてのチャクラを整えること

ですがこれが覚醒しているとか、悟っているとなると違います。

そのためには第1チャクラ~第7チャクラまで、すべてのチャクラがある程度整って維持できていないと、覚醒には至りません。ましてや仏陀のように悟りを得て解脱することなど、到底難しいでしょう。

そうです。スピリチュアルな能力の開発や向上のみに眼を奪われてしまうと、下位のチャクラを整えることが蔑ろになり。

その結果、サイキックな能力は発揮できても、生活はボロボロ、欲情に駆られ、言葉と行いがそぐわない。

そしていつまでたっても覚醒できない、そんな問題が起きてくるのです。

 

覚醒とはどのような状態か?

覚醒とはどのような状態か?

話が少し先走ってしまいましたが、ここで改めてスピリチュアルな視点から見たときの、「覚醒」と「悟り」とはどのような状態か、その点をお話ししておきましょう。

私たちが向かう先が解らないままでは、何をすればいいのかも明確になってきません。まずは「覚醒」についてからです。

なお、これからお伝えするのは、あくまで私の自己認識によるものですから、参考程度に受け止めて置いてください。

 

スピリチュアルなレベルの覚醒とは

とても簡単に言うなら「覚醒」とは、私たちが1人の人間でありながら、全体(宇宙、世界)の一部であると、認識できている意識状態です。

例えばこんな風に言えば解りやすいでしょう。道端に咲く一凛の花は、大きく別ければ「花、茎、葉、根」によって、その生命を維持しています。

花は花としての成すべきことを成し、茎には茎の役割があり、葉には葉としての使命があります。根も絶え間なく仕事をし続けないと、その植物は存在できません。

それぞれが1つの植物としての自分を知り、なおかつ自分が各部位として存在する意味を理解し、その役割をこなしている状態、それが私たちの意識が覚醒して生きている状態です。

 

覚醒することで得られる「覚知」とは

その覚醒した状態では、根でありながらも細胞レベルでは、その花のDNAを含んでいます。

ですから、人が覚醒すると「覚知」とされる直感的な理解力が備わります。

根でありながらも、花の役割を知り、葉の存在を感じ、茎が伸びる意味を理解している。そんな感覚的知覚が得られるのです。

でもだからと言って、突然スピリチュアルな能力が開いて、オーラや霊が見えるわけではありません。それは先ほども申し上げたように、その人それぞれの能力なのです。

 

人が覚醒に至るための条件

私たちが「覚醒」に至るための条件は意外とシンプルです。

雑念がない状態で(ある程度の期間を)、今この瞬間に集中して存在できていること、命としての本来あるべき姿に戻ることです。

それは人間以外の動植物のように、ひとつの命として、意識を肉体という一点に集中できている状態であり、その過程で人は執着や雑念を手放していきます。

エネルギー的には、第1~7までのチャクラとオーラが整い、肉体にシッカリと維持できていること。

それが覚醒の条件であり、スピリチュアルな能力の高さなどは関係ないのです。

 

悟りとはどのような状態か?

悟りとはどのような状態か?

では「悟り」とはどのような状態なのでしょうか?

ここでも私の認識している範囲内ですが、スピリチュアルな能力との関係性も含めて、解説していきましょう。

 

スピリチュアルなレベルの悟りとは

実は「悟り」には、エネルギー的な視点から見ても、いくつかの段階があります。

人は小さな悟りを幾度となく繰り返すことで、自分が霊的な存在であることを知り、心が成長していくのです。

それを心理療法としての言葉で表現するなら、気付きが起こり自己理解が深まっていくとも言えるでしょう。

そしてこれは、スピリチュアルな能力を開発する過程でも起きます。

 

生死感が一変する悟りの段階

例えば、人は何度かの体外離脱体験や、前世療法体験を通して、自分が霊的な存在で肉体を失っても存在し続けることを悟ります。

するとその人の人生観は大きく変わり始め、この人生が一冊の本でなく、何百回と転生して繰り返されてきた一章であることに気付きます。

それにより、物質的な価値が自然と変わり、無意識レベルで生死感も大きく変わっていくのです。

それは私たちの悟りとされる変化の中でも、スピリチュアルな能力を開発していった結果、体験できるものだといえるでしょう。

 

悟りから覚醒へそして覚知へ

そしてあるレベルで悟りが深まると、人は意識が覚醒し先ほどお話しした、全体の一部として目覚めていきます。

もしあなたが、スピリチュアルな体験を通して、生死感の変化が起きなかったとしても、このレベルに達すると自然と意識が切り替わります。

それは転生や生まれ変わりなどの理論的な認識がなくとも、命そのものの存在として、生きれるようになっていくのです。

覚醒と同様に悟ったからといって、スピリチュアルな能力が、突然目覚める訳ではありませんが、やはり人生において、覚知とされる深い確信が得られるのです。

 

人が覚醒へ至るための道筋

人が覚醒へ至るための道筋

ではいよいよ、本題に入りましょう。それはどうすれば、スピリチュアルな能力を開発しつつ、覚醒することが出来るかです。

まずはこれまでの内容を含め、大きな道筋を示していきましょう。

 

一足飛びに進もうとすれば危うい

先ほどまでの説明でもお解りのように、スピリチュアルな能力の開発にだけ熱意を注いでいると、思わぬところで足を掬われかねません。

その状態のままでは結果的に覚醒には至れませんし、もし特殊なワークで強制的に覚醒するようなことがあったとしても、人格的に大きな課題を残すこととなります。

その結果、気が付けば先ほどの宗教家や霊能者と、同じ道をたどることに成り兼ねません。

大切なことは、スピリチュアルな能力の開発に取り組みつつも、現実に根差して自分の心理的な問題を癒し、精神的な成長を遂げていくことです。

 

覚醒に至るための正攻法

それは日常生活を整えることで、肉体的な健康を保ちつつ、感情や性的な執着を手放し、雑念を掃って、愛情深い存在となれることです。

簡単にいえば、自らが現実社会で人格者であれるように、自分を磨いていくことです。それがまさに、下位の第1チャクラ~第6チャクラまでを癒し整えていくことに繋がります。

その取り組みの中で、あなたは自分の心や自分の感情と向き合い、雑念を取り払って、自己理解を深めていくこととなるでしょう。

それが小さな悟りとされる心の成長を繰り返しながら、いずれ覚醒へと至る道筋となるのです。

 

”メンバーズブログ"

スピリチュアルな能力を開発して覚醒する方法

スピリチュアルな能力を開発して覚醒する方法

では大きな道筋が解ったところで、どうすればいいのか、具体的な方法を見ていきましょう。

余りにも一般的な方法ではあるものの、もうここまでの解説をご覧いただいていれば、これが正攻法だということはお判りになるでしょう。

 

瞑想により下位のチャクラを浄化する

結論から言ってしまうと、瞑想が一番の近道です。

瞑想とはまさに、下位のチャクラに溜まっている感情や執着、雑念を浄化するためのワークだといえます。

最近よく言われている、マインドフルネスとされる意識状態が、先ほども覚醒の条件で申し上げた、今の肉体に意識をとどめている状態です。

マインドフルネスについては、詳しくはこちらの「心と体のバランスを整える!初心者でも2分で出来るマインドフルネス瞑想」をご覧ください。

そしてこれは同時に、あなたのスピリチュアルな能力を開発するのにも役立ちます。

 

スピリチュアルなスキルを学ぶ

瞑想を日々の自己浄化の取り組みとして実践しつつ、自分を癒すためのワークを行っていきます。

例えばそれは、前世療法や催眠療法などの、スピリチュアルなワークを受けても良いでしょうし、私のセミナーのように、自分を積極的に癒したり、内観する方法を学んでも良いでしょう。

もしあなたがスピリチュアルな能力を開発したいと望み、ヒーリングチャネリングなどに興味があるなら、それらを学ぶのも一手です。

ただそのスキルを学ぶのであれば、それはあくまで現実での生活を主体として、地に足が着いた状態であるように心がけてください。

余りにもそればかりになって、グラウンディングがままならないようでは、結局のことろ逆効果だと言えます。

補足説明
瞑想やグラウンディングについては、こちらの「グラウンディングの意味とその効果とは?地に足をつく方法」で詳しく解説しています。

 

余りにもストレスが多い時の対処法

そしてあまりにも現状ストレスが溜まっていると感じるなら、フラワーレメディなどで自己浄化を加速しても良いでしょう。

日常生活でのストレスがあまりに多いと、瞑想をしていてもすぐに眠くなってきて、気が付いたら意識が飛んでいることも多々あります。

そんな時にはリバイバルレメディと、スクレランサスを使えば、少なからず地に足が着いて、エネルギー的にも整いやすでしょう。

フラワーレメディは、それ自体がスピリチュアルな製品ですから、自らの能力を高める意味でも役立ちますし、手軽に利用できて安全です。

補足説明
 2種類のフラワーレメディをブレンドするなら、500mlのペットボトルに水やお茶などの飲み物を入れて3滴ずつ、合計6滴入れましょう。マイアースでは、希望の方にフラワーレメディの利用法を配布しています。ご注文の際に、カートボタン上の「利用法&問診表 あり」を選択してご注文下さい。なお、フラワーレメディの詳しい利用法は、こちらの「【初心者向け】フラワーレメディの効果的な使い方<バッチシリーズ>」をご覧ください。
初めてのフラワーレメディ利用法付き

 

お問合せ

命としての自然な姿に戻ること

命としての自然な姿に戻ること

スピリチュアルなレベルでの覚醒とは、決して私たちのゴールではなく、成長過程に過ぎません。覚醒すること=この地球での転生から解脱することではないのです。

解脱はあくまで、悟りを開いた結果いきつく結末であり、覚醒はその過程で通過する成長段階です。

 

人格的に落ちるサイキックな人たち

私はなぜヒーラーや霊能者が、たとえ有能なサイキックであったとしても、時に人格的に落ちてしまうのか、それがとても良く解ります。

解るからこそ、私自身も同じ轍を踏まないように注意しているつもりです。

逆にその兆しが見えれば、自分の問題として向き合い、最優先で整えていくように意識しています。

それはスピリチュアルな能力を開発することが、必ずしもすべての欲情や雑念を消し去ることに繋がらないと、理解しているからです。

人は誰しも、自分の弱さや危うさを知ればこそ、そんな落とし穴を回避できるものなのでしょう。

 

人は命として自然な姿を目指す

ですからもしあなたが覚醒したとしても、その生物的な欲求と感情人間的な雑念や思考の問題は、完全には消し去ることができません。

それはあること自体が生命としての自然な姿なのですから、あとはどうそれらに向き合い、取り除いていくのか、それを自らコントロールできるかなのです。

例えばもしあなたが、仏陀のように完全に悟りを開き、解脱することが出来れば、確かにそんな問題には惑わされなくなるでしょう。

その段階に至ってしまえば、すでに人ではなく生きながらに仏となっている状態ですから、スピリチュアルな意味では、人間ではないのかもしれません。

 

あなたの覚醒が世界を整える

ですが私たちがそこに至るためには、まだまだ自らを知り癒していく作業が必要です。

スピリチュアルな能力を開発して覚醒する方法。それは特別なワークや、特別な体験を通じて至る道ではありません。

あくまで瞑想のように、自分の心を研ぎ澄まし、自分に向き合うことで至るものです。スピリチュアルな能力とは、その過程で上部のチャクラが癒されるとともに、自然と開かれていきます。

そんな地に足が着いた取り組みができていれば、きっとあなたも道を誤ることはないでしょう。そして気が付けば、自分の成長とともに、あなたの周囲の現実も整っていくでしょう。

そう真に覚醒し悟りを得られたなら、あなたの周囲の現実が整い満たされることは、至極当然のことなのです。

 

↓ 次のページはこちら! ↓

地に足をつける意味とは?オーラから見た地に足をついて生きる方法

 

 

井上直哉のオフィシャルブログをご覧いただき、ありがとうございます。ブログをご覧いただいたあなたに、こちらの特別なレポートを無料でプレゼントします。

『人間関係を劇的に癒す方法【実例紹介】』
使えばすぐに特定の相手との人間関係を変えられる改善法で、会社、学校、家族、恋人相手でも簡単に使うことが出来る実践的な方法です。

『豊かさのオーラの秘密【実例紹介】』
お金に関するオーラ診断から垣間見えた過去の記憶とは?私たちが無意識に持っているお金に関するブロックが見えてきます。

最新のお知らせ
■あなたの人生をポジティブにするメンタルヘルスセミナー
心を癒す魔法の言葉セミナー東京201611
心を癒す魔法の言葉セミナー
心をポジティブにする方法を学び習得するためのセミナー
■開催日程:2019年4月14日、5月11日、6月9日
■開催場所:東京、会津、京都 / 時間:2時間30分

スピリチュアルな能力を開発して覚醒する方法(悟りとの違いも解説)

悩みをお持ちで、心の癒しと成長を望まれる方へ

 

 お持ちの悩みについて、心を癒し改善することは、あなたが思いつめているほど、実は難しいことではありません。

 心が癒されることで、あなたの周囲の人間関係には、自然と変化が起こり、もっと安心して自分らしく、人生を生きれるようになります。

 心の問題に取り組むにあたり、ご心配のことがあれば、まずは無料相談から、お問い合わせください。

お問い合わせ&無料相談

 

スポンサードリンク