パニック障害や不安障害のスピリチュアルな原因と改善法

パニック障害や不安障害のスピリチュアルな原因と改善法
The following two tabs change content below.
Avatar photo

井上直哉

心理とスピリチュアルの専門家
1989年大学に進学中に独自に体外離脱の研究を行い、自ら離脱体験をもつ。医療機器メーカーに就職後、2001年に心理療法家として独立。3,000人以上のセラピー実績を持ち、年間20回以上のセミナーを全国で開催。2010年に株式会社ヒーリングアースを設立。現在では経営の傍ら個人セッション及びセミナーをこなしながら執筆活動に励む。オフィシャルブログは年間300万人が訪れる。
人気記事 プロフィール お問合せ

こんにちは。
心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉です。

今回のブログは、少し異例の記事となります。私はこのブログでも、いくつかの心の病気に対する改善法を、スピリチュアルな視点から紹介してきました。

この記事は、その中でも特に専門的な内容になるでしょう。

ですので、最初に申し上げておくと、この内容はあくまで、医療とは別な分野の専門家が、「パニック障害(不安障害)」という問題について解説するものです。

そのことをご理解いただいた上で、ご自身が受け取れる内容のみを、参考にしてください。

ここに書くことは、私自身の経験や実体験から申し上げることですが、それはあくまで医療とは別な解釈であるということです。

 

無料プレゼント

パニック障害について書く理由

パニック障害について書く理由

まずはなぜ今回、パニック障害に関する記事を書くことにしたのか、その理由などをお話ししたいと思います。

 

そもそもパニック障害(不安障害)とは

なお、このブログはパニック障害という問題を、すでにお持ちの方へ向けたものなので、パニック障害がどのような問題なのかについては、特に説明しません。

念のため、厚生労働省の「みんなのメンタルヘルス」の内容を、一部だけ引用しておきますので、詳しく知りたい方は、そちらのページをご覧ください。

突然理由もなく、動悸やめまい、発汗、窒息感、吐き気、手足の震えといった発作(パニック発作)を起こし、そのために生活に支障が出ている状態をパニック障害といいます。

このパニック発作は、死んでしまうのではないかと思うほど強くて、自分ではコントロールできないと感じます。

みんなのメンタルヘルス引用:パニック障害・不安障害

 

心理とスピリチュアルは代替療法

私はすでに、20年以上心理とスピリチュアルの専門家として活動しており、それらの分野の視点から、心の問題の解消に取り組んできました。

これまでに3000人以上の方とお会いして、悩みの改善をサポートしてきましたし、今でも催眠療法、オーラ診断、心理療法などの個人セッションを行っています。

もちろん、お持ちの問題は人それぞれ、人間関係や恐怖症について相談してくる方も居れば、中には鬱や不安障害などで、心療内科や精神科に通院されている方もいます。

ですが、私の実践していることは、あくまで代替療法であり、医療ではありません。

そのため今までは出来るだけ、病状や治療に関わる内容については、記載してきませんでした。

 

お読みいただく上での注意点

そんな私が、あえてこのパニック障害」について書くのには理由が在ります。

それは、私がスピリチュアルな視点から知り得た内容が、少なからずパニック障害の方の、お役に立つのではないかと思うからです。

ですから、これからお話しすることは、あくまで心理療法家として、人の心に関わってきた一人の人間が理解したことを書くだけです。

そのことをご了承いただいた上で、参考に出来る内容のみ、役立てていただければと思います。

 

魔法の言葉セミナー

パニックが起きる心の仕組みについて

パニックが起きる心の仕組みについて

パニック障害(不安障害)でお悩みの方は、得てして自分に何が起きているのか、理解されていないと思います。

なぜ自分だけ、パニックであれほどまでの怖さを、感じなければならないのか。。。まずはその点からお話ししましょう。

 

パニック障害の原因や心の仕組みを理解する

私は何人ものパニック障害の方とお会いして、一緒にセッションを行ってきましたが、共通して言えることが一つあります。

それはみなさん、パニック障害という問題の原因や「心の仕組み」を、理解していないことです。

そして私がこう言うと、みなさんとても驚かれます。

 

<井上>

実はパニックが起こるのは、あなたの心が正常に機能しているからなのです。

 

パニックの発作は心の自然治癒力

大事なことなので、もう一回言います。

 

<井上>

あなたがパニックになるのは、あなたの心の自然治癒力が正常に働いた結果なのです。

 

その証拠に、パニック発作の後は、あなたはとても楽になるでしょう。身も心も解放されたような、リラックスして安らいだ状態を感じられるでしょう。

それはあなたの心が、パニックという発作を通じて、あなた自身を癒した結果なのです。

 

<井上のワンポイント>

これを言われると、信じられないとか、驚かれるパニックの方も多いと思います。

ですが、後ほどその仕組みを詳しく解説してい行きますので、まずは「そうなの?」程度に、受け止めておいてください。

 

感情は我慢することでストレスとなる

感情は我慢することでストレスとなる

ではここからは、なぜパニック障害のような発作が、あなたに起きるのかを説明しますが、その上で「私たちの心の仕組み」について、詳しくお話しして置きましょう。

これは、私が多くの方のオーラを見て、スピリチュアルな側面から理解した、私たち人間の感情とストレスとの関係についての話しです。

 

私たち人間特有の我慢すること

私たち人間は、子供の頃から日常生活で「我慢」することを学びます。

動物の中で「我慢」することを学ぶのは、人間だけだといえるでしょう。

  • 欲しいものを我慢する。
  • 泣くことを我慢する。
  • 怒りを我慢する。
  • 言いたくても我慢する。
  • 我慢して学校に通う。

書き出せば、我慢することの種類には、限りがありません。

 

<井上のワンポイント>

ある意味、我慢するということは、生物としての自然な姿ではないのかもしれません。

ですから、パニック障害などの様々な心の問題は、人間独自の悩みだといえます。

 

我慢は感情をコントロールする唯一の方法

我慢することでより理性的に行動し、感情に流されない精神と心を養う意味では、それは確かに役立つことです。

この「我慢」は、私たち人間が、心の波に対処するために、唯一利用してきた対処法だといえるでしょう。

私たちはもともと、豊かな感受性と感情をもって生まれて来ましたが、成長するにつれて、しだいに感情をコントロールするように教育されます。

そのために教えられる、唯一の方法が「我慢」することなのです。それは教育というより、躾として教え込まれる、人としての感情のコントロール法だといえます。

 

我慢は確かに必要なこともある

私は決して我慢することを否定するわけではありません。

ですが「我慢」とは「緊張」であり、心と身体を緊張させることにより、感情のエネルギーを肉体に抑え込むことが「我慢」なのです。

それは、その感情や思いが、解消されたとか、手放されたとか、消え去った訳ではなく、一時的に心と身体の奥に押し留める行為なのです。

そして肉体に押し留められた感情は、ストレスとなり身体に蓄積されていきます。

 

<井上のワンポイント>

私達が日常生活で感じているストレスの多くは、その時々の自分の気持ち(感情)を、我慢したことで溜まるものだと言えるでしょう。

我慢せずに、その時の思いのままに行動して、感情を発散させることができていれば、ストレスはあまり溜まらないのです。(周りの人は大変でしょうが。。。)

 

日常で働く心と身体の自然治癒力

日常で働く心と身体の自然治癒力

そうやって私たちは、感情を一時的に我慢することで、ストレスとして身体に押留めて、社会生活を送ってきます。

溜まってしまったストレスは、日常生活の中で、何らかの方法で解消していくことになるのです。

 

緊張がほぐれると感情は解放される

我慢することで、体内に蓄積された感情のエネルギーは、日頃の生活で、心と身体の緊張がほぐれた時に、自然と解放されていきます。

それは心の自然治癒力が働いているからです。

例えば、夜寝ているときに寝相が悪いのは、心と身体の自然治癒力が働いて、寝ながらストレッチして身体の緊張をほぐし、溜まったエネルギーを解放しているからです。

そして悪い夢は、まさに感情のエネルギーが、夢を通じて発散されたときに見るものです。

 

<井上のワンポイント>

そんな悪夢を見る心の仕組みについては、こちらの「悪夢の原因とスピリチュアルな対処法!怖い夢や嫌な夢ばかり見る心理」で詳しく解説しています。

ただパニック障害や不安障害の方は、夢を見ていないか、毎晩のようにうなされるかの、どちらかかもしれません。

 

心と身体の自然治癒力が働くとき

実は悪い夢も、心の自然治癒力が働いた結果で、心にとっては良いことなのです。それに幼い子供であればあるほど、寝相が悪く、怖い夢も見たりしますよね。

それは彼らが、まだ身体が柔らかく心も素直なので、より柔軟に、ストレスを解放することができるからなのです。

そう、寝相が悪いことも良いこと。悪い夢を見るのも本当は良いこと。

心と身体の自然治癒力が正常に働いて、ストレスを解放している結果なのです。

 

<井上のワンポイント>

子供が怖い映画を見ると、その晩にトイレを怖がったり、おねしょをするのも、そんな怖さの感情が抑えきれずに、すぐに出てくるからなのです。

子供の夜泣きもそれと同じで、詳しくはこちらの「子供の夜泣きの原因と対策について<子供が夜泣きをする心の仕組み>」で、実例をもとに解説しています。

 

スピリチュアルに見たパニック障害の原因

スピリチュアルに見たパニック障害の原因

そこまで説明したところで、そろそろ話を元に戻しましょう。では、パニック障害で発作が起きる、本当の原因とは何なのか?

それは、我慢することが慢性化しすぎて、あまりにも緊張が強いため、日常生活でストレスが解消できない結果に起きる症状なのです。

 

パニック障害の発作が起きる仕組み

例えば、夢を見ないとか、眠りが浅いなど、夜に寝るだけでは心と身体の緊張が解れないと、心がストレスを解放できず、しだいにストレスが蓄積していきます。

その結果、「怖さ」というもっとも緊張感が伴う感情が、心の奥に押し留められて、ある一定量を越えた時に、心が我慢しきれなくなり、発作となって一度に解放されるのです。

まるで、電気のブレーカーが落ちるように、発作が起こります。それがパニック障害の方が経験する発作です。

ですから、パニック障害の方の発作の怖さは、気絶するほどの強烈な怖さです。

 

<井上のワンポイント>

一般の方は、そんな怖さを経験したことが無いと思いますが、あえて申し上げるなら。

怖い夢を見て、叫んで起るような怖さです。それを意識のある時に、突然体験するのですから、耐えられずに混乱するのは当然です。

 

パニック障害の原因と役割

でもその怖さ自体は、本当は小さな怖さが積み重なったものなのです。例えばオーラを見るように、スピリチュアルな視点で見ると、こんな表現が適しているでしょう。

真っ白い紙に「我慢」するたびに、薄い赤色を塗り重ねます。すると、最初は微かな赤色でしたが、それが回数を重ねることで、いずれ真紅に変わります。

そして一度で、その真紅のエネルギーがすべて解放されるのです。すると、体験したこともないほどの強い恐怖となって、心で感じることになるのです。

まるで、支えきれなくなったダムが、いっぺんにすべての水を放出するようなものだといえるでしょう。

ですから、パニック発作という現象自体は、心が元の状態に戻るために、すべてのストレスを放出する、心の治癒力が働いた結果だといえます。

 

<井上のワンポイント>

押し留めていた怖さの感情が、いっぺんにすべて解消されるので、その後はとても深い安心感で心が満たされます。

パニック障害の方や不安障害の方は、慢性的な緊張感があることで、そのサイクルを繰り返してしまうのです。

 

原因は緊張で「怖さ」が解消できないこと

怖さと言う感情に限らず、私たちが感情のストレスを解放するためには、一度その感情を感じる必要があります。

でもパニックの原因となる「怖さ」や「不安」は、感じると同時に、思わず緊張して我慢するものです。そのため、私たちは怖さという感情を、反射的に抑え込んでしまい易いのです。

それにより、そんな緊張感で抑えられない寝ている間に、悪夢のようなものや、追われる夢として怖さが出てきます。

ですから、過度な緊張やストレスなどで不眠に陥り、夢で怖さや不安感が解消できなくなると、パニック障害のような方法で、怖さを解消せざる得なくなるのです。

 

パニック障害を改善する方法

パニック障害を改善する方法

スピリチュアルな視点から見た、パニックの原因は、これでお解りになったと思います。

問題はそこまで大変な思いをせずに、もっと健やかにストレスを解消できれば、もうパニック障害で発作が起きることもないのです。

 

パニックの原因である緊張感を解す

そのために日常生活で意識すべきことは、もうお解りですよね。慢性的な緊張感を、解きほぐして、リラックスできるようになることです。

そうすれば、もう不必要に心の中に、恐れや不安を溜めることはないのです。

色が真紅に染まってしまう前に、可能な限りリラックスして、ストレスを手放してあげることができれば、そこまで怖い思いはせずに済みます。

それは、日常生活で心の底から安心できる、「オフ」の時間を作ってあげることとも、言えるかもしれません。

 

パニック障害を改善するための代替療法

パニック障害を改善するための代替療法は、意外と多く存在します。

例えば、自分でストレッチヨガをして、柔軟性を養うもの良いでしょうし、ちょっとストレスが溜まり気味だと思ったら、鍼灸やマッサージを受けるのも良いでしょう。

ハリなどは、スピリチュアルな視点から見れば、身体に溜まった感情のエネルギーを、ダイレクトに抜き取ってくれるものです。

ボディーワークで筋肉を解すことは、肉体から心を解すことに繋がりますから、とても有効なのです。

 

<井上のワンポイント>

パニック障害や不安障害などの、慢性的な緊張感が原因の心の問題には、そんな肉体から心を解すのが、最も簡単な改善法だといえるでしょう。

まずは生活スタイルを見直すことで、緊張感を解していくのです。

 

自分でパニックを改善できる自然療法

さらに自分で対処するなら、イギリス発祥の心の療法である、フラワーレメディがとても役に立ちます。

その中のリバイバルレメディという種類なら、不安を癒して緊張感も取り除いてくれますから、比較的、結果も早く出るでしょう。

使い始めると、明らかに発作の回数が減っていくので、とても改善されていることが解り易いです。

さらには、ロックローズという種類を、ブレンドして一緒に使えば、なおさら改善が早いでしょう。

補足説明
 2種類のフラワーレメディをブレンドするなら、500mlのペットボトルに水やお茶などの飲み物を入れて3滴ずつ、合計6滴入れましょう。マイアースでは、希望の方にフラワーレメディの利用法を配布しています。ご注文の際に、カートボタン上の「利用法&適応表 あり」を選択してご注文下さい。なお、フラワーレメディの詳しい利用法は、こちらの「【初心者向け】フラワーレメディの効果的な使い方<バッチシリーズ>」をご覧ください。
初めてのフラワーレメディ利用法付き

 

<井上のワンポイント>

ロックローズは、リバイバルレメディにあらかじめブレンドされている種類ですが、パニック障害なら、さらにブレンドした方が、結果が早く出ますよ。

 

パニック障害に対処するポイント

パニック障害の改善のために、どんな代替療法を試してみるにしても、以下の3つのポイントを押さえておきましょう。

  1. 日頃の生活の中で、リラックスするように心掛けて、意識的に緊張感を解きほぐすこと。
  2. 怖い夢を見ても、それは心の自然治癒力で、良いことだと理解して余計な心配をしないこと。
  3. 発作が起きても、それは心の自然治癒力であると理解して、それ以上怖がらないこと。

発作の前や発作の時は大変だけど、終わった後は怖がったり、自分を責めたりせずに、自分の心に感謝してあげましょう。「私を癒してくれてありがとう」って。

そんな気持ちで受け止め、パニックの発作が起こったことが、ストレスに成らないように注意してください。

 

<井上のワンポイント>

家にいても、なかなか安心できない方は、こちらの「自律神経にやさしい音楽CD」を一緒に使ってみてください。

医師監修の1番人気の癒しCDで、自然音も入っているので、リビングなどでBGMとして使えば、自然と気持ちも穏やかに整ってきます。

 

”メンバーズブログ"

パニック障害で通院されている方へ

パニック障害で通院されている方へ

続いては、パニック障害だと診断されて、現在通院されている方に、どのように改善に取り組めばいいのかお伝えしておきます。

もしあなたが、マッサージやアロマトリートメントなど、代替療法での改善に取り組みたいのであれば、通院されている病院のお医者様へ、一言お話ししておくと良いでしょう。

 

お医者様も代替療法を勧めてくれる

お医者様は基本的に、あなたが自ら代替療法を通じて、パニック障害の改善に取り組むことを支持してくださいます。

ですから心配せずに、掛かり付け医に話してみてください。

その上で、お薬の処方なども、相談しながら進めて行くと良いでしょう。

大切なことは我慢せずに、それぞれの専門家へ、実状を伝えることです。

 

パニック障害を改善するためのポイント

パニックの発作で悩まれている方の中には、何か特別な改善策を行えば、発作が突然消え去ると思われている方がいるようです。

ですが実際に改善する方は、徐々に回数が減っていき、最終的には「最近そういえば発作が起きないよね」というパターンです。

ですから、そんな改善の兆候を知るためにも、まずはカレンダーなどに、発作の起きた回数を記録する習慣を持ちましょう。

改善するときには、その回数が減ったり、間隔が開いていくことから始まります。

 

<井上のワンポイント>

特に改善の最中で、比較的調子がいい時でも、まれに発作が起きることが在ります。

その時に、決して諦めてしまわないように、発作の回数を記録することで、良くなっている実感を持ちましょう。

 

自分で心の癒し方を学びたいなら

最後に私事ですが、私の開催するセミナーで学ぶスキルでも、パニック障害や不安障害などは改善します。

それは、このセミナーで学んでいただく、心を癒す魔法の言葉が、パニックの原因であるストレスを、心と身体に溜めないようにするための、技術でもあるからです。

実際に何人もの方が、パニックや不安障害、恐怖症などを克服されています。

ですから、もし自分でパニック障害を改善したいと望まれるなら、一度こちらの受講生の感想を参考にご覧ください。どのように改善するのかも、雰囲気で感じられることでしょう。

 

井上のオーラ診断

井上のYoutube動画<聴くブログ>

 

↓ 次のページはこちら ↓

【精神安定剤をやめる方法】抗不安薬のスピリチュアルな効果と作用

 

最新のお知らせ
>自分らしく輝いて生きるための
心を癒す魔法の言葉セミナー東京201611
心を癒す魔法の言葉セミナー
自分の心をポジティブに整える方法を学ぶ
■日程:2022年10月8日(
■場所:オンライン開催/ 時間:2時間30分

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

1989年大学に進学中に独自に体外離脱の研究を行い、自ら離脱体験をもつ。医療機器メーカーに就職後、2001年に心理療法家として独立。3,000人以上のセラピー実績を持ち、年間20回以上のセミナーを全国で開催。2010年に株式会社ヒーリングアースを設立。現在では経営の傍ら個人セッション及びセミナーをこなしながら執筆活動に励む。オフィシャルブログは年間300万人が訪れる。
人気記事 プロフィール お問合せ