パニック障害の原因と改善法 発作の仕組みをスピリチュアルに解説

パニック障害の原因と改善法-01
The following two tabs change content below.
オーラアドバイザー 井上直哉

オーラアドバイザー 井上直哉

オーラと心理療法の専門家
 現実的なスピリチュアルをモットーに、日頃の生活で感じている気付きや学びをブログで紹介しています。『心を癒す魔法の言葉®』を世界中の人に伝えることを、人生の目的として活動中。最近始めた趣味は料理。Myレシピは「餡かけチャーハン」。詳しいプロフィールはこちら
読者プレゼント お問合せ&無料相談
 サービス内容

こんにちは。
オーラアドバイザー 井上(@my_earth_naoya)です。

今日もちょっと番外編のブログとなります。

直接関係のない方は、表題をみて少し驚いたかもしれません。

今回はパニック障害の原因に関する、専門的なブログになりますが、伝えたいことは可能な限り、解り易くお伝えできればと思います。よろしければお付き合いください。

なお、このブログはパニック障害という問題をお持ちの方へ向けたものなので、パニック障害については特に説明しません。

お知りになりたい方は、ご自身でネットで調べていただいた上で、この先に進んでください。

簡単にウィキペディアから、ポイントだけ引用しておきます。

パニック障害とは、予期しないパニック発作が繰り返し起こっており、1か月以上にわたりパニック発作について心配したり、行動を変えているという特徴を持つ不安障害に分類される精神障害である。 Wikipedia参照

 

 

スポンサードリンク

パニック障害の原因や心の仕組に関して書く理由

パニック障害の原因や心の仕組に関して書く理由

プロフィールにも書きましたが、私の専門は心理療法です。

以前は催眠療法を主体にセッションを行い、3000人以上の方とお会いしてきました。

もちろん、お持ちの相談は人それぞれ、人間関係や恐怖症もあれば、心療内科や精神科に通院されている方いました。

なので今ままでは、私自身カウンセラーという立場から、病名のついた問題について、公のブログなどで書くことはありませんでした。

 

お読みいただく上での注意点

それはカウンセリングや催眠療法が、あくまで代替療法であり、医師ではありませんから、『病状』『治療』に関わることを書くと、医師法に反すると考えてきたからです。

ですから、病名の付いた症状について、個人的に語ることは避けてきました。

今回あえてこの『パニック障害』について、書くことにしたのは、私がスピリチュアルな視点から得たこの内容は、少なからずパニック障害のみなさんのお役に立つのではないかと思うからです。

ですから、これからお話しすることは、あくまで心理療法家として人の心に関わってきた、ある一人の人間が思ったことを書くだけです。

そのことをご理解いただいた上で、お読みいただければ幸いです。

 

パニック障害の原因や心の仕組みを理解する

私は何人ものパニック障害の方とお会いして、一緒にセッションを行ってきましたが、共通して言えることが一つあります。

それはみなさん、パニック障害という問題の原因や、「心の仕組み」を理解していないことです。

そして私がこう言うと、みなさんとても驚かれます。

 

<井上>
実はパニックが起こるのは、あなたの心が正常に機能しているその証拠なのです。

 

パニックの発作は心の自然治癒力

大事なことなので、もう一回言います。

 

<井上>
あなたがパニックになるのは、あなたの心の自然治癒力正常に働いた結果なのです。

 

その証拠に、パニックの発作後は、あなたはとても楽になるでしょう。身も心も解放されたような、リラックスして安らいだ状態を感じられるでしょう。

それはあなたの心が、パニックという発作を通じて、あなた自身を癒した結果なのです。

 

子供の頃に学ぶ感情への対処法

子供の頃に学ぶ感情への対処法

ではここから、なぜパニック障害の発作ような問題が起こるのか、それを説明する上で、私たちの心の仕組みについて、詳しくお話しして置きましょう。

これは、私が多くの方のオーラを見て、スピリチュアルな側面から理解した、私たち人間の心の自然治癒力です。

 

私たち人間特有の我慢すること

私たち人間は、子供の頃から日常生活で、『我慢』することを学びます。

きっと動物の中で、『我慢』することを学ぶのは、人間だけかもしれません。

  • 欲しいものを我慢する。
  • 泣くことを我慢する。
  • 怒りを我慢する。
  • 言いたくても我慢する。
  • 我慢して学校に通う。

書き出せば『我慢』の種類に限りはないことでしょう。

 

我慢は感情をコントロールする唯一の方法

我慢することでより理性的に行動し、感情に流されない精神と心を養う意味では、それは確かに役立つことです。この『我慢』は、私たち人間が心の波に対処するために、唯一利用してきた対処法なのです。

私たちはもともと、豊かな感受性と、感情をもって生まれて来ました。ですが成長するにつれて、しだいに感情をコントロールするように教育されます。

そのために教えられる唯一の方法が『我慢』することなのです。

それは教育というより躾として教え込まれる、人としての感情のコントロール法です。

 

我慢は確かに必要なこともある

私は決して我慢することを否定するわけではありません。

ですが『我慢』とは『緊張』であり、その『緊張』により『感情のパワー』を、肉体に留めることが『我慢』なのです。

それは決して解消されたとか、手放されたとか、消え去った訳ではなく、一時的に押し留められただけなのです。

そして肉体に押し留められた感情は、ストレスとなり身体に蓄積されていくのです。

 

日常で働く心と身体の自然治癒力

日常で働く心と身体の自然治癒力

そうやって私たちは、感情を我慢することで、ストレスとして身体に押留めるようになります。

ですがそんなストレスも、本来なら私たちは日常生活で、自然と解消させていくのです。

 

緊張がほぐれると感情は解放される

日常生活では、我慢することで蓄積された感情のパワーは、その緊張がほぐれた時に自然と解放されます。

それは心の自然治癒力が働いているからです。

例えばユックリと夜寝ているとき、寝相が悪いのは、心と身体の自然治癒力が働いて、寝ながらストレッチして緊張をほぐし、溜まったエネルギーを解放しているからです。

そして悪い夢は、まさに感情のエネルギーが、夢を通じて発散されたときに見るものです。

 

心と身体の自然治癒力が働くとき

実は悪い夢も心の自然治癒力が働いた結果で、心にとっては良いことなのです。

子供であればあるほど、寝相が悪く、怖い夢も見たりしますよね。

それは彼らが、まだ身体が柔らかく心も素直なので、より柔軟に自分を癒したり、ストレスを解放することができているからなのです。

そう、寝相が悪いことも良いこと。悪い夢を見るのも本当は良いこと。

心と身体の自然治癒力が正常に働いて、ストレスを解放している結果なのです。

 

 

パニック障害の原因とは

パニック障害の原因とは

そこまで説明したところで、そろそろ話を元に戻しましょう。

それではパニック障害の発作が起きる原因は何か、それは『我慢』することが慢性化しすぎて、あまりにも緊張が強いためです。

 

パニック障害の発作が起きる仕組み

寝るだけでは、身体の緊張が解れずに、心がストレスを解放しきれなくなって、少しずつ残ったストレスが蓄積します。

その結果、怖さというもっとも緊張感が伴う感情が、心の奥に留められて、ある一定量を越えた時に、心が支えきれなくなり、発作となって一度に解放されるのです。

まるで電気のブレーカーが落ちるように、それがパニック障害の方が経験する発作です。

ですから、パニック障害の方の発作の怖さは、気絶するほどの強烈な怖さです。

 

パニック障害の原因と役割

でもそれ自体は、本当は小さな怖さが積み重なったものなのです。

例えばこんな感じです。

真っ白い紙に『我慢』するたびに、薄い赤色を塗り重ねます。すると最初は微かな赤色でしたが、それが回数を重ねることで、いずれ真紅に変わります。

そして一度で、その真紅のエネルギーがすべて解放されるのです。それは体験したこともないほどの強い恐怖となって、心が感じることで解放されるのです。

まるで支えきれなくなったダムが、いっぺんにすべて放出するかのように。

ですからパニックという現象自体は、心が元の状態に戻るための、心の治癒力と言えるのです。

 

 

原因は緊張で「怖さ」が解消できないこと

怖さと言う感情に限らず、私たちが感情のストレスを解放するためには、一度その感情を体験する必要があります。

でもパニックの原因となる「怖さ」や「不安」とは、感じると同時に我慢する緊張感を呼び起こすものなので、怖さが出てこようとしたときに、私たちは反射的に抑え込んでしまうのです。

だからこそ、そんな緊張感で抑えられない夜間の寝ている間に、悪夢のようなものや、追われる夢として怖さが出てきやすいのです。

そして、ストレスなどで不眠に陥り、夢で怖さや不安感が解消できなくなると、パニック障害のような形で対処せざる得なくなるのです。

 

 

”メンバーズブログ"

パニック障害を改善する方法

パニック障害を改善する方法

スピリチュアルな視点から見た、パニックの原因は、これでお解りになったと思います。

問題はそこまで大変な思いをせずに、もっと健やかにストレスを解放できれば、もうパニック障害で発作が起きる必要はないのです。

 

パニックの原因である緊張感を解す

そのために日常生活で意識すべきことは、もうお解りですよね。リラックスできるようになることです。

慢性的な緊張感を、解きほぐしてあげることです。

そうすれば、もう不必要に心の中に、恐れや不安を貯めることはないのです。

色が真紅に染まってしまう前に、可能な限りリラックスして、ストレスを手放してあげることができれば、そこまで怖い思いはせずに済むのです。

それは日常生活で、「オフ」の時間を作ってあげることとも、言えるかもしれません。

 

 

パニック障害を改善するための代替療法

パニック障害を改善するための代替療法は、意外と多く存在します。

例えば自分でストレッチをして、柔軟性を養うもの良いでしょうし、ちょっとストレスが溜まり気味だと思ったら、マッサージを受けるのも良いでしょう。

ハリなどは、身体に溜まった感情のストレスを、ダイレクトに抜き取ってくれます。

ボディーワークで筋肉を解すことは、肉体から心を解すことに繋がり、とても有効です。

 

 

自分でパニックを改善できる自然療法

そして自分で対処するなら、イギリス発の自然療法であるフラワーレメディのリバイバルが、とても役に立ちます。

リバイバルレメディなら、不安を癒して緊張感も取り除いてくれますから、比較的、結果も早く出るでしょう。

利用すると発作の回数が減っていくので、とても良く改善されていることが解ります。

こちらで紹介している製品は、オーガニックなので、赤ちゃんにも利用できる安心安全なフラワーレメディです。

補足説明
 フラワーレメディを使用するなら、500mlのペットボトルに水やお茶などの飲み物を入れて、レメディを6滴入れましょう。マイアースでは、希望の方にフラワーレメディの利用法を配布しています。ご注文の際に、カートボタン上の「利用法&問診表 あり」を選択してご注文下さい。なお、フラワーレメディの詳しい利用法は、こちらの「【初心者向け】フラワーレメディの効果的な使い方<バッチシリーズ>」をご覧ください。
初めてのフラワーレメディ利用法付き

 

パニック障害に対処するポイント

パニック障害の改善のために、どんな代替療法を試してみるにしても、以下の3つのポイントを押さえておきましょう。

  1. 日頃の生活の中で、リラックスして意識的に緊張感を解きほぐすこと。
  2. 怖い夢を見ても、それは心の自然治癒力で、良いことだと理解して余計な心配をしないこと。
  3. 発作が起きたとしても、それが心の自然治癒力であると理解してあげること。

発作の前や発作の時は大変だけど、終わった後は怖がったり、自分を責めたりせずに、自分の心に感謝してあげましょう。

私を癒してくれてありがとうって。

そんな気持ちで受け止め、パニックの発作が起こったことが、ストレスに成らないように注意しましょう。

 

お問合せ
スポンサードリンク

パニック障害で病院へ通われてるあなたへ

パニック障害で病院へ通われてるあなたへ

もしあなたが、パニック障害だと診断されて、お医者様に通院されているなら。

マッサージやアロマトリートメントなど、代替療法を試したいときには、通院されている病院のお医者様へ、一言お話ししておくと良いでしょう。

 

お医者様もパニックの改善に勧めてくれる

お医者様は基本的に、あなたが自ら代替療法を通じて、治療に取り組むことを支持してくださいます。

心配せずに、お医者様にお話してみると良いでしょう。そしてその上で、お薬の処方などもお医者様に相談しながら進めましょう。

大切なことは我慢せずに、それぞれの専門家へ相談されることです。

よろしければ「精神科や心療内科のお医者様との向き合い方」も参考にご覧ください。

 

パニック障害を改善するためのポイント

パニックの発作で悩まれている方の中には、何か改善策を行えば、発作が突然が消え去ると思われている方がいます。

ですが実際には、徐々に回数が減っていき、最終的には「最近そういえば発作が起きないよね」というのが、良くなる方の傾向です。

そこでまずは、カレンダーに発作の起きた回数を記録しましょう。改善の目安はその回数が減ったり、間隔が開いていくことからです。

特に改善の最中で調子がいい時でも、まれに発作が起きることが在りますから、そんな時に諦めてしまわないように、注意してください。

 

自分で心の癒し方を学びたいなら

最後に私事ですが、私の開催するセミナーでも、パニック障害や恐怖症などは改善します。

それはこの心を癒す魔法の言葉が、パニックの原因であるストレスを、心と身体に溜めないようにするための、スキルでもあるからです。

ですから、もし自分で魔法の言葉を身に付け、パニックを克服したいと望まれるなら、ぜひ一度ご参加ください。

こちらの受講生の感想を見てもお解りのように、様々な心理的な問題が、この心を癒す魔法の言葉を使うことで解消しています。

 

ですから、焦らずマイペースに、ご自分の心の癒しに取り組んでください。

 

↓ 次のページはこちら ↓

精神安定剤をやめる方法 抗不安薬のスピリチュアルな効果と作用【実例紹介】

 

 

編集後記など1分1言動画

井上直哉のオフィシャルブログをご覧いただき、ありがとうございます。ブログをご覧いただいたあなたに、こちらの特別なレポートをプレゼントします。

『人間関係を劇的に癒す方法【実例紹介】』
使えばすぐに特定の相手との人間関係を変えられる改善法で、会社、学校、家族、恋人相手でも簡単に使うことが出来る実践的な方法です。

『豊かさのオーラの秘密【実例紹介】』
お金に関するオーラ診断から垣間見えた過去の記憶とは?私たちが無意識に持っているお金に関するブロックが見えてきます。

 

最新のお知らせ
心を癒す魔法の言葉セミナー東京201611
心を癒す魔法の言葉セミナー開催情報
<開催: 東京 8/19(土) : 会津 10/21(土)>
→ このセミナーは今のあなたが望む未来を実現します。
家庭をもって輝いて生きたい女性はこちら
結婚で幸せを掴みたい独身女性はこちら
ポジティブな人生に好転したい人はこちら
人生で自己実現を目指す男性はこちら

スポンサードリンク
 

パニック障害の原因と改善法-01

悩みをお持ちで、心の癒しと成長を望まれる方へ

 

 お持ちの悩みについて、心を癒し改善することは、あなたが思いつめているほど、実は難しいことではありません。

 心が癒されることで、あなたの周囲の人間関係には、自然と変化が起こり、もっと安心して自分らしく、人生を生きれるようになります。ご心配のことがあれば、まずは無料相談から、お問い合わせください。

お問い合わせ&無料相談

自己実現を目指すなら↓↓↓

深遠なるスピリチュアルの世界へ 【メンバー限定ブログ】

 

メンバーズブログ-01

<メンバーズブログ記事の一部>
・なぜ人は転生するのか?
・天使の選択、人の選択
・自信を養う王道
・経済的に豊かになる秘訣
・強制的に幸運を招き寄せる


・願いを叶える祈りの方程式
・有限の愛と無限の愛
・人生の目的の見つけ方
・お金を引き寄せる方程式
・覚醒するための道のり

メンバーズブログでは、私自身が学び成長する過程で知り得た、さらに深遠な気付きや、スピリチュアルな体験について限定公開しています。あなたが自らの存在意義や人生について考え、成長したいと望まれるならご参加ください。