現状を打破したいけど出来ない人のスピリチュアルな改善法

現状を打破したいけど出来ない人のスピリチュアルな改善法
The following two tabs change content below.
アバター画像

井上直哉

心理とスピリチュアルの専門家
1989年大学に進学中に、独自にスピリチュアルの研究を行い体外離脱体験をもつ。医療機器メーカーに就職後、2001年に心理療法家として独立。3,000人以上のセラピー実績を持ち、年間20回以上のセミナーを全国で開催。2010年に株式会社ヒーリングアースを設立。現在は経営の傍ら個人セッション及びセミナーをこなしながら執筆活動に励む。ブログは年間300万人が訪れる。モットーは「現実が変わるスピリチュアル」です。
スピリチュアルを学びたい方へ プロフィール お問合せ

こんにちは。
心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉(@my_earth_naoya)です。

私は、このサイトの相談受付ページから、毎日のように色々な相談を受けています。

そんな中に、時折り現状を打破したいけど、なかなか自分で前進できずに、ヤキモキしていたり、同じことを繰り返してしまう人がいます。

いただいたメールからも、それはとても良く解るのですが、今回はそんな人が、どうすれば現状を打破できるのか、その方法をお話ししたいと思います。

お伝えするのは、自分一人でもできるスピリチュアルな取り組みなので、今まさに現状を打破したいと望まれているなら、ぜひご覧いただき、出来ることから始めてみてください。

そうすれば、きっとあなたも、自然と行動に移せるようになるでしょう。

 

無料プレゼント

現状を打破したい気持ちとは

現状を打破したい気持ちとは

私たちが現状を打破したいと望むとき、それは慢性的に我慢し続けているときや、何をしても現状が変わらないと感じているときです。

さらには、なかなか一歩を踏み出す気持ちになれないとき、ではないでしょうか。

 

変わりたいと心の底で強く望むとき

そんな時には、自分で何とかして、この停滞した気持ちを打破したいと思うのですが、どうすれば良いのかが解りません。

その結果、進むことも留まることもままならずに、時間ばかりが過ぎてしまうのです。

きっとあなたも、そんな悶々とした日々を過ごしたことがあるでしょうし、今まさに過ごしているのかもしれません。

変わりたいと、心の底で強く望みながらも、なかなかそれが実現できないとき。それが現状を打破したいと、強く望む時だといえます。

 

心はすでにポジティブになっている

まずそんなあなたに、最初に気付いておいて欲しい、大切なことをお話しします。

それは、あなたの心の奥には、すでに変わりたいという強い気持ちがあることです。

心がすでに変わることを望んでいるのに、それに行動や現実が伴わないだけで、もう心の中では動き出しているということです。

それはあなたの本質の気持ち、あなたの本心が、現実を変えたいとポジティブに望み願っている、心の声だといえるでしょう。

 

<井上のワンポイント>

確かに今はまだ、現状を打破するには至っていないかもしれません。ですがそのプラスの思いがあることを、まずは自分で肯定してあげましょう。

それは紛れもなく、あなたのポジティブな意思なのです。

 

本心はポジティブに輝こうとしている

私たちは、そんな行き詰まり感を味わっているときには、気が付けば自分を責めて追い込んでしまいがちです。

でもそれでは、返って気持ちは否定的になり、落ち込んでしまという、負のスパイラルにハマってしまいます。

きっとあなたは、これまでにも嫌というほど、その憂鬱な落ち込みを味わってきたことでしょう。

ですからまずは、自分の中にポジティブな意思があることを、認めてあげてください。それは、あなたの心の輝きであり本当の気持ちなのです。

 

<井上のワンポイント>

現状を変えたい気持ちがあっても、自分を否定していては、ストレスが溜まる一方で空回りしてしまいます。

オーラ診断などのスピリチュアルなワークをしていると、そんな負のパターンに陥っている方が多いので要注意です。

 

魔法の言葉セミナー

現状を変えられない人の心理

現状を変えられない人の心理

ではなぜ、そんな現状を打破したいというポジティブな気持ちがあるのに、それが実現できないのか。

まずは、私が心理とスピリチュアルの専門家として、多くの人に出会って理解した、4つの原因についてお話ししていきましょう。

 

1、ストレスと疲れによる意欲の枯渇

これは仕事のストレスを抱えて、うつ気味になっている方に、良くみられる傾向です。

会社では上司からのプレッシャーに耐え、毎日のように仕事で夜遅くまで働き、休日にも仕事に従事している。すると人は、活力を失いどんどん疲弊していきます。

そんな状態になて初めて、このままでは自分の身が持たないと感じ、何とか現状を打破しなければと思い至るのです。

でもその時には、すでに現実を変えていくだけの気力も尽きて、積極的に動き出すだけのエネルギーが枯渇しています。

 

<井上のワンポイント>

以前には、そんなビジネスパーソンのための具体的な対策を、こちらの「休日や家でのプライベートに仕事を忘れて考えない方法」でも紹介しました。

これは、仕事とプライベートで気持ちを切り替えて、しっかりと自分のための時間を過ごせるようにする方法です。

 

2、新しいことや苦手なことへの抵抗

人は大人になればなるほど、無意識に新しいことを避けて、自分が経験したことがある現実に安心を求めます。

特に子供の頃から、自分の意思を主張することが出来ずに、何をするにも親の意向で決められてしまうと、いざ大人になて、自分で新しいことを始めよと思ったときに、失敗することにとても強い不安を感じるのです。

それはひとえに、子供のころに自分でチャレンジして、時には失敗する経験をしていないために感じる。経験不足からの不安感だと言えるでしょう。

すると現状を打破したいと思っても、1度の失敗を恐れて固まってしまい、自分で踏み出すことが出来なくなるのです。

 

<井上のワンポイント>

現状を変えたいという人で、なかなか自信が持てないために動き出せないという方は、このケースが多いようです。

スピリチュアルな視点でオーラを見ると、これまでの人生で経験不足であることが、明らかに分かります。

 

3、過去の失敗で傷ついた不安感

恋愛などの人間関係で良くあるのは、1度の経験で深く傷ついてしまい、その心の傷を癒せずに、過去を引きずってしまうタイプです。

幸せな出会いや、異性関係を望む反面、それを思うほどに過去の傷ついた体験が蘇って、なかなか気持ちが乗り気になりません。

本心では幸せな異性関係を望んでいるものの、心と身体はそれに反して、無意識に異性を避けてしまうのです。

そのようなトラウマ(心的外傷)を心に留めてしまうと、人は意識的に自分を変えようとしても、なかなかその問題から抜け出せなくなってしまうのです。

 

<井上のワンポイント>

そんな過去のトラウマが起因する実例は、こちらの「失敗が怖いと感じる人のトラウマ」で紹介しています。

 

4、否定され続けてきた憂鬱

これは私も持っていた憂鬱感ですが、親のささいな声掛けが原因で、何か自分でやろうとすると、無意識に憂鬱な気分を感じてしまう人がいます。

「だからダメだって言ったじゃない。」「ほら言った通りでしょう。」「そんなの無理に決まってるじゃない。」などなど。

親としてみれば、自分の体験から思わず口にしたり、子供のために事前に失敗を避けたい、そんな気持ちの表れなのかもしれません。

でもそんな声掛けが繰り返されると、人はやろうと思うと同時に、とても憂鬱な気分になり、自分で始めることに強い抵抗を感じるようになるのです。

 

<井上のワンポイント>

それらの声がけが、無意識に意欲をそいで、現状を打破するための行動を阻害してしまいます。

いかに現状を変えたいと望んでも、スタートする前に気持ちをくじかれてしまうのです。

 

心理的な問題を取り除く際の注意点

心理的な問題を取り除く際の注意点

ですから、もしあなたが現状を打破したいと願うなら、まず最初にすべきなのは、そんな心理的な問題を取り除くことです。

それが出来れば、あなたは自然と一歩を踏み出せるようになるでしょうし、停滞している現実に変化を起こせるでしょう。

 

誰もが陥りやす注意点

そこで1つ注意いただきたいことがあります。

それは自分の心理的な問題など、いわゆるメンタルブロックが何かを詮索することに、熱心にならないでください。

私はホントに多くの人の相談を受けてきました。ですがそんな中で意外と多いのが、心理的な問題の原因を探ることに固執するあまり、ずっと理由を探し続けてしまう人です。

きっと、自分のトラウマなどの原因さえ解れば、自分が変われると思っているのでしょう。

 

原因を探し迷い続ける人たち

でも実際には、自分のメンタルブロックの原因が解ったとしても、心理的には何も変わらず、現実的にも何も変わらないことが多いです。

すると多くの人が、自分の現実が変わらない原因は、きっとまた別な原因があるからだと考え。

ずっとメンタルブロックを解除することや、その原因を探ることに専念して、セラピストやヒーラー、占い師のもとを渡り歩くのです。

しかしながら、それではいつまでたっても現状を打破することはできず、返って人生の貴重な時間を、迷い続けることになってしまいます。

 

<井上のワンポイント>

実は心理的には、メンタルブロックの原因がわからなくても、そのブロックを解除することができます。

逆に言えば、原因を知ろうとしない人の方が、心理療法などでも、速やかにブロックを解除できたりするのです。

 

大切なのはトラウマを癒すこと

あなたが現状を変えたいと望むなら、大切なことは原因を探ることではありません。

それは、動けなくなっている自分を変えられるようになることで、心に残っている憂鬱感や、不安感、否定的な気持ちなどの、トラウマを癒して取り除いていくことです。

すると人は、自然と小さなハードルを越えられるようになり、自ら進んで大きな変化を促せるようになっていきます。

そしてその時には、あなたの心の中にあったメンタルブロックは取り除かれて、現実を変えられるようになっているのです。

 

<井上のワンポイント>

トラウマとは、心的外傷とされる心の傷で、過去のショッキングな体験が心に残り、その後の人生で無意識に影響を受けてしまう心理的な問題です。

詳しくはこちらの「トラウマとは?スピリチュアルの専門家による5つの克服法」で解説しています。

 

”メンバーズブログ"

現状を打破するスピリチュアルな方法

現状を打破するスピリチュアルな方法

それではどうすれば自分の心を癒して、具体的に行動できるようになり、現状の行き詰まりを打破できるのか。

ここからは、心に残ったトラウマを癒すためのスピリチュアルな方法を、紹介していきましょう。

 

心理的な自己承認のワークで改善する

最初に紹介するのは、こちらの「やる気が出ない心をスピリチュアルに回復させる方法」でも紹介した、自己承認の改善法です。

ただ、今回のような問題については、少し難易度が高いかもしれません。

なぜなら、無意識に存在するブロックを取り除く上で、自ら向き合うことになる、憂鬱感や不安感、否定的な気持ちは、とても重たいものだと考えられるからです。

ですから、難しいと感じたときには無理をせずに、次の方法に進みましょう。

やり方としては、現状を打破したいと思ったときに湧き出る、憂鬱感や、不安感、否定的な気持ちを受け止めて、取り除くこととなります。

 

<井上のワンポイント>

あまりにも過去のトラウマが深く、憂鬱感が強いなら、自分一人でその心の傷に向き合っていくことは、難しいと言わざるを得ません。

そんな時には、心理の専門家に相談して改善した方が、より速やかに現状を変えることができるでしょう。

 

フラワーレメディを使って自然と変わる

最初に解説した、現状を打破することが出来ない4つの心理的要因。

それらのどのタイプであったとしても、こちらのワイルドローズホーンビームを使えば、現状を変えていく行動力と活力が得られるでしょう。

ワイルドローズは、まさに停滞している今を変えるための、意欲が湧いてきます。

さらにホーンビームは精神的な疲れを癒して、活力を与えてくれるので、苦手なことでも楽しんでこなせるようになります。

そしてどうしても不安が付きまとうなら、こちらのリバイバルレメディもブレンドすれば、なおさら行動しやすくなるでしょう。

補足説明
 2種類のフラワーレメディをブレンドするなら、500mlのペットボトルに水やお茶などの飲み物を入れて3滴ずつ、合計6滴入れましょう。(3種類の時には3滴×3種類で9滴)マイアースでは、希望の方にフラワーレメディの利用法を配布しています。ご注文の際に、カートボタン上の「利用法&適応表 あり」を選択してご注文下さい。なお、フラワーレメディの詳しい利用法は、こちらの「【初心者向け】フラワーレメディの効果的な使い方<バッチシリーズ>」をご覧ください。
初めてのフラワーレメディ利用法付き

 

セミナーで自分のメンタルを癒す方法を学ぶ

私は定期的に、自分で心を癒すためのセミナーを開催していますが、こちらのセミナーに参加して、積極的に自分の問題を改善していくのも1つの方法です。

ポイントは先にも申し上げたように、原因追及に固執せずに、自分の心を整えることを目的として取り組むことです。

その結果、無理せずとも自然と現状を打破することが出来ますし、心も安定して、成りたい自分に近づいていくことが出来るでしょう。

なかなか自分だけでは難しいと思うなら、具体的な心を整える方法を学ぶのも、良い取り組みとなるのです。

 

井上のオーラ診断

心の輝きがあなたを導く光となる

心の輝きがあなたを導く光となる

いかがでしたか?まずは自分の中にある、ポジティブな本質を認めてあげることの大切さをお話しし。

その上で、現状を打破するための、スピリチュアルな改善法を解説してきました。

 

自分への厳しさが現状を固定化する

もしかしたらあなたは、フラワーレメディを使って、自分の問題を改善することに、多少抵抗を感じるかもしれません。

「それではレメディに頼っており、自分が成長できないじゃなか」とか、「自分の気持ちをごまかしているだけだ」など、そんな思いに駆られるかもしれません。

でも注意してください。そんな自分への厳しさや、どうあるべきかという拘り、それがあなたの現状を固定化しているのです。

そしてそんな気持ちがあるからこそ、現状を打破したいと思っても、行動することに躊躇してしまうのです。

 

拘りや固執には心の傷がある

私たちは、心の中に厳格なルールや、物事への拘りがあるほど、現状を変えることが出来ず、停滞しがちになります。

でも振り返ってみれば、あなたも子供の頃には、新しいことを望み、チャレンジすることを心から楽しめたはずです。

そんな子供の頃のあなたには、凝り固まるような拘りや、手放せなくなるような執着も無かったことでしょう。

そう、あなたの持つ執着や拘りには、これまで感じてきた心の傷が含まれているのです。

 

<井上のワンポイント>

そう、現状を変えたいのに、なかなか行動に移せないのは、そんな過去の怖さや悔しさが心に残っていおり、あなたを引き留めているのです。

ですから、それらをスピリチュアルな方法で癒してしまえば、自ずと前に進めるようになります。

 

内なる光を信じて歩みだすこと

その心の傷に改めて気付いたとき、あなたは肩の荷が下りるかのように、その執着や拘りを手放し、本来の自由な自分を取り戻せるでしょう。

それはもちろん、今すぐにできることではなかもしれません。

でももう解ったはずです、そんな現状を打破したいと望む心の奥には、より自由でありたいと願う、ポジティブなあなた自身の思いがあることに。

それは紛れもなく、あなたの本心であり心の輝きです。あとはその光を信じて、歩み出せばいいだけなのです。

 

↓ 次のページはこちら! ↓

「執着を手放す」という言葉のスピリチュアルな意味と具体的な方法

 

最新のお知らせ
>自分らしく輝いて生きるための心を癒す魔法の言葉セミナー東京201611
心を癒す魔法の言葉セミナー
心をポジティブにして現実を変える方法
■日程:2024年3月8日(金)
■場所:オンライン開催/ 時間:2時間30分
参加された受講生の声はこちら。

魔法の言葉セミナーの受講生の感想

ABOUT US
アバター画像
井上直哉
1989年大学に進学中に、独自にスピリチュアルの研究を行い体外離脱体験をもつ。医療機器メーカーに就職後、2001年に心理療法家として独立。3,000人以上のセラピー実績を持ち、年間20回以上のセミナーを全国で開催。2010年に株式会社ヒーリングアースを設立。現在は経営の傍ら個人セッション及びセミナーをこなしながら執筆活動に励む。ブログは年間300万人が訪れる。モットーは「現実が変わるスピリチュアル」です。
スピリチュアルを学びたい方へ プロフィール お問合せ
close-image