子供や家族が心配なお母さんへ 心配な気持ちとどう向き合うか【実例紹介】

The following two tabs change content below.
オーラアドバイザー 井上直哉

オーラアドバイザー 井上直哉

オーラと心理療法の専門家
 現実的なスピリチュアルをモットーに、日頃の生活で感じている気付きや学びをブログで紹介しています。人生を好転させるためのメンタルヘルスセミナー『心を癒す魔法の言葉®』を世界中の人に伝えることを、人生の目的として活動中。詳しいプロフィールはこちら
読者プレゼント お問合せ&無料相談
 サービス内容

こんにちは。
オーラアドバイザー 井上(@my_earth_naoya)です。

ここのところ立て続けに、何件かのご家族が心配だという相談を受けました。

重なる時は重なるものですね。今回はそんなご家族に関する問題について、話をしていきます。

私にも息子や娘がおり、息子は神奈川で学生をしながら一人暮らしをしています。娘は今年中学3年生ですから、受験や進路についての話もします。

それに、義母とも同居して暮らしていますから、家族に対する問題は、私にとっても身近な話題です。

でもいろいろな方の相談を伺うと、どうしても根本的なところで迷っているようです。

今日はそんな家族に対する心配や問題について、私なりに感じるところを話していきましょう。

 

 

子供や家族が心配な気持ちとどう向き合うか

子供や家族が心配な気持ちとどう向き合うか

親としてみれば、子供たちに対する心配は、とても差し迫ったものです。

小学生やそれより小さな子供たちのことはもちろん、中学、高校ともなると、なかなか面と向かって、気持ちを話し合うこともないでしょう。

それに改めて話したところで、多少のアドバイスはできたとしても、具体的な対処法が話せるかと言えば、難しいところもあります。

 

家族だからこそ心配で割り切れない

実際、私たち自身も、自分なりに対処することで、様々な問題を乗り越えてきました。

ですが、それがそのまま家族からの相談に当てはまるかと言えば、そうとは限らないものです。

そんな悩み事や相談も、ただ話を聞いてあげるだけで済むなら、気にも病まないのでしょうが、他人ではない家族ともなると、そう簡単にはいきません。

身近であるからこそ、心配になり割り切れないものなのです。

 

私が感じる家族との関係

そんな家族に対する私なりの意見を、最初に言っておきます。

それはあなたがいくら頑張っても、その人の負担にこそなれ、その人のためにはならないのです。

もう一度言います。

あなたがいくら親身になって家族を心配し、手助けしたり、家族のためだと思って尽くしてあげても、それはそのご家族のためにはなりません。

それは逆効果です。

 

幼い子供たちを心配して助けるのは当然のこと

なぜ私が、最初にそこまで厳しく言うのか、それは改めてあなたに考えてほしいからです。

まずあなたが、手助けしてあげたいとか、心配だと思う家族は何歳ですか?

それはもちろん、まだ幼い幼稚園児や、小学校の低学年ぐらいの子供たちなら、手助けをするのは当然のことだと思います。

まだ解らないこともいっぱいありますし、社会で生活するためのルールを知ることは、身を守る上でも大切です。

それにはまず親である私たちが、お手本を見せて、手ほどきをして、一つ一つ教えてあげる必要があるでしょう。

それはもちろんその通りです。

 

あなたが心配する家族の年齢は?

でも、あなたが心配しているご家族は、幼稚園児ですか?

いや、小学校の低学年でしょうか?

それともまだ立って歩けない乳飲み子でしょうか?

 

・・・・きっと違いますよね。

 

スポンサードリンク

迷い続ける大きな子供たち

迷い続ける大きな子供たち

私は以前に、40代後半の息子さんを連れて相談に来られた、70代のお母さんとお会いしたことがあります。

その模様は「子育ての悩み相談 お母さんが最優先ですべきこと」にも詳しく書きました。

そしてある時は社会人になったばかりで、鬱になってしまった青年の相談も受けました。

 

失敗したことが無かった青年

彼は言っていました。

 

<男性相談者>
家が事業をやっており、今まで父の言うとおりに勉強して、進学して、すべて上手くいきました。でもいざ社会人になって就職したら、全然上手くいかないんです。僕はどうした良いのでしょう。

 

彼はすべてを、父親の言うとおりに、従順にこなしてきた優等生です。自慢の息子さんだと思います。

でもその結果、いざ社会人になってみたら、自分で物事を決められずに、小さなミスを犯し、それが人生で最初の挫折となってしまったのです。

そしてたった一度の小さな失敗で自信を失い、どうしていいのか解らなくなり、立ち直れず、自宅に引きこもってしまいました。

 

 

子供や家族を同じように心配していませんか?

例えばもし、あなたの心配する家族が、あなたの子供ではなく、兄弟や親であったとして、あなたは同じことをしていませんか?

彼らの心配をして、手取り足取り一つ一つサポートして、彼らの将来を心配していませんか?

まるで自分のことのように、いや、自分のこと以上に。。。

残念ながら、あなたが彼らの将来を心配しているなら、それはあなたが彼らの人生を背負っているということです。

それは無意識に、彼らの人生の主導権を、奪ってしまっていることになるのです。

 

”メンバーズブログ"

自分なりに家族との向き合う

自分なりに家族との向き合う

私は子供たちがまだ小さいころ、よく近くの運動公園に連れて行って、遊具で遊ばせていました。

でもその時には、手を差し伸べて、子供を遊具の上に乗せるようなことは、決してしませんでした。

 

無邪気で素直な子供たち

まだ幼稚園の息子やそれより小さな娘は、周りの小学生が遊具に上がってくのを見て、自分も上にあげてほしいと、何度も手を出して来ました。

でも公園の遊具は、子供たちが自分で上がれるようにならなくては、危険な遊び道具なのです。

その遊具に上がれるだけの体格や、腕の力が養われていないと、落ちてケガをする可能性があります。

逆に自力で上がれるようになった時には、もう心配いりません。その遊具で少しぐらい落ちても、大きなケガはしないように作られているのです。

その時には、安全に遊べるだけの身体が、しっかりと出来上がっています。

 

 親として我慢すること

子供たちにせがまれれば、もちろん親である以上、手を出して助けてあげたい気持ちになります。

確かにまだ小さければ、心配でもちょっと手を出して手伝うだけで、子供たちは喜んで笑顔で答えてくれるのです。

でも登ろうとする息子や娘に、上り方を教えることはしても、持ち上げて乗せることはしませんでした。

応援はしても、手は出さなかったのです。

 

息子として義理の父の病気と向き合う

私は自分の義父が、癌で亡くなる時にも、どうしたいのか義父と義母に決めてもらいました。なぜなら人は、自分で選択した結果でないと、受け入れられないからです。

自分で決めた結果であれば、その結果がどのような結末でも、その経験から多くを学び、後悔することなく、納得して受け入れられるのです。

自分に出来ることは全てやったと納得して、その経験を受け入れ活かすことが出来るのです。

でも周囲の人が心配して、良かれと思って決めた選択では、その後の結果によっは受け入れられないこともあるのです。

 

 

他人の選択は人生で役に立たない

でも人に決められた選択には、責任が伴わないので、あとで悔んだり、その結果を受け入れられません。

そしてたとえ、上手く物事が進み成功したとしても、再び同じような選択に迫られたとき、決められないのです。

自分で選択していないから、成功体験としても活かせないのです。あの青年のように。。。

それでは人生で何よりも貴重な経験を、何一つ積み上げることなく生きるのと同じです。

 

お問合せ
スポンサードリンク

子供が心配でも雛鳥を巣立たせるように

子供が心配でも雛鳥を巣立たせるように

もし雛を育てる親鳥が、成長して巣立った雛鳥を心配して、餌を運び続けていたら、その雛鳥は一生餌の取り方を覚えないでしょう。

確かに時には、餌をとれずに死んでしまう雛鳥も居るかもしれません。でも、とても冷たい言い方かもしれませんが、それが自然の摂理です。

それは生きる術を身に着けられなかった結果です。

もしその雛鳥に手を差し伸べて、救い上げたとしても、もうその雛鳥は自分の力では、自然界で生きていけないのです。

 

 彼らの心配をして人生の責任を背負ってはいけない

だからと言って、私は苦しんでいる家族に手を差し伸べるなとは言いません。

あなた自身の人生の選択として、あなたが出来る限りのことをすればいいと思います。

でも決して、彼らの心配をし、彼らの将来に対する責任を背負ってはいけません。それは彼らの自由を奪い、人生での貴重な選択する機会を、奪うことになります。

それは同情や愛情ではなく、あなたの自己満足や自己憐憫にすぎないのです。

 

誰も人の人生は変えられない

私たちには誰一人として、他の人の人生を変えることはできません。出来ることは、その人の人生に寄り添い、共に歩むことだけです。

でもそれだけでも、とても心強い助けになると、私は思うのです。

そして親としては、責任を持って子供を手放す必要があります。

子供の人生は、親のための人生ではないのです。

 

 

心配するより家族として出来ること

心配して手を差し伸べるよりも、親として子を信頼し、見守ることの方が、何倍も難しいものです。

でもそれが、親の役割であり、親として学ぶべきことでもあります。

私たちがいかに頑張ったところで、変えられるのは自分の人生だけです。

でもその人生を見て、子供が育ち、成長していくことを、私たちは決して忘れてはいけません。

そうあなたが教えなくても、身をもって示せば、子供も他の家族も、それを見て学んでいくのです。

 

 

編集後記など1分1言動画

井上直哉のオフィシャルブログをご覧いただき、ありがとうございます。ブログをご覧いただいたあなたに、こちらの特別なレポートをプレゼントします。

『人間関係を劇的に癒す方法【実例紹介】』
使えばすぐに特定の相手との人間関係を変えられる改善法で、会社、学校、家族、恋人相手でも簡単に使うことが出来る実践的な方法です。

『豊かさのオーラの秘密【実例紹介】』
お金に関するオーラ診断から垣間見えた過去の記憶とは?私たちが無意識に持っているお金に関するブロックが見えてきます。

 

最新のお知らせ ― メンタルヘルスセミナー開催
心を癒す魔法の言葉セミナー東京201611
あなたの人生をポジティブに好転させる
心を癒す魔法の言葉セミナー

■第12期 2017年10月21日(土)会津開催
〇時 間:10時~12時30分(開場09:30)
〇受講料:12,000円(当日受付支払い)
〇場 所:My Earth会津 アビスビル 【詳細&お申し込み

スポンサードリンク
 

悩みをお持ちで、心の癒しと成長を望まれる方へ

 

 お持ちの悩みについて、心を癒し改善することは、あなたが思いつめているほど、実は難しいことではありません。

 心が癒されることで、あなたの周囲の人間関係には、自然と変化が起こり、もっと安心して自分らしく、人生を生きれるようになります。ご心配のことがあれば、まずは無料相談から、お問い合わせください。

お問い合わせ&無料相談

自己実現を目指すなら↓↓↓

深遠なるスピリチュアルの世界へ 【メンバー限定ブログ】

 

メンバーズブログ-01

<メンバーズブログ記事の一部>
・なぜ人は転生するのか?
・天使の選択、人の選択
・自信を養う王道
・経済的に豊かになる秘訣
・強制的に幸運を招き寄せる


・願いを叶える祈りの方程式
・有限の愛と無限の愛
・人生の目的の見つけ方
・お金を引き寄せる方程式
・覚醒するための道のり

メンバーズブログでは、私自身が学び成長する過程で知り得た、さらに深遠な気付きや、スピリチュアルな体験について限定公開しています。あなたが自らの存在意義や人生について考え、成長したいと望まれるならご参加ください。