デジャブとは何か?起きる意味と原因をスピリチュアルに解説【実例紹介】

デジャブとは何か?起きる意味と原因をスピリチュアルに解説
The following two tabs change content below.
オーラアドバイザー 井上直哉

オーラアドバイザー 井上直哉

オーラと心理療法の専門家
 現実的なスピリチュアルをモットーに、日頃の生活で感じている気付きや学びをブログで紹介しています。人生を好転させるためのメンタルヘルスセミナー『心を癒す魔法の言葉®』を世界中の人に伝えることを、人生の目的として活動中。詳しいプロフィールはこちら
読者プレゼント お問合せ&無料相談
 サービス内容

こんにちは。
オーラと心理療法の専門家 オーラアドバイザー 井上(@my_earth_naoya)です。

あなたは「デジャブ」を体験したことがありますか?

ほとんどの方が、デジャブを体験していても、それが何を意味するのか解らないまま、忘れ去ってしまいます。

デジャブとは日本語で「既視感(きしかん)」と言われる、以前にどこかで同じような体験をしたという感覚です。

今回のブログでは、私がオーラについて学んでいたころの、デジャブに関する興味深い体験と、デジャブを感じやすくなる方法をご紹介しましょう。

デジャブうという現象に含まれた、スピリチュアルな意味を知ることで、あなたも自分の心の奥深くに触れることが出来るでしょう。

 

 

グループで転生を繰り返す私たち

グループで転生を繰り返す私たち

そのオーラ診断について教えてくれるスクールでは、同期の中で一つの楽しみがありました。それは授業とは異なる、懇親会で先生から聞ける一つの情報についてです。

その先生は何期もの生徒を教えていましたが、その期ごとに集まる人のタイプは全く異なると、言っていました。

 

そしてそれは、集まる方々の前世でのつながりもです。

 

共に過ごした前世を知ること

そのスクールで全員が知りたいこと。。。

それは同期の人たちと、どの時代に一緒に転生していたかです。

 

その先生は授業の中で、私たち人間がある一塊のグループで、転生を繰り返していることを話してくれました。

今世関係を持っている人とは、前世のある時代にも一緒に過ごし、関係を作っていると言う考え方です。

これは以前に「カルマの法則とは 前世の体験との関係性【実例紹介】」でお話しした、カルマの法則を考えれば、納得のいくことではありますが、とても興味深いことでした。

 

私たちが聞いた興味深い前世

私たちがそれを聞きけたのは、先生の誕生パーティーの日でした。

誕生日のお祝いに、生徒全員でプレゼントを用意し、ささやかながらの誕生パーティーを催したときです。

そのパーティーの最中に、ある生徒が先生にリクエストして、私たち同期がどの時代に、ともに転生していたのかを教えてもらったのです。

そして私たちが教えていただいたものは、思いもかけないような意外なものでした。

 

それは

 

<レバナ先生>
日露戦争の時に、ともに戦った人たちの集団です。

 

というものでした。

 

デジャブと共に蘇る前世の記憶

その時、それを聞いたある女性が、こんなことを語っていました。

その誕生パーティーの数日前に、海上自衛隊がおこなった、一般市民向けの自衛艦見学会に参加したそうです。

もともと、船はあまり好きじゃないので、気が進まなかったようですが、友達の強い誘いを断れず、参加することとなりました。

そして自衛艦の甲板の上で、港に集まる人を見たとたんに、デジャブを感じて、不思議と涙があふれ、前世の記憶が走馬灯のように蘇ったそうです。

彼女に蘇った記憶は。。。。

 

時間と空間を越えて観える感慨

港で出航を祝い、自分を見送る家族の姿、自分が男性で、ロシア海兵として軍艦に乗り、家族につかの間の別れを惜しんでいます。

ですが、その姿を眺めながら、現在の彼女はその後の彼らが、日本軍との海戦に破れ、帰らぬ人となることを知っています。

その時の悲しみが、止めどなくあふれてきて、とても不思議な体験だったと語ってくれました。

 

スポンサードリンク

デジャブとは何を意味するのか?

デジャブとは何を意味するのか?

デジャブという言葉の語源はフランス語の “déjà-vu(デジャヴュ)”より来ており、日本語で直訳すると「すでに-見た」という意味になります。

日本語では「既視感(きしかん)」と書くように、見るだけではなく、厳密には以前にどこかで同じ状況を体験したと感じるフィーリングを意味します。

既視感(きしかん)は、実際は一度も体験したことがないのに、すでにどこかで体験したことのように感じることである。フランス語: “déjà-vu”よりデジャヴュ、フランス語由来の英語 “déjà vu”よりデジャヴまたはデジャブなどとも呼ばれる。

Wikpeida引用:既視感

 

デジャブで感じるフィーリングの意味とは

この誰もが日頃感じている、デジャヴと言われる「既視感(きしかん)」は、多くの場合、無意識レベルで前世の体験が蘇った結果です。

全く同じような光景や状況が、私たちが前世で感じていたフィーリングを蘇らせ、体感としての記憶を思い出させます。

それはその記憶と共に感じていた、感情や感覚を呼び覚ます瞬間です。ですから誰もが、何とも言えない不思議な懐かしさのような、フィーリングとして感じ取るのです。

私はデジャブを感じることで、以前に紹介した「日常でデジャブとして蘇る前世の記憶【実体験】」の記事ように、いくつもの自分の前世を振り返ってきました。

 

私たちの日常で起きているデジャブ

でもそれは、今世の体験でも同じように起きていることなのです。それはあなたが何かの拍子に思い出す、過去の出来事です。

私たちの意識は、記憶が新しく今世のものだと、思い出として明確に認識します。

そして記憶が古く忘れかけていたり、前世の体験のように、感覚だけが残っている出来事は、デジャブとして認識するのです。

それらの前世の記憶は、今の人生では身に覚えがないものなので、イメージとして脳裏に浮かんでも、想像や幻想と思われて明確に認識されません。

 

デジャブの起きる意味

あなたもきっと覚えがあることでしょう。

「どこかで同じような経験がある!」と感じた瞬間に、その記憶が残っていると「何歳の時にも同じようなことした!」と思い出として認識します。

でもそれが、どんな経験か明確にならないと「デジャブだ!」と認識するわけです。記憶ではなくフィーリングだけを受け取りデジャブと解釈するのです。

でもこの過去の記憶が蘇ったり、デジャブが起こることには、ハッキリとした意味があります

それはその記憶に残っている停滞したエネルギー(執着)を解放するためです。

 

デジャブで追体験する意味とは

私たちが覚えているほとんどの思い出には、何らかのエネルギーが残ってます。それは感情や感覚を伴う体験としてのエネルギーが、蓄積されているということです。

昔のことでも、悔しさや悲しみが伴う体験には、多くのエネルギーが宿っています。それはその過去の体験に、多くの拘り執着があることを意味しています。

その結果、ことあるごとに過去の体験が、頻繁に脳裏をよぎり思い出すのです。

そしてイライラしてみたり、時には悔しさや悲しさを追体験することになります。

 

 

前世の記憶を癒すデジャブの効果

それと同じように、記憶に残っていない前世の体験でも、そこに多くの感情のエネルギーが取り残されていると、デジャブとなって感覚だけが突然蘇るのです。

私たちの心は、自分の肉体やオーラの中に残っている過去のエネルギーを、思い出すことで解放し浄化します。

その思い出す行為自体が、私たちの心の自然治癒力ともいえる、癒しのプロセスなのです。

それがデジャブの癒し効果であり、私たちがデジャブを感じとる意味なのです。

 

デジャブを通して前世の記憶を思い出す方法

デジャブを通して前世の記憶を思い出す方法

私がデジャブを通じて前世の記憶を思い出すのは、ある経験があるからです。

それは前世療法を受けて、何度となく自分の前世の記憶を振り返る体験をしているため、日常でもデジャブから前世の記憶を思い出せるのです。

 

日常で蘇った私の前世

先日も、ふとした瞬間にデジャブを感じました。それは毎月1日に参拝している、近所の神社にお参りに行った時です。

多少雨が降る朝、空気がとても澄んでいる穏やかな日でした。私は参拝を終えて、妻と共に1つの傘をさしながら鳥居を抜けて帰る時でした。

桜が散り、次第に周囲が青々としてくる5月1日のことです。ふとした瞬間に妻が傘から駆け出し、参道沿いのアジサイの元へと駆け寄っていきました。

何か小さな花を見つけたようで、はしゃぎながら嬉しそうに写真を撮っています。デジャブを感じたのはその瞬間でした。

 

デジャブで蘇った二人の前世

私の脳裏には、着物姿で和傘を指している年配の自分の姿、そしてその傘から同じように、はしゃぐように参道の脇に咲くアジサイへと駆け寄る、別な時代の妻の姿でした。

その前世での妻は、私よりもかなり若く、着物姿ではしゃぐ娘の様に映りました。きっと年はひと回り以上離れていたのでしょう。

そう私たちは別な時代にも、今日と同じように、しっとりと雨が降る参道を、二人で神社へと参拝していたのです。

その瞬間、えも言えぬ感慨が私の中を駆け抜けていました。「前世でも同じように過ごしていたんだな」という気持ちと共に。

 

家族との前世が蘇りやすいデジャブ

私は今まで、何度かの前世療法を受けていましたが、一度も妻や家族に関わる前世は思い出していませんでした。

多くは一人で宗教家として生きていたり、家族がいても今世の特定の人だとは解らないケースばかりだったのです。

でもデジャブで蘇る前世は違います。デジャブで蘇る前世は、現在一緒に過ごしている人と、ともに過ごしていた前世の記憶である可能性が高いのです。

そして前世療法と同じように、リアルなフィーリングとして蘇ります。

 

デジャブと前世療法の関係

前世療法では深い催眠状態になることで、自分の前世の記憶を思い出し振り返っていきます。

それはただその記憶を思い出すだけではなく、短時間にいくつかの人生を走馬灯のように振り返る作業です。

そこにはその時代に感じていた「感慨」「思い」などの感情も在り、それを前世の記憶とともに再度感じ直して、振り返っていきます。

その感慨や思いが、私たちが日常で感じるデジャブと同じなのです。

 

感情から振り返る前世療法

前世療法セッションの中では、今この瞬間に感じているフィーリング(感情)から、それを最初に感じた過去の記憶を思い出す訓練のようなワークを行います。

ですから前世療法が終わった後も、あなたはデジャブを感じた刹那に、自分のフィーリングに意識を向けることで、少なからずそのデジャブに含まれた前世の記憶を思い出せるようになります。

それは今まで漠然と感じていたデジャブから、転生を繰り返す霊的存在としての記憶を思い出す、とてもスピリチュアルな体験です。

これは訓練次第で、どなたでも体験できることですから、あなたも機会が在れば、ぜひ前世療法を体験してみてください。

その経験が、あなたの前世と今世とのつながりを、日常でもデジャブとして蘇らせてくれるのです。

 

 

デジャブを感じやすくする条件

デジャブを感じやすくする条件

日常で突然起こるデジャブですが、そのデジャブを起きやすくする条件を、ここではいくつか紹介していきます。

その条件が解れば、おのずとデジャブを感じやすくする方法が解るはずです。そしてそれはデジャブを通じて、前世の記憶を蘇らせることに繋がります。

 

デジャブが起きるための条件

デジャブが起きるための条件とは、私たちがどの様な精神状態の時に、デジャブが起きやすいかです。

それが解れば、意図的にその状態を作り出すことで、デジャブは日常で起こりやすくなりますし、さらにそのデジャブから、前世の記憶を読み取りやすくなるともいえます。

ではどんな状態が、デジャブを起こすのに最適だと言えるでしょうか?

それは私が今まで体験してきた前世療法や、デジャブから解ることですが、精神的に安定した雑念が無い時です。

 

デジャブが起きやすい瞬間とは

デジャブが起きやすい瞬間とは、あなたにいくつかの条件が重なったときです。それは具体的に言うならコレです。

「雑念のない精神状態」+「前世を呼び起こす状況」

まず最初に、前世を呼び起こす状況については、今までの解説で触れてきた通りです。

それは前世を彷彿とさせるような場所状況、そして人間関係などです。それらがあなたの前世の記憶を呼び覚まし、デジャブとしてフィーリングを感じさせる鍵となります。

 

前世の記憶を呼び起こす鍵

例えばそれは、先の彼女の様に「戦艦に乗り見送られる」という状況かもしれません、私が体験したように、「日本刀のような傘に触れる」ことかもしれません。

それとか今までやらなかった料理をして、「ナイフを持ってジャガイモの皮を剥く」ことかもしれませんし、「水面に浮かぶ月を見る」ことかもしれません。

それは私たちが無意識に拒否することか、好むことのように何かしらの、感情が含まれる行為です。拒否することと好むことには、そこに何かしらの、思いがあるからです。

それがデジャブとして、前世の記憶を呼び起こすための鍵となります。

 

 

デジャブが起きる雑念のない精神状態とは

先に、前世療法を通じて前世の記憶を振り返っていくと、前世の記憶をデジャブとして、感じやすくなるとお話ししましたが、ここも1つのポイントです。

催眠状態とは変性意識状態といわれる、とてもリラックスしながらも意識が覚醒している状態です。簡単にいうと、マッサージやエステを受けている時のように、リラックスしつつも意識がある状態です。

この状態は、本来直感や閃きが起きやすい状態であり、同時にデジャブなどの、内なるフィーリングが蘇りやすい時でもあります。

ですが人は身体がリラックスしても、脳はなかなかリラックスできないので、色々な雑念が浮かんできます。

前世療法において、前世の記憶を蘇らせる作業は、そんなリラックスした状態で、雑念を払い、意識を内側に向けた時なのです。

 

誰もが日常で体験する変性意識状態

ここまで説明すると、とても特殊な意識状態のように感じる、変性意識状態ですが、実は誰もが、日常で無意識に体験しています。

例えば、夢中になって漫画を読んでいる時、夢中になってゲームに興じている時などなど、意識がリラックスして一転に集中している時、それが変性意識状態です。

ポイントは何もしていなくても、それだけリラックスして、意識が集中した状態が保てればいいのです。

それは今この瞬間に意識が集中していながらも、何も雑念が浮かばない状況、その状態が保てれば、デジャブは飛躍的に起こりやすくなります。

 

”メンバーズブログ"

デジャブを起こりやすくする方法

デジャブを起こりやすくする方法

では本格的にデジャブが起こりやすくする方法を、ここではいくつか紹介していきましょう。

簡単にいえば、デジャブが起きやすくなるための訓練です。

 

デジャブが起きる「鍵」となる時代や文化

まずこれは訓練ではありませんが、デジャブが起きやすくなるための「鍵」を見つけることです。

「鍵」が見つかれば、それに触れるような体験をしていると、デジャブが起きやすくなるのは、説明した通りです。問題はこの「鍵」です。

1つは気になる歴史や文化を感じるものです。

例えば誰しも、今まで習った歴史や文化で、気になる「時代」「地域」などがあると思います。

いつかはこんなところで、暮らしたいなと思う地域文化です。それはまぎれもなく、以前にあなたが、良い前世を送った場所である可能性が高いといえます。

逆に特定の時代に対する嫌悪感を持っているなら、それもあなたが以前に暮らしていた、時代や場所である可能性があります。それは苦労した前世を送った場所です。

 

自分のフィーリングから「鍵」を探す

そしてこれはあまりお勧めしませんが、前世療法を行っていると、特定の恐怖症に関連する前世の記憶を思い出す方が、比較的多くいます。

そう、あなたが恐怖症として感じるぐらい、強い感情が湧き上がる体験、きっとそれもあなたの前世を呼び起こす鍵となります。

ただこれはあまりに強い怖さに起因するので、おススメはしません。それよりも逆の方法でいきましょう。

あなたがやってみたいと思っても、やらずにいること、例えばスポーツ、趣味、仕事、それらはあなたの良い前世の記憶である、才能が残っている可能性があります。

ですから、まだ未体験のやりたいことにも、「鍵」としての可能性がるので、それを体験してみるのも良いでしょう。こっちはお勧めです。

 

雑念のない精神状態を作る

きっと私のブログを読んでくださっている人の中には、もう私が言うことは察しがついているかもしれません。

そう雑念のない、今現在のこの瞬間に集中する技術、それが「瞑想」であり最近特に注目を浴びているマインドフルネスと呼ばれる技術です。

これらの技術は、意識を一点に集中するために、雑念を掃っていく作業ですから、訓練と思って実践すれば、日常でも雑念が減っていきます。

するとデジャブが起きるために必要な、雑念のない集中した意識状態で、日常を過ごせるようになるのです。

あとは鍵が引っかかるのを待つだけです。実は催眠療法自体にも同じ効果があるので、前世療法を受けた直後には、比較的デジャブが起きやすくなります。

 

デジャブとは私たちのスピリチュアルな一面

私の開催するセミナーである、「心を癒す魔法の言葉」で紹介するスキルを実践していても、雑念は自然と減って集中しやすくなります。

瞑想やマインドフルネスとは、逆の取り組みとなりますが、根本的な原理は同じで、雑念を取り払い今に集中できます。

もともと雑念を取り払えば、人は誰しも今現在の瞬間に感じているフィーリングを、感じやすくなります。それがデジャブを見る上で必要なのです。

私たちが感じるデジャブとは、まさに閃きやインスピレーションと、同じ次元に存在しています。

 

デジャブから前世を読み解く訓練

そして訓練の最後に、デジャブからどのように前世の記憶を読み解くのか、その訓練となる方法を紹介しておきましょう。

それはズバリ!「夢日記」です。夢日記では私たちが寝ている間に見た夢を、朝起きて思い出しながら書いていくものですが、その作業がデジャブから記憶を思い出す訓練になります。

夢日記を書く人は、無意識にその時のフィーリングや、憶えていることへと、意識を集中します。それも寝起きですから、まさに変性意識状態です。

そんな変性意識状態で、自分の内なるフィーリングに意識を向けること、それ自体がデジャブから記憶を引き出す作業と同じです。

デジャブを感じられるように訓練することは、同時に自分のスピリチュアルな能力を、磨くことに繋がりますから、ぜひ実践してみてください。

 

 

お問合せ
スポンサードリンク

デジャブは感じるだけで癒される

デジャブは感じるだけで癒される

もしあなたの中で、「自分の前世を知る方法 デジャブ&前世療法【実体験】」の中で書かれているように前世の記憶がよみがえり、過去の感情を再体験することが起きたなら、こんな風に心に語り掛けてあげましょう。

「確かに前に○○なことあったな。あの時には○○な風に感じたよな。あった。確かにそんな風に感じた。」

ポイントは自分自身の感覚を確認するかのように語り掛け、決して出来事に固執しないことです。

それがどんなに嫌な体験や気持ちでも、ただ語り掛けるだけで、より速やかに感情に宿るパワーを解放し、手放すことが出来るのです。

 

デジャブは感じることで癒される

そしてもしデジャブが起きたら、その場に立ち止まり、その感覚をじっくりと感じてあげましょう。

するとそれにより、あなたの中の前世のエネルギーも蘇り、感じることで自然と解放されていくのです。

あなたが忘れていた、遠い過去の傷が自然と癒されていきます。

それが本来のデジャブの役割なのです。

 

デジャブとは前世の記憶が蘇る瞬間

前触れもなく私たちのもとに訪れるデジャブ。

それは体験や環境が引き金となって、私たちの心の奥深にしまわれていた、前世の記憶が蘇るパワフルな体験です。

そしてその体験を通して、私たちは過去に残していた自らのパワーを取戻し、現在をより健やかに生きることが出来ます。

そんなスピリチュアルで意味深いデジャブを感じたら、それをじっくりと味わいながら、あなたの心の中を振り返ってみてください。

するとそこには、あなたも忘れていたような、前世のあなたの姿が垣間見えるかもしれません。

 

↓ 次のページはこちら! ↓

【予知夢によるデジャブ体験談】夢で見たことが現実に起きた瞬間!

 

 

編集後記など1分1言動画

井上直哉のオフィシャルブログをご覧いただき、ありがとうございます。ブログをご覧いただいたあなたに、こちらの特別なレポートをプレゼントします。

『人間関係を劇的に癒す方法【実例紹介】』
使えばすぐに特定の相手との人間関係を変えられる改善法で、会社、学校、家族、恋人相手でも簡単に使うことが出来る実践的な方法です。

『豊かさのオーラの秘密【実例紹介】』
お金に関するオーラ診断から垣間見えた過去の記憶とは?私たちが無意識に持っているお金に関するブロックが見えてきます。

 

最新のお知らせ ― 井上のセミナー開催情報
あなたの人生を好転させるメンタルヘルスセミナー
心を癒す魔法の言葉セミナー東京201611
心を癒す魔法の言葉セミナー
心をポジティブにする方法を学び習得するためのセミナー
■第13期 2017年10月31日(火)14時~ 京都開催
■第14期 2017年11月17日(金)14時~ 東京開催
■第15期 2018年2月24日(土)10時~ 会津開催

スポンサードリンク
 

デジャブとは何か?起きる意味と原因をスピリチュアルに解説

悩みをお持ちで、心の癒しと成長を望まれる方へ

 

 お持ちの悩みについて、心を癒し改善することは、あなたが思いつめているほど、実は難しいことではありません。

 心が癒されることで、あなたの周囲の人間関係には、自然と変化が起こり、もっと安心して自分らしく、人生を生きれるようになります。ご心配のことがあれば、まずは無料相談から、お問い合わせください。

お問い合わせ&無料相談

自己実現を目指すなら↓↓↓

深遠なるスピリチュアルの世界へ 【メンバー限定ブログ】

 

メンバーズブログ-01

<メンバーズブログ記事の一部>
・なぜ人は転生するのか?
・天使の選択、人の選択
・自信を養う王道
・経済的に豊かになる秘訣
・強制的に幸運を招き寄せる


・願いを叶える祈りの方程式
・有限の愛と無限の愛
・人生の目的の見つけ方
・お金を引き寄せる方程式
・覚醒するための道のり

メンバーズブログでは、私自身が学び成長する過程で知り得た、さらに深遠な気付きや、スピリチュアルな体験について限定公開しています。あなたが自らの存在意義や人生について考え、成長したいと望まれるならご参加ください。5日間の無料体験コースもあります。