自己否定感が強い原因が毒親だという人の3つの特徴とスピリチュアルな真実

自己否定感が強い原因が毒親だという人の3つの特徴とスピリチュアルな真実
The following two tabs change content below.

井上直哉

心理とスピリチュアルの専門家
1989年大学に進学中に独自に体外離脱の研究を行い、自ら離脱体験をもつ。医療機器メーカーに就職後、2001年に心理療法家として独立。3,000人以上のセラピー実績を持ち、年間20回以上のセミナーを全国で開催。2010年に株式会社ヒーリングアースを設立。現在では経営の傍ら個人セッション及びセミナーをこなしながら執筆活動に励む。オフィシャルブログは年間300万人が訪れる。
人気記事 プロフィール お問合せ

こんにちは。
心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉です。

まず最初に言っておきます。

私は「あなたがその親を選んで、生まれてきたんですよ。」なんて、適当なことは言いません。

そしてそれが「あなた自身の魂の成長のためなんですよ。」なんて、胡散臭いこともいいません。

でも、私は個人的にこう思うのです。「もし誰もが、自分の親を選んで生まれて来れるとしたら、なぜあえてその親を選んできたのだろうか?」っと。

あなたが、自己否定感が強い原因が毒親に育てられたからだと思うなら、きっと1度は考えたことがあるでしょう。

今日は、そんな疑問を感じているあなに知って欲しい、スピリチュアルな真実についてお話しします。

それは、いかにその自己否定感を克服していけば良いのか、それを知るための自分との向き合い方ともいえるものです

 

自己否定感が強い原因が毒親だという事例

自己否定感が強い原因が毒親だという事例

実は以前にある方からこんな相談を受けました。

 

ある女性からの相談内容

 

<女性相談者>

いつもブログを色々と読ませて頂き、活用させてもらっています。ところで相談ですが、私は自己否定感が強いため、職場の人間関係で周りの同僚に比べて悩む事が多いです。

自分の母親がいわゆる毒親であることが、その原因ではないかと思い、これまでにも色々なセラピーやセミナーに参加してきました。

それにより、自分の心の傾向や想いに向き合うことで、少しずつ解ってきたことも在り、変わってこれたと思います。

ただこれまで以上に、自分を変えていくには、どうすればいいでしょうか。

 

自己否定感が強い人たち

私は今までに、毒親に育てられたため、自己否定感が強いという何人もの方から、相談を受けてきました。

もちろんそのすべての人が、自分の親を毒親とは言いません。「毒親」という言葉じたい、一度は自分の心に向きあい、メンタルヘルスについて調べる機会がないと解らないものです。

ですが話を聞けば、明らかにそうと思える親からの仕打ちを受けて、子供時代を生きてきた多くの人に出会いました。

それらの人は問題は違えども、やはり人間関係での生きづらさを感じていたり、言い知れぬ漠然とした不安を感じて、相談にお越しになるのです。

 

その思いは間違いではない

私が思うに。もしあなたが、自分は毒親に育てられたから、こんなにも自己否定感が強いのだと思うなら、それは間違いではありません。

心理的にみれば、それは紛れもなく育成段階における教育や、親とのコミュニケーションによって培われるべき、自尊心や自己肯定感が得られなかったからでしょう。

さらには、感情的に怒鳴られたり、否定し続けられたことによって、心に刻まれたトラウマ(心的外傷)ともいえる自己否定感があるからだともいえます。

でも、その心に刻まれたトラウマが、いったいどんなものなのか、あなたには解りますか?

私はそれらの、毒親に育てられたという人たちと出会うことで、いくつかの共通点とそのトラウマの正体を知ったのです。

 

毒親に育てられた人が持つ3つの特徴

毒親に育てられた人が持つ3つの特徴

毒親に育てられた人が持つ共通点とは、これら3つの性格的な特徴です。

 

承認欲求が人一倍強い

承認欲求は誰しもが少なからず持っているものですが、この毒親に育てられたことで自己否定感が強いと感じている方は、一般の人たちよりも承認欲求が強いといえます。

彼らは、親から褒められたり、認められるという経験がなく、時には存在自体を否定されるような、そんな辛い体験をしきました。

そのため、認められたいとう心の渇きを感じており、そんな胸が焼けるような思いを潤すために、周りへの気遣いにエネルギーを費やすのです。

そして、明らかに認められることがなくても、自分と接することで人が笑顔になると、それだけで大きな喜びを感じます。

それはまるで、自分が存在する意味を実感するような充足感であるとともに、ここに居て良いんだという深い安心感ともいえるものです。

そんな承認欲求が強い人については、こちらの「承認欲求が強い人の心理的な原因とスピリチュアルになくす方法」で、詳しく解説しています。

 

成長する努力を惜しまない

私が出会ってきた、自己否定感が強いという方の多くは、自分を変えるための努力を惜しまないところがあります。

彼らは基本的に、仕事やプライベートで人間関係の問題が起きても、それを相手の問題だとは思わず、自分に原因があると振り返ります。

そのため、決して相手を変えようとするのではなく、自分に原因があり、自分が変わる必要があるのだと感じて、そんな葛藤から一人で思い悩むのです。

そしてそんな気持ちから、ひとたび前を向くと、自分が変わるための努力を惜しまずに、黙々と成果を追い求めて邁進するところがあります。

ただ時には、そんな自己否定感を脱却するための姿勢を止められずに、頑張りすぎて身体を壊してしまう人もいるほどです。

 

他人をとても評価できる

毒親に育てられたことで自己否定感が強い人は、総じて他人に対する評価のハードルが低いといえます。

彼らは、他人の良い点にはとても良く気付けますし、それを心から尊敬して評価できる資質を持っています。

それはあたかも、自分に対する評価があまりにも低いがゆえに、周りの人が出来ることへの評価のハードルも、同じように低くなっているかのようです。

ですがその反面、低い自己評価によって、時には周りの人があまりにも能力が高いと感じて、出来てない自分に一人で凹んでしまうのです。

そんな低いハードルは、良い意味でも悪い意味でも、彼らが周りを見る目に影響を与えています。

 

自己否定感のスピリチュアルな真実

自己否定感のスピリチュアルな真実

先に紹介した3つの共通点は、そのまま彼らが持つ、一般の人よりも優れた能力であり、資質だといえるでしょう。

でもそんな、彼らの資質の根底にあるものは何だと思いますか?

それをエネルギー的に観察していくと、彼らの自己否定感が強い原因ともいえるスピリチュアルな真実が見えてきます。

 

ある女性のオーラ診断から解ったこと

先日、自己否定感が強いという女性が、私のオーラ診断を受けてくれました。

私は彼女のオーラを確認しながら、彼女がいつから自分に対して否定的になったのか、それを確認してみたのです。すると驚くようなことが解ってきます。

彼女の心の変化を、エネルギー的に時系列でみていくと、彼女は幼稚園の年長さんぐらい時にから急に、ある思いを心の中に溜め始めたのです。

そしてその時から、彼女の心は重たく否定的に落ち込んでいきました。

 

彼女が心に溜めた思い

彼女が心の中に溜めていた思い。

それは母親に声を掛けて、煙たがられたり、邪魔者のように扱われるのは、自分が母親に迷惑を掛けているからだという気持ちでした。

それは決して、そんな母親を憎むのでも、恨むのでも、責めるのでもなく。

ただ仕事や家事に忙しく、感情的になって自分に怒鳴りつける母親に対して、申し訳ないという気持ちだったのです。

実はこれが、毒親に育てられて自己否定感が強いと感じている人の、共通する思いであり、スピリチュアルな視点で見たときの真実なのです。

 

トラウマが胸を締め付ける

彼らのほとんどは、幼いころに親が自分を否定したり、邪魔者扱いするのは「自分が悪いからだ」とか、「言われたように出来ないからだ」と思っているのです。

親に何か声を掛けても、感情的に怒鳴られたり、時には叩かれることが在っても、「自分が悪いからイケないんだ」と思っていました。

そしてそう思うことで、親を責めるのではなく、そんな親の思いに応えられない自分を責めて、その辛さを胸の中に抑え込んでいたのです。

泣くこともできずに、一人ではどうにもできないその思いを、ただ自分が悪いからだと受け止めることで、納得していました。

そしてその思いが、ことある後に彼らの胸を締め、自分を否定するトラウマとなっていたのです。

 

自己否定感を癒すために知るべきこと

自己否定感を癒すために知るべきこと

強い自己否定感の原因である、親に対する申し訳ないという思いや、自分が悪いからだという気持ちは、思春期を迎えることで次第に変わっていきます。

大人としての自我が育ってくることで、改めて親との関係を見直すこととなるのです。

 

思春期で変わる親への思い

中学生へと成長していく過程の中で、学校の同級生の家庭環境や、変わらぬ親の激しい態度を目の当たりにして、彼らは改めて思うのです。

親のこれまでの言動は、自分の行動や態度が問題なのではなく、ただ親が否定的なだけで、何をしても親の態度が変わることは無いのだと。

自分のせいではなく、親が精神的に不安定で未熟なことが、そもそもの原因なんだと気付くのです。

そしてほとんどの人たちは、親から愛情を得ることや、評価を得ようとすることが無駄だと諦め、別な方法で空いた心を埋めようとします。

その結果、彼らが身に付けた能力が、あの3つの性格的な特徴だったのです。

 

終わりのない葛藤と努力

でも、いかに心の渇きを癒し、空いた心を埋めようと頑張っても、一度立ち止まってしまえば、再びその自己否定感が襲ってきます。

だからと言って、大人になってから成果を出し、改めて親に承認や評価を得ようとしても、親の態度は相変わらず感情的に否定されるだけです。

どこまで成果を追い求めても、空いた心を埋めることが出来ず、その原因ともいえる毒親の態度も変わらず。

それではいつまでたっても、心から認められ、安心できる充足感を得ることが出来ません。

強い自己否定感を取り払い、自分はこれでいいんだと、心の底から自分を受け止めることが出来ないのです。

 

トラウマを癒すのはあなた

そう、心理的にみて、その苦しみを取り払うために必要なことは、ただ1つだけです。

その強い自己否定感が、幼い時に思っていた、あの切なさであることに気付いてあげること。

幼い頃に訳も解らずに、怒鳴られたり否定されていた辛さや、自分が悪い子だからだと受け止めていた、その思いに気付いてあげることです。

それは紛れもなく、あなた自身が胸の奥に押し込んできた悲しみであり、切なさだったといえるでしょう。

あなたが感じていたあの強い心の渇きは、そんな幼い頃に感じていた、言葉にできない悲しみだったのです。

 

強い自己否定感を克服する方法

強い自己否定感を克服する方法

では具体的に、その強い自己否定感を克服する方法を、詳しく紹介していきましょう。

 

最初に意識すること

まず最初に意識すべきなのは、その自己否定感が、生まれながらに持っていたものではないという事実です。

何も解らない子供の時に、親の態度によって感じていた思いであり、1つのトラウマ(心の傷)でしかないということ。

ですから、その自己否定感を取り払うことに、何の戸惑いや躊躇いも必要ありません。それはあなたの意思で取り除いていい否定感であり、克服していい問題なのです。

そう、生まれたときから持っていた訳ではないので、その自己否定感はそもそもあなたの本心ではありません。そんな否定感を取り除きたいと望むその思いこそが、あなたの本質の声に他ならないのです。

まずは、そのことをシッカリと意識しておきましょう。

 

自己承認で克服する方法

この記事は、毒親が原因で自己否定感が強いと感じている人が読めば、少なからず心に癒しが起きるように書いています。

ですからもしあなたが、この記事をここまで読んできて、まさに自分の思いが綴られていると感じるのなら、この記事を何度も読み返すことで、自分を癒すことができます。

あなたが自己否定感に苛まれているときに、この記事を見返せば、その落ち込みは少なからず軽くなり、癒されていくことでしょう。

それは、心理的な自己承認という手法によって起きる、癒しの効果なのです。

 

フラワーレメディで克服する方法

そして、スピリチュアルなフラワーレメディを使うことでも、そんな自己否定感を克服していくことは可能です。

パインを使えば、本来の自分の価値に気付いて、自己評価を上げることができます。挨拶代わりのように「すみません」と言うのが口癖になっている方には、特におすすめです。

また一緒にクラブアップルをブレンドすることで、不要な罪悪感を癒して、否定的な気持ちを浄化してくれます。

この2つのブレンドは、自己否定感からくる落ち込みを癒してくれるので、気持ちの浮き沈みが激しい方には特に役立つでしょう。

補足説明
 フラワーレメディを利用するなら、500mlのペットボトルに水やお茶などの飲み物を入れて6滴入れましょう。2種類をブレンドするなら3滴×2種類でOKです。マイアースでは、希望の方にフラワーレメディの利用法を配布しています。ご注文の際に、カートボタン上の「利用法&問診表 あり」を選択してご注文下さい。なお、フラワーレメディの詳しい利用法は、こちらの「【初心者向け】フラワーレメディの効果的な使い方<バッチシリーズ>」をご覧ください。
初めてのフラワーレメディ利用法付き

 

心理的な技術で克服する方法

もしあなたが、強い自己否定感を克服するだけではなく、自分らしさを見出したいと望まれるなら、心理的な手法を学んで自分を癒していく必要があります。

正しいやり方を学べば、否定的な落ち込みを直接癒していくことができ、それとともに自分自身の評価を上げていくことが可能です。

もちろんそれは、あなたが年齢と同じぐらい長い期間感じてきた切なさなので、1,2日で埋まるものではありません。

ですが、1,2週間もすれば自然と変化を感じ、次第に心が満たされていくことを実感できるでしょう。

そんな心を整える手法を、私が開催しているようなメンタルヘルスセミナーで学んで、コツコツと自分を癒していくことも、とても有効な手段だといえます。

 

あなたがその親を選んだ理由とは

あなたがその親を選んだ理由とは

さて、いかがでしたか?ここまで自己否定感が強いと感じる原因が毒親だという方の、3つの特徴スピリチュアルな真実を紹介してきました。

そして具体的な克服法についてもお話ししました。

 

本質的には肯定的な存在

ではそんなあなたに、最後にこんなことをお伝えして終わりにしましょう。

あなたが自己否定感が強いと感じて、そんな問題を克服したいと望み、この記事を読まれたなら。

やはりあなたは本質的には肯定的な存在であるということです。

本質的にポジティブな存在だからこそ、そんな否定的な思いに贖おうとして、もがき苦しみながら、この記事にたどり着いたのだと思います。

 

その親を選んだ理由

ではそんなあなたが、なぜその親を選んで生まれてきたと思いますか?その親と過ごしてきたことに、どんな意味があったのでしょう。

私が思うに、その答えは1つではないと思います。十人十色、千差万別でそれぞれの望みや想いや目的があったのかもしれません。

でも確実に言えることは、そんな過去があるからこそ、現在のあなたが居るということ。その過去は紛れもなく、現在のあなたの一部であるということです。

その過去を携えて、どこに向かっていくのかは、すべてあなたの自由です。そして進んだその先にこそ、あなたなりの答えがあるのだと思います。

でもきっと、そこには肯定的な理由があるのでしょう。なぜならやっぱり、あなたの本質はポジティブに他ならないからです。

 

↓ 次のページはこちら! ↓

自己肯定感が低い人の心理的な原因と高めるためのスピリチュアルな方法

 

最新のお知らせ
>自分らしくオーラを輝かせて生きるための
心を癒す魔法の言葉セミナー東京201611
心を癒す魔法の言葉セミナー
自分の心をポジティブに整える方法を学ぶ
■日程:2020年12月5日(土)
■場所:Web開催/ 時間:2時間30分
■受講生の感想はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

1989年大学に進学中に独自に体外離脱の研究を行い、自ら離脱体験をもつ。医療機器メーカーに就職後、2001年に心理療法家として独立。3,000人以上のセラピー実績を持ち、年間20回以上のセミナーを全国で開催。2010年に株式会社ヒーリングアースを設立。現在では経営の傍ら個人セッション及びセミナーをこなしながら執筆活動に励む。オフィシャルブログは年間300万人が訪れる。
人気記事 プロフィール お問合せ