親が変われば子供も変わるってどういう意味かスピリチュアルに解説

親が変われば子供も変わるってどういう意味かスピリチュアルに解説

潜在意識からポジティブになるセミナー

The following two tabs change content below.

こんにちは。
心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉です。

「親が変われば子供も変わる」って良く言われたりしませんか?

例えば子供のことで何か問題があって、カウンセラーや心理の専門家などに相談に行くと、決まって言われたりします。

かく言う私自身も多分に漏れず、子育ての心配をしている母さん方には、同じようなことを言ったりすることがあります。

「お母さんが変われば、子供も自然と変わるものですから、まずはお母さん自身が、自分を最優先に癒す必要がありますよ。」なんて。

でもそんな風に、親が変われば子供も変わるって言われても、どういう意味なのか、当の親自身には解りにくいと思います。

ですので今回は、そんな親が変われば子供も変わるってどういう意味なのか、本質が解るようにスピリチュアルな視点から解説しましょう。

 

 

親と子が変わるという心理的な意味

親と子が変わるという心理的な意味

もう数年前になりますが、ある方からご自分の家庭状況について相談を受けました。

まずはそんな相談事例を紹介してから、この「親が変われば子供も変わる」という言葉の心理的な意味を見ていきましょう。

 

お家のご主人や子供についての相談

 

<女性相談者>

主人が会社で鬱気味になり、もう1年以上失業しています。

それでも私も働いているので、今までは割と楽観的に来たのですが、あまり具合も良くならないので、将来の目処が立たず、現実的に不安になってきました。

高校生の息子も今年受験なのに引きこもり気味で、何を言っても私の言うことをききません。

これまでにも、スクールカウンセラーの方に相談したりして、親が変われば子供も変わるようなことを言われたのですが、それってどういうことでしょうか?

 

頑張っていて心に余裕がないお母さん

今回紹介したご相談もそうですが、以外と多いのが、ご主人も仕事で体調を崩されて、子供も引きこもりがちという相談です。

そんな大変なご家庭の中で、唯一お母さんだけが、必死になってご主人の体調を案じてたり、子供の状態を何とかしようと頑張っています。

でも確かに、この家庭全体の状況では、お母さんがいくら頑張って家族を変えようと動いても、空回りしてしまうばかりです。

ですからなおさら、親が変われば子供も変わるとか言われても、どういう意味なのか解らないと思います。

その結果お母さん自身が、こちらの「心に余裕がない時の心理的な原因とスピリチュアルな対処法」にも書いたように、心に余裕がない状態に陥ってしまうのです

 

親が冷静になる必要があるという意味

このスクールカウンセラーの方が言った、「親が変われば子供も変わる」という言葉は、「まずはお母さん自身が、心を落ち着けて子供と向き合う必要があるよ」という意味なのでしょう。

確かに、お母さん自身が心配感に包まれた不安な気持ちのままでは、子供を待ってあげることや、子供の心理状態を理解することは出来ません。

ですから、子供の状態を不安がり、過干渉になってしまうのではなく、親自身が態度を変える必要があるということなのです。

これは心理の専門家である私の視点から見ても、決して間違っていませんし、それが出来れば、少なからず子供にも良い影響を与えられるでしょう。

心理的な意味でも、まずは親が心に余裕をもって子供と向き合えれば、子供の気持ちも自然と変わり始めるのです。

 

スピリチュアルな意味での親子関係

スピリチュアルな意味での親子関係

ここまでは、心理的な視点から見ると「親が変われば子供も変わる」とは、どういう意味なのかを説明してきました。

それではここからは、少しスピリチュアルな視点から、その言葉の意味をお話ししましょう。

 

人間関係は相互依存で成り立つ

私は良く「人間関係はパズルのピースと同じです」といいますが、スピリチュアルな視点で見たときに、私たちの人間関係とは、相互依存で成り立っています。

例えば今回のご家庭なら「ご主人、息子さん、お母さん」この3人が、それぞれの個性というピースの形を持ち、それがピタリと合わさって、現状の家庭が存在するということです。

ですから言い換えるなら、今現在のご家庭の問題は、ご主人や息子さんだけが作っているのではなく、紛れもなくお母さん自身もその現実を構成しているといえます。

そう考えていただくと、この「親が変われば子供も変わる」という言葉の意味が、解りやすいかと思います。

それは、もしあなたというピースの形が変われば、ご主人も息子さんも一緒に居る以上、その形を変えざるを得ないということです。

 

親が変わる上での重要な注意点

でもここで1つとても重要な注意点があります。

それは、いくら親が変われば子供も変わると言っても、親が無理やりその態度を変えるだけでは、なかなか現状は変わらないことです。

例えば、母親が子供に対して過干渉だからと言って、それを何とか我慢して干渉しないようにしても、きっと子供への不安感は何も変わらないでしょう。

逆に我慢している分だけ、ストレスが溜まり、返って別な行動として出てしまうかもしれません。

すると親自身は何とか努力して、自分を変えたつもりでいても、子供の態度には一向に変化が見られないのです。

 

潜在意識レベルで変わる必要がある

これはなぜかというと、私たち人間は潜在意識レベルでの交流をしており、顕在意識レベル(表面意識)での交流はほんの一部に過ぎないからです。

ですから、いかに表面的な親子関係を取り繕ってみたとしても、心の中が何も変わっていないなら、現状も変わらないままなのです。

そう、「親が変われば子供も変わる」という言葉のスピリチュアルな意味は、親の潜在意識が変われば子供の潜在意識も変わり、その結果として家庭が変わるということです。

そのために必要なことが、「まずはお母さん自身が、自分を最優先に癒す必要がりますよ。」ということであり、それが自分の潜在意識を変えて整えることに繋がるのです。

潜在意識と顕在意識については、こちらの「潜在意識や顕在意識の意味とスピリチュアルな心の統合による癒しを解説」で詳しく解説しています。

 

”メンバーズブログ"

親が潜在意識から変わる方法

親が潜在意識から変わる方法

子供や家庭を変えたいと思われるなら、母親自身が自分の潜在意識を変える必要があることが、お解りいただけたと思います。

ではいかにすれば、親が自分の潜在意識を変えることが出来るのか、その点についてお話ししていきましょう。

 

親が自分を変えるためのポイント

この時の最大のポイントは、子供への心配感など、自分が感じている不安を癒すことです。

親であればこそ、子供のために自分が変わらなきゃと思い、色々と調べたり相談して、アドバイスを貰うことも在るでしょう。

先のお母さんの様に、カウンセラーに相談したり、時にはスピリチュアルなヒーラーやセラピストに相談する人も居るかもしれません。

ですがどんな子供に対する悩みで在れ、取り組むことはたった一つです。

それは自分が感じている、不安などの衝動的な感情を癒すこと

 

自分で不安を癒し変わる方法

自分が感じている不安を癒すということは、親自身が心理セラピーを受けたり、自分癒しのためのセミナーに出て取り組むことです。

ですが、何とか自分で子供に対する心配感を癒して、問題を解消したいと望まれるなら、まずはフラワーレメディを利用してみると良いでしょう。

インパチェンスを使えば、急いでしまう気持ちが落ち着いて、子供の自主的な成長を待てるようになります。

また、レッドチェストナットを使うことで、子供に対する心配感も自然と減っていき、心から安心できるようにもなります。

この2種類を数ヶ月継続して利用すれば、親が変わることで、子供が変わり始めるという心の変化を、少なからず感じることが出来るでしょう。

補足説明
 フラワーレメディを使用するなら、500mlのペットボトルに水やお茶などの飲み物を入れて、レメディを6滴(2種類は3滴×2)入れましょう。マイアースでは、希望の方にフラワーレメディの利用法を配布しています。ご注文の際に、カートボタン上の「利用法&問診表 あり」を選択してご注文下さい。なお、フラワーレメディの詳しい利用法は、こちらの「【初心者向け】フラワーレメディの効果的な使い方<バッチシリーズ>」をご覧ください。
初めてのフラワーレメディ利用法付き

 

自分を癒すために心の専門家に相談する

自分の心の問題を、自分自身で癒そうと取り組むときに、1番難しい点はなかなか自分の心の改善に気付けないことです。

すると、本当は良い効果が出て変化が起きているのに、それに気付けなくて諦めてしまったり、また子供に意識が向いて自分癒しを忘れてしまうことがあります。

ですから、もし自分一人では変わることが難しいと感じるなら、無理せず心の専門家に相談しましょう。

私が開催しているセミナーでは、同じように家族や子供への悩みを持った方が、自分を癒すことで家庭を良くしていこうと参加されます。

よろしければ同じ悩みを持っている、こちらの受講生の感想を参考にしてみてください。

 

井上のオーラ診断

親が変われば子供も変わるは事実

親が変われば子供も変わるは事実

いかがでしたか?ここまで、親が変われば子供も変わるってどういう意味か、スピリチュアルな視点から解説してきました。

そして親自身が変わることで、子供を変えていくための方法についても具体的に紹介しました。

 

あなたの幸せが家族の幸せに繋がる

結論を言ってしまえば、この「親が変われば子供も変わる」という考え方は、心理的に見てもスピリチュアルな視点から見ても事実です。

誰であろうと、家族を無理やり変えることはできませんが、自分が変わることで家族との関係性を変えて、心の変化を促すことはできます。

ただそのためには、態度や行動を我慢するのではなく、自分の心を潜在意識から癒し、整える必要があるということです。

それが結果的には、自分だけではなく家族の幸せのためにも役立ち、あなたの現実を変えることへと繋がるのです。

 

↓ 次のページはこちら! ↓

思春期の中学生が母親の言うことを聞かない心理的な理由と対応策

 

心を癒す魔法の言葉セミナー

 

井上直哉のオフィシャルブログをご覧いただき、ありがとうございます。ブログをご覧いただいたあなたに、こちらの特別なレポートを無料でプレゼントします。

『人間関係をスピリチュアルに癒す方法』
使えばすぐに特定の相手との人間関係を変えられる改善法で、会社、学校、家族、恋人相手でも簡単に使うことが出来る実践的な方法です。

『豊かさのオーラの秘密』
お金に関するオーラ診断から垣間見えた過去の記憶とは?私たちが無意識に持っているお金に関するブロックが見えてきます。

 

最新のお知らせ
■人生をポジティブに生きたい人のセミナー
心を癒す魔法の言葉セミナー東京201611
心を癒す魔法の言葉セミナー
自分の心をポジティブに整える方法を学ぶ
■日程:2020年6日20日、7月11日
■場所:Zoom、東京/ 時間:2時間30分

親が変われば子供も変わるってどういう意味かスピリチュアルに解説

悩みをお持ちで、心の癒しと成長を望まれる方へ

 

 落ち込みや悩みなど、心の問題を癒し改善することは、あなたが思いつめているほど難しいことではありません。
 あなたの心が癒されることで、周囲の人間関係にも自然と変化が起こり、もっと安心して自分らしく、人生を生きれるようになります。
 ポイントは心理的に正しいやり方で、自分の心の改善に取り組むことです。
 まずこのレポートをご覧になってみてください。きっとお役に立つことでしょう。

人間関係をスピリチュアルに癒す方法