疲れているのに眠れないなら!すぐ出来るスピリチュアルな対処法

疲れているのに眠れないなら!すぐ出来るスピリチュアルな対処法
The following two tabs change content below.

井上直哉

心理とスピリチュアルの専門家
1989年大学に進学中に独自に体外離脱の研究を行い、自ら離脱体験をもつ。医療機器メーカーに就職後、2001年に心理療法家として独立。3,000人以上のセラピー実績を持ち、年間20回以上のセミナーを全国で開催。2010年に株式会社ヒーリングアースを設立。現在では経営の傍ら個人セッション及びセミナーをこなしながら執筆活動に励む。オフィシャルブログは年間300万人が訪れる。
人気記事 プロフィール お問合せ

こんにちは。
心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉です。

私の会社では、メンタルヘルスに役立つ、癒し系の雑貨を専門で扱っていますが、そんなお店に、よくお越しになるのが、夜に眠れない方です。

特に多いのは、仕事で疲れているのに、何日も眠れないと感じている方で、寝付きが悪いだけではなく、寝た感じが全然しないと相談に来られたりします。

みなさんお薬とは別な方法で、この不眠症に対処できないかと考えて、何か役立つ癒しグッズ探しに、ご来店されるのです。

ですから、今回の記事では、そんな疲れているのに眠れない人のために、すぐ出来るスピリチュアルな対処法を紹介しましょう。

即効性のある癒しグッズなども、一緒にいくつかご案内するので、よろしければ一度試してみて下さい。

 

無料プレゼント

眠れないと相談に来られた事例

眠れないと相談に来られた事例

まずは、先日お店にお越しになった女性の、眠りに関する相談から紹介しましょう。

彼女はお店に来ると、パワーストーンのコーナーを一通り見まわしてから、レジのところにいた私のもとへと相談してきたのです。

 

不眠症がパワーストーンで対処できるか?

<女性相談者>

ここ1,2ヶ月あまり寝つきが良くなくて、眠れていないんです。パワーストーンで眠れるようになる石とかは在りますか?

 

彼女は、ここ数日不眠症で悩んでおり、眠れる効果のあるパワーストーンを探しに来たのです。

私が2,3お話を伺うと、身体は疲れているのに、もう数日眠れないと、その状況を簡単に教えてくれました。ですから。

 

<井上>

パワーストーンをお求めとのことですが、あまりに眠れない時には、ハーブティーやフラワーレメディ、アロマテラピーの方が効果がありますよ。

 

もう何日も、眠れない状態が続いているようだっので、さらに効果的だといえる、他の製品で取り組むことを勧めたのです。

 

リラックスさせてくれる石なら役立つかも

でも、どうしてもパワーストーンが欲しいと言われます。

ですから、色々と思案した上で、リラックスして眠れそうな石を、何種類か紹介しました。すると。。。

 

<女性相談者>

ネットのスピリチュアル系のサイトで、「スモーキークォーツ」が良いと見たのですが、どれでしょうか?

 

と言われ、結局、スモーキークォーツを手にして、喜んで帰っていきました。(*´▽`*;)ハハ

スモーキークオーツは魔除けの石なので、あるとしたら、天然石に守られているというプラシーボ効果で、眠れるぐらいなのですが。。。

 

魔法の言葉セミナー

眠れないという問題の7つの段階

眠れないという問題の7つの段階

相談はされたものの、こちらのアドバイスは必要なかったのだなと思いつつ、心理の専門家として、それで眠れるようになるかといえば、正直難しいと感じています。

 

対処法はその眠れない程度が重要

私は本当に多くの方から、不眠症に関する相談を受けますが、一言で「眠れない」といっても、その眠れないという程度によっては、対処方法は全く異なるのです。

「眠れない」と言っても、最近、ちょっと寝付きが悪いという人も居れば、数日間一睡もできていないという、精神的に疲れ切った人までいます。

本当に眠れないという問題は人それぞれで、不眠の程度が全く違っており、その状況によって、問題の大きさが異なってくるのです。

誰もが日常的に体験している軽い不眠から、対処に緊急性を要する重度の不眠症まで、様々な状態があるといって良いでしょう。

 

眠れないという人の7つの段階

それをあえて分類するなら、以下の7つの段階となります。

  1. ここ2,3日あまり眠れていない
  2. 寝つきが悪く3時間程度かかる
  3. 眠っていても夜中に何度も起きる
  4. 何年もグッスリ眠れた気がしない
  5. 時折睡眠薬を利用するときがある
  6. 睡眠薬を常用している
  7. もう1週間以上全く眠れていない

1~3番が、誰にでも時折り起きる軽度の不眠で、7番に行くほど、疲れているのに眠れないなど、精神的な負担が大きくなってきます。

そこでせっかくなので、この機会に「眠れない時のスピリチュアルな対処法」を書いておくことにしました。

 

睡眠障害の原因である2つのタイプ

私たちが、疲れていてもなかなか眠れないという問題の、心理的な原因は緊張とストレスです。

ですからそんな不眠症には、大きく分けると2つのタイプがあるといえるでしょう。

  • 緊張が慢性化してリラックスできなくなっている。
  • ストレスや不安なことが在り考えて寝付けない。

なお、人が眠れない時の心理的な仕組みについては、詳しくはこちらの『夜になかなか寝れない理由とスピリチュアルな対処法』で解説していますから、そちらをご覧ください。

今回の記事では、眠れない時のスピリチュアルな対処法について、詳しく解説していきます。

 

眠れない時のすぐにできる対処法

眠れない時のすぐにできる対処法

では早速、疲れているのに眠れない時のスピリチュアルな対処法を、詳しく紹介していきましょう。まず最初にお話しするのは、何もなくてもすぐに出来る簡単な方法です。

このやり方が効果があるのは、先の1~5までのまだ自然と眠れるようになる時がある方です。

6,7の方について後ほど詳しく別な対処法をお話ししますので、まずは自分が何番に該当するのかをチェックしてみてください。

 

すぐに出来る眠れない時の対処法

答えから先に申し上げておくと、すぐに出来る眠れない時の対処法は「簡単な瞑想法」です。

至って簡単で誰でもすぐにできます。まずそのやり方を紹介した後に、それがなぜ役立つのかを説明しましょう。

<眠れない時の瞑想法の手順>

  1. リラックスできる背もたれのある椅子に座る。
  2. 足をペタリと地面に着けます。
  3. 目を軽く閉じます。
  4. ゆっくりと深い呼吸を繰り返す
  5. 心の中で呼吸の回数を1から数えいていく。
  6. 別なことを考えてしまったら1から数え直す。

これをおこなっていると、次第にウトウトしてきます。

ポイントはそのまま眠れてしまうほどリラックスできる、ソファーなどに座ることがお勧めということ。

それと呼吸は無理しない程度でいいので、可能な限りゆっくりと長く1回の呼吸を行いましょう。

 

対処法をする上でのポイント

この「眠れない時の瞑想法」を始めてしばらくすると、やるのが面倒になったり、落ち着かなかったりなど、否定的な衝動が湧き上がってくるでしょう。

少し続けていると心の抵抗が出てきて、じっと座っていることに苦痛を感じたり、投げ出して止めたい気持ちになってくるのです。ですがそんな時には、逆に「効果が出てきてる」と思ってください。

その落ち着かないフィーリングが、まさにあなたがリラックスすることを妨げている、原因のエネルギーなのです。

それはスピリチュアルに言うなら、身体と心の中に溜まっていた、ストレスのエネルギーだといえます。

 

眠れない時の瞑想法のスピリチュアルな仕組み

この方法は、落ち着かない心と身体の状態を、強制的に落ち着かせることで、リラクゼーションを促し、ストレスを浄化するためのワークです。

私たちは横になって寝ている時よりも、座っているときの方がリラックスでき、ストレスを解消し易いといえます。

その理由をスピリチュアルな視点から言うなら、エネルギーが背骨を通って流れだすため、心身の代謝が良くなるからです。

その結果、身体と心に溜まっていた潜在的なストレスが、表面意識に浮上して浄化されるのですが、その過程で先ほどの様な、落ち着かないフィーリングを感じます。

そしてそのままの姿勢で、座り続けることが、とっても辛くなるのです。

 

さらに瞑想の効果をUPする方法

ですから、この「眠れない時の瞑想法」をやるのが嫌になってきたら、少し我慢をしてでも座っていることです。

これは常日頃、無意識にストレスを溜めている人ほど苦手なワークで、逆に嫌な気持ちが出てこないなら、ウトウトするまで継続してみてください。

ウトウトしたらすぐに横にはならずに、そのまましばらく座っていると、さらに浄化が進むでしょう。ソファーなどに座ったまま寝てしまうのもOKです。

そして、そのワークを寝る前に毎晩繰り返すことで、気が付けば自然と力が抜けて、眠れるようになるでしょう。

まずは何日か継続して取り組んでみてください。

 

癒しアイテムを使った眠れない時の対処法

癒しアイテムを使った眠れない時の対処法

ここからは、癒しアイテムを使った眠れない時の対処法をご紹介しますが、これは先の眠れないレベルの1~6までの人が対象となります。

ただ5、6の方は睡眠薬を利用されていますので、後ほどお薬との関係についても詳しくお話しします。

 

眠れない時に役立つ癒しアイテム

眠れない時に役立つ癒しアイテムには、いくつかの種類があります。

まずはそちらをご紹介しましょう。

  1. パワーストーン
  2. ヒーリングミュージックCD
  3. アロマテラピー
  4. ハーブティ
  5. フラワーレメディ

こちらでは代表的な5種類について、それぞれ詳しく紹介していきます。

 

1.パワーストーンで安眠

パワーストーンは、それ自体がとても小さく繊細なエネルギーを持っています。

ですから、この癒しアイテムを使った効果としては、精神的な支えの役割を果たすのがメインです。先ほどのフラシーボ効果のようなものです。

疲れているのに眠れないなら、利用するパワーストーンの種類としては、おおむねリラックスを促すものか、不安感を癒すお守り的なものが良いでしょう。

特に不安を感じて寝付きが悪いなら、こんなスピリチュアルな取り組みの方が、効果が高いかもしれません。安心できる心の支えとしての効果があると、考えてください。

なお、寝ているときには身に着けず、枕元に置いておく方がお勧めです。

 

2、ヒーリングミュージックCDで安眠

ヒーリングミュージックCDも、基本はリラックスできるように促すのがその効果です。

潜在意識にアプローチする音楽として、いくつかの種類がりますから、自分に合ったものを選んでください。BGMとして利用するときには、耳障りでないものが最適です。

  • アルファ派オルゴールCD
  • 自然音入りのリラクゼーションCD
  • スローテンポなサロンミュージック
  • 寛ぎの時間を演出するヒーリングCD
  • メンタルケアを優先したCD

どんなCDが良いかは、詳しくは『ヒーリングCD特集』をご覧いただければ解り易いでしょう。

利用する上でのポイントは、すぐに眠れるようにならなくても、毎日継続して利用することです。それにより、徐々に潜在意識に効果が浸透していきます。

ちなみに、当店で最も効果があると評判なのは、この「究極の眠れるCD」です。医師監修のCDで、自然音だけで音楽は無く、不眠症の人のための特殊なCDだといえます。

 

3、アロマテラピーで安眠

芳香療法や沐浴法など、アロマテラピーは嗅覚から身体と心のリラックスを促します。

眠れない時にお勧めの香りとしては、ラベンダー、クラリセージ、マジョラムなど、心に安らぎを与えてリラックスさせてくれる種類です。

最近では特に安眠用にブレンドされた『ナイトタイムブレンド』や『スリープインラベンダー』など、ラベンダーの香りを主体としてものが市販されています。

アロマの香りはブレンドすることで、深みを増したり相乗効果もあるので、こちらを利用することもお勧めです。

アロマテラピーなら、スピリチュアルに興味がない方でも、安心してご利用いただけますよね。

補足説明
芳香療法とは、100%天然のエッセンシャルオイル(精油)を、アロマランプなどを利用して揮発させ、その香りによって癒される利用法。沐浴法とは、アロマテラピーのエッセンシャルオイル(精油)の利用法で、200Lのお風呂に10滴以内のアロマオイルを垂らしで、入浴しながらアロマの香りを楽しむ療法です。(参考サイトAEAJ:アロマテラピーの楽しみ方

 

4、ハーブティで安眠

さらに、眠れない時に役立つ安眠のハーブティーなら、代表的なものはカモミールのハーブティーです。緊張感を解して気持ちを落ち着かせる鎮静効果があります。

このハーブティーを、寝る前に時間をかけてゆっくりと飲むのが、ハーブティーを利用する時のポイントです。

ハーブティーだと、どうしても薬湯のような、独特の風味の物が多いのですが、こちらの『ムーンガーデン』ならフルーツフレーバーで、比較的飲みやすくなっています。

また味は昔ながらの薬湯のようですが、効能的なものを優先する場合は、こちらの『カモマイルナイト』がお勧めです。

 

5、フラワーレメディで安眠

フラワーレメディとは、花の朝露を利用した、心を癒す花の療法です。

38種類があり、それぞれが特定の問題に対して、心を癒してくれる作用があります。

眠れない時のフラワーレメディの種類については、ホワイトチェストナットバーベインの2種類を、ブレンドして使うのがおすすめです。

ポイントとしては、使い始めは頻繁に利用することで、早めに効果が得られます。その上で緊張し易い体質を改善する意味も含め、数ヶ月間は利用すると良いでしょう。

補足説明
 フラワーレメディを使用するなら、500mlのペットボトルに水やお茶などの飲み物を入れて、レメディを6滴入れましょう。2種類をブレンドする際には、3滴×2種類でOKです。マイアースでは、希望の方にフラワーレメディの利用法を配布しています。ご注文の際に、カートボタン上の「利用法&問診表 あり」を選択してご注文下さい。なお、フラワーレメディの詳しい利用法は、こちらの「【初心者向け】フラワーレメディの効果的な使い方<バッチシリーズ>」をご覧ください。
初めてのフラワーレメディ利用法付き

 

癒しアイテムを使った対処法の注意点

癒しアイテムを使った対処法の注意点

寝付きが悪いことが続いたり、数日間眠れないとなると、多くの方は当然のことながら、すぐに結果を求めたくなるものです。

疲れているのに眠れないのですから、その気持ちはとても良く解ります。不眠症かもと思えば、なおさら焦ってしまう気持ちあるでしょう。

でもこれはお薬ではなく、代替療法としてのスピリチュアルな取り組みなので、その点で少し注意いただきたいことがあります。

 

安眠アイテムを使う際の注意点

最初にご注意いただきたいことは、1、2度使ってハッキリと結果が出ないからと言って、すぐにあきらめて、別なものを試さないようにです。

あくまでこちらの癒しアイテムは自然療法で、リラックスを促してくれるものですから、使ってすぐに結果が出るようなものではありません。

短くても2週間は利用して、効果効能を見てください。

せっかく、使って少しずつ役立ち始めても、途中でやめてしまっては無駄になりますし、それではどの癒しアイテムを使っても、いい結果が得られません。

 

自分で眠れるようになるためのポイント

メンタルな問題はもちろんですが、私たち人間は、調子が良い時にはそれが自然で気にならず、調子が悪い時にはとても気になるものです。

ですから多くの方は、少しぐらい眠れるようになっても、全く眠れない日があると、すべてがダメだったのような、否定的な気持ちに捕らわれて、投げ出してしまいがちです。

ですから、安眠アイテムを使って改善を促すときには、必ずカレンダーや手帳などに、その日の状態をチェックするようにしましょう。

例えば「◎、〇、△、✖」で、その日に眠れたかを表してもいいでしょうし、リラックスできているか、寝起きの状態の良さなどを明記しても良いでしょう。

代替療法としてのスピリチュアルな取り組みをするときには、そんな大きな視点で、眠れない問題の改善に取り組むことが大切です。

 

異なる刺激で安眠を促す

私は心理療法の専門家として、五感の他の感覚を刺激する、別な種類のアイテムを2つ以上組み合わせて使うことをお勧めします。例えばこんな組み合わせです。

  • アロマ(嗅覚)+CD(聴覚)
  • フラワーレメディ(エネルギー)+ハーブティ(味覚)
  • アロマ(嗅覚)+パワーストーン(心)
  • CD(聴覚)+ハーブティ(味覚)

全く異なる2種類の刺激を与えることで、心と身体を揉み解すかのように、安眠を促していきます。

自分が気に入った物を、組み合わせて使えば、相乗効果も期待できるので、なおさら結果が出やすいでしょう。

 

眠れない時に睡眠薬を利用されている方へ

眠れない時に睡眠薬を利用されている方へ

ここから先は、5、6番の睡眠薬をご利用いただいている方にお話しします。ちなみに私はお薬ついて、必要であれば使うべきだと考えています。

特に睡眠薬は、肉体や脳の疲労を回復するために役立ちます。それに何よりも、疲れているのに眠れない日が続いているときには、この脳の疲労回復が最優先なのです。

それは心理やスピリチュアルな視点から見ても、とても重要なことだといます。

 

心の回復にはリラックスする必要がある

ただ、睡眠薬を利用するだけではなく、それと同時に、自然と眠れるようになるための取り組みもしていきましょう。

睡眠薬を使えば、肉体的な疲労は回復しますが、心に溜まったストレスを解消するためには、リラックスできるようになる必要があります。

お薬による眠りでは、ほとんど夢を見ないので、心の自然治癒力が完全に働けないのです。

心の疲れを癒すためには、安心して自然と眠れるよになる必要があり、そのためにも、お薬だけではなく、先の対処法に取り組んでください。

きっと、慢性的に寝付きが悪い方や、なかなか深く眠れない方なら、そんな眠りのもつ、心へのスピリチュアルな効果も、お解りになることでしょう。

 

慢性的に眠れなくて睡眠薬を利用されている方へ

ですから、もしあなたが慢性的に眠れなくて睡眠薬を利用されているなら、自然と眠れるようになるために、心がリラックスできる取り組みを行いましょう。

そこで、最も手軽で結果が出やすい改善法を申し上げるなら、それは間違いなくボディーワークを受けることです。

アロマトリートメント、整体、マッサージ、鍼灸などのボディーワークは、それを受けることで、肉体の緊張感を、ダイレクトに解していくことが出来ます。

寝付きが悪い時や、なかなか眠れない時には、心と身体は強張り、気が付けば慢性的に緊張状態が続いているものです。

それを強力に解除するのが、ボディーワークだといえるでしょう。

 

スピリチュアルな視点からのリラックス

私は『スピリチュアルなオーラの第0層について』でも肉体はオーラの第0層ですよと話しています。まず身体がリラックスできないと、心はリラックスできません。

スピリチュアルな言い方をするなら、心の緊張にかかわる「感情」や「思考」は、オーラのさらに上の第2層、第3層以上にあるからです。

ですからあなたが、最短でその慢性的に眠れないという問題を改善したいなら、ボディーワークから取り組むことが一番現実的で、取り組みやすい方法だといえます。

それと共に、先ほど紹介した癒しアイテムを使い、日常でもリラックスできるようにしていけば、改善した後も、その良い状態が続きやすくなります。

 

”メンバーズブログ"

これは重要!眠れない時に大切な確認事項

これは重要!眠れない時に大切な確認事項

それではここで、さらに重要なことを話しておきます。これは自分が軽度だと思っている方も、念のため目を通しておいてください。

 

不眠症で緊急を要するケース

疲れているのに眠れないとか、最近寝付きが悪いというお客様が来店した時に、私が最優先で確認することが1つ在ります

それは、一言で眠れないと言っても、その眠れない状況によっては緊急を要するケースがあるからです。

すぐにお医者様の診断が必要なケース、それは最初に書いた眠れないレベルの7の方です。

これはお店に来た方で、眠れないと言われる人に、スピリチュアルな安眠グッズを紹介する前に、必ず確認しておくことです。

 

慢性的に成り易い眠れない状態

眠れないという方にお話を伺うと、比較的、慢性的に眠れない状態が続いている方が多いと言えます。

誰しも1日,2日眠れないだけなら、あまり気にしないと思いますが、それが1ヶ月、2ヶ月と続くと、心配になってくるのです。

私が、疲れているのに眠れないと相談されてきた方のお話を伺うと、大体、半数以上の方が慢性的に眠れず、数年前からその状態が続いていると言います。

みなさん自分なりにいろいろと対処されながら、今まで眠れないことを我慢してこられたのです。

 

眠れない時に緊急を要するケース

そこで私が最初に確認すること、それはその方の眠れていない期間です。これは大切なことなので、あえて具体的にここで話しておきます。

もしあなたが「10日間近く一睡もできていない」と感じるなら、取り急ぎお医者様へ受診しましょう。特に何らかの「幻聴」を聞いていたりするならです。

その場合は早急に、心療内科か精神科のどちらかの病院へ赴いて、睡眠薬を処方していただきましょう。もし行ずらいなら、内科か婦人科に相談されても良いでしょう。

大切なことは、至急お医者様の診断を受けて、睡眠薬などのお薬を処方していただき対処することです。

 

なぜ緊急性が必要かなのか?

なぜ10日間というかといえば、それはその10日間が、ほぼ身体の限界だからです。私たちが一睡もせずに、心と脳が耐えられる限界が、約10日間程度なのです。

あなたはご存知でしょうか?ギネスブックでは不眠記録が、あまりにも人体に対して危険だとして取り消され、認められなくなっていることを。

もしあなたが、10日間休まずに身体を酷使し続けたら、骨や靭帯、筋肉に大きな後遺症が残りかねない損傷を追うでしょう。

それと同じように、10日間寝ないでいるということは、心と脳を酷使し続けるのと変わらないのです。

 

極度に眠れない時に起きる現象

確かに、寝付きが悪いとか、疲れているのに眠れないといっても、私たちは瞬間的な睡眠を、無意識に何度も取っているものです。

ですが、眠れていないと感じるような浅い睡眠では、日中の疲れやストレスを、完全に解消することは出来ておらず、次第にそれらのストレスが脳と心に蓄積してしまいます。

その結果起こるのが、幻覚が見えたり幻聴を聞くなどの、イレギュラーな現象です。

それはあなたの「脳」が、極度の疲労ですでに通常通り活動できていない状態なのです。

 

必要であれば早急に病院に行くこと

ですからそんな時には、まずはお医者様にお薬を処方していただいて対処する必要があります。脳を休ませるための睡眠が最優先で必要なのです。

そしてそれからでも、自然療法的な取り組みで、心と身体の緊張をほぐして、自然と眠れるようになるのには十分間に合います。

ですから、まずはその点だけは注意して置きましょう。

2,3日眠れないぐらいの不眠症なら特に問題ありませんが、10日や2週間近く殆ど眠れていない時には、一人で我慢せずに早急にお医者様に相談することです。

 

井上のオーラ診断

眠れない時にできる対処法のまとめ

眠れない時にできる対処法のまとめ

この「眠り」については、とても大切なことなので、今回は長くなることを覚悟した上で、あえて詳しく書き留めておきました。

 

眠れない問題を一人で抱え込まない

どうしてもこの眠れないという問題だけは、一人で悩んでしまう人が多いようです。

それはどこかで「辛いけど多少眠れないぐらいでは、人に相談できない。」と思ってしまうからなのでしょう。

それが2、3日程度なら、確かにさほど問題ではありません。

ですが長く慢性的に続いているときには、何らかの対象法を実践するか、シッカリと専門家に相談してください。

 

心の緊張を解す対処法

私も個人セッションなどで、疲れているのに眠れないという方の相談をよく伺いますが、そんな時には心理療法で、すべての緊張を強制的に解除していくワークを行います。

すると慢性的な緊張感が取り除かれて、力が抜けきったような脱力感を味わう方も多いです。私たちは気が付いていないだけで、ほとんどの方が常に何らかの慢性的な緊張感を持っているのです。

ですから、今回紹介したスピリチュアルな対処法のように、自分の意識と身体を、シッカリとリセットできる習慣を、生活に取り入れましょう。

そうすれば自然と眠りは深く、心地よいものになって、起きている時にもなおさら現実を楽しめるようになるのです。

 

↓ 次のページはこちら! ↓

何度も同じ夢を見る心理的な理由?怖い夢や同じ場所の夢について解説

 

編集後記など1分1言動画

最新のお知らせ
>自分らしく輝いて生きるための
心を癒す魔法の言葉セミナー東京201611
心を癒す魔法の言葉セミナー
自分の心をポジティブに整える方法を学ぶ
■日程:2021年12月4日(
■場所:オンライン開催/ 時間:2時間30分

ABOUTこの記事をかいた人

1989年大学に進学中に独自に体外離脱の研究を行い、自ら離脱体験をもつ。医療機器メーカーに就職後、2001年に心理療法家として独立。3,000人以上のセラピー実績を持ち、年間20回以上のセミナーを全国で開催。2010年に株式会社ヒーリングアースを設立。現在では経営の傍ら個人セッション及びセミナーをこなしながら執筆活動に励む。オフィシャルブログは年間300万人が訪れる。
人気記事 プロフィール お問合せ