我が家のルールづくりのポイント!心理の専門家が実践する4つのルール

我が家のルールづくりのポイント!心理の専門家が実践する4つのルール
The following two tabs change content below.
心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉

心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉

(心理アドバイザー/サイキックアドバイザー)
 現実的なスピリチュアルをモットーに、日頃の生活で感じている気付きや学びをブログで紹介しています。心をポジティブにするメンタルヘルスセミナー『心を癒す魔法の言葉®』を世界中の人に伝えることを、人生の目的として活動中。詳しいプロフィール サービス お問合せ&無料相談

こんにちは。
心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉(@my_earth_naoya)です。

先日、高校生の姪っ子が、家に泊まりに来ました。

何日か家から学校へと通ったのですが、その間に「我が家のルール」について、話をすることがあったのです。

それぞれの家に、それぞれの家庭で決めたルールが在ると思いますが、姪っ子と話をしていて、その家のルールの大切さがいくつか解りました。

ですから、今回は私自身が決めている我が家のルールを4つ紹介しつつ、心理の専門家としての立場から、そんな家のルールづくりのポイントについて、お話ししたいと思います。

もちろん、なぜ家のルールが必要なのかもついても、子育てをする上での心理的な理由を解説します。良かったら参考にしてみてください。

 

 

井上家のルールを話す前に

井上家のルールを話す前に

私の家のルールを話す前に、大切なことなのであらかじめ申し上げておきます。

 

完璧な我が家のルールなんて無い

気を付けていただきたいのは、私がお話しするルールが、我が家のルールとして、心理的に間違いないということではありません。

このルールは、あくまで私が、自分の理想の家庭を考えた上で決めたルールで、必ずしも各家庭に当てはまるものでは無いといえます。

ですから、もしこれから自分の家のルールづくりをするのなら、くれぐれも書いてある通りにすれば良いと思うのではなく、自分の判断で決めてください。

そのあたりを勘違いせずに、読んでいただければと思います。

 

私が決めた4つのルール

私が決めた4つのルール

日頃、我が家のルールといえば、誰もが無意識に決めていることで、漠然としていると思います。でも子育てにおいては意外とこのルールが重要です。

まずは、私が決めている我が家のルールを4つほど紹介しますので、あくまで参考までに聞いていください。

 

1、テレビやゲームに関するルール

我が家のルール1:朝からテレビを点けたり、ゲームをやらないこと。

寝起きは、誰もが意識がぼんやりとして、どこか潜在意識のままで過ごしています。

そんな時に、テレビやゲームなどの刺激を受ける光や情報を浴びれば、それだけで1日がどこか心が落ち着かない、雑多な慌ただしい気分でスタートしてしまいます。

私は以前に、こちらの「テレビの持つ心理的な特性と影響力について<心のプロよるテレビを見るときの注意点>」でも、テレビの影響については話しましたが、朝の時間は特に注意が必要です。

ですから、朝からテレビを見たり、ゲームはしないようにと話しています。

ちなみに「いつまでが朝なの?」という点ですが、子供が幼いころに聞かれ「午前9時までが朝」と話しています。

 

2、食事の時間の過ごし方のルール

我が家のルール2:夕食は全員揃って、テレビは消すこと

夕食は全員揃ってというご家庭は多いと思います。ただご主人が忙しくて、残業続きだったりするとちょっと難しいですよね。この辺はまだ、自営業の利点かもしれません。

全員が顔をそろえる時間が、1日の中にあること。私はそれが大切だと思っていますし、幸せなことだとも思っています。

その時間は、子供や家族の何でもない話しを聴きながら、一緒に過ごすための時間です。「今日の部活は大変だったみたいね。」「テストはダメだった~。」などなど。

ですから、テレビが点いていては話にならないですよね。確かにテレビを見ながら、家族で過ごすのは楽しいけれど、それは食事の後でと決めています。

補足説明
最近は、テレビに録画機能が付いている物もの多いですから、子供には「録画しなさい。」と言って、食事中に見たい番組は途中からでも録画させます。

 

3、LINEや携帯電話に関するルール

我が家のルール3:夜はLINEや携帯は禁止

基本的に、夜はスマホでのLINEや友達との通話は禁止です。

別にゲームや音楽を聴くこと、その他ネットを見ることなど、スマホの利用はOKですが、外部とのやり取りは禁止

こちらの「中学生のLINE(ライン)いじめ問題における心理的な原因と対応策」でも書いたように、家は子供が安心して休める場所であるべきです。

ですから生活にメリハリを付ける意味で、学校での友人関係も昼間だけが理想。夜はLINEやスマホでの電話は禁止と話しており、遅くとも夜の10時を過ぎたら切りなさいと言っています。

娘も今は高校生で、その辺の分別はつくので、夜の10時と言っていますが、中学の時には9時までと言っていました。

 

4、学校を休む時のルール

我が家のルール4:学校を休んだり早退したら、その日はスマホやゲームは禁止

学校での友人関係や先生との関係、勉強やテスト、進学の悩み。子供も成長していく過程の中で、色々なストレスを感じて、時には学校に行きたくないと思うこともあるでしょう。

そんな時に明確なルールがあれば、親としても安心して学校を休ませられますし、子供としても親からのストレスが掛からずに、家で心をリセットできます。

そこでこちらの「不登校の小学生の対応策 子供が学校を休むルール【実例紹介】」でも話したように、学校を休むときの、我が家のルールを決めておくのです。

私は子供には、「体調が悪い時には、学校は休みなさい。でも、学校を休むのだから、その日は布団でシッカリと休み、体調を整えること。」と話しています。

 

休んだ日はスマホ禁止の補足

人間誰しも、本当に体調が悪い時には、布団の中でゆっくりと休めます。

でも回復すれば、布団の中で何もせずにじっとしているのは、返って苦痛になるのです。特に子供ならなおさらです。

ただそんなときにスマホやゲームがあれば、より楽な刺激を得ることに気持ちが逃げてしまい、本当の問題に向き合わずに時間を過ごすことになります。

布団の中でジッとしているぐらいなら、まだ学校に行った方がマシ!というぐらいがちょうどいいのです。

辛いけど布団の中で休んで居た方が良いと思うなら、学校に行けない理由をシッカリと、聞き取ってあげる必要がありますよね。

補足説明
スマホやゲームがストレス解消になっているのか?疑問に感じているご両親も多いことでしょう。それにについては、こちらの「ノーメディアデーの意味と効果とは?心理の専門家が取り組み方を解説」をご覧ください。ノーメディアデーの効果を解説しつつ、スマホやゲームなどのメディアの影響についてお話ししています。

 

家のルールづくりのポイント

家のルールづくりのポイント

ここからは、我が家のルールづくりをする際に、気を付けていただきたいポイントをお話しします。

これは心理の専門家としての意見ですから、どんなルールを作るにしても、気にかけておいてください。

 

我が家のルールは主が決める

では基本的なところですが、我が家のルールはその家の主が決めるものです。もちろん奥様と話し合っていただき、ご主人が最終的に決定するようにしましょう。

ですがから、もし母子家庭で子育てをされているなら、その家の主であるお母さんが決めることとなります。

注意点は、いかに我が家のルールだからと言っても、「俺がルールだ!」というのは違います。それでは子供は怖がるだけで、何を守っていいのか解りません。いい加減すぎます。

言葉として伝わるルールを作り、誰が決めているのかが明快になっていることが大切なのです。

お父さんとお母さんで、それぞれ言うことが違うのが、子供にとって一番ストレスになりますから、くれぐれも家のルールづくりは夫婦で行いましょう。

 

ルールが在る理由を理解させる

これはさらに重要です。家のルールは、感情に任せて決めてしまうのではなく、そのルールがある理由も明確にしましょう。

子供が大きくなればなるほど、我が家のルールだからと、一辺倒に押し付けられることを一番嫌がります。それでは、無理やり命令に従属させているのと同じです。

でも子供たちにも理解できる、明確な理由のあるルールなら、基本的に守ることに同意してくれます。そして潜在的に、家で守るべきルール(常識)として捉えてくれます。

夜寝る前に歯を磨くのと同じになるのです。そのためにも、子供にルールを伝える時には、その理由も必ず話して納得させましょう。

家のルールづくりをせずに、「いいから親の言うことをきけ!」とか、「子供は親の言うことをきくのが当然!」とかはやめましょう。それでは子供の心に反感が募り、思春期に痛い目にあいます。

 

子供が小さなうちに決める

これが最大のポイントです!それは子供が小さなうちに、我が家のルールづくりをして、あらかじめ決めてしまうこと。

たとえば、子供が初めてゲームを手にしたとに、利用法のルールを伝えてから渡す。スマホを手にしたときに、使う時のルールを決めて、それを承諾させてから渡す。

実は一番最初が一番ルールを受け入れやすく、後付けのルールであればあるほど「今までは良かったのに・・。」となります。特にスマホなどは要注意です。

もし途中でルールを決めるなら、そのルールを作る明確な理由を伝え、その上で私ならこう言います。

「親が携帯代を払っているのだから、ルールを決めるのは当然!社会人になって、自分で働いて携帯代を払うようになったら、自分の好きにしなさい。」と言います。

補足説明
思春期の子育てで、なかなか子供が親の言うことをきかないと思うなら、こちらの「思春期の子供が母親の言うことを聞かない理由<心理の専門家が語る原因と対応策>」をご覧ください。思春期の子供の心理状態が、とても良く解ると思います。

 

”メンバーズブログ"

ルールを守らせる上での注意点

ルールを守らせる上での注意点

夫婦で家のルールづくりをして、ご主人が最終的にルールを決めて子供たちに話したら、あとはそれをどうやって守らせるかです。

 

我が家のルールは在ることに意味がある

まず大前提としてお話ししておきたいことは、我が家のルールは在ることに意味があります。

それは交通ルールと同じで、ある一定の決まりを作ることで、それぞれが家での生活を、より円滑に過ごせるようになるためのものです。

スポーツやゲームなども、明確なルールがあるからこそ誰もが楽しめるように、共同生活の中では、人はルールがあった方が安心して過ごせるものなのです。

ですが、我が家のルールは守るべきものであっても、逐一目を光らせてチェックするものではありません。

お互いにそのルール内で日常生活を送るという、暗黙の了解のようなものです。

 

親も家のルールを守りましょう

そこでもちろんですが、家のルールを決めた以上、ご両親もそのルールを守るように心がけましょう。

例えば、テレビやゲームに関する項目、LINEや携帯電話の夜間の利用。もちろんお仕事上、それが難しいこともあるでしょう。

そんな時には、仕事上であることを必要に応じて、さりげなく家族に伝えましょう。

私は夜にZoomなどのネット会議がるときには、「自分の部屋で、ネット会議しているから入らないでね。」と伝えておきます。

家のルールづくりはしたものの、当の本人が守らないようでは、やはり子供も守らなくなります。

 

ルールを厳しく言いすぎるのは禁物

ここは特に注意が必要な点ですが、あまりにも家のルールを厳しく言いすぎると、返って子供のストレスとなります。

家とは疲れて帰ってくる、休息所のような役割が理想です。家に帰ってきたのに、家に居れば親から小言やルールについて厳しく言われ、心が休まらないでは逆効果です。

時折、「家に帰りたくなかった、学校に居る方が楽しかった。」という、子供時代を過ごした方のセラピーを行いますが、そうならないように注意しましょう。

ポイントは我が家のルールを決めたら、思春期を過ぎた子供にはあまり干渉せずに、見守ってあげられるスタンスで過ごせるのがベストです。

ルールも極端に逸脱しない限りは厳しく言わず、言う時にはハッキリと一言伝えて終了です。くれぐれも感情的になったり、小言を繰り返すなど、引きずったりしないように心掛けましましょう。

補足説明
あまりにも子供のことを待てずに、イライラとして感情的になってしまうなら、こちらの「子育てのイライラをスピリチュアルに解消する方法!心理的な原因も解説」が役立ちます。その中で紹介するフラワーエッセンスのインパチェンスは、子供を信頼して待てるようになりますから、特におすすめです。

 

お問合せ

改めて我が家のルールについて思う

改めて我が家のルールについて思う

私はこの4つのルールを作っておいて、本当に良かったと思っています。

どうしても暗黙の了解のように、ルールが在るようで無いお家も多いと思いますが、子供にとっては意外とそれがストレスになるのです。

その時々で、違うルールを一方的に決める審判が居たら、あなたも横暴だと思いますよね。(笑)

 

我が家のルールは親と子供のために作る

我が家のルールが無いと、どうしてもその時々の気分で、子供に対して厳しくなってしまったり、チェックするかのように目を光らせてしまいがちです。

でもそれは、子供にとって休むべき家庭で安心できず、いつまでたってもストレスが解消できないプレッシャーとなります。

親としても本心では、子供に安心して家で過ごして欲しいのですが、学校生活や勉強のこと進路のことがあると、思わず厳しく言いすぎてしまうものです。

ですから、我が家のルールづくりには、そんな親自身の子供への過干渉を抑制する意味もあるのです。

 

家族でルールを決めることに意義がある

いかがでしたか?一通り我が家の4つのルールを紹介して、そんな家のルールづくりのポイントをお話しし、それを守るときの注意点をお伝えしました。

最初にも申し上げましたが、私の家のルールを、そのままご自分の家のルールにすればOK、というものではありません。

夫婦で子育てについて話し合い、子供にもよく説明してルールを決める。その過程がとても大切で意義あるものだと思うのです。

我が家のルールは、子供も親も、安心して家で寛げるようなるためのものです。

それにパーフェクトなルールなど最初からありませんから、家族で相談して、住み心地の良いルールを考えてみましょう。

 

↓ 次のページはこちら! ↓

子離れできない母親のために心理の専門家が示す5つの対処法【実体験】

 

 

井上直哉のオフィシャルブログをご覧いただき、ありがとうございます。ブログをご覧いただいたあなたに、こちらの特別なレポートを無料でプレゼントします。

『人間関係を劇的に癒す方法【実例紹介】』
使えばすぐに特定の相手との人間関係を変えられる改善法で、会社、学校、家族、恋人相手でも簡単に使うことが出来る実践的な方法です。

『豊かさのオーラの秘密【実例紹介】』
お金に関するオーラ診断から垣間見えた過去の記憶とは?私たちが無意識に持っているお金に関するブロックが見えてきます。

ブログの更新通知を受け取りたい方も、こちらのレポートをダウンロードして下さい。井上の天然コラムなどもメールでお届けします。

 

最新のお知らせ
■あなたの人生をポジティブにするメンタルヘルスセミナー
心を癒す魔法の言葉セミナー東京201611
心を癒す魔法の言葉セミナー
心をポジティブにする方法を学び習得するためのセミナー
■開催日程:2019年1月11日、2月16日、3月10日
■開催場所:東京、会津、京都 / 時間:2時間30分

我が家のルールづくりのポイント!心理の専門家が実践する4つのルール

悩みをお持ちで、心の癒しと成長を望まれる方へ

 

 お持ちの悩みについて、心を癒し改善することは、あなたが思いつめているほど、実は難しいことではありません。

 心が癒されることで、あなたの周囲の人間関係には、自然と変化が起こり、もっと安心して自分らしく、人生を生きれるようになります。

 心の問題に取り組むにあたり、ご心配のことがあれば、まずは無料相談から、お問い合わせください。

お問い合わせ&無料相談

 

スポンサードリンク