ソウルメイトのスピリチュアルな意味や特徴!転生する目的も徹底解説

The following two tabs change content below.
心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉

心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉

(心理アドバイザー/サイキックアドバイザー)
 現実的なスピリチュアルをモットーに、日頃の生活で感じている気付きや学びをブログで紹介しています。心をポジティブにするメンタルヘルスセミナー『心を癒す魔法の言葉®』を世界中の人に伝えることを、人生の目的として活動中。詳しいプロフィール サービス お問合せ&無料相談

こんにちは。
心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉(@my_earth_naoya)です。

スピリアチュアルな世界が好きな人であれば、「ソウルメイト」という言葉を知らない方は、ほとんど居ないでしょう。

スピリチュアルに特に興味がない方でも、恋愛などを通じてなら「ソウルメイト」という言葉を、聞いたことが在るかもしれません。

今回は「ソウルメイトとは?」という質問に、スピリチュアルな視点から、その意味や特徴を徹底的に解説していきたいと思います。

この解説をするとかなり話が深くなるので、恋愛や出会う方法などの細かな内容については、別の機会に詳しく書くつもりです。

ですからまずは、スピリチュアルな存在としてのソウルメイトとは、どのような存在を表すのか、そこからお話をしていきましょう。

 

 

ソウルメイト(魂の伴侶)とは?

ソウルメイト(魂の伴侶)とは?

最初に、ソウルメイトという言葉をご存知ない方のためにも、まずはその言葉が生まれた切っ掛けから、紐解いていきます。

この「ソウルメイト」という言葉が、日本で使われだしたのはまだ新しく、1996年に発売された一冊の書籍からでした。

 

「魂の伴侶」の出版で広がったソウルメイト

1996年11月に、アメリカの精神科医で「前世療法」を世に知らしめた、ブライアン・L・ワイス博士の3冊名の著書「魂の伴侶」が、日本語訳されてPHP出版から発売されます。

この本のタイトルには、魂の伴侶という言葉と共に「ソウルメイト」と書かれていました。もともとこの本は、ワイス博士が前世療法を実践していく中で、実際に起きた体験記として記されたものです。

内容としては、2人の同じ前世を共有する男女が、幾度なく出会いと別れを繰り返しながら、転生を繰り返すとてもドラマティックな物語でした。

その結果、その運命的な出会いが、多くの人の心を引き付け、ソウルメイトという言葉と共に広がったのです。

魂の伴侶(ソウルメイト)

 

ワイス博士の著書「前世療法」の三部作

当時の日本では、ワイス博士の「前世療法」と「前世療法2」の2冊が出版され、そのスピリチュアルな内容が衝撃を持って受け止められていました。

1冊目の書籍「前世療法」では、ワイス博士自身が、一人の女性への催眠療法を通して、人の前世の記憶を知るようすが詳細に記され、戸惑いながらもその心理療法としての有効性に気付いていく、そんな前世療法を紹介したものです。

そして2冊目の「前世療法2」では、様々な前世療法のケーススタディが示されて、心の問題に対して前世療法が有効であることを、世界中に知らしめました。

それらの2冊はどちらかと言えば、ワイス博士の精神科医としての視点で語られた、前世療法の有効性を紹介する書物でした。ですがこの3冊目の「魂の伴侶(ソウルメイト)」は違います。

2人のクライエントが同時期に、同じ前世を共有し合うという、フィクションのような運命的な出会いを綴る物語だったのです。

前世療法、前世療法2

 

「魂の伴侶」で語られた2人の男女の物語

少しだけその内容に触れておくと、ワイス博士は自身のクライエントとして、エリザベスという女性と、ペドロという男性の二人に別々に出会います。

そして彼らの前世療法を進めていくうちに、あることに気付くのです。それはそれぞれが違う視点で、同じ前世の内容について、語り始めるという驚くべき体験でした。

もちろん二人は、別々にワイス博士のセッションを受けていますから、決してお互いのことを知る由もありません。

ワイス博士自身も、医師として守秘義務を持ってセラピーをしていますから、お互いを引き合わせることも、それぞれの存在を伝えることも出来ずに、ただ時間が過ぎてい行きます。

そしてその二人の結末は。。。という内容です。ここで全てお話ししてしまうと勿体ないので、気になる方はぜひ、実際の「魂の伴侶」を読んでみてくださいね。

なお、そんな前世の記憶に関する実例は、こちらの「前世の記憶を思い出す意味とは【前世体験の実例集】」でも紹介しています。

 

ソウルメイトという言葉の起源と意味

ソウルメイトという言葉の起源と意味

ここまでは日本国内、いや世界中でこの「ソウルメイト」という言葉が一般的になった、その理由をお伝えしてきました。

ですがこのソウルメイトは、決してワイス博士が初めて作った造語ではありません。その言葉は、古くは1800年代のイギリスで、すでに使われていたのです。

 

Wikipediaにおけるソウルメイトの意味

前世療法のような、スピリチュアルなソウルメイトの意味とは別に、このソウルメイトという言葉について、Wikipediaから見ていきましょう。

ソウルメイト (soulmate, soul mate) は、soul(魂)とmate(伴侶、仲間)を組み合わせた英語の造語で、魂の伴侶のこと。一般的には、共通の価値観や好みといった深い親和性のある相手、気性の合った人、ロマンチックな結びつきのある相手、運命の伴侶、特別な恋人、相思相愛の相手、互いに深い精神的な繋がりを感じる大切な人、深い縁を持つ人などを意味する。

転生説を信じる人が、過去世から何らかの縁があると考える相手、または同じ魂のグループ(類魂)に属すると考える相手をソウルメイトと呼ぶこともある。

Wikipedia引用:ソウルメイト

とても中立で、解りやす解説ですね。

特に「転生説を信じる人が、・・・」の部分は、スピリチュアルに偏らない、冷静で客観的な意見であると感じます。

 

イギリスのロマン派詩人サミュエル・コールリッジの手紙

先ほどのワイス博士の「魂の伴侶」もそうですが、Wikipediaの内容を見るか限りでは、その「ソウルメイト」という言葉の意味自体は、共通のように思います。

ただWikipediaにはこのような情報も掲載されていました。

ソウルメイトという言葉は、近世イギリスのロマン派詩人・批評家・哲学者のサミュエル・テイラー・コールリッジ(1772年 – 1834年)若い女性への手紙で最初に使ったといわれている。

『To be happy in Married Life . . . In order not to be miserable, you must have a Soul-mate as well as a House or a Yoke-mate.”— サミュエル・テイラー・コールリッジ、“Letters, Conversations, and Recollections of S.T. Coleridge,” (1822)』

『(日本語訳)結婚生活の中で幸福になるには(中略)不幸にならないためには、家族や配偶者のような『ソウルメイト』を持たなければなりません。」

Wikipedia引用:ソウルメイト

この言葉は、コ―ルリッジ自身の不幸な結婚生活から産まれたようですが、個人的な手紙だったため、その後に広がるようなことは在りませんでした。

Wikipediaでは、その上でカール・グスタフ・ユングの出版物でソウルメイトが言及されたことや、後のニューエイジ運動によって広められたのではないかと、締めくくられています。

サミュエル・テイラー・コールリッジ
Wikipedia出典:Samuel Taylor Coleridge

 

神智学におけるソウルメイト

ソウルメイトという言葉は、コ―ルリッジの手紙や、ワイス博士の著書の中でも、魂の伴侶ともいえる、男女の関係性ような意味として使われてきました。

ですがその起源ともいえる、本来の神智学におけるソウルメイトという言葉は、また違った意味を持っていたようです。

ソウルメイトのアイデアは、古代ギリシャの哲学者プラトンによる、かつて両性具有の球形の人間があったが、引き裂かれ男と女になったという球体人間論に由来すると考えられている。

近代神智学では、人類はもともと両性具有の霊的な存在であったが、霊的に退化し物質的・性別のある存在に堕したと考えており、近代神智学に影響を受けた心霊治療家のエドガー・ケイシーは、全ての人は繰り返す転生の中で片割れを探しており、霊的成長・霊的進化を達成しカルマという負債を全て解消すれば、ソウルメイトと融合し根源に還るとしている。

Wikipedia引用:ソウルメイト

もともとは男女の区別の無い霊的存在が、物質次元に降りるにあたって、男女という肉体に分かれ、それをソウルメイトという。これが神智学における説となります。

ですがそう考えると、ある疑問が浮かんできます。それはソウルメイトとは、ツインソウルのことを意味するのか?という疑問です。

エドガー・ケーシー
Wikipedia出典:Edgar Cayce

 

スピリチュアルな存在としてのソウルメイト

スピリチュアルな存在としてのソウルメイト

ようやく本題のスピリチュアルな話しになってきましたね。では霊的存在としてのソウルメイトとは、どのような間柄のことをいうのかについて、触れていきましょう。

ここからはあくまで、オーラ診断と前世療法の専門家としての私の意見として記載します。その点を理解して読んでください。

 

ソウルメイトとはツインソウルなのか?

この「ソウルメイトとはツインソウルなのか?」という疑問に関して、私はすでにツインソウルに関する記事の中で、その点を言及しています。

結論を簡単に申し上げると、全く違う存在であるという認識で、霊的存在としての間柄も、家族と他人ぐらい違うと考えています。

ソウルメイトとは、あくまで転生する過程で、より親密に関わる存在であり、ツインソウルとは同じ魂を有する、自分の分身ともいえる存在です。

詳しくは「解決!ソウルメイトとツインソウルの違いや簡単な見分け方【実体験】」に解説しているので、そちらをご覧いただければお解りになるでしょう。

 

エドガー・ケイシーのソウルメイトへの言及について

ただ、だからといって、エドガー・ケイシーの言葉を否定するのは、少し違うと思っています。

なぜなら彼が使ったソウルメイトという言葉が、「=ツインソウル」とも読み取れる、曖昧な意味として感じるからです。

それは、まだ彼の中に「ツインソウル」という言葉の概念が、存在していなかったのではないかと思うのです。そしてケイシーの言葉とされる内容が、霊的存在を次元ごとに区分した内容ではないことも、どこかつかみどころがない感じがします。

この点は、突き詰めれば本人に確認する必要があるので、ここからはあくまで私なりの考えとして、現時点でのソウルメイトに対する認識をお伝えします。

 

カルマで繋がるスピリチュアルな関係

では、霊的でスピリチュアルな視点から観察した、ソウルメイトという存在とは何なのか?

それをあえて一言で表すなら、縁が深い霊的存在同士です。もう少し厳密に言うと、互いの関係性に多くのカルマを持った者同士が、ソウルメイトであるといえます。

ただこれは、スピリチュアルな視点から申し上げた定義であり、人間的な恋愛観や感情論は排除した、クールな考え方としてです。

あくまで、人のオーラを見るように、エネルギーレベルでソウルメイトとの関係性を見ると、その繋がりは、縁とされるものであり、カルマと呼ばれている関係性だと感じるのです。

 

カルマで結ばれるソウルメイトの関係性

カルマで結ばれるソウルメイトの関係性

ここからは、さらに深く掘り下げて話をしていきましょう。

 

カルマは全てが否定的なものではない

「ソウルメイトがカルマによって繋がっている存在である。」と言われれば、誰もがとても否定的なイメージを持つでしょう。

それは単に、カルマ(業)というものや、カルマの法則とされる言葉に、とても否定的な認識を持ているからです。

あたかも罪を負えば、罰として同じ現実を体験するという、昔ながらの罪の報いを受けるような、因果応報の考え方です。

カルマの法則については、私は以前にこちらの「カルマの法則のスピリチュアルな意味と前世のカルマを解消する方法」でも、詳しく解説しているのでそちらをご覧ください。

 

善のカルマと負のカルマ

簡単に説明するなら、カルマには「業」とされる負のカルマと、「徳」とされる善のカルマがあります。

私たちが一般的に聞かされてるのは、この負のカルマである「業」についてです。悪いことをすれば罰が与えられるという、教訓ともいえるシンプルな考え方です。

ですが、その一方で忘れられがちな、善のカルマもあります。それは、良い行いをすれば報いが与えられるというもので、いわゆる「徳」を積めば、その成果が得られるというものです。

もともとカルマの法則とは、悪因悪果あくいんあっか善因善果ぜんいんぜんかと言われる因果応報の仕組みについて、輪廻転生を越えて顕在化するシステムのことを指します。

 

良縁だけをソウルメイトして捉えている

ですから、古くからいわれる「腐れ縁」とされる悪い縁は、負のカルマによって繋がっている相手であり、「良縁」とされる良い縁は、善のカルマによって繋がっている相手だといえるでしょう。

そして現在殆どの人が認識しているソウルメイトの意味が、この良縁としての前世からの繋がりがある相手を指しています。

これはある意味、魂の伴侶の影響によって、ソウルメイトという言葉が「運命の赤い糸」のように思われたからではないでしょうか。

多くの人が良い縁を持った相手と、運命的に結ばれることを望み、ソウルメイトとの出会いを求めているのです。

こちらの「ツインソウルと出会い恋愛や結婚を望む人が知るべき本当の運命の人」では、そんな運命の赤い糸についても、詳しく触れています。

 

エネルギー的なソウルメイトの特徴

エネルギー的なソウルメイトの特徴

ではここからは、ソウルメイトにはエネルギー的な特徴があるのか?についてお話ししていきましょう。

 

エネルギー的な特徴があるか?

ソウルメイトは、ツインソウルのように何人かに分かれて、転生している訳ではありません。

あくまで特定の人との、カルマ的な関係性を表すものなので、オーラを見た時のエネルギー的な特徴は、特には無いと考えられます。

例えばこちら、「スターピープルの使命とは!?オーラ診断で解る彼らの能力と目的【保存版】」で紹介したスターピープルのように、オーラが特徴的で、地球で輪廻転生を繰り返す一般的な人と、明らかに違うケースではありません。

逆に何度も地球での転生を繰り返いしているので、地球の波動にも順応しており、オーラの5層、6層には、前世から持ち越した、カルマも持っていることでしょう。

それはあくまで、一般的な地球人のオーラであるということです。

 

相手があなたのソウルメイトである特徴

基本的に、あなたが深い関係性を築いた相手なら、良くも悪くもあなたのソウルメイトだといえます。

先の「魂の伴侶」でも、親子や夫婦として転生を、幾度も繰り返いしていく、2人の姿が描かれていました。ですから恋愛関係に限らず、家族関係にある両親や兄弟なら、必然的にあなたのソウルメイトなのです。

身近に居てフィーリングが合う方や、安心できる相手なら、お互いに良い縁を持ったソウルメイトの可能性が高いでしょう。

その反面、なぜかいつも一緒になることが多いけど、どうしても信用できないとか、衝突が絶えない相手なら、何かしらの負のカルマを持ったソウルメイトかもしれません。

相手があなたのソウルメイトかどうかを知りたいなら、外観や見た目の特徴ではなく、あなたが感じるフィーリングを感じ取ってみしましょう。

 

ソウルメイトはグループで転生する

そもそも私たちは、そんな縁があるグループの一団を形成して、転生を繰り返しながら、カルマを解消し成長を遂げていきます。

以前にオーラ透視の権威でもあるレバナ先生も、「私たちはある一定のグループを形成して、集団で転生していくのです。」と話されていました。

それはこちらの「デジャブとは何か?起きる意味と原因をスピリチュアルに解説【実例紹介】」で、デジャブによって蘇る、前世の体験について語った記事でも話したことです。

この考え方は、先に紹介した、Wikipediaの「同じ魂のグループ(類魂)に属すると考える相手をソウルメイトと呼ぶ」という一文にも当てはまります。

ですから、シンプルにソウルメイトの特徴を捉えると、今のあなたと出会っている全ての人が、あなたと縁がある魂の一団、広義のソウルメイトといえるのです。

 

前世から持ち越した価値観

されにこれから出会うと思われる、ソウルメイトの特徴については、あなたと同じ価値観をもつ相手が、ソウルメイトの可能性が高いでしょう。

私たちが持つ趣味嗜好や価値観とされるものは、多くの場合、前世で培ってきた体験や経験によって養われるものです。

それは転生を繰り返すあなたが、前世から持ち越している才能ともいえる資質であり、先の話でも触れた、カルマと同じオーラの第5層、6層にエネルギーとして存在しています。

ですから同じ価値観を持って、フィーリングが合う相手なら、同じ前世を共有して、共に学びながら過ごしている可能性が高いのです。

 

スピリチュアルなソウルメイトの目的

スピリチュアルなソウルメイトの目的

私たちがソウルメイトの一団として、グループで転生を繰り返すことは、すでに説明したとおりです。

ではソウルメイトとしての、スピリチュアルな目的とはどのようなものか、もう少し話していきましょう。

それは互いにソウルメイトとして存在する意味とも言えるかもしれません。

 

ライトワーカーとしての覚醒

ソウルメイトとしての最初の目的は、お互いに協力し合いながら成長を遂げることで、この物質世界にプラスの影響を与え、自ら覚醒に至ることです。

それはこちらの「ライトワーカーの使命と覚醒する方法とは?<ツインソウルとの関係も解説>」でも記載した、ライトワーカーとなり、周囲の人々や環境へプラスの影響を与えることといえるでしょう。

それにより、ともに転生を繰り返すグループのメンバーも、同時にエネルギーレベルを上げて、成長することができます。

その活動は、最終的にはこの惑星のアセンションを促すことへと繋がるのです。

 

カルマの解消による輪廻転生からの卒業

次に、お互いのカルマを解消することによる、輪廻転生のサイクルからの卒業(解脱)です。

これは地球上で転生している、全て人に当てはまることで、スピリチュアルな人生の目的ともいえるものです。私たちが持っている1つの課題ともいえるでしょう。

私たちは、この地球上で作ったカルマのほとんどを清算しなければ、地球での生まれ変わりのサイクルを終えることが出来ません。

それはある意味、霊的存在としての執着を手放すことといっても、妥当かもしれません。ソウルメイト同士が共に転生を繰り返す、最大の理由はこのカルマの解消です。

補足説明
輪廻転生とは、仏教的な生まれ変わりの概念。人は死を迎えた後に、いくらかの期間を経て、再びこの世界に生まれ変わってくるという考え方。詳しくはこちらの「【実例】輪廻転生や生まれ変わりを前世から繰り返す意味を徹底解説!」で解説しています。

 

スターピープルとしての成長

そして霊的存在として、さらなる成長を遂げるために、スターピープルとなり他の惑星へと、グループで移動することが考えられます。

これはレバナ先生も言われていましたが、1つの魂の集団として地球という星への転生を果たし、いずれは地球での輪廻転生を終えて、他の星へと移住していくという考え方です。

ただここでの移住は、もちろん肉体を持ってではありませんから、他の星への転生といった方が適当でしょう。

以前に私がこちらの「【実例】スターピープルの特徴から解る星々を転生する宇宙人の目的」でお話した、スターピープルとして地球に転生していた彼も、そんなグループの一員だったのかもしれません。

 

ソウルグループから根源への帰還

最終的には、ソウルメイトの一団として転生の過程を終え、あのエドガー・ケイシーの語る通り、「ソウルメイトと融合し根源への帰還」を果たすことになのでしょう。

これはいわゆるワンネスの一部として、霊的に存在するのを意味しており、すでに物質レベルへの転生を必要としなくなる状態です。

ただ先ほども述べた通り、この「ソウルメイトと融合」については、ツインソウルように統合されていくのとは、次元が異なります。

それはあくまでワンネスへと、帰還を果たしていくことであり、「【衝撃】ツインソウルの統合から解る「魂の双子」の驚くべき真実!」で話したツインソウルの統合のように、個々が融合していくのとは、異なるのではないかと私は考えるのです。

 

”メンバーズブログ"

人生を共に生きるソウルメイトの役割

人生を共に生きるソウルメイトの役割

では最後に、ソウルメイトとして今の人生を共に生きる相手との、互いの役割をお話ししましょう。

もうここまでの内容で、スピリチュアルな意味でのカルマの解消については、お解りいただけたと思います。

それを理解いただいた上で、自分のソウルメイトとどのように向き合っていけばいいのかお話しします。

 

両親や兄弟としてのソウルメイトの役割

まずあなたの両親や兄弟など、宿命的な繋がりを持つソウルメイトについてです。

彼らは、あなたの内面を写す鏡のような役割をもつソウルメイトであり、あなた自身が気が付かないほど慣れ親しんでいる価値観を、あなたに気付かせてくれます。

それはあなたが、前世から持ち越している、執着ともいえるカルマかもしれません。まさに血縁よりも濃い価値観を、互いに共有しているのです。

潜在的な部分で、同じ価値観、同じ問題を抱え、同じ考え方を尊重するソウルメイトだからこそ、最も接点が長く深い相手でもあります。

だからこそ、両親や兄弟と信頼関係を築き、互いに仲の良い助け合える人生を送ることは、自分自身を認めることに繋がり、自尊心に関わるカルマを解消させてくれるのです。

 

友人として出会うソウルメイトの役割

そしてあなたの今世の友人として、繋がりを持つソウルメイトは、お互いに協力し合い、成長するためのソウルグループのメンバーともいえる存在でしょう。

彼らは、あなたと共通する課題を持ちつつも、お互いに刺激し合うことで成長し、変わろうと試みている存在です。

ですから、中には人生の一時期だけを、とても濃い縁で共有しあうかのように歩み、そしてあなたのもとを旅立っていく人も出てくるでしょう。

それはその期間に、必要な経験を共にしたことで、お互いに必要な成長を遂げて、次のステップに進むための意味をもつソウルメイトです。

そう、例えるなら今世の人生という学校で、協力して1つのカリキュラムをこなし、卒業して行していくような仲間としてのソウルメイトです。

 

恋人や夫婦などパートナーとしての役割

そしてあなたの恋人やパートナー、夫婦としての関係を築くソウルメイトです。

それはずばり、お互いの愛を補完し合うためのソウルメイトです。私は人間関係とはパズルのピースのようなもので、お互いに補完し合うことで成立するものだと語ってきました。

ある種、お互いに干渉しあうことで成立するともいえるかもしれません。その中であなたの恋人やパートナーとなる相手は、あなたの最も深い部分、愛に関する問題を補完し合う意味を持つソウルメイトなのです。

ですから、あなたが強く相手を求めるほどに、より多くの愛を補完し合い。あ互いに尊重しあうほどに、より多くの愛を与えあう、間柄だと言えるでしょう。

夫婦として共に歩み、子を産み家族を作ることは、二人が家庭を愛で支え合うことで成立するものであり、まさにその幸せと愛を共有するために存在する、ソウルメイトなのです。

 

お問合せ

このブログの内容についての補足

このブログの内容についての補足 

いかがでしたか、スピリチュアルな存在としてのソウルメイトについて、意味、特徴、転生の目的と、詳しくお話してきました。

今回お伝えしたことは、あくまで私がこれまで学んできたことと、自らのオーラ診断や前世療法による経験から、感じ取った内容です。

ですから、フィクション程度にご覧いただいて、あくまで参考資料として聞いておいてください。

 

スピリチュアルなそれぞれの世界観が大切

スピリチュアルの世界の話しは、現代科学で証明されるような、物質次元のものではありません。

哲学や心理学、さらには神智学に通ずる思想的な話しですから、科学的な正しさが在るのとは、また異なるものです。

私は個人的に、人それぞれの真実があり、人それぞれの世界観が在って良いと思いますし、そんな自分の世界観を語ることが、それを読む人の刺激になるとも思っています。

ですからあなたも、この私の話だけを聞いて終わりにするのではなく、自分なりの世界観を見出してください。

それが偽りのないそれぞれの真実であり、自分らしく生きる基盤となると、私は思うのです。

 

↓ 次のページはこちら! ↓

ソウルメイトと出会い幸せな恋愛や結婚をするための方法

 

 

編集後記など1分1言動画

井上直哉のオフィシャルブログをご覧いただき、ありがとうございます。ブログをご覧いただいたあなたに、こちらの特別なレポートを無料でプレゼントします。

『人間関係を劇的に癒す方法【実例紹介】』
使えばすぐに特定の相手との人間関係を変えられる改善法で、会社、学校、家族、恋人相手でも簡単に使うことが出来る実践的な方法です。

『豊かさのオーラの秘密【実例紹介】』
お金に関するオーラ診断から垣間見えた過去の記憶とは?私たちが無意識に持っているお金に関するブロックが見えてきます。

ブログの更新通知を受け取りたい方も、こちらのレポートをダウンロードして下さい。井上の天然コラムなどもメールでお届けします。

 

最新のお知らせ
人生をポジティブにしたい人のメンタルヘルスセミナー
心を癒す魔法の言葉セミナー東京201611
心を癒す魔法の言葉セミナー
心をポジティブにする方法を学び習得するためのセミナー
■開催日程:2018年10月7日、23日、11月4日、17日
■開催場所:東京、札幌、京都、会津 / 時間:2時間30分

スポンサードリンク