スピリチュアルなリーディングと霊視の見え方の違いとは

スピリチュアルなリーディングと霊視の見え方の違いとは
The following two tabs change content below.
Avatar photo

井上直哉

心理とスピリチュアルの専門家
1989年大学に進学中に独自に体外離脱の研究を行い、自ら離脱体験をもつ。医療機器メーカーに就職後、2001年に心理療法家として独立。3,000人以上のセラピー実績を持ち、年間20回以上のセミナーを全国で開催。2010年に株式会社ヒーリングアースを設立。現在では経営の傍ら個人セッション及びセミナーをこなしながら執筆活動に励む。オフィシャルブログは年間300万人が訪れる。
人気記事 プロフィール お問合せ

こんにちは。
心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉です。

私は個人セッションで、オーラ診断というワークをやっていますが、このワークの正式名は「オーラリーディング」と言います。

これは人のオーラを見て、その人のオーラの状態や、そこから解るスピリチュアルな情報をお伝えするものです。時には「スピリチュアルリーディング」という名称で呼ばれたりもします。

もともと日本では、昔から霊能力を使って、人のエネルギーを見たり憑き物を祓う、霊視をする人たちが居ました。

でも、このオーラリーディングと霊視は、何が違うのでしょうか?

今回の記事では、そんなスピリチュアルなリーディングと、霊視の見え方の違いについてお話したいと思います。

私も学生時代には、霊能能力者の霊視を受けたことがありましたが、ここではそんな体験談も紹介しましょう。

 

無料プレゼント

なぜオーラ診断と呼ぶのか?

なぜオーラ診断と呼ぶのか?、男性

最初に、なぜ私が自分のセッションを、オーラリーディングやスピリチュアルリーディングと言わないのか、その理由からお話ししましょう。

 

スピリチュアルへの偏見

私がオーラリーディングについて学んだ、2000年代初めの頃は、まだ「スピリチュアル」という言葉に、社会的な偏見が残っていた時代です。

例えば、とても怪しい霊感商法のイメージや、特殊な儀式を行う新興宗教のような、そんな怪しいイメージです。

その頃はインターネットの発展とともに、ようやくヒーリングが一般的になりだして、全国にヒーリングサロンやスクールが出来始めていました。

ですが、まだまだオーラやスピリチュアル、チャネリングなどの言葉は、人から避けられがちでした。

 

<井上のワンポイント>

今でもスピリチュアルに偏見を持っている人はいますが、逆にその様な人の方が珍しいぐらいです。

スピリチュアルという言葉の意味や、それがどの様に日本に根付いたのかは、こちらの「スピリチュアルの本当の意味とは?初心者にも解かりやすく解説」でも解説しています。

 

オーラ診断とした理由

そんな時代に「オーラリーディング」や「スピリチュアルリーディング」といっても、そもそもそれが何なのか、解る人はほとんどいません。

でもだからと言って、霊視といえばとても偏ったイメージを与えてしまい、霊能者や東北のイタコのような霊媒師に思われるでしょう。

そこでどんな表現が、最も「オーラリーディング」を的確に表すだろうかと考え、思い至ったのが「オーラ診断」という言葉でした。

オーラといえば、それがどの様なものかは、誰もが漠然と知っていますし、それを診断するのですから、やることもイメージし易いだろうと考えたのです。

 

<井上のワンポイント>

その当時は、オーラを診断してくれる機械などもありましたし、ネット上でも質問に応える形式の、オーラ診断サイトなどもあったので一般的でした。

 

魔法の言葉セミナー

霊視とはどのようなものか?

霊視とはどのようなものか?

今では、そんなオーラ診断をしている私ですが、実は学生時代にはスピリチュアルに興味を持ち、霊能者の霊視を受けたことがあります。

霊視とは、どの様なものなのかを知っていただく上で、まずはそんな体験談からお話ししましょう。

 

霊視は結構高額な体験だった

私が東京で大学時代を過ごし、スピリチュアルについて、いろいろな本を読み漁っていた頃です。

たまたま手にした自己啓発本の巻末に、霊能力を使った除霊を、東京で行っていることが書かれていました。

例えば、家運向上や金運向上、悪因縁の解除や霊障などの除霊など、一言でいえば、霊視をして運気をUPしてくれるというものです。

私も霊視を受けるのは初めてでしたし、十数万円と結構高額だったので躊躇しました。でも一度は体験してみたいと思い、バイド代を貯めて行ってみたのです。

 

<井上のワンポイント>

この頃には、スピリチュアルな本などでも、まだ「リーディング」という言葉自体がありませんでした。1990年頃のことです。

3ヶ月ぐらいかけて、頑張ってバイト代を貯めて申し込みました。

 

初めての霊視体験の実例

当日その会場にいくと、30代ぐらいのスーツ姿の男性が現れ、霊視をしてくれたのです。

彼は目を閉じて、いわゆる手印の様なものを結びつつ、真言と思われる言葉を発しながら、時折、気合の声を出しています。

その霊視の内容については、今ではすっかり忘れてしまいましたが、大まかに言えば、家系にまつわる先祖の業とかを話し、それを解除する作業です。

その後に、狐やら狸やらが憑いているからと言って、これも手印と真言の様なもので取り除いたと、説明してくれました。全体で1時間ぐらいの工程です。

 

<井上のワンポイント>

今思うと、本当にスタンダード?(標準的?)な除霊体験だったと思います。

まあ、霊視をしてくれた方が、和服ではなくスーツ姿だったところが意外でしたが。

 

霊視を受けた感想

正直に言ってその頃の私は、霊的なことは全く判らない人だったので、効果や変化のようなものは特に感じませんでした。

そもそも、何か大きな悩みで行ったのではなく、霊視とか除霊がどの様なものなのか、すごく興味を持って受けたので、ある種それだけで満足していたのです。

「なるほど、霊視では先祖のことが判ったり、憑き物とされる狐や狸なんかを祓うのか、手印や真言で、その様な霊的存在を追い払うのだな。」と。

エネルギー的なことや、自分の前世などは、全く話に出てきませんでしたが、とても興味深い体験でした。

 

<井上のワンポイント>

真面目に「手印を結ぶと、手から光線のようなものが出て、狐や狸をやっつけるのかな?( ー̀ωー́ ).。oஇ」なんて思ってたのです。笑

 

霊視とは何かをいえば

今では相談に来られる方から、以前に受けたスピリチュアルなワークや、除霊などについてのお話を伺います。

するとおよそ霊視とされるものは、私が受けたのと同じ様に、先祖の業や悪因縁、憑き物などについて話をして、それを除霊する様な取り組みでした。

まあ、中にはこちらの「スピリチュアルはやばいのか?本当の危険性とハマる人の特徴を解説」でもお話しした様な、危険でやばい霊能者もいる様ですが。。。

どちらかと言えば、霊視ではその人のエネルギーや、オーラを見るというよりも、霊的な影響を及ぼしている存在を、見るものだといえるでしょう。

 

オーラリーディング(オーラ診断)とは

オーラリーディング(オーラ診断)とは、女性の後ろ姿

では、オーラリーディングと言われるオーラ診断では、何を見て、どんなことをするのでしょうか?

それを解説すれば、霊視とのスピリチュアルな違いが判るでしょう。

 

そもそもリーディングとは

まずは、解りやすい説明があったので、Wikipediaの一部を引用して、その意味を紹介しましょう。

リーディングは英語のreadingの日本語読みで、日本語では次の意味で使う。

  • 特に語学教育における読解(reading)。
  • 霊的な啓示によって、個人の深層心理や、過去の事象・体験等を読みとることである。
  • タロットカードを使用した占い等で カード内容や位置などから占い事象を読み解くことである。

Wikipedia引用:リーディング

この2番目の「霊的な啓示によって、個人の深層心理や、過去の事象・体験等を読みとること」が、まさにオーラリーディングの解説に、近い表現だと思います。

 

オーラリーディングとは

具体的にオーラリーディングで何をしているのかといえば、その人のオーラの色や形を、スピリチュアルな視点から読み取ることで、その人の特徴を見ていきます。

例えば、固定観念や思い込み、趣味嗜好などの執着、過去のトラウマなどなど、その人が心理的にどの様な状態なのかを、把握するのです。

そしてその上で、なぜそんな心理的な傾向があるのか、前世や過去の体験を調べて、さらに霊的な角度から見定めていきます。

そう、リーディングでは、オーラを見ることで、その人がどの様な個性を持った存在なのか、詳らかにしていくのです。

 

<井上のワンポイント>

具体的には、オーラの1層〜7層の色や形を細かく見ていき、なぜその色がその層にあり、その様な形をしているのかをリーディングしていくのです。

そしてその内容を、クライエントにそのまま伝えていきます。

 

霊視とオーラ診断の微妙な違い

ですが、オーラ診断(リーデイング)では、霊視のように先祖や家系の問題は、ほとんど見ていきません。

また、霊的な存在としての、狐や狸を見ることもありません。

確かに必要に応じて、両親や祖父母との関係を見たり、家系で何か問題があれば、血縁などを見ることもあります。でも、それは本当に稀なことです。

また、狐や狸を見ることはありませんが、他者からのエネルギーや、影響を及ぼしている霊的存在などを見つけ、取り除くこともあります。

 

”メンバーズブログ"

リーディングと霊視の見え方の違い

リーディングと霊視の見え方の違い

ではオーラ診断などのリーディングと、霊視との見え方の違いについて、重要なポイントをお話しして、終わりにしましょう。

 

霊視とリーディングの決定的な違い

昔からある霊視と、オーラを見るリーディング、その決定的な違いを述べるなら、それは自分を見るのか、周りからの影響を見るのかです。

それにより、見えるものが変わってきます。

例えば、私のオーラリーディングでは、全ての現実は自分自身が作り出しているという考えのもとに、悩みや問題の原因を捉えています。

ですから、オーラ診断(リーディング)では、相談者に自分自身を知っていただくことで、現実を変える手助けをしているのです。

 

<井上のワンポイント>

その考え方については、こちらの「【初心者向け】心理学の「投影」の意味をスピリチュアルに解説」で詳しく紹介しています。

 

なぜ見え方が違うのか?

でも霊視には、その様な考え方はありません。

霊視はあくまで、外部からの影響を取り除いたり、先祖からの問題を解消することによって、相談者の現実を改善しようと取り組みます。

そこが、同じ人を見ているのに、リーディングと霊視で見える内容が違う理由です。

なぜなら、エネルギーの世界では、見る人の視点の違いが、見える世界や次元の違いとして現れるからです。その霊能者やリーダーが、何を見ようとするのかによって、見えるものが違うのです。

 

現実はあなたが引き寄せている

ですから本質的なことをいうなら、あなたが自分の問題を、どの様に捉えているのかによって、どちらが適しているのかは違ってきます。

例えば、現実での悪影響を取り除きたいと思えば、霊視を選ぶでしょうし、自分が変わる必要があると思えば、オーラリーディングを選ぶでしょう。

あなたの意識の違いが、あなたが出会うにふさわしい、スピリチュアルな助言者を引き寄せ、あなたが望む回答を与えてくれます。

結局のところ、全ての現実はあなたが自分で引き寄せているのです。それが紛れもない真実ではないでしょうか。

 

井上のオーラ診断

井上のYoutube動画<聴くブログ>

 

↓ 次のページはこちら! ↓

サイキックの意味と超能力や霊能力を開発するスピリチュアルな方法

 

最新のお知らせ
>自分らしく輝いて生きるための
心を癒す魔法の言葉セミナー東京201611
心を癒す魔法の言葉セミナー
自分の心をポジティブに整える方法を学ぶ
■日程:2022年12月10日(
■場所:オンライン開催/ 時間:2時間30分

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

1989年大学に進学中に独自に体外離脱の研究を行い、自ら離脱体験をもつ。医療機器メーカーに就職後、2001年に心理療法家として独立。3,000人以上のセラピー実績を持ち、年間20回以上のセミナーを全国で開催。2010年に株式会社ヒーリングアースを設立。現在では経営の傍ら個人セッション及びセミナーをこなしながら執筆活動に励む。オフィシャルブログは年間300万人が訪れる。
人気記事 プロフィール お問合せ