殺気を放つ人のオーラを感じとるスピリチュアルな体験談

210511feel-sick
The following two tabs change content below.

井上直哉

心理とスピリチュアルの専門家
1989年大学に進学中に独自に体外離脱の研究を行い、自ら離脱体験をもつ。医療機器メーカーに就職後、2001年に心理療法家として独立。3,000人以上のセラピー実績を持ち、年間20回以上のセミナーを全国で開催。2010年に株式会社ヒーリングアースを設立。現在では経営の傍ら個人セッション及びセミナーをこなしながら執筆活動に励む。オフィシャルブログは年間300万人が訪れる。
人気記事 プロフィール お問合せ

こんにちは。
心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉です。

私はスピリチュアルの専門家として、人のオーラを見るセッションをやっていますが、そんな私でも、あまり人生で出会いたくないオーラの色が在ります。

それは殺気を放つ人の、赤黒い色のオーラです。

今回の記事では、突然、殺気を感じることとなった、そんな過去の体験談を紹介し、殺気を放つ人のオーラについて、お話ししたいと思います。

それにより、私たちのオーラの色と、感情とのスピリチュアルな関係性について紹介しましょう。

これをご覧いただけば、なぜその人が殺気を放つようになったのか、その理由が解ってくると思います。

 

無料プレゼント

殺気を感じる赤黒いオーラ

殺気を感じる赤黒いオーラ

まずは、私が殺気を感じることとなった、過去のある出来事から紹介します。それはオーラを見るまでもなく感じた、とても強烈な体験でした。

殺気を放つ赤黒いオーラを見た出来事からです。

 

いつもはオーラを見ていない

私が、仕事でお付き合いしている方とお会いすると、時折り「井上さんはオーラ見えるのですよね。いつも見えるのですか?」と、聞かれたことがあります。

ですからそんな時には、「特別なことがない限りは、意識的に見ようとはしていませんよ。」とお答えするのです。

お店でもお客様と話をしていて、ちょっとでも日頃の相談的な話なると、無意識にスイッチが入り、オーラを読み取ろうとしている自分に気付きます。

でも、私が意識的にオーラを見ようとしなくても、無意識にエネルギーを感じ取ってしまうこともあります。それは「ただならぬ気配」を感じとった時です。

 

突然感じる危険なオーラ

以前に、東京で電車に乗って、扉の前で車窓を眺めていた時でした。突然、言葉に出来ないような、強烈な殺気を感じたのです。

感じた途端に、衝動的に逃げ出したくなるぐらいの強烈な殺気です。でもそこで、間違っても振り返ってはいけません。振り返れば目が合ってしまいます。

ぐっとこらえて、何も無いかのように、電車が次の駅に付くのを待ち、自然な態度でその電車を降ります。

そして何食わぬ顔で、2両ほど改札の方へと歩いていき、もう一度違う車両に乗り直すのです。なぜならその駅が目的地ではなく、その先に行きたいからです。

そして深呼吸して、そ~っと遠目に今までいた車両を覗くと、先ほどいた場所の後ろに、一人の男性が立っていました。

 

強烈な殺気を感じるオーラ

これは何気ない日常で、突然体験した強烈な出来事でしたが、そんなミステリアスな体験も、稀に、稀に、稀にあります。

きっと私が振り向いて、なに人のこと見ているんですか!(; ・`д・´)」などと言おうものなら、今頃天国でこのブログ書いています。(^▽^;)

今までにも1、2回ぐらいしか、そんな強烈な体験はありませんが、実際にそんなことが在りました。

ですが、その男性にしても、突然そんな殺気を感じるようなオーラを、身につけた訳ではないでしょう。

彼のオーラは、赤黒く染まっていましたが、そこまでオーラの色が濃くなるのは、同じような感情的体験を、幾度となく繰り返してきた結果だからです。

 

魔法の言葉セミナー

なぜ殺気を放つオーラに成るのか?

なぜ殺気を放つオーラに成るのか?

でもなぜ彼は、あれほど強烈な殺気を放つオーラに、成ってしまったのでしょうか?

 

オーラの色が濃くなるとき

例えば、周囲の人への怒りや苛立ちを我慢すると、短気になって「カッ!(。-`へ´-。)」となり易くなるものです。

ですが、それを黙々と我慢し続けると、怒りを表す赤色のオーラが、幾重にも重ねられて、とても濃い赤色になっていきます。

でもほとんどの方は、怒りを感じる自分に対して、否定するような思いもあるので、突然その怒りが行動に出ることはありません。

そのため、我慢された赤い色には、どんどん怒りのエネルギーが溜まっていき、自然と赤黒いオーラへと変わっていくのです。

そして、ピリピリとした殺気を放つようになります。

 

殺気を放つオーラに火が着くとき

あなたも、本当に稀に、感情のガソリンに火が着いたような、凄惨な事件のニュースを目にしたことがありますよね。

溜め込まれた怒りのエネルギーに火が着き、いっぺんに爆発した時、それは誰もが驚くような極端な行動に、なってしまう可能性があるのです。

それが怒りを溜め込むことで、赤黒く染まったオーラであり、殺気を感じるほどの、とても極端な例だといえるでしょう。

ですから、その人が殺気を放つようになるまでには、かなりの時間を掛けて、感情のエネルギーが溜め込まれる必要があるのです。

 

”メンバーズブログ"

オーラの色が濃くなる理由

オーラの色が濃くなる理由

ここまでお話ししてきたように、殺気を感じるようなオーラには、怒りの感情がとても多く溜め込まれています。

ではここで、なぜそんなことが起きるのか、オーラの色が濃く成っていくことについて、もう少し詳しくその理由を説明して行きましょう。

 

オーラの色が落ちていく原因

今回の赤黒い殺気を放つオーラに限らず、すべての色のオーラが、感情を溜め込むことで色が濃くなり、その色合いは暗く沈んでいきます。

人は、怒りや苛立ちのように、強烈なパワーを持った感情を、抑え込むこともあれば、暗く重たい悲観の思いを耐え忍んで、感情を溜めることも在るでしょう。

さらには、考えすぎることで、エネルギーが溜まってしまい、被害妄想のように捕らわれてしまう人もいます。

どのような色であっても、そのオーラの色が濃く深くなるのは、それだけその人が、自分の中に感情を溜め込み、我慢して耐えてきたことを意味するのです。

そして多くの場合、それは自ら望んで我慢したのではなく、耐えざる得ない環境で育ち、誰にも相談できなかった結果だといえるのです。

 

溜めている感情が現実を引き寄せる

そして、濃い色のオーラを持つと、私たちはその色に溜められた感情に対して、とても敏感になります。

殺気を感じるほど、多くの怒りが溜め込まれると、少しのことで感情が爆発し易くなりますし、悲しみの感情を溜め込めば、悲しみに敏感になってしまうのです。

さらには、あなたの中に怒りを押しとどめていれば、その怒りを呼び起こすかのような、イライラし易い現実が、訪れやすくなり。

悲しみを我慢していれば、あなたが再び悲しみを感じるような、辛く切ない現実が訪れやすくなるのです。

それはスピリチュアルな意味で、感情によって現実が引き寄せられる、ともいえる事象が起こり始めることを意味します。

 

オーラから殺気を消す方法

でもなぜそんなことが起きるのか、それはあなたが持っている感情を、今一度再認識することで、その感情のエネルギーを解消するためにです。

それは、あなたが潜在的に留めている感情を解放させ、エネルギーを軽くするために、私たちの心の自然治癒力によって引き寄せられた、現実だといえるでしょう。

ですから、そんな機会に感情を発散せて解消すれば、オーラは少なからず軽くなり、色も明るくなってきます。

それにより、心も軽くなって、自然と殺気を放つようなことも、無くなっていくのです。

 

井上のオーラ診断

感情といかに向き合えば良いのか?

感情といかに向き合えば良いのか?

いかがでしたか?今回は殺気を放つ人の実例をもとに、感情とオーラの色とのスピリチュアルな関係についてお話ししました。

それでは最後にこんなことをお伝えして終わりにしましょう。

 

フラワーレメディで殺気を癒す

自分が無意識に怒りを我慢していて、殺気立ってしまうような状態なら、その感情を開放すれば、そんな殺気が無くなることはお解りいただけたでしょう。

ただ、そうはいっても怒りを出せないから、溜まってしまっているということも解ります。

ですから、ここでそんな怒りを解消するための、フラワーレメディを紹介しておきましょう。

バーベインリバイバルを使えば、自然と心の中の怒りも消え去り、周りの人があなたから殺気を感じることも無くなります。

補足説明
 フラワーレメディを使用するなら、500mlのペットボトルに水やお茶などの飲み物を入れて、レメディを6滴入(2種類なら3滴×2種類)れましょう。マイアースでは、希望の方にフラワーレメディの利用法を配布しています。ご注文の際に、カートボタン上の「利用法&問診表 あり」を選択してご注文下さい。なお、フラワーレメディの詳しい利用法は、こちらの「【初心者向け】フラワーレメディの効果的な使い方<バッチシリーズ>」をご覧ください。
初めてのフラワーレメディ利用法付き

 

感情との向き合い方

水が留まれば腐敗してしまうように、私たちの感情も心の中に溜まっていけば腐敗して、否定的な気持ちに苛まれるようになります。

そう大切なことは、感情を我慢することが在っても、自分なりにそんな感情を解放したり、解消する手段を持つことです。

例えば、カラオケなどで感情を発散することも良いでしょうし、スポーツで汗をかくことでも、溜まった感情は解消されていきます。

ですから私たちは、もっと上手に感情と付き合い、日々それを受け止め、洗い流せるように成っていく必要があるのです。

それによって初めて、明るい色のオーラを纏い、より健やかでポジティブに生きれるように、成るのだといえるでしょう。

 

↓ 次のページはこちら! ↓

DV被害を受ける女性のスピリチュアルな特徴と対策

 

最新のお知らせ
>自分らしくオーラを輝かせて生きるための
心を癒す魔法の言葉セミナー東京201611
心を癒す魔法の言葉セミナー
自分の心をポジティブに整える方法を学ぶ
■日程:2021年7月10日(
■場所:Web開催/ 時間:2時間30分
■受講生の感想はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

1989年大学に進学中に独自に体外離脱の研究を行い、自ら離脱体験をもつ。医療機器メーカーに就職後、2001年に心理療法家として独立。3,000人以上のセラピー実績を持ち、年間20回以上のセミナーを全国で開催。2010年に株式会社ヒーリングアースを設立。現在では経営の傍ら個人セッション及びセミナーをこなしながら執筆活動に励む。オフィシャルブログは年間300万人が訪れる。
人気記事 プロフィール お問合せ