ヒプノセラピーを受けても何も変わらなかった人の注意点

ヒプノセラピーを受けても何も変わらなかった人の注意点

潜在意識からポジティブになるセミナー

The following two tabs change content below.
井上直哉

井上直哉

心理とスピリチュアルの専門家
現実的なスピリチュアルをモットーに、日頃の生活で感じている気付きや学びを紹介しています。
人気記事 プロフィール お問合せ

こんにちは。
心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉です。

最近、よくこんな相談をいただくことがあります。「以前に高額を支払って、ヒプノセラピーを受けても、何も変わらなかった」という相談です。

そしてこう聞かれるのです。「そちらでヒプノセラピーを受ければ、私も変われるのでしょうか?」と。

今回の記事では、そんなヒプノセラピーを受けても、結局何も変わらなかったという人の、注意点をお話します。

これをご覧に成れば、なぜ何も変わらないと感じるのか、その理由がお解りになるでしょう。

 

 

ある女性からの相談実例

ある女性からの相談実例

まずは、ある女性からいただいた相談について、簡単に紹介します。

これはヒプノセラピーを受けても、何も変わらないという方の典型的な一例です。

 

何も変わらなかったという相談

 

<女性相談者>

子供の頃から母親との関係で苦しんで、社会人になっても人の目が気になり、人間関係で悩んできました。

自分なりに現状を変えようと、色々とやってきましたし、スピリチュアルなことも好きなので色々な本も読みました。

以前には高額を支払って、ヒプノセラピーを受けたことも在りましたが、結局何も変わらなかったです。

そちらでセラピーを受ければ、自分は変われるのでしょうか?

 

最近受ける催眠療法に関する相談

実は最近、似たようなお問い合わせを何件もいただいています。

私は前世療法や催眠療法について、色々な記事を書いていますし、それが効果的であることも一部ではお話ししています。

さらには、ヒプノセラピーを受けたけど、催眠にかからなかったという人についても、「催眠療法で催眠にかかるかはコレで決まる!かからない人の実例と原因」で、その理由を紹介しています。

そんなことも在るのか、ヒプノセラピーを受けたけど、結局何も変わらなかったという方から、相談されることが多いです。

 

ヒプノセラピーにおける誤解

ですが、そんな相談をいただくと、いつも思うことがあります。

それはそれらの方が、自分の心を癒すことや、ヒプノセラピーの効果について誤解されていることです。

催眠療法は確かに効果的な心理療法であり、大きな癒しを与えてくれるワークではありますが、必ずしも万能ではありません。

その点を誤解したままセラピーを受けても、結局のところ何も変わらないということに成り兼ねないのです。

 

ヒプノセラピーに対する誤解

ヒプノセラピーに対する誤解

では、彼女たちがヒプノセラピーや、心を癒すということについて、どんな誤解を持っているのか。

まずはその点からお話ししましょう。

 

完璧にトラウマが消えるという誤解

これは1度や2度のヒプノセラピーで、完璧にトラウマが消えるという誤解です。

例えば彼女のように、母親に対する怖さが、人間関係で人の目が気になるという悩みとなったなら、それが1,2度のセラピーで完全に消えるかという問題です。

きっとヒプノセラピーを受ければ、少なからず改善されて、対人関係でも不安にならなくなってくると思います。

ですが、十数年もかけて出来た心理的な問題を、根本的に癒していくのなら、やはり根気強くセラピーを受けて取組んでいく必要があるのです。

1度や2度で、すべてが完璧に癒されると思っていると、結局何も変わらなかったと思って諦めてしまいかねません。

 

全ての問題が改善されるという誤解

中にはヒプノセラピーを1度受ければ、すべての問題が改善すると期待している人もいます。

ヒプノセラピーでは、特定の問題に絞り込んで、心の癒しを進めていくのですが、必ずしもその人の問題は1つではありません。

例えば、怒りや悔しさについて取り組んだとしても、父親に対する怒り、兄弟に対する怒り、ご主人に対する怒りなど、これまでに色々な人に対して、怒りや悔しさを感じてきたと思います。

確かに1度でもある程度は軽くなるでしょうが、必ずしも1度ですべての問題がいっぺんに消え去るかと言えば、そうではありません。

1つ1つ丁寧に自分の心を振り返り、問題を解消していく心構えが必要なのです。

 

受ければ心が安定するという誤解

意外と多いのですが、ヒプノセラピーを受ければ、心の動揺が収まって、心が安定し揺らがなくなると思っている人がいます。

確かにヒプノセラピーを受ければ、大きな心の揺れは治まり、少なからず心は安定し易くなるでしょう。

ですが、それによって気持ちが揺れなくなるとか、心が常に落ち着いていられるとか、周りの影響をうけなくなるかと言えば、そんなことはりません。

そのためには、セラピーで心を癒すだけではなく、精神的な芯の強さを養っていく必要もあります。

ですが、それが解っていないと、また心が揺れて少し動揺しただけで、何も変わらなかったと思われることになるのです。

 

ヒプノセラピーが適しているケース

ヒプノセラピーが適しているケース

まずはヒプノセラピーを受けても、何も変わらないという人について、3つのパターンを紹介してみました。

ではここからは、どんなケースがヒプノセラピーに適しているのか、その点をお話ししていきましょう。

 

一時的なトラウマには効果的

最初にも述べましたが、ヒプノセラピーは必ずしも万能なものではありません。

それは多くの場合、クライエントが抱えている問題によって、適しているケースとそうでないケースがあるからです。

例えば、事故や災害によるトラウマなど、特定の一時的なショックなら、比較的取り組んでいくのに時間は掛かりません。

それはあくまで一度で起きた心の傷であり、育成段階の家庭環境による問題のように、幾重にも折り重なっている問題ではないから、速やかに取り除きやすいのです。

 

特定の恐怖症などにも効果的

次に特定の恐怖症なども、比較的取り組みやすいと言えるでしょう。

これは恐怖症の種類にもよりますが、1度や2度のヒプノセラピーで、かなり軽くなったと実感できることが多いと思います。

それは原因を特定するのではなく、あくまで怖いという感情を、軽くすることに絞り込んでいくのであれば、比較的容易だといえるからです。

でもその反目、この問題の原因を知りたいと拘ると、逆に自分の不安や怖さが軽く出来ず、何も変わらなかったということになってしまいます。

これは微妙な心持ちの違いですが、結果に大きく影響することです。そして前世療法で、過去の記憶を見ることに拘る人にも良くあるパターンだといえます。

 

内観が得意な方には効果的

さらには、全般的に内観が出来ている人には効果が出やすく、周りの事ばかり気掛かりで仕方ない人には、比較的効果が出にくいといえます。

そもそも、ヒプノセラピー自体が内観を通して自分を癒していく行為なので、それが得意な方は、深い潜在意識にアプローチし易いのです。

ですが逆に、子育ての悩みなど、周りの人ばかり心配している人は、自分を内観すること自体が苦手なので、入り口から躓くことが多いです。

それにそれらの方は、日頃から自分の状態が見えていないので、取り組んでも改善したことや効果に気付きにくいという問題もあります。

ですから、なおさらヒプノセラピーを受けても、現実が何も変わらないと思ってしまうのです。

 

”メンバーズブログ"

ヒプノセラピーで何も変わらなかった人の改善法

ヒプノセラピーで何も変わらなかった人の改善法

いかがですか?ここまでは、なぜヒプノセラピーを受けても、何も変わらなかったと感じるのか、その原因について詳しくお話ししてきました。

ではそんな方が、自分を癒すためにはどうすればいいのか、改善法ついてお伝えしましょう。

 

拘りが自分を癒せなくする

これは結論から言ってしまえば、とてもシンプルなのですが、ヒプノセラピーで取り組むのをやめればいいのです。

でも、ヒプノセラピーを受けても、何も変わらないという人に限って、ヒプノセラピーによって癒されることに拘ってしまいがちです。

これは前世療法も同じことがいえます。前世療法で前世が見れなかったという方ほど、自分の前世を見ることで、自分が癒されることに拘っているのです。

でも逆に、そこに拘っているがゆえに前世が見えず、自分がいつまでたっても癒されないというジレンマに陥っています。

 

過度な期待を捨てる

では、なぜそんなにヒプノセラピーや前世療法に拘るのか、それはきっとこれまでお話ししてきた、過度な期待感や誤解からだと思います。

現状の辛さが、あっという間に軽くなって自分が変われる。そんな期待があるからこそ、それらのセラピーに拘ってしまうのでしょう。

中には、特殊な意識状態としての催眠を体験したいという方や、前世を見るというスピリチュアルな経験への思い込みもあります。

ですが、そんな拘りがあるからこそ、逆にヒプノセラピーを受けても、結局何も変わらなかったという気持ちになってしまうのです。

 

小さな一歩を積み上げていくこと

なので、そんなヒプノセラピーへの拘りを捨てて、全く別な取り組みをやってみて、自分に合うセラピーを見つけられると良いと思います。

だた、これだけは何をするにしても言えることですが、あなたが自分の年齢ぐらい掛けて、作り上げてきた個性を変えていくのです。

1度や2度で、ガラリと変えられるものではないと心得ておきましょう。

小さな一歩を積み上げながら、ジックリと時間を掛けて取組んでいく必要があり、それが出来る方だけがおのずと変わって行くのです。

 

井上のオーラ診断

心を癒せば本当に現実が変わるのか?

心を癒せば本当に現実が変わるのか?

では最後に、こんなことをお話しして終わりにしましょう。それは心が癒されれば、本当に現実は変わるのかです。

 

時間を掛けて癒せば現実は変わる

私たちの心が変わり、潜在意識に残っているトラウマが癒されれば、確かに現実は変わって行きます。

ですがそれは、一朝一夕で出来るものではなく、根気強く自分の心の癒しに取り組んで、それを諦めずに実践してきた人だけです。

ヒプノセラピーは、確かに効果的に心を癒す心理療法ではありますが、それでも1度で現実が変わりだす訳ではありません。

実際に書籍「前世療法2」で紹介されたクライアントは、何十回というヒプノセラピーを受けることで、深く癒されているのです。

 

一番早い取り組み方とは

でも必ずしも、すべての人にそれだけの取り組みが必要かと言えば、そうではありません。

ヒプノセラピーが適した人であれば、より速やかに癒されていくでしょうし、本人がどんな問題の改善を、どこまで望むかにもよります。

ただどちらにしても言えることは、自分が合わない方法に拘るのではなく、色々な取り組みを試してみることです。

例えば、私が実践しているオーラ診断や、フラワーレメディ、魔法の言葉などでも、人は自然と癒されて変わって行きます。

 

柔軟であろうと意識することも大切

自分の心の問題を癒し、現実を改善していこうという取り組みは、誰もが手探りで進めているものです。

だからこそ、信頼のおけるセラピストにもとで、自分に合う方法を見つけ、継続していくことが、結果的に一番早く自分を癒せる取り組みだといえるのでしょう。

ですから、そのための方法を1つに拘ってしまうのではなく、自分なりに見つけられるように取り組んでみて下さい。

結局のところ、そんな1つのことに拘ってしまうこと自体が、執着であり問題が解消できない原因だったりするのです。

そのことを忘れずに、いつでも柔軟に成れるように意識しておきましょう。

 

↓ 次のページはこちら! ↓

現実がなかなか変わらない人のスピリチュアルな原因と改善策

 

心を癒す魔法の言葉セミナー

 

井上直哉のオフィシャルブログをご覧いただき、ありがとうございます。ブログをご覧いただいたあなたに、こちらの特別なレポートを無料でプレゼントします。

『人間関係をスピリチュアルに癒す方法』
使えばすぐに特定の相手との人間関係を変えられる改善法で、会社、学校、家族、恋人相手でも簡単に使うことが出来る実践的な方法です。

『豊かさのオーラの秘密』
お金に関するオーラ診断から垣間見えた過去の記憶とは?私たちが無意識に持っているお金に関するブロックが見えてきます。

 

最新のお知らせ
■人生をポジティブに生きたい人のセミナー
心を癒す魔法の言葉セミナー東京201611
心を癒す魔法の言葉セミナー
自分の心をポジティブに整える方法を学ぶ
■日程:2020年7月11日、8月8日
■場所:東京、Zoom/ 時間:2時間30分
■受講生の感想はこちら

ヒプノセラピーを受けても何も変わらなかった人の注意点

悩みをお持ちで、心の癒しと成長を望まれる方へ

 

 落ち込みや悩みなど、心の問題を癒し改善することは、あなたが思いつめているほど難しいことではありません。
 あなたの心が癒されることで、周囲の人間関係にも自然と変化が起こり、もっと安心して自分らしく、人生を生きれるようになります。
 ポイントは心理的に正しいやり方で、自分の心の改善に取り組むことです。
 まずこのレポートをご覧になってみてください。きっとお役に立つことでしょう。

人間関係をスピリチュアルに癒す方法