水難事故で子供を亡くした親御さんへのスピリチュアルな話し

水難事故で子供を亡くした親御さんへのスピリチュアルな話し
The following two tabs change content below.
アバター画像

井上直哉

心理とスピリチュアルの専門家
1989年大学に進学中に、独自にスピリチュアルの研究を行い体外離脱体験をもつ。医療機器メーカーに就職後、2001年に心理療法家として独立。3,000人以上のセラピー実績を持ち、年間20回以上のセミナーを全国で開催。2010年に株式会社ヒーリングアースを設立。現在は経営の傍ら個人セッション及びセミナーをこなしながら執筆活動に励む。ブログは年間300万人が訪れる。モットーは「現実が変わるスピリチュアル」です。
スピリチュアルを学びたい方へ プロフィール お問合せ

こんにちは。
心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉(@my_earth_naoya)です。

今日のブログは、あくまで私の個人的な話しであり、これがスピリチュアルな視点から見た、「正しさ」ではありません。

そのことを心得た上でご覧いただき、あなた自身が受け取れると感じたことのみ、受け取っておいてください。

そもそも今回の内容は、誰か特定の方のために書いた物ではありません。ただ自分が体験し、思ったことをそのまま綴っているものです。

その内容はあくまで、水難事故で子供を亡くした親御さんへの、スピリチュアルなお話しですが、それ以外でも、お子さんを早くに亡くされた方なら、感じることがあるでしょう。

ですからこの記事を読む上では、あくまで私自身のためだということを、心に留めてご覧になってください。

 

無料プレゼント

お子さんを亡くされたお母さんのオーラ

お子さんを亡くされたお母さんのオーラ、親子

先日、たまたまテレビを見てたら、あるニュースが報道されていました。

私は基本的にテレビは殆ど見ないですし、見てもニュースを15分程度です。最近はめっきり、Youtubeで興味のあるニュースを見ることの方が増えました。

 

水難事故でお子さんを亡くされたご夫婦

そんな私がたまたまテレビをつけると、ニュースであるご夫婦の活動が取り上げられていました。

お子さんを、5年前に川の水難事故で亡くされて、現在は小さな子供たちに、ライフジャケットの着用を促す活動をされてるようでした。

その活動の一環として、お子さんが亡くなった川のある市町村の役場で、子供たちへのライフジャケットの復旧を促す、嘆願書を出しているところでした。

その番組の中では、そのご夫妻の自宅も映り、まだ新しい仏壇には、笑顔で映るお子さんの遺影が飾られていました。

 

子供を失った母親の悲しみ

私がそのニュースを見て気になったのは、そのお母さんのオーラです。

スピリチュアルな視点で見ても、5年前に突然起きた出来事の整理がまだ付かず、その表情は沈み気味で悲しみが溢れていました。

そしてそんな彼女を見ながら、私ももし同じように子供を失っていれば、その辛さに耐えられただろうかと思いました。

いくら自分が心理の専門家といえども、その悲しみを乗り越えるのには、やはり長い時間と自分への取り組みが必要です。

でも、そんな取り組みをしたとしても、本当にその出来事を乗り越えられるかは、正直自信がありません。

 

<井上のワンポイント>

きっと子を持つ親であれば、誰もが同じように思うのではないでしょうか。

それだけ、自分の子供を失うということは、自分の一部を失うこと以上に辛く切ないことだと思います。

 

涙でできた雲のようなオーラ

私が拝見したお母さんのオーラは、あたかも梅雨時の雨雲のように重たく厚い雲となって、身体の周囲を覆っていました。

それはまるで、いつまでも降り出さない雨のように、流し切れずにとどまった涙でできた雲のようです。その姿を見て私は思いました。

もし彼女にオーラ診断を申し込まれたら、私は役にたつことができるだろうか?その事故で子供を失った悲しみを、癒す手助けができるのだろうか?

でも私にできることは、今のオーラの状態を、あるがままに伝えるだけしか出来ません。それで彼女が癒されるかどうかは、分からなくても。。。

 

魔法の言葉セミナー

子供が幼くしてこの世を去った理由

子供が幼くしてこの世を去った理由

私はそのニュースを見終えると、ソファーに腰を下ろし、自分の記憶の中に残った、先ほどのお母さんのオーラへと意識を向けました。

そしてそのイメージの中で、おもむろに語りかけたのです。実際にはありえない、オーラ診断の結末を知るために。

 

<井上のワンポイント>

オーラ診断では、クライエントとなる対象が、目の前にいなくても、スピリチュアルな視点でオーラを見ていくことができるのです。

 

母親に寄り添う子供の姿

もし私が、彼女にオーラ診断をするとしたら、こんな話から始まるでしょう。

「あなたのオーラは、まるで梅雨空の雨雲のように厚い雲となって、あなたの身体の周囲1mほどを覆っています。」

「それはあなたの中で、まだ解消できていない悲しみであり、いつまでも降り出すことのない、涙をためた雲のようです。」

私がそこまで話していくと、そのお母さんのオーラの横に、一人の少年の姿と、それに付き添う存在が見えました。

そう、あの水難事故で亡くなったお子さんは、悲しみに暮れるお母さんの気持ちを思い、心配してそこに留まり続けているのです。

 

<井上のワンポイント>

オーラ診断では、このように時として、その人のそばに亡くなったご家族がいたり、別な存在のエネルギーを見ることがあります。

オーラを見ることが、その人のスピリチュアルな霊的側面を、見るためのものだからです。

 

子供の水難事故の特殊な状況

私がその男の子に意識を向けると、彼の水難事故における特殊な状況が、私の脳裏に写し出されました。

それは、その事故があまりに突然すぎて、彼自身が苦しみを感じることも無く、この世を去ってしまった状況です。

彼は流されたときに、思わず川の水を飲みこんだぐらいにしか思っていませんでした。

でも気が付いたら、すでに身体を離れて亡くなっていたのです。全く苦しむことも無く、驚くほど速やかに、肉体を脱ぎ去っていました。

だからこそ死による苦しみも、恐れや怖さも感じることなく、穏やかな気持ちのままこの人生を終えていたのです。

 

<井上のワンポイント>

水難事故に限らず、突然の事故死を迎える人たちの中には、このように一切の苦しみや痛みを感じずに、この世を去ってしまう人がいます。

それはあまりに一瞬の出来事として、生から死への霊的な移行を遂げてしまうからです。

 

肉体を脱いで蘇る前世の記憶

私が驚きながら、その様子を眺めていると、続いて何とも形容しがたいほど満たされた幸福感が、彼の身体を光となって包み始めます。

そう、彼は今世生まれた目的を見事に達成して、事故にあった直後に、喜びと嬉しさで包まれていったのです。

亡くなると同時に彼の意識に蘇る、前世の記憶とそこに宿るカルマ、そしてそれを達成したことによる解放感と喜び。

それが一瞬のうちに、流れ去るかのように、私の脳裏をよぎっていきました。

そして全てを知りました。なぜ彼が、今世でこれほど幼くして、苦しみもなくこの世を去ったのか、その理由を。

 

彼が幼くしてこの世を去った理由

そう、彼は前世で自分と同じぐらいの幼い娘を、同じように不慮の事故で亡くしていたのです。

そして、その悲しみを背負いながらその人生を終えていました。「自分が幼い娘の、身代わりになってやりたかった」そんな気持ちを持ったまま、その前世を終えていたのです。

その気持ちがカルマとして、転生を経て蘇ります。彼の「身代わりになりたかった」という気持ちを、やり遂げるべく、幼くして事故で死を迎えるのです。

彼の娘が前世で旅立っていったように、今世で自分がそれを成し遂げます。そしてその瞬間、今世の目的を達成して輝きだしたのです。

 

カルマとして繰越すのは感情だけ

もしかしたらあなたは、それでは身代わりになっていないと思うかもしれません。でも私たちが繰り越すカルマは、感情であって理屈は関係ないのです。

彼がカルマとして繰り越したのは、「自分がその体験を受け取りたかった」という切ない気持ちだけです。

だからこそ、今世同じような体験を彼自身がすることで、彼の切なさと共にカルマが消え去っていくのです。

彼が人生を終えた瞬間、彼の中の前世の姿が蘇り、「自分が受け取れて良かった」と満足して安心するのです。

 

<井上のワンポイント>

転生で繰り越すカルマについては、こちらの「カルマの法則のスピリチュアルな意味」で、詳しく解説しています。

その仕組みを知りたい方は、そちらをご覧ください。

 

子供を亡くした母親を癒すのは。。。

子供を亡くした母親を癒すのは。。。

私はだからといって、その水難事故による子供の死が、仕方のないことだとは思いません。

ましてや、その前世があるから納得しなさいなどと、言うつもりもありません。

 

<井上のワンポイント>

私は自分が体験して知ったスピリチュアルな事実を、あるがままにここに書き綴っているだけに過ぎません。

ですからあなたも、ご自分が受け取れるという内容だけを、受け取ってください。

 

母親の横にたたずむ子供の気持ち

彼が、事故によって亡くなる経緯となった前世を垣間見てから、今一度彼のお母さんのオーラに目を向けると、そこには先ほどと変わらぬ光景が見て取れました。

一人で項垂れるお母さんの姿を、心配そうに見つめる彼の姿、そしてその彼に寄り添い見守る存在です。

そう、彼はもうお迎えがとっくに来ているのに、その場所を離れられなくなっていたのです。

カルマを解消しても、悲しみに打ちひしがれる母親を置いては、旅立てなかったのです。

 

事故で亡くなった子供が母親に伝えたいこと

私は、そんな彼のお母さんに何が必要なのか、その悲しみを洗い流すためには、どうすれば良いのかと思いました。

そしてふと気付いたのです。そのお母さんの横で、彼が何かを必死に伝えようとしていることを。

あなたは、彼が何を伝えようとしていたと思いますか?それは「自分を責めないで欲しい」という言葉です。

悲しみに包まれる母親に、必死になって「お母さんは何も悪くないから、自分を責めないで。」と語りかけていたのです。

 

子供の思いが母親の悲しみを洗い流す

そう、そのお母さんに必要な言葉は、彼のカルマに関する話でも、この事故が起きた理由となる前世の情報でもありません。

きっと、その子供の声を伝えてあげれば、あの悲しみは全て流れ去っていくことでしょう。

子供が亡くなっても、母親のことを一番に案じていることを知れば、きっと自分を許すことが出来ると思うのです。そしてすべての悲しみを手放せるでしょう。

それこそが、突然この世を去った子供たちの心からの願いなのです。

 

親子で繰り越す前世のカルマ

親子で繰り越す前世のカルマ

私たちはスピリチュアルな視点で見ると、親子で互いに解消すべき前世からのカルマを持っています。

そのカルマは、今世での二人の人間関係や人生での出来事に、大きな影響を及ぼすのです。

 

母と子のソウルメイトとしての関係

彼とお母さんは、まさにソウルメイトというのに相応しい間柄でした。

私は以前に、ソウルメイトとのスピリチュアルな繋がりについて、こちらの「ソウルメイトのスピリチュアルな意味や特徴」でも紹介しました。

その時には、時間を掛けて確認していなので、これは私の憶測でしかありませんが、あの前世で幼くして亡くなった娘さんが、今世の彼のお母さんだったのでしょう。

前世での彼は、自分の娘を本当に尊い存在として、慈しみ愛していました。そしてその娘も、そんな父のことを心から慕う深い間柄だったのです。

 

互いの思い入れがカルマとなる

ソウルメイトとして、お互いを深く愛し大切にするからこそ、その強い想い入れが、カルマとして顕在化した結果だったのだと感じます。

そんな二人に私が出来ることは、彼とお母さんが癒されて、次の転生では共に幸せに暮らせることを、心から願うことぐらいです。

今回の内容は、あくまで私が個人的な疑問から、二人の関係性を読み解いたに過ぎません。

彼らがそれを知ることを、望んでいる訳ではないのです。

 

”メンバーズブログ"

親として子供のためにできること

親として子供のためにできること

ではここで、水難事故に限らず、突然亡くなってしまった子供に対して、親としてできることについてお話ししましょう。

これは、スピリチュアルな視点から見たときの、子供の死に対する気持ちの整理の仕方と、親として子供のために出来るの取り組みです。

 

1、自分の気持ちをあるがままに伝える

今回の実例のように、もし亡くなったあなたのお子さんが、隣にいるとしたら、あなたはどんな言葉をその子に伝えたいでしょうか。

それはきっと、親として守ってあげれなかったことへの、謝罪の言葉ではないでしょうか。

ですから、最初にすべきことは、お子さんの遺影に向かって、あなた自身が伝えたいことを、全て言葉として伝えることです。

それは、心の中で伝えるでも手紙に書いて添えるでもOKです。まずは伝えたい気持ちを全て伝えます。

 

2、一緒に居たことへの感謝の気持ちを伝える

そうすると、きっとあなたの心の中から、今生で自分の子供として生まれてくれたことへの、感謝の気持ちが湧き上がってくることでしょう。

そしたら、その気持ちも漏れなく伝えていきます。目の前に子供がいて、聞いてくれていることを意識して、全て伝えていきましょう。

それにより、あなたが心に留めていた気持ちの多くは、解消されて気持ちが落ち着き、少なからず軽くなっていくと思います。

そしたら最後に、自分の心配はせずに、天国で幸せになってくれるように伝えて、終わりとしましょう。

 

<井上のワンポイント>

子供のままで亡くなった人のほとんどが、その死によって多くのカルマを精算しており、死後は身軽になって天国へと向かっていくのです。

あとは親として、心からその子の旅立ちを見送ってあげれれば、いいだけなのです。

 

子供たちのためにも役立つ

中には、そんな自分の気持ちを伝えることは、返って亡くなった子供を、悲しませてしまうのではないかと、思う方もいるかもしれません。

でもそれは心配無用です。そもそも、その気持ちをあなたが口に出して言わなくても、痛いほど亡くなった子供にはわかっています。

それに、そんなあなたの気持ちをどうにかしたくて、この世界に留まり続けているのです。

ですから、亡くなった子供を、心置きなく成仏させてあげるためにも、この取り組みをすることはプラスになるのです。

 

<井上のワンポイント>

こちらの「人生の価値〜ありがとう。そしてさよなら~」では、そんな死後の存在を見送ってあげることの大切さについて、実例をあげて紹介して居ます。

 

井上のオーラ診断

オーラ診断と前世に関するエピローグ

オーラ診断と前世に関するエピローグ

先日、ある方からこう言われました。

 

<女性相談者>

井上さん、でもオーラ診断で教えられた前世が、当たっているかどうかは分らないですよね。

 

<井上>

そう、オーラ診断ではそれが当たっているかどうかは、さほど重要ではないんだよ。

大切なことは、受けることによって、その人が癒され、次の一歩を、自分で歩み出せるように、変われることなんだ。

 

<女性相談者>

そうなんですか。。。

 

<井上>

でもあえて言うなら、僕は今まで2度ほど失くした物を見つけて欲しいと、頼まれたことが在るけど、運良くどちらも見つけられたよ。

車の鍵とUSBメモリだったね。それぞれの人のオーラを遠隔で見たら、在ると思われる場所が見えたから、教えてあげたんだ。

 

<女性相談者>

え!?凄いじゃないですか!

 

<井上>

うん、とても喜ばれた。でもその依頼では、どちらもお金を貰わなかった。なぜなら、それではその人は本質的に何も変わっていないからだよ。

僕がオーラを見るのは、その人の心の成長を促したいからなんだ。そして僕自身もその体験から学び、成長したいからなんだよ。

 

<井上のワンポイント>

ですので、井上は紛失物の依頼はお受けしていません。その点はご了承ください。

 

↓ 次のページはこちら! ↓

幼い子供が亡くなる意味と先立った子供を癒すスピリチュアルな方法

 

最新のお知らせ
>自分らしく輝いて生きるための心を癒す魔法の言葉セミナー東京201611
心を癒す魔法の言葉セミナー
心をポジティブにして現実を変える方法
■日程:2024年3月8日(金)
■場所:オンライン開催/ 時間:2時間30分
参加された受講生の声はこちら。

魔法の言葉セミナーの受講生の感想

ABOUT US
アバター画像
井上直哉
1989年大学に進学中に、独自にスピリチュアルの研究を行い体外離脱体験をもつ。医療機器メーカーに就職後、2001年に心理療法家として独立。3,000人以上のセラピー実績を持ち、年間20回以上のセミナーを全国で開催。2010年に株式会社ヒーリングアースを設立。現在は経営の傍ら個人セッション及びセミナーをこなしながら執筆活動に励む。ブログは年間300万人が訪れる。モットーは「現実が変わるスピリチュアル」です。
スピリチュアルを学びたい方へ プロフィール お問合せ
close-image