直感で作る!パワーストーンブレスレットの作り方<石の選び方や組み合わせ方>

The following two tabs change content below.
オーラアドバイザー 井上直哉

オーラアドバイザー 井上直哉

オーラと心理療法の専門家
 現実的なスピリチュアルをモットーに、日頃の生活で感じている気付きや学びをブログで紹介しています。人生を好転させるためのメンタルヘルスセミナー『心を癒す魔法の言葉®』を世界中の人に伝えることを、人生の目的として活動中。詳しいプロフィールはこちら
読者プレゼント お問合せ&無料相談
 サービス内容

こんにちは。
オーラと心理療法の専門家 オーラアドバイザー 井上(@my_earth_naoya)です。

先日、福島県会津若松市の勤労青少年ホームにて、「パワーストーンブレスレット作成教室」を行いました。

その中のパワーストーンセミナーがとても好評でしたので、その時の話をいくつかご紹介します。

まずはもちろんパワーストーンブレスレットの作り方のセミナーなので、好きなパワーストーンを選び出すところからスタートします。

そんな天然石の選び方から始めましょう。

 

 

直感でパワーストーンのブレスレットを作る方法

直感でパワーストーンのブレスレットを作る方法

来店されるお客様に、オリジナルのブレスレットの作り方を説明しようとすると、いつも聞かれます。

 

<お客様>

自分に合ったパワーストーンって、どうやって選べばよいのでしょう。

よく「直感で選ぶ」と言われますが、どれを選んでいいのか解らないんです。

 

きっと誰もが一度は感じることだと思います。

 

パワーストーンを「直感で選ぶ」の言い方を少し変えると

パワーストーンを選ぶ際に「直感」とか言われると、なんだか難しそうな気がしませんか?日ごろ直感なんて考えませんし、突然改めて言われても。。。

でもここで「直感で選ぶ」を簡単に言い換えると、「好きなものを選ぶ」となります。これだとかなり解り易くなりますね。

そうです、気になる石、この色、この名前の石、この意味の石とか、理由は何でも良いのです。

今まさに欲しいと思うその石。それが「直感」で選んだ今のあなたに必要な石です。

 

なぜ人は直感で石を選ぶことが苦手なのか?

実は私たちは、潜在的に自分に必要なパワーストーンを知っています。

その理由は、こちら「ダウジングとは何か?7ステップで解る原理とやり方 完全版」をご覧いただくと、詳しく理解できると思います。

でも殆どの方は「直感」とか言われると、????。。。。となります。

「私に直感なんてあるのかしら。」とか、「私はそんな力ないから。」と思ってしまう。

でも本当は誰にでもあります。

ただ「直感」とか言われると自信がなくなる、日頃「直感」だと思って使っていないからです。

 

日頃の生活で直感を磨く方法

もし「直感」を磨きたいと思うなら、日頃の生活で何か好きなものを選んだとき、こう思いましょう。

「私は直感でコレを選んだ!」

「私の直感が今はモンブランだと言っている。」(笑)

「私の直感が今日のお昼はパスタと言っている。」(笑)

直感が鋭い人はみんな心でこう思っています。

それにより「直感」を明確に支持して、自信を養っていくのです。

 

直感でパワーストーンを選ぶ方法

天然石のブレスレットを作るときなど、パワーストーンを選ぶときに、まず自分が好きな石を手にして、声たからかにこう宣言します。

「私の直感がこの石を必要だと言っている!」

最初は自信がなくても大丈夫。

それを否定できる人は、だれ一人いないのですから。

注意事項
パワーストーンのブレスレットを作る際に、最初にパワーストーンの意味(効能)を見てから選ぼうとすると、誰もが必ず迷います!ですから、まずは自分の好きな石を選んで、デザインを決めてから、パワーストーンの役割や効能を確認しましょう。すると、驚くほど今の自分に必要な石を選べていることに、気が付きます。

 

 

パワーストーンの組み合わせ方

パワーストーンの組み合わせ方

先日のブレスレットの作り方教室でも、やはりこの質問がでました。

 

<お客様>
石が喧嘩することはないですか?

不思議なことにこの質問、意外と多くの人に聞かれています。

もともとパワーストーンは人間や動物と違って、感情的な側面を持ち合わせません。

生存するための不安も無く、ある1つの波動をもつ物質であり、エネルギー体です。

ですから、別つな石と一緒にしても、争いをすることはありません。ただお互い存在し続けるだけです。

 

 質問の奥にある人としての心配

でもなぜ多くの方が、パワーストーンのブレスレットを作るときに、この質問をしてくるのでしょう。

最初は不思議に感じながらも、今のような説明を繰り返していました。

でもしばらくしてこの質問の奥に「石が喧嘩することで、なにか問題が起きないだろうか、間違って悪いことなんかおきませんよね。」そんな心配があることに気付きました。

それは誰もがもつ、間違ったことをすることへの心配感です。間違うと叱られることで成長してきた、とても人間らしい反応でした。

 

パワーストーンの組み合わせは自由でOK

それからこの質問を聞くたびに「大丈夫、心配いりませんよ。」とお伝えします。

すると皆さん、安心してまるで子供の様にパワーストーンを選び始めます。

パワーストーンのブレスレットを作るときの組み合わせには、失敗や間違いはなく、悪いことが起きることもありません。

あるのは、今現在の最良の選択と、その結果だけなのです。

補足説明
昔はよく「悪いことをすると罰が当たる」と言われて、教育されたことがありました。もしかしたら、そんな言葉が生み出した、怖さの名残なのかもしれませんね。

 

 

ブレスレットを作る際の最良のパワーストーンの配列とは

ブレスレットを作る際の最良のパワーストーンの配列とは

ブレスレット作りでパワーストーンを選び始めると、誰もが意識するのが石の配列です。

大きさや色違いの石を並べながら、ある一定のパターンを作りにかかります。

9割の方は一定の規則性があるブレスを作りますが、残りの1割の方には規則性がありません。

まさに色んな石が数珠つなぎ。。。数珠だけに。

 

パワーストーンの並べ方にパターンが必要か?

ここでこんな質問が飛んできます。

 

<お客様>
並べ方にパターンがあったほうがいいですか?

 

石を並べてブレスレットをデザインすることは、無意識の自分らしさを表現することです。

幼い子供の絵をみて、その子の心を読み取っていくワークがあるように、ブレスレットのデザインでも同じように、その時の自分らしさを、誰もが無意識に表現します。

 

配列に規則性がないブレスレットの示す意味

パワーストーンの配列に規則性がないブレスレット。

それはある意味それを作られた方の心が、まだ自分らしさを明確に整理できていない、そんな意味があるのかも知れません。

まるで幼い子供たちのように、自由で成長している段階の、柔軟な心のままなのかもしれません。

 

今選んだパワーストーンとそのデザインが最良

そんな時には、配列の綺麗さ、見た目のよさに拘らず、今作ったままを繋ぎとめ、そのブレスレットを大切にしましょう。

パターンは在ったほうが整って見えますが、なくても良いと思います。

そのブレスレットが、今のあなたらしさなのです。

そしてそのデザインは、あなたの心の成長とともに、自然と移り変わっていくでしょう。

補足説明
パワーストーンのブレスレットを購入しても、しばらくして身に着けなくなったり、忘れて無くしてしまう場合があります。そんな時にはもうそのパワーストーンは必要無いのだと理解して、手放してあげましょう。きっと次に作るときには、選ぶ天然石もまったく変わっていたりします。それはあなたの心持が変わったということなのです。

 

”メンバーズブログ"

綺麗な配列のパワーストーンブレスレットを作る4つのポイント

綺麗な配列のパワーストーンブレスレットを作る4つのポイント

パワーストーンのブレスレット作りで、これだけ知っていれば、スムーズにデザインができる。

そんな知識があります。今回はそのデザインのポイントを4つご紹介します。

 

1:2種類のパワーストーンがあることを意識する

まず最初にパワーストーンには大きく2種類の石があることを意識しましょう。

  • 光を通す石。
  • 光を通さない石です。

 

光を通す石は、
クリスタル、アメジスト、フローライト、ローズクォーツ、シトリンなど。

光を通さない石は、
タイガーアイ、ブラックオニキス、ヘエマタイト、ラピスラズリ、が有名です。

太陽に透かすと光を通すものと、通さないものです。

 

 2:どちらかのグループのパワーストーンで作る方法

この2つのグループ、それぞれのグループの石だけで作ると、必ず雰囲気がまとまります。

光を通す石だけでブレスレットを作れば、淡い色合いの素敵なブレスになり、

光を通さない石はだけでブレスレットを作れば、存在感を主張する力強いブレスになります。

問題はこの2種類の石を組み合わせる時です。多くの方はこの作業で混乱します。

 

3:最初は勢いでパワーストーンを並べてみる

パワーストーンを並べる時には、一度、勢いで思うがままにすべて並べてみるのもお勧めです。

ポイントはあまり考えずに、まずは手にしたものを「とりあえず」と思いながら、置いてみることです。

それから少しずつ入れ替えながら、デザインを決めていくと良いでしょう。

パワーストーンを並べる行為自体が、自分の中の繊細な感覚を読み取ることですから、それだけでも自然と心が癒されるものです。

 

4:パワーストーンの種類を3~4種類程度に絞る

石の種類は3~4種類ぐらいまでがまとまり易いです。

光を通す、通さないに関わらず、まずは3~4種類ぐらいでデザインしてみます。

使いたい石を第1希望から、第3、第4希望ぐらいまで選び出し、必ず入れたい第1希望の石から順に配置を決めます。

コツは第3、第4は小さめの石で、他の石の隙間を埋めるように配置します。

第3、第4の色合いが違いすぎると、まとめるのが難しくなりますから、必要であれば3種類までと決めます。

 

 

お問合せ

ブレスレットを直感で作る方法のまとめ

ブレスレットを直感で作る方法のまとめ

最後に。もし迷ってしまって、なかなか納得できる配置が決まらないと思うなら、今日は作るのやめるのも1つのポイントです。

迷っているときには、仕事で疲れていたり、気持ちが混乱していて、直感や意思が定まらないことが多いといえます。

まずはそんな時には、自分を癒す試みをして、気持ちが落ち着いたところで、もう一度パワーストーンと向き合っても良いでしょう。

 

迷っているときに決めたデザインは、またすぐに変えたくなることも多いものです。

今すぐにと拘らずに、自分のペースで作ってみてください。

 

 

パワーストーン浄化セット
パワーストーン浄化用の水晶サザレセット

 

パワーストーンブレスレット関連記事一覧

■パワーストンブレスレットの取り扱い方法のすべてが解る完全版記事。
パワーストーンブレスレット利用法【完全版】

  1. 直感で作る!パワーストーンブレスレットの作り方 ←この記事はココ!
  2. パワーストーンブレスレットの効果を得るなら右手?左手?身に付け方 ←次の記事はコレ!
  3. パワーストーンブレスレットの浄化方法 浄化する理由と頻度について
  4. パワーストーンブレスレットのゴムが切れる理由とその意味
  5. パワーストーンのゴムが切れたときの修理法と処分方法
  6. プレゼントで贈るパワーストーンブレスレットの石の選び方
  7. プレゼントされたパワーストーンブレスレットの使用上の注意点

■実際の話をもとに綴られたダウジング関連の不思議な体験談。
パワーストーン選びと自由意思 〜絶対に譲れない~【実例紹介】
ダウジングとは何か?7ステップで解るダウジングのやり方

井上直哉のオフィシャルブログをご覧いただき、ありがとうございます。ブログをご覧いただいたあなたに、こちらの特別なレポートをプレゼントします。

『人間関係を劇的に癒す方法【実例紹介】』
使えばすぐに特定の相手との人間関係を変えられる改善法で、会社、学校、家族、恋人相手でも簡単に使うことが出来る実践的な方法です。

『豊かさのオーラの秘密【実例紹介】』
お金に関するオーラ診断から垣間見えた過去の記憶とは?私たちが無意識に持っているお金に関するブロックが見えてきます。

 

最新のお知らせ ― 井上のセミナー開催情報
あなたをポジティブにするメンタルヘルスセミナー
心を癒す魔法の言葉セミナー東京201611
心を癒す魔法の言葉セミナー
心をポジティブにする方法を学び習得するためのセミナー
■第15期 2018年2月24日(土) 会津開催
■第16期 2018年3月18日(日) 東京開催
■第17期 2018年3月24日(土) 京都開催

スポンサードリンク
 

悩みをお持ちで、心の癒しと成長を望まれる方へ

 

 お持ちの悩みについて、心を癒し改善することは、あなたが思いつめているほど、実は難しいことではありません。

 心が癒されることで、あなたの周囲の人間関係には、自然と変化が起こり、もっと安心して自分らしく、人生を生きれるようになります。ご心配のことがあれば、まずは無料相談から、お問い合わせください。

お問い合わせ&無料相談

自己実現を目指すなら↓↓↓

深遠なるスピリチュアルの世界へ 【メンバー限定ブログ】

 

メンバーズブログ-01

<メンバーズブログ記事の一部>
・なぜ人は転生するのか?
・天使の選択、人の選択
・自信を養う王道
・経済的に豊かになる秘訣
・強制的に幸運を招き寄せる


・願いを叶える祈りの方程式
・有限の愛と無限の愛
・人生の目的の見つけ方
・お金を引き寄せる方程式
・覚醒するための道のり

メンバーズブログでは、私自身が学び成長する過程で知り得た、さらに深遠な気付きや、スピリチュアルな体験について限定公開しています。あなたが自らの存在意義や人生について考え、成長したいと望まれるならご参加ください。5日間の無料体験コースもあります。