オーラ診断で白いオーラの中に見える不思議な映像とは!?

オーラ診断で白いオーラの中に見える不思議な映像とは!?
The following two tabs change content below.

井上直哉

心理とスピリチュアルの専門家
1989年大学に進学中に独自に体外離脱の研究を行い、自ら離脱体験をもつ。医療機器メーカーに就職後、2001年に心理療法家として独立。3,000人以上のセラピー実績を持ち、年間20回以上のセミナーを全国で開催。2010年に株式会社ヒーリングアースを設立。現在では経営の傍ら個人セッション及びセミナーをこなしながら執筆活動に励む。オフィシャルブログは年間300万人が訪れる。
人気記事 プロフィール お問合せ

こんにちは。
心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉です。

今日は、ある方のオーラ診断で見えた、特殊な白いオーラについて、詳しくお話ししたいと思います。

私がオーラ診断をしている時には、常に見えるものを、ありのままに話すように心がけています。

身振りや手振りを交えながら、できるだけ細かく詳しくお話しすることで、オーラ診断を受ける方が、その情報の意味を、正確に受け取れるようにするためです。

それ自体が、オーラ診断をスムーズに進めて行くための方法でもあり、さらに深い情報を読み取る為にも、必要な手順であるともいえます。

オーラを読み取ることは、感覚的なワークですから、頭が思考する暇を与えないぐらいなのが、ちょうど良いと思ってもいます。

 

無料プレゼント

オーラ診断で「見えること」と「言えないこと」

オーラ診断で「見えること」と「言えないこと」

良くオーラ診断について人に話すと、自分のオーラを見られることを、怖いと感じている方がいるようです。

 

オーラ診断で見えるものとは?

オーラ診断では、自分が解らないことや、気付かないことまで、何でも見えるのではないか?

そんな風に思われている方が、意外と多いようですが、実際にはオーラ診断では、何でも見えるのではく、見える内容にもある程度の制限があります。

それは現在のあなたが、受け入れられることや、知るべきことのみが見えて、それ以上の内容は私にも見えないということです。

少し言い方を変えると、今のあなたに必要な情報のみが見えて、あなたを混乱させたり、不安にさせるようなものは見えない、ということです。

 

オーラ診断では言えないこともある

さらには、私が見ることが出来ても、私が話せないこともあります。

それは、私があえて口に出さないのではなく、どうしても口に出せないことです。そう、オーラ診断で、あなたに伝えられることには、とても厳しい制限があるのです。

それが解り易いのが、今回の白いオーラの中に見えた、不思議な映像についての実例だといえるでしょう。

これをご覧いただけば、なぜ私がスピリチュアルな存在から、言うことを制限されるのか、そんな理由もお解りいただけると思います。

 

見えるけど言えない理由とは

私も最初のうちは、気付かずにオーラ診断していました。でも、何度か人のオーラを見ていくなかで、自分が言いたくても、口にできないことがあることに、改めて気が付いたのです。

ですから、それがなぜなのか知りたくて、セッションが終わった後に、何度か確認してみました。

すると、ある理由が明確に成ってきたのです。この記事では、そんなオーラ診断で話せないことについてお話しして行きましょう。

これを知れば、あなたもオーラ診断を怖がらずに受けることが出来ると思います。

 

魔法の言葉セミナー

白いオーラに見える不思議なイメージ

白いオーラに見える不思議なイメージ

では、以前にあったオーラ診断の事例について、まずはお話しして行きましょう。

これは、何人ものオーラ診断をしてきた私自身でも、とても印象に残っているセッションです。

 

オーラ診断で見えた不思議なイメージ

もう十数年前に、福島県の会津若松市にある私のお店に、お友達とオーラ診断を受けに来てくれた、2人の女の子がいました。

最初の1人のオーラ診断が終わって、セッションルームで次の子のオーラ診断を始めると、すぐにとても不思議な映像というか、イメージが見えるのです。。。

 

<井上>

へ!?。。。。(゚∀゚)ヘ!?

白いオーラと共に何か不思議なものが見える。。。(; ・`д・´)ナンジャコリャ?

 

きっと見間違いかなっと思って、何度か見直したり確認するのです。でもやっぱり見えるのです。

 

白いオーラの中に見える子豚の映像

何が見えるのかというと、どうみても白いオーラに映るかのように、「白い子豚」が見えるのです。あの尻尾をくるくるとさせた、とっても可愛い子豚です。

でもさすがに、オーラ診断を始めて最初の第一声で、いきなり「白い豚が見えます。」とも言えません。(。-`ω-)ウムー

それではあまりにも唐突すぎて、言われた本人もどう受け止めて良いのか、解らないでしょう。ですから、なぜそんな映像が見えるのかなと、まずはそれを確認したのです。

すると、小学生の頃に学校で、男の子にそう言われて、からかわれていたことが解ってきました。

小学校の子供の頃には、良くあることですが、男の子はそうやって女の子をからかったりしますよね。彼女にも、そんな体験があったのです。

 

子供の頃に白ブタと言われた体験がオーラに映像で残る

そこまで解ったので、一呼吸おいて彼女に言いました。

 

<井上>

子供の頃、小学生ぐらいの時に、男の子からいじめられていましたよね。

そのころに”ブタ”って言われたりしました?

 

そしたら案の定。

 

<女性相談者>

ええ、小学校の低学年のころに、”白ブタ”って言われていたんです。

 

と教えてくれました。その頃は、今よりも太っていたことも、合わせて教えてもくれました。

 

 忘れていても白いオーラに残る過去

実はその子供の頃に、彼女はその言葉を、そのまま受け入れてしまったのです。

抵抗して言い返したり、ケンカしたりすれば、それを否定していることになり、受け入れてしまうことはなかったと思います。例えば「自分は違う!」と、強くやり返せれば。

でも彼女は、その時に言われたことに反抗できずに、自分はそうなんだなって、思ってしまったのです。

ですから、そのことをすっかり忘れていた今でも、彼女の白いオーラの中には、白ブタの映像が見えるままであり。自分は白ブタだと思ってしまっているのです。

 

オーラ診断で「言えないこと」とは?

オーラ診断で「言えないこと」とは?

実はその映像は、彼女自身のハイヤーセルフ(高次の意識)が、一番彼女に伝えてほしいことでもありました。

その人のオーラを見ることは、とてもスピリチュアルな次元のワークなので、彼女自身の本質ともいえる存在の希望が、とても強く反映されるのです。

 

白いオーラを取り払いたい気持ち

セッションルームに重苦しい空気が流れ、彼女自身の白いオーラが、重たく覆いかぶさっていくかのように、量が増していきました。

その時、私自身の心の中に、そんな重苦しい雰囲気を晴らすために、彼女に「あなたは決して白ブタではないですよ。」と、言ってしまいたい気持ちが湧いてきました。

そうすれば、彼女自身も「そうか、私は白ブタではないんだ。」と思えて、そのイメージをオーラから取り払うことができると思ったのです。

そして実際に言ってさえしまえば、きっとそうなったことでしょう。

 

白いオーラについて話せない圧力

ですが、いくら私が言おうと思っても、口から言葉が出てこないんです。

きっと無理して言おうとしたら、まるで金魚みたく「パクパクパク・・・・。」って、声を出すことができなかったと思います。

何度か、それを言ってしまえば、彼女の白いオーラは変わるだろうと思っても、やっぱり言い出せない。何か無形のエネルギーに、口を覆われているかのように、阻まれている感じがします。

ですからしかたなく。

 

<井上>

自分を磨く必要がありますよ。運動をしたりして身体を磨いて。

自分が白ブタなんかじゃなって、自分で否定できるように、自信を付けていく必要がありますよ。

 

そう話して、結局言いたかったことは言えずに、そのオーラ診断を終えたのです。

 

”メンバーズブログ"

白いオーラを消すために必要なこと

白いオーラを消すために必要なこと

なぜ私は、彼女の白いオーラに見える映像を消すために、言いたいことを、言えなかったのでしょう。

 

彼女自身で白いオーラを癒すために

彼女がセッションルームを立ち去った後に、私はその場で瞑想を行い、今行ったオーラ診断を振り返りました。

そして、遠隔で彼女の高次の存在であるハイヤーセルフにアクセスして、改めて聞いてみました。

なぜ私が、彼女に「白豚ではない」と言うことを、許可されなかったのか。

すると、彼女自身のスピリチュアルな存在がこう教えてくれます。

 

彼女の霊的存在の真の望み

 

<ハイヤーセルフ>

それを言っても、根本的には何も変わりません。確かに白ブタと思い込んでいることは、拭い去れるでしょう。

でも彼女は、また別な人に何か言われれば、自分はそうだと思い込んでしまいます。大切なことは、自分で自分がそうではないと、否定できるようになることです。

自分は違うと、言えるようになること。周囲の批評に振り回されずに、自分に自信を持ち、自分を主張できるようになることなのです。

 

 

だからこそ、私がそれを言うことは許可されなかったのです。

それを言ってしまえば、その白いオーラの中に見える映像を、自分で否定する機会を、失うことになるからだといえるでしょう。

 

井上のオーラ診断

自分の人生に責任を持つこと

自分の人生に責任を持つこと

白いオーラに見える映像は、必ずしも今回の実例のようなものばかりではありません。

白いオーラにも、本来は特定の意味がありますが、その内容については、こちらの「白いオーラを持つ女性のスピリチュアルな特徴と意味とは」で紹介しています。

それでは最後に、こんなお話しをして終わりにしましょう。

 

自分の人生に責任を持つこと

私たちは誰しも、自分の人生を選択していく権利を持っています。それは同時に、自分の人生に対する責任を持つということです。

自分がどんな人生を歩んでいくかは、その日常の選択の結果にあります。そして、その人生がどんな人生であったか、死を迎える間際に振り返るのも、私たち自身でしかありません。

ですからどのような選択であれ、人の批評に惑わされず、人に委ねることなく、自分の心に問い、その希望を叶える選択をしていくのが、理想だといるでしょう。

白いオーラを、いつまでも持ち続けている彼女にも、そんな強い意思が必要なのです。

以前には、そんな自分の人生に責任を持つことの意味について、こちらの「【自分を信じること】自分の人生に責任を持つスピリチュアルな意味を解説」でも詳しく紹介しました。

 

ダウジングで心の声を聴く

私が運営している会津のお店は、時折、天然石を買いに来たお客様に、「自分に合う石はどれか教えてください」と言われることがあります。

でもそんなときには、スタッフ誰もが、必ずお客様にダウジングのやり方をお教えして、自分で選べるように成っていただくのです。

ペンデュラム(振子)をお貸しして、自分に合う石や自分に必要な石を、自分で見つけ出してもらいます。

それは、自分の心がどの石を必要としているのか、ダウジングを通じて、自分自身に問いかけていただくためにです。

それは自分の意思を明確にして、自分の選択に、自信を持てるように成っていただくためにです。

 

自らの内なる声に耳を傾ける大切さ

自分を尊重して、自信を持って自己主張ができるように成った時、もはや私たちは人生の選択で迷い、その決断を人に委ねることはないでしょう。

そうなれば、自らの感覚を信じ、その繊細な心の声を尊重し、誰とも異なる、自分らしさを発揮した人生を、送ることができるはずです。

ですから、自らの内なる声に耳を傾けることの大切さを、あなたも覚えておいてください。その声こそが、あなたを導いてくれる、ハイヤーセルフの導きに他ならないのです。

そして、もしそんな自らの声が聞こえないと感じたら、時には私のオーラ診断を受けてみて下さい。きっとその体験が、あなたを次のステップへと導いてくれることでしょう。

なぜなら私のオーラ診断は、あなたのハイヤーセルフによって導かれてる、そんなワークでもあるからです。

 

↓ 次のページはこちら! ↓

「当たるオーラ診断」と「癒されるオーラ診断」の大きな違い

 

最新のお知らせ
>自分らしく輝いて生きるための
心を癒す魔法の言葉セミナー東京201611
心を癒す魔法の言葉セミナー
自分の心をポジティブに整える方法を学ぶ
■日程:2021年11月6日(
■場所:Web開催/ 時間:2時間30分

ABOUTこの記事をかいた人

1989年大学に進学中に独自に体外離脱の研究を行い、自ら離脱体験をもつ。医療機器メーカーに就職後、2001年に心理療法家として独立。3,000人以上のセラピー実績を持ち、年間20回以上のセミナーを全国で開催。2010年に株式会社ヒーリングアースを設立。現在では経営の傍ら個人セッション及びセミナーをこなしながら執筆活動に励む。オフィシャルブログは年間300万人が訪れる。
人気記事 プロフィール お問合せ