【図解】タロットカード小アルカナの意味一覧<ワンド、コイン、ソ―ド、カップ>

タロットカード小アルカナの意味一覧<ワンド、コイン、ソ―ド、カップ>
The following two tabs change content below.
心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉

心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉

(心理アドバイザー/サイキックアドバイザー)
 現実的なスピリチュアルをモットーに、日頃の生活で感じている気付きや学びをブログで紹介しています。心をポジティブにするメンタルヘルスセミナー『心を癒す魔法の言葉®』を世界中の人に伝えることを、人生の目的として活動中。詳しいプロフィール サービス お問合せ&無料相談

こんにちは。
心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉(@my_earth_naoya)です。

さて今回はいよいよ、78枚あるタロットカードの内の56枚、小アルカナの意味について解説していきたいと思います。

以前にこちらの「【図解】タロットカードの意味!大アルカナ22枚の解釈を一覧で解説」では、大アルカナ22枚の意味について、ウェイト版のRWSタロットカードをご覧いただきながら、詳しく紹介していきました。

RWSタロットカードの図柄は、本当に綺麗で印象的なものばかりなので、見ているだけでも時間が過ぎてしまいますが、今回はその残りの小アルカナ56枚を、全て一覧で紹介します。

小アルカナを紹介しているサイトは色々とありますが、内容が多いと複雑で難解になりますし、少なければ少ないで、なかなか意味を読み取ることができません。

ですからこの記事では、可能な限りポイントを絞ってカードの要点を紹介し、初心者でも簡単に、小アルカナカードの意味を解釈出来るように、進めていければと思います。

タロットカード 小アルカナ意味索引

■すぐに意味を知りたい方は、こちらをクリックして、戻るボタンでここに戻れば便利です。
棒(ワンド)エース10ペイジナイトクイーンキング

金貨(コイン)エース10ペイジナイトクイーンキング
剣(ソード)エース10ペイジナイトクイーンキング
聖杯(カップ)エース10ペイジナイトクイーンキング

※大アルカナはこちら

 

 

タロットカード小アルカナの構成について

タロットカード小アルカナの構成について

こちらの記事はウェイト版タロットカード「RWSタロットカード」をもとに、タロットカードの図柄を紹介しつつ、Wikipediaの「小アルカナ」と日本語解説書の「続・はじめての人のためのらくらくタロット入門」を参考に、私なりの解釈を加えて解説していきます。

もしタロットカードの種類について、まだご存知ない方は、こちらの「【重要】タロットカード初心者に知って欲しい<種類、構成、歴史>」をご覧になって下さい。

 

小アルカナを使った占いのポイント

タロットカードの初心者であれば、最初は大アルカナだけで占うことも多いと思います。

でも誰もが、何度か占いをするうちに、小アルカナカードを使ってみたくなります。私も同じでした。

でもこの小アルカナカードが加わると、いっぺんにカードの枚数も増えて、占い結果の解釈が難しくなります。

この記事では、そんな小アルカナカードを使った占いで、初心者にも役立つように、シンプルにカードを要点をまとめて、その意味を解説していきたいと思います。

 

小アルカナの4つのスート

まずは小アルカナのカード構成を確認しておきましょう。

タロットの小アルカナカードは、各14枚ずつの4つのスート(suit)に大別されます。スートとはトランプなどでもおなじみの、組み分けともいえる分類です。

  • 棒(wands)、杖(batons、rods)
  • 硬貨もしくは金貨(coins)、円盤(disks)、護符(pentacles)
  • 剣(swords)
  • 聖杯(cups)

ウェイト版タロットカード RWS 棒のエース ウェイト版タロットカード RWS ペンタクルのエース ウェイト版タロットカード RWS 剣のエース ウェイト版タロットカード RWS 聖杯のエース
※画像参照:RWSタロットカード、左からワンドのエース、ペンタクルのエース、ソードのエース、カップのエース

 

タロットカードの種類で違う4つのスート

なお、「棒」は「杖」とされるカードもあり、「硬貨」は「金貨」や「円盤」、「護符」と表現されることもあります。

今回紹介するウェイト版では「硬貨(coins)」は、「護符(pentacles)」に改められていますが、意味としては同じものと理解して良いでしょう。

どちらかといえば、護符(ペンタクル)よりも金貨(コイン)の方が一般的なので、今回は金貨(コイン)として紹介します。

小アルカナの4つのスートは、トランプの4つの組み分けに当てはまります。棒=クラブ、金貨=ダイヤ、剣=スペード、聖杯=ハート、と考えるのが一般的です。

ただ、このトランプとの関係性はあくまで推測であり、確定的なものではないようですし、タロット占いには何ら関係してきません。

ウェイト版タロットカード RWS 剣のエース トランプ スペードのエース
※画像参照:RWSタロットカード、左からソードのエース、トランプのスペードのエース

 

小アルカナの数札と人物札

さらに各スートは、10枚の数札(pip cards)と、4枚の人物札(court cards)に分けられます。

トランプと違うのは、人物札の中に「小姓(page)」とされるカードが含まれていることです。

  • 小姓(page)
  • 騎士(knight)
  • 女王(queen)
  • 王(king)

ウェイト版タロットカード RWS 棒のペイジ ウェイト版タロットカード RWS 棒のナイト ウェイト版タロットカード RWS 棒のクイーン ウェイト版タロットカード RWS 棒のキング
※画像参照:RWSタロットカード、左からワンドのペイジ、ワンドのナイト、ワンドのクイーン、ワンドのキング

補足説明
なお、今回紹介するRWSタロットカードなど、ウェイト版のタロットカードについては、こちらの「ウェイト版タロットカードの歴史<ライダー版やマルセイユ版との違いも解説>」にも詳しく説明されています。先に目を通しておくと、より小アルカナの意味を楽しめるでしょう。

■今回利用したウェイト版のカードと解説書です。
タロットカードマスターセット
タロットカードマスターセット

 

 

棒(ワンド)の1~10

棒(ワンド)のエース

■正位置:創造力、出発点
■逆位置:破壊や破滅、終着点

こん棒のような木の枝を、力強く握り締めているのが、ワンドのエースのカードです。その姿は、まるで原始時代の人類の創造性や、行動力を表すかのようです。

ワンドのエースのカードは、そんな原点ともいえる、誕生や出発を意味し、逆位置ではその終わりや、破滅を表します。

ウェイト版タロットカード RWS 棒のエース

棒(ワンド)の2

■正位置:財産、成功
■逆位置:突発的な問題、失望

領主とも思える地位まで登りつめた男性が、周囲を見渡しながら思いに浸っています。今の地位までの成功を、振り返っているかのようです。

ワンドの2のカードは、犠牲を踏み台にした成功を表し、逆位置では失望や、安定を揺るがす突発的な問題の発生を意味します。

ウェイト版タロットカード RWS 棒の2

棒(ワンド)の3

■正位置:未来への期待感
■逆位置:失望や諦め

男性が地面に固定された3本の棒に手を伸ばしながら、運河を行きかう船を眺めています。

ワンドの3のカードは、事業の成功を夢見ている姿、希望的な未来観測を表します。このカードが逆位置になると、失望や停滞した状態を意味するのです。

ウェイト版タロットカード RWS 棒の3

棒(ワンド)の4

■正位置:平和な休息時間
■逆位置:上記と同じ

明るい風景に4本の棒が立ち、その上には花輪が飾られています。奥の2人の女性は花を手に、私たちを出迎えているかのようです。

ワンドの4のカードは、心が休まる休息の時間の訪れを表し、調和や喜びを意味します。なお、このカードは逆位置の解釈も正位置と同じです。

ウェイト版タロットカード RWS 棒の4

棒(ワンド)の5

■正位置:不安、紛争
■逆位置:混迷、回避

スポーツのような模擬戦に、5人の男性が参加して、争っているかのようです。まるでルールが無いかのように、棒が入り乱れています。

ワンドの5のカードは、闘争や紛争を表し、その状態が現在も進行していることを意味します。このカードが逆位置にでると、さらに状況が混迷し、手が付けられない状況にまで悪化します。

ウェイト版タロットカード RWS 棒の5

棒(ワンド)の6

■正位置:成功、勝利、良い解決
■逆位置:敗北、劣等感

白馬に乗った男性が、頭には勝利の象徴である冠、棒の先にも栄光を称える花輪が取り付けられています。

ワンド6のカードは、勝利の凱旋や、良い決着がもたらされることを意味し、逆位置にでると、喪失感や劣等感など、自信を失う敗北を表します。

ウェイト版タロットカード RWS 棒の6

棒(ワンド)の7

■正位置:対処、抵抗、有利な争い
■逆位置:疲れ、諦め、戦意喪失

男性が高台で、自分に降りかかる棒を、防いでいます。このカードは有利な立場での争いや、立場を守ろうと努力している姿です。

ワンドの7のカードは、忍耐や対処を表し、降りかかる攻撃や非難に、一人で耐えていることを意味します。逆位置では、力を失い諦めた様子となるのです。

ウェイト版タロットカード RWS 棒の7

棒(ワンド)の8

■正位置:迅速な変化、行動
■逆位置:スロー、停滞、遅延

風を割くかのように、8本の棒が空に飛び交っています。その一瞬をとらえた図柄から、迅速に物事が動いていくことを意味します。

ワンドの8のカードは、瞬く間に起きる状況の変化を表しますが、どのような結果になるかは、未知数です。逆位置では、停滞や遅延を意味して、棒が去るかのように捉えます。

ウェイト版タロットカード RWS 棒の8

棒(ワンド)の9

■正位置:慎重、守備的
■逆位置:恐れによる停滞、臆病

怪我覆った一人の男性が、棒を立てて守りを固めています。彼の怪我から、一度は敗北し守りに徹している様子が読み取れます。

ワンドの9のカードは、消極的な守りの姿勢による遅れや、停滞を意味しており、慎重になりすぎている心の状態を表します。逆位置では恐れが強まり、臆病になっていることが読み取れるのです。

ウェイト版タロットカード RWS 棒の9

棒(ワンド)の10

■正位置:負担、課題、重圧
■逆位置:投げ出す、逃避

男性が10本もの棒を抱え、前も見えない状態で運んでいます。このカードは許容範囲以上の重圧や負担が掛かり、無理をしている様を表します。

ワンドの10のカードは、過度な重圧や責任に耐えて、無理をしていることを意味します。逆位置では、耐えきれず、現実からの逃避している姿と読み取れます。

ウェイト版タロットカード RWS 棒の10

※カードの画像と解説はこちらの資料を参考にしています。タロットカード画像引用、参考文献:タロットカードマスターセット

 

棒(ワンド)のペイジ、ナイト、クイーン、キング

棒(ワンド)のペイジ

■正位置:冒険心、活力、良い知らせ
■逆位置:優柔不断、浮足立つ、悪い知らせ

若い男性が砂漠でピラミッドを背に、棒を携えて、上を向いています。まるで冒険を楽しむかのような、楽観的な表情です。

ワンドのペイジには、メッセンジャーという意味もあり、良い知らせが届くことや冒険心に満ちた姿を表します。逆位置では、それが浮足立ち悪い意味として影響します。

ウェイト版タロットカード RWS 棒のペイジ

棒(ワンド)のナイト

■正位置:未知への挑戦、決定
■逆位置:分断、中断、不安定な恐れ

騎士が手に棒を携えて、今にも走り出すかのような姿が描かれています。新たな出発や挑戦への勇猛さを表すかのようです。

ワンドのナイトは、その姿からも、新しい事や未知なるものへの挑戦と読み取れます。逆位置では、勇気を失い不安に駆られ、中断した混乱状態を意味します。

ウェイト版タロットカード RWS 棒のナイト

棒(ワンド)のクイーン

■正位置:活発、情熱的、自信
■逆位置:嫉妬、強欲、独善的

舞台女優の「エレン・テリー」を描いたとされる、ワンドの女王は、自信に満ちて活発な女性を表すかの様です。

ワンドのクイーンは、情熱的に自信を持って取り組む姿勢を意味します。逆位置では、悪い側面が出て、我儘な気持ちや嫉妬などが出てしまうのです。

ウェイト版タロットカード RWS 棒のクイーン

補足説明
エレン・テリーは、ウェイト版タロットカードの画家、パメラ・コールマン・スミスの友人です。詳しくはこちらの「ウェイト版タロットカードの歴史<ライダー版やマルセイユ版との違いも解説>」をご覧ください。

 

棒(ワンド)のキング

■正位置:決断、情熱的、安定感
■逆位置:独善的、威圧的

棒を片手に持った王が未来を見据えています。彼の玉座の上部には終わりがなく、際限のない可能性を表しています。

ワンドのキングは、行動的な決断力や安定的な施政を表しており、逆位置になると、周囲に理解されない、横柄な態度や、威圧的な姿勢を意味するのです。

ウェイト版タロットカード RWS 棒のキング

※カードの画像と解説はこちらの資料を参考にしています。タロットカード画像引用、参考文献:タロットカードマスターセット

 

金貨(コイン)の1~10

金貨(コイン)のエース

■正位置:資金、財政の改善、大切な物を入手
■逆位置:経済的な損失、大切な物を失う

雲から出た手が、大切そうに金貨を手にしています。それはまるで望んでいた宝物を手に入れたかのようです。

コインのエースのカードは、財政状態の改善や、価値ある物を手に入れるなど、良い知らせとなります。逆位置では、それらを失うことを意味するのです。

ウェイト版タロットカード RWS ペンタクルのエース

金貨(コイン)の2

■正位置:気晴らし、バランスを取る
■逆位置:不摂生、不均衡、現実逃避

二つの金貨を手にして、それで遊びを楽しむかのような姿です。背景の荒れた海から、厳しい現実とのバランスを取ろうとしているかのようです。

コインの2のカードは、苦労を和らげるバランスを取るための、遊びや楽しみを意味します。逆位置では、遊びなどへの現実逃避が懸念されます。

ウェイト版タロットカード RWS ペンタクルの2

金貨(コイン)の3

■正位置:学習、スキルの習得
■逆位置:能力不足、平凡

一人の彫刻家が、自らの技術を磨き、僧院の建設に携わっています。それはまさに、自らの技術や腕前を磨くかのような姿です。

コインの3のカードは、具体的な技術を磨き、能力の向上に勤める様子を表しています。逆位置では、その真面目さが消えて、怠惰で平凡なの能力を意味するのです。

ウェイト版タロットカード RWS ペンタクルの3

金貨(コイン)の4

■正位置:金銭的な執着、貯蓄
■逆位置:浪費、お金への強欲

このカードは、お金を愛する人を描いており、4枚の金貨が自分の所有物であるかのように、主張しています。

コインの4のカードは、お金を留めるという意味で「貯蓄」を表します。逆位置ではお金が失われていく浪費や、お金への強欲な姿勢が読み取れます。

ウェイト版タロットカード RWS ペンタクルの4

金貨(コイン)の5

■正位置:貧困、とても厳しい現実
■逆位置:困窮、経済的な混乱

教会へと助けを求めようとする人々が、貧しさや寒さに耐えるかのように、歩いていきます。

コインの5のカードは、「貧乏のカード」と呼ばれ、貧困状態を表します。逆位置では、コントロールできない経済的な混乱の訪れを、予期しているかのようです。

ウェイト版タロットカード RWS ペンタクルの5

金貨(コイン)の6

■正位置:平等に分配する、慈善活動
■逆位置:自分本位の態度、ケチ、欲望

商人と思われる男性が、天秤を手に貧しい人たちに施しを行っています。

コインの6のカードは、平等に分配する姿勢や慈善活動を意味します。逆位置では、それが自分本位の行為となり、ケチな心持や、勿体ないと思う姿となるのです。

ウェイト版タロットカード RWS ペンタクルの6

金貨(コイン)の7

■正位置:物事を育てる、見守る
■逆位置:過保護、諦め、放棄する

農夫が桑を手に、作物が育っていくのを見守っています。その姿は収穫を待っているかのようです。

コインの7のカードは、事業が育つことを見守り、結果を待てる姿勢を意味します。逆位置では、手を加えすぎたり放棄してしまう、悪い結果が暗示されます。

ウェイト版タロットカード RWS ペンタクルの7

金貨(コイン)の8

■正位置:勤勉、職人、技術向上
■逆位置:虚栄心、手を抜く

一人の職人が黙々と同じ物を作り上げていきます。彼は誠実に仕事をこなして、自らの技術を磨いているかのようです。

コインの8のカードは、誠実に仕事をする。ノルマをこなす、技術の向上を意味します。逆位置では、不誠実さが出てきて、手を抜いたり、虚栄心が前面に表れます。

ウェイト版タロットカード RWS ペンタクルの8

金貨(コイン)の9

■正位置:経済的な援助、経済的な安定
■逆位置:不貞、不誠実、依存

美しい女性が、実り豊かな庭園で、片手に鳥を載せて楽しんでいます。その姿は実力者の寵愛を受けて、満たされているかのようです。

コインの9のカードは、人からの援助による財政的な安定や豊かさを表します。逆位置では、他者への経済的な依存や、お金目的の不貞な態度として読み取れます。

ウェイト版タロットカード RWS ペンタクルの9

金貨(コイン)の10

■正位置:良好な家族関係、アットホーム
■逆位置:家庭内の問題、家族からの束縛

大きな屋敷の入り口で3世代の家族が、楽し気に寛いだ時間を過ごしています。家族の幸せの象徴ともいえるカードです。

コインの10のカードは、故郷や家庭での安心を意味しています。逆位置では、家族の繋がりが強過ぎて、それが束縛となったり足枷となるなど、悪い側面が出てきます。

ウェイト版タロットカード RWS ペンタクルの10
補足説明
コインの10のカードは、カラバの「生命の樹」になぞらえるかのように、コインが配置されています。それは受け継がれる永遠の命を、意味しているのかもしれません。

※カードの画像と解説はこちらの資料を参考にしています。タロットカード画像引用、参考文献:タロットカードマスターセット

 

金貨(コイン)のペイジ、ナイト、クイーン、キング

金貨(コイン)のペイジ

■正位置:初心、学ぶ姿勢、学生
■逆位置:お金に目がくらむ、怠け者

若い少年が、一枚の金貨を手に、希望や夢を見ているかのような姿です。彼は自分の将来のために、新しく仕事をして学ぶ、希望に満ちた目をしています。

コインのペイジには、新しい仕事や初心という意味があります。逆位置では、結果に目がくらみ怠けたり、目の前の利益に翻弄される姿を表すのです。

ウェイト版タロットカード RWS ペンタクルのペイジ

金貨(コイン)のナイト

■正位置:報酬、結果、着実な全身
■逆位置:頑固、深刻、マンネリ

黒く重圧感のある騎馬にのった騎士が、コインを手にして、その成果を実感しているかのようです。

コインのナイトは、誠実に働いた報酬や結果を手にして、経済的な安定を得る意味があります。逆位置では頑固さが強くなり、報酬にも疑問をもつのです。

ウェイト版タロットカード RWS ペンタクルのナイト

金貨(コイン)のクイーン

■正位置:成熟した生活、経済的な安定
■逆位置:退屈な生活、富への失望

美しいローズガーデンで、重厚で美しい台座に腰かけた王女が、手にしたコインを眺めながら、寂しげに過しているように見えます。

コインのクイーンは、経済的な豊かさや成熟した生活を表します。逆位置では、心の不足感を感じるなど、お金の虚しさを感じることを意味するのです。

ウェイト版タロットカード RWS ペンタクルのクイーン

補足説明
ワンド、コイン、ソード、カップに限らず、小アルカナのクィーンのカードが占いで示されると、その問いに女性が関わることを意味します。そのことを覚えて置きましょう。

 

金貨(コイン)のキング

■正位置:経済的な成功、安定、合理主義
■逆位置:打算的、富への執着、汚職

豪華な衣装を着た王が、玉座に腰を掛けいます。その席は民に背を向けて、どこか寂しさや冷たさを感じさせます。

コインのキングは、合理主義による経済的な成功と安定を示します。逆位置では、それが冷たさとなり、打算的であることや、お金への執着が強調されるのです。

ウェイト版タロットカード RWS ペンタクルのキング

※カードの画像と解説はこちらの資料を参考にしています。タロットカード画像引用、参考文献:タロットカードマスターセット

 

剣(ソード)の1~10

剣(ソード)のエース

■正位置:容赦のない決断、勝利
■逆位置:無慈悲な行動、暴力的

鋭い剣が握られて、まるで風を断ち切っているかのようです。剣先には勝利の象徴である王冠と月桂樹が掛けられています。

ソードのエースのカードは、容赦のない決断、正義に基づいた制裁など、強い意志を示します。逆位置では、それが残忍なまでになり、周りを傷つけるのです。

ウェイト版タロットカード RWS 剣のエース

剣(ソード)の2

■正位置:選択肢、バランスが取れた関係、調和
■逆位置:関係の切断、均衡が崩れる

2本の鋭い剣を手にした男性が、目隠しをしてバランスを保っています。2物の均衡を表すこのカードは、どこか危うさを秘めているかのようです。

ソードの2のカードは、均衡がとれた状態を表し、その中心でバランスを取っている状態です。逆位置では、均衡が崩れお互いの関係が、絶ち切られることを意味します。

ウェイト版タロットカード RWS 剣の2

剣(ソード)の3

■正位置:トラウマ、衝撃、深い悲しみ
■逆位置:困惑、自己疑念

厚い雲から出た雷のように、3本の剣がハートを貫いています。ハートは自らの心の象徴ですから、深く傷つくことが明らかです。

ソードの3のカードは、衝撃的な出来事など、ショックを受けるトラウマや悲しみを表します。逆位置では、自分で自分を傷つける行為や、自己疑念に陥ることを意味します。

ウェイト版タロットカード RWS 剣の3

補足説明
ウェイト版のソードの3のカードは、1491年に北イタリアで作られた、ソラ・ブスカ・タロットデッキの小アルカナカードが、その原型だと言われています。詳しくは「ウェイト版タロットカードの歴史<ライダー版やマルセイユ版との違いも解説>」をご覧ください。

 

剣(ソード)の4

■正位置:降伏、休息、停止、平和主義
■逆位置:再開

ステンドグラスが飾られた教会で、一人の男性が祈るように横たわっています。その剣が整えられていることから、戦い意思を失い、停止しているかのようです。

ソードの4のカードは、降伏や停止を意味します。逆位置では停止後の再開となります。

ウェイト版タロットカード RWS 剣の4

剣(ソード)の5

■正位置:裏切りによる勝利、残念な勝利
■逆位置:屈辱的な敗北、空虚感

嵐の中で、勝ち誇った男性が、戦利品の剣を集めています。裏切りや残忍な方法で、勝利したことがその表情からも伺えます。

ソードの5のカードは、勝つことに手段を選ばない残忍な姿勢を意味します。逆位置では、その被害者となり、虚しさや自信を喪失することとなるのです。

ウェイト版タロットカード RWS 剣の5

剣(ソード)の6

■正位置:危険からの脱出、現状の移行
■逆位置:糸口がない争い、継続する現状

剣が収められたボートを漕いで、家族と共に船出する状況を表しているようです。それはこれまでの、危険な状況からの脱出を果たしているかのようです。

ソードの6のカードは、大変な現状に良い変化が起きることを意味します。逆位置では、その状態が停滞して、変わらない状況を表すのです。

ウェイト版タロットカード RWS 剣の6

剣(ソード)の7

■正位置:泥棒、狡猾な行動、秘密
■逆位置:反省、やり直し

何本物の剣を携えて、周りを伺うかのように持ち出しています。その狡猾な様子から、泥棒や不誠実な態度で人を騙そうとしていることが解ります。

ソードの7のカードは、周りを欺こうという心持を意味します。逆位置では、その不誠実さが咎められるのです。

ウェイト版タロットカード RWS 剣の7

剣(ソード)の8

■正位置:囚われの身、身動きが取れない
■逆位置:解放、自由

縛られて目隠しされた女性が、何本もの剣に囲まれて、身動きが取れなくなっています。

ソードの8のカードは、自由を奪われて捉えられている現状を表し、逆位置では、そんな束縛から解放されて、新たな展開がスタートすることを意味します。

ウェイト版タロットカード RWS 剣の8

剣(ソード)の9

■正位置:悲観、精神的な苦痛、ネガティブ
■逆位置:不安からの回復、好転の兆し

黒塗りの壁に掛けられた9本の剣の前で、ベットから起き上がり、悩み苦しんでいる人の姿が描かれています。

ソードの9のカードは、精神的な苦痛や、悲観的になり、思い詰めている状態を意味するカードです。逆位置では、そんな精神的な状況からの転換点を表します。

ウェイト版タロットカード RWS 剣の9

剣(ソード)の10

■正位置:終了、終止符、望まない結果
■逆位置:好転、新たな希望

身体にいくつもの剣が突き立てられ、亡くなっている人の向こうに、新しい朝日が昇ろうとしています。

ソードの10のカードは、苦悩の終わりを意味し、望まない結果を象徴するカードです。逆位置では、新たな状況への変化の兆しが見えてきます。

ウェイト版タロットカード RWS 剣の10

※カードの画像と解説はこちらの資料を参考にしています。タロットカード画像引用、参考文献:タロットカードマスターセット

 

剣(ソード)のペイジ、ナイト、クイーン、キング

剣(ソード)のペイジ

■正位置:警戒心、観察、緊張に耐える
■逆位置:スパイ行為、不信感

剣を構えて鋭い眼差しで周囲を観察する青年の姿は、まるで何かを警戒しているかのようです。

ソードのペイジは、才能がありながらも人が信頼できず、警戒している様子を表します。逆位置では、裏切りやスパイ行為など、負の意味合いがさらに高まります。

ウェイト版タロットカード RWS 剣のペイジ

剣(ソード)のナイト

■正位置:突進、勇気、盲目
■逆位置:狂気、先走り、焦り

剣を高々と掲げた騎士が、風を切るかのように突進しています。しかし、その目は自分を見失っているかのようです。

ソードのナイトは、勇気を持って積極的に突進するという意味があります。しかしながら、逆位置では盲目的な行動や、恐怖から行動など、我を忘れた行為となるのです。

ウェイト版タロットカード RWS 剣のナイト

剣(ソード)のクイーン

■正位置:クール、解決力、知性
■逆位置:孤立、残酷、批判的

剣を立てて、構えながらも、左手で優しく人を迎える姿の女王が、水色の衣をまとって座っています。

ソードのクイーンは、クールで冷徹な判断や問題解決を意味しており、逆位置で出れば、その刃が周囲を傷つける、残酷さとなって強調されます。

ウェイト版タロットカード RWS 剣のクイーン

剣(ソード)のキング

■正位置:知的で冷静な指導力、深い洞察
■逆位置:冷酷、独裁、無感情

水色の衣をまとった王が、剣を片手に玉座に座っています。王にしてはシンプルないで立ちが、飾らない冷静さを物語ります。

ソードのキングは、冷静で思慮深い指導力や判断を表します。逆位置では、その意味が強調され、冷酷で無慈悲な存在として、周囲から恐れられることとなるのです。

ウェイト版タロットカード RWS 剣のキング

※カードの画像と解説はこちらの資料を参考にしています。タロットカード画像引用、参考文献:タロットカードマスターセット

 

聖杯(カップ)の1~10

聖杯(カップ)のエース

■正位置:愛情、祝福、出産
■逆位置:心に傷を負う、愛情を失う

手にした聖杯から、湧き出るかのように清らかな水が溢れだしています。白い鳩は平和の象徴です。

カップのエースのカードは、祝福されるような良い知らせの到来を告げます。逆位置では、聖杯が空になり、傷つきやすい心の状態や、愛情不足を意味するのです。

ウェイト版タロットカード RWS 聖杯のエース

聖杯(カップ)の2

■正位置:ロマンス、甘い恋愛、パートナー
■逆位置:不健全な関係、離縁

二人の男女が聖杯を手に寄り添っているかのようです。カップは愛に関するカードなので、二人の間に、ロマンスが芽生えたことを表します。

カップの2のカードは、心躍る恋愛など、良好な人間関係を意味します。逆位置では、離縁や人間関係の不調和など、愛を失うことを予感させるのです。

ウェイト版タロットカード RWS 聖杯の2

聖杯(カップ)の3

■正位置:同じ志の集い、楽しい時間
■逆位置:隔離、疎外感、不摂生

三人の女性が集まり、聖杯を手にして祝宴をあげているようです。このカードは友との楽しい集いや、時間を表します。

カップの3のカードは、喜び楽しむコミュニ―ティーや集まりを意味します。逆位置では、そんなグループからの排除、もしくは快楽に溺れることになります。

ウェイト版タロットカード RWS 聖杯の3

聖杯(カップ)の4

■正位置:倦怠感、停滞、退屈
■逆位置:リセット、新たな展開

一人の男性が、3つのカップを眺めながら、熟考している姿が描かれています。彼は現状に飽きて、不満を感じているようです。

カップの4のカードは、停滞や倦怠感など、現状への不満を表します。逆位置では、そんな停滞した展開が変わり、新しい状況へと打破できることを意味します。

ウェイト版タロットカード RWS 聖杯の4

聖杯(カップ)の5

■正位置:部分的な損失、損失を嘆く、事故
■逆位置:喪失感からの回復、怪我の光明

黒いマントを着けた男性が、こぼれた3つの聖杯を見て、喪失感に打ちひしがれています。彼は後ろに2つの杯を忘れてしまっているかのようです。

カップの5のカードは、部分的な喪失や、喪失感にとらわれている現状を意味します。逆位置では、そんな呪縛から解放されて、気持ちが回復してくる兆しとなります。

ウェイト版タロットカード RWS 聖杯の5

聖杯(カップ)の6

■正位置:過去を振り返る、思い出、友との再会
■逆位置:過去に縛られる、ナイーブ

花が植えられた6つの杯に囲まれた場所で、子供がその一つを手渡しています。このカードは過去の思い出に浸る、そんな意味があります。

カップの6のカードは、過去を再び思い出すかのような体験や、そこに囚われている状態を表します。逆位置では、そんな心情に縛られ、現実を見失いがちだと読み取れます。

ウェイト版タロットカード RWS 聖杯の6

聖杯(カップ)の7

■正位置:夢想、空想、想像に捕らわれる
■逆位置:現実的な活動、イメージの現実化

7つのカップに、理想的な品々が入れられて、雲の上で漂っています。それはまるで、理想を思い描くかのような姿です。

カップの7のカードは、人が空想に耽る様子を表しており、地に足が着いていない状態を意味します。逆位置では、一転して理想が現実化する意欲を表すのです。

ウェイト版タロットカード RWS 聖杯の7

聖杯(カップ)の8

■正位置:過去との決別、新たな挑戦
■逆位置:過去への執着、過去への幻滅

積み上げられた8つの聖杯は、今までに彼が大切にしてきた実績や経験、地位を表します。そこに背を向けて、新たな場所へと向かう姿です。

カップの8のカードは、執着を捨てて大切にしていた過去と、決別することを意味します。逆位置では、未練が残り、なかなか捨てられない様子を表すのです。

ウェイト版タロットカード RWS 聖杯の8

聖杯(カップ)の9

■正位置:願望成就、満足感、達成感
■逆位置:非現実的な夢、贅沢な不満

9つの聖杯を背に、男性が誇らしげに座っています。その聖杯は彼が望んでいた物の全てを表しています。

カップの9のカードは、望む願いが叶い、喜びで満たされた気持ちを意味します。逆位置では、暴飲暴食や、どこまで満たされない不足感を象徴するのです。

ウェイト版タロットカード RWS 聖杯の9

聖杯(カップ)の10

■正位置:幸せな結婚、心の満足、平和と愛
■逆位置:家族の不調和、家庭の悩み

10個すべての聖杯が天に上がり、虹色に輝いています。夫婦や子供たちが喜ぶ姿は、家庭が円満で幸せな様子を表します。

カップの10のカードは、家族が幸せであることで、心の満足や平和、安心、充実が得られることを意味します。逆位置では、家庭内での不調和や亀裂を示唆するのです。

ウェイト版タロットカード RWS 聖杯の10

※カードの画像と解説はこちらの資料を参考にしています。タロットカード画像引用、参考文献:タロットカードマスターセット

 

”メンバーズブログ"

聖杯(カップ)のペイジ、ナイト、クイーン、キング

聖杯(カップ)のペイジ

■正位置:純真無垢、幼い、直感的
■逆位置:世間知らず、娯楽に溺れる

魚が顔をのぞかせる聖杯を手に、若く幼い表情の青年が、何かを読み取っています。まるで魚と会話してるかのようです。

カップのペイジは、幼さを残す純真無垢な心持を表します。逆位置では、世間知らずで、娯楽や遊びに夢中になっていることを意味するのです。

ウェイト版タロットカード RWS 聖杯のペイジ

聖杯(カップ)のナイト

■正位置:求婚者、積極的な愛情、誠実な愛情
■逆位置:甘い誘惑、偽りの愛情

儀礼用の美しい甲冑を着て、カップを手にした騎士が、求婚するかのように前進しています。

カップのナイトは、誠実な恋愛や求婚を表し、女性が引けば理想の相手の到来を意味します。逆位置では、不誠実な見せかけの愛情を表すのです。

ウェイト版タロットカード RWS 聖杯のナイト

聖杯(カップ)のクイーン

■正位置:女性からの愛情、母性愛、援助
■逆位置:我儘な愛情、嫉妬、偽りの恋人

蓋のついた聖杯を手に、ロマンチストな女性が物思いに浸っています。優しさを感じるその姿は、母性愛を秘めているかのようです。

カップのクイーンは、女性からの助力や母性愛を意味します。逆位置では、感情に振り回される、我儘な女性や偽りの愛を表すのです。

ウェイト版タロットカード RWS 聖杯のクイーン

聖杯(カップ)のキング

■正位置:成熟した心、大器、親切、寛容
■逆位置:不貞、スキャンダル、節操がない

落ち着いた面持ちの王が、玉座に掛けて周囲を見渡しています。その面影は優しく、愛に満ちているかのようです。

カップのキングは、成熟した心を表し、器が大きく寛容な心持を意味します。逆位置では、節操がなく不誠実な行いに耽る人を象徴するのです。

ウェイト版タロットカード RWS 聖杯のキング

※カードの画像と解説はこちらの資料を参考にしています。タロットカード画像引用、参考文献:タロットカードマスターセット

 

お問合せ

小アルカナカード一覧のまとめ

小アルカナカード一覧のまとめ

以上、56枚の小アルカナカードの意味について、詳しく見てきましたが、いかがでしたか?

こちらで紹介した意味は、Wikipediaの「小アルカナ」と日本語解説書の「続・はじめての人のためのらくらくタロット入門」を参考に、私なりの解釈を加えて解説してきました。

タロットカードの解釈は、占い師によっても微妙に異なりますし、その時々の占う相手や、スプレッド全体の位置関係によっても変わって来るものです。

ですから、今回の解説はあくまで、参考程度にご覧いただき、自分なりの直感やインスピレーションを活かして、その意味を読み取っていただければと思います。

 ■今回利用したウェイト版のカードと解説書です。
タロットカードマスターセット
タロットカードマスターセット

↓ 次のページはこちら! ↓

【プロ推薦】おすすめのタロットカードランキング人気のTOP15

 

 

編集後記など1分1言動画

井上直哉のオフィシャルブログをご覧いただき、ありがとうございます。ブログをご覧いただいたあなたに、こちらの特別なレポートを無料でプレゼントします。

『人間関係を劇的に癒す方法【実例紹介】』
使えばすぐに特定の相手との人間関係を変えられる改善法で、会社、学校、家族、恋人相手でも簡単に使うことが出来る実践的な方法です。

『豊かさのオーラの秘密【実例紹介】』
お金に関するオーラ診断から垣間見えた過去の記憶とは?私たちが無意識に持っているお金に関するブロックが見えてきます。

ブログの更新通知を受け取りたい方も、こちらのレポートをダウンロードして下さい。井上の天然コラムなどもメールでお届けします。

 

最新のお知らせ
人生をポジティブにしたい人のメンタルヘルスセミナー
心を癒す魔法の言葉セミナー東京201611
心を癒す魔法の言葉セミナー
心をポジティブにする方法を学び習得するためのセミナー
■開催日程:2018年11月17日、2019年1月11日、3月10日
■開催場所:会津、東京、京都 / 時間:2時間30分

タロットカード小アルカナの意味一覧<ワンド、コイン、ソ―ド、カップ>

悩みをお持ちで、心の癒しと成長を望まれる方へ

 

 お持ちの悩みについて、心を癒し改善することは、あなたが思いつめているほど、実は難しいことではありません。

 心が癒されることで、あなたの周囲の人間関係には、自然と変化が起こり、もっと安心して自分らしく、人生を生きれるようになります。

 心の問題に取り組むにあたり、ご心配のことがあれば、まずは無料相談から、お問い合わせください。

お問い合わせ&無料相談

 

スポンサードリンク